Major Crimes ~重大犯罪課 シーズン4 第5話 幼き目撃者 Snitch

第5話 幼き目撃者 Snitch

脚本/
監督/

スポンサーリンク
レンタグル大336

【ストーリー】

アリスの留守電のメッセージを聞くラスティ。
「今はアリスと名乗っているんだろ。急にベガスの施設に行った
ことは謝ったじゃないか。俺を信じて暮れ。お前とパロマの
居場所と安全を確認したいだけ。連絡をくれ」と。

ラスティはカウンセラーのジョー(Bill Brochtrup)の元に通う日。
そこでアリスの件を相談する。ジョーはどうして警察ではなく
ボクに聞かせたのか?と問うと、ラスティは警察が聞けばアリス
を殺した犯人の裁判に使われるかも知れないからだという。
ジョーは医者だから守秘義務があるでしょと。この男が君の記事
に重要だという理由は何か?と尋ねられるとアリスのことを知って
いたのだという。アリスが本名じゃないことも知っていること。
アリカのことを探してベガスの施設まで行っている・・だから
アリスは逃げたんだと。君はこのメッセージをブログにませたい。
警察を巻き込まずにアリスの裁判の邪魔もしないように・・と。
ラスティはやり方が分からない。アリスの留守電を聞くこと自体
が難しい問題と思っていた。聞けたらそれ以上に大きな問題が
待っていた・・と。

黒人の男女と通行人が殺される事件が発生。
重犯課の面々も少しずつ現場入りしていく。
プロベンザがやってくるとサンチェスが彼の元にやってくる。
“痴情のもつれって奴だろう”というプロベンザ。サンチェス
はロミオとジュリエットのスチュー・コーン(“ブリージー”)と
タマラ・ロー(Cachet Womack)、モンスターズというギャングの
メンバーだという。もう一人の被害者はアーネスト・パークス
(83歳)、重体の男でゴミを出そうとしていた一般人でタオによる
と53年間くらしているという。首に一発被弾していること。
救急隊が到着した時点ではまだ息がありフリンが同行したという。
サイクスは大音量の音楽と銃声が聞こえたとされるが、住民は
口が堅いという。凶器は薬莢からすると40口径の銃だなという
プロベンザは目撃者が見つかれば良いが・・と語る。

ラスティは話せるのはジョーだけだという。警察の仕事にも
詳しいでしょと。しかしジョーはそれには異議ありだとし、君の
母なら話を聞いてくれるだろうと。しかしシャロンは今は
ギャング殺人で忙しいのだという。警察は犯人の起訴をするのが
目的だが、俺は被害者の身元を特定するのが勤めだと思っている
こと。アリスを名無しのままで葬りさりたくないという。俺が
アリスの声にならなきゃとラステイ。

サイクスは凶器や犯人に繋がる物証を現場付近で探していると
室内から少女の声・アミラ(Arianna Jaffier)が聞こえてくる。
“緑の椅子の脇の換気口を見て”というと、中から凶器の銃が
見つかる。”ウチの中に来て、裏口が開いているから”と言うアミ
ラ。

ジョーは何か探す時は十分注意が必要だと。見つかった時に備え
てという。君はジャーナリストで有って警察官ではないこと。
証拠の集め方が違うという。ジャーナリストはどんなことが有っ
ても情報源を証してはならないが、警察は証人の身元を明らかに
しないといけないという。

サイクスはアミラに会うと12歳だという。祖母(Juanita Jennings)
は教会に行っていること。窓の傍で宿題をしていたら、私は全部
見たという。犯人の男の顔も・・。サイクスは話さなくて良いと
し、困ったことが有ったらここに連絡してくれていいがそれ以外
は連絡はしないでと語り名刺を置いていく。私たちは会っていない
ことに・・と。アミラは犯人を知りたくないのか?と問うと、私が
見つけるからと。窓には近づかないこと、電話して良いのは困った
時だけよとサイクスは念を押す。

タオは病院からの連絡でパークスが死亡したという。家族はハワイ
に在住だと。
車の音を聞いている人が居なかったという。車からの射撃ではな
かったのかも知れないという。バズは角にあるミニマートに防犯
カメラが有ったので見せてもらうという。サンチェスは犯人が歩
いて近づき撃ったと。ギャングの捜査課に聴いて見るという。反目
し合っていたギャング・・・または仲間割れの線も・・と。
そんな中サイクスは40口径の銃だとし、隣家の近くに隠されていた
と報告。それがどうして凶器だと思うのかと問われると、火薬の
匂いがするという。

シャロンにオフィスで報告する。
サンチェスはウェストサイドモンスターズのシマはこの辺りでク
レンショー大通りの東側。犯行現場はシマの中心だという。モン
スターズは凶暴で悪質だという。暴行・強盗・武器の乱用だと
プロベンザ。サイクスが見つけた銃は?薬莢は一致で5日前にも事件
で使用されていたという。フンベルト・ペレス殺害目当てで射殺
された事件だというサンチェス。ギャングは普通物的証拠を残さ
ないという。サイクスに大当たりを引いたなとしながら何か隠し
ていると察する。ペレスはタコスを販売中219ドル目当てで射殺
されたんだと。5日前の事件の目撃者は?隣人女性で犯人は
エマニュエル・ゲインズ(通称:トゥイズ)(Jason Mitchell)だと
いう。
彼女はその後証言を撤回。脅されたのだろうこと。密告者への
復讐は容赦がないとし、特捜班時代保護した証人も守れなかった
というサイクス。エイミーの銃から指紋が採れれば証人は必要
ないのではないか。しかしシャロンは有罪には出来ないという。

トゥイズは?暴行で少年院に2年、重窃盗で刑務所に3年。
モンスターズの幹部クラスだというプロベンザ。今夜現場にいた。
被害者の携帯にはパーティー会場でタマラと写真を撮っていると
いうバズ。タマラとモンスターズの関係は?死んだブリージーの
恋人だという。ブレージーは今夜までモンスターズのリーダー。
トゥイズが撃って逃走。エイミーが発見した凶器を換気口に隠して
だと。どう見つけたのか?と問うと換気口の孔子がズレていた・・
ラッキーでしたというサイクス。トゥイズの言い分を聞きましょ
うというシャロン。

■事件

ギャングのシマ、ウエストサイド・モンスターズで殺人事件が
発生。殺されたのはモンスターズの幹部だとされるブリージー
とタマラ、そして全く関係のない付近の住民だった。
銃弾は40口径。密告した時のモンスターズの復讐の怖さは誰も
が知っている為に住民たちも口を閉ざす。そんな中サイクスは
12歳の少女のアミラから殺人を目撃した事を告げ、犯人も見た
というが、サイクスは彼女を巻き込むことは出来ず、自分たちの
手で犯人を見つけるとし、一応名刺を渡していくが私たちは決して
会っては居ないということにしてと頼む。
調べていくと5日前にも付近で殺人事件が発生し、その事件では
タコス店のフンベルト・ペレスが殺害され、犯行は”トゥイズ”だ
とされた。しかし証言するものもない。しかし殺されたタマラ
はトゥイズの元彼女でブリージーはトゥイズが刑務所にいた時に
ボスだったトゥイズの地位を奪って居ることが判明していく。

■感想

今回の案件は如何にもアメリカ的であり、このシリーズでも
定期的に扱われるギャングを題材にした物語。

多くの人が「Major Crimes」を見る前には「CLOSER」を見ている
と思うんですけど、クローザーの中では殺されても良いとして
証言したギャングの構成員の一人を釈放したという「未必の故意」
を扱う事件だった。
そのことがまた問題となり当時の内務調査をしていたシャロン
から追求の手が有ったのが「クローザー」のS6-8だった。
(以下参照、どちらも旧サイトに置いて有るので見づらいです。)

タイトル
https://itawind.web.fc2.com/kaigai/c/closer/thecloser.htm
クローザーS6-8
https://itawind.web.fc2.com/kaigai/c/closer/thecloser608.htm

この時は町では気の良い祖父と娘が殺されたことに憤怒し、
司法取引で済ませるなんて許せないとばかりに、法の目をかいくぐ
って刑事がギャングの居るシマに密告者を置いていくことで、”殺さ
れることが分かっていて取り残したこと”が問題になったんだよね。

そういう失敗から今回は色々と学んだところがあり、シャロン流
の法的解釈ではグレーゾーンの部分も有ったけど、解決を見せたと
いう話だった。
まぁ気になるのはサンチェスが録画している取調室でも結構
声を荒げているシーンが多いので、問題にならないかという所
がある。

■事件捜査

目撃者は祖母と12歳の少女。ここを追い出される訳にはいかない
事情が有り保護するにも限界がある。
なんとかして目撃者に証言させずに凶器の銃と証言だけで自らの
口を割らせる為に奔走する話だった。

ここの所、仲間内でも話したくても話せないという事情が多いね。
フリンのシャロンへの恋心など恋愛に於ける告白が出来ないので
あれば可愛いものだけど、ラスティはアリスの件ではシャロンに
迷惑をかけることが出来ない為に話すことが出来ず、サイクスも
また目撃者がいるということを話せない事情が有る。
そしてみんな律儀にも事情は察しているが聞いてしまえば、追求
せざるを得ないために聞かないようにする。ただ話して欲しいこと
は有るんだろうけど・・

■犯人

5日前のフンベルト・ペレス殺害はトゥイズが犯人。
そして今回の3人(ブリージー、タマラ、パークス)を殺害した
犯人はビッグ・ハザードだった。

この殺人は一つの銃から発生しているものなので、殺人事件に
於ける被疑者特定を選り分ける作業の難しさと、殺意を証明する
のも難しいところが有った。

当初は全ての事件をトゥイズが行っているかと思った。
そしてトゥイズも当初は余裕な発言をしていた。

最初に警察に連れてこられた際には
「警察基金に寄付したのでお礼だろ?」
「5回の保釈金は寄付じゃない」(Sanchez)

「4人の殺害を認めさせたいなら罪状認否の手続きを取ったら?」
「時間の無駄。想起割引と思ってくれて良い。仮釈無しの終身刑。」
「60年分のサイコロとトランプを差し入れるわ」(Hobbs)

しかしアミラからサイクスへの電話で、犯人が凶器の銃を探しに
来ているとしたことで取調室に於けるシャロンたちの行動が
不味いことになる。

■捜査の順番が重要に・・

凶器から指紋が検出されたので一応令状からトゥイズの家の家宅
捜索は出来る。そしてその気はないのだろうけど彼を「証人保護
を適用させる」
という名目で何かを証言したと思わせる。

更に今度はビッグ・ハザードも連行する。
代々的に警察への密告者ではないかとする疑惑を植え付け、互いに
不信感を見せつける。
最初にビッグ・ハザードの弁護士が依頼人が事件にかかわっていた
証拠を見せてくれと言ってきた。

その後トゥイズに殺人の密告屋となっているとして、彼の家のドア
には「187 SNTCH」(SNITCHと書きたかったのか??)とされている
写真を見せる。プロベンザとフリンが引っ越し屋とばかりに
現地に居ただけだけど、それだけで十分だったようだ。

元々はこの銃はビック・ハザードの銃だと。

■その他

・アリス捜索

今回のラスティのシャロンに話すか話さないかのエピソードは
少女のアミラの流れとタイアップしたものが有り、勇気を出して
信頼出来る人に話したことが全てだったのかな。

フリンもまたシャロンをデートに誘いたいと考えて居たが、
プロベンザは今は辞めておけと一度忠告していた。あの時点で
話していたら断られていそうだったし、フリンがデートに誘おう
とする直前にはラスティの告白も有ったのでタイミングは難しか
ったが、色んな事件の後にフリンからロマンチックなレストラン
でデートしようと誘われてシャロンも満更ではないという態度
を見せた。

しかしアリスの件では捜査していくウチに問題発生するのかな。
そもそもアリスを探していたのは身内なのか、それともヤバイ
人なのか・・

■使用されている曲

・Major Crimes End Credits Theme
Written by James S. Levine

■出演者

シャロン・レイダー …… FIDから重犯課へ
ルイス・プロペンザ …… ベテラン
アンディ・フリン …… プロペンザの相棒
マイク・タオ …… 分析力
フリオ・サンチェス …… ギャング捜査に強い
バズ・ワトソン …… カメラ
エイミー・サイクス …… 特捜班から異動
ラスティ・ベック …… 母親が失踪中
Dr.フェルナンド・モラレス …… 鑑識
ラッセル・テイラー …… 副本部長
ケンダル …… 検視官
アンドレア・ホッブス …… 検事

Dr.ジョー・ボウマン …… カウンセラー
エマニュエル・ゲインズ …… “トゥイズ”、モンスターズ
ビル・ヴァレンズ …… トゥイズの弁護士
…… アミラの祖母
ミリアム …… ビッグ・ハザードの弁護士
アミラ …… 12歳の少女、目撃者
ジェイソン・アルバート・ディレイ …… ビッグ・ハザード
ガス・ウォレス …… 声のみ、アリスに留守電を残す??
タマラ・ロー …… 被害者、ブリージーの彼女
フンベルト・ペレス …… タコスの屋台、被害者
アーネスト・パークス …… 83歳、被害者
スティーブン・クラフト …… “ブリージー”、殺される
TJショー …… アリス探し協力者

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336