Major Crimes ~重大犯罪課 シーズン4 第21話 重い十字架 パート3 Hindsight, Part 3

リンク広告 テスト




第21話 重い十字架 パート3 Hindsight, Part 3

脚本/Ralph Gifford
Carson Moore
監督/Patrick Duffy

【これまでのあらすじ】

タオはヘロインがタミラの車のチャイルドシートの下に有っ
たという。サイクスは3歳のジェレマイヤは病院に運ばれた
が間もなく死亡したと報告。タミカ・ウィーバーは坊やと
一緒に殺害される15分前にあるプリペイド携帯の持ち主と
通話しているという。刑務所の父親であるジョンは何も知ら
ないというと、息子が殺されたと知れば協力を惜しまないの
ではないかという。フランシーヌは「リース事件」について
知っているかとサイクスに尋ねる。サイクスは今度の凶器は
「12年前の警察官殺し」と同じものだったと報告。ウージー
が祭壇から発見。マーク・ヒックマンは銃を見つけたかと。
テイラーはマークは事件で偽証しロス市警の警察殺しを闇に
葬ったと語る。タオと組んで居たこと。エミールが身を寄せ
ているのが解体屋にいるブッダだという。エミール・フィッ
シャーの遺体が発見され、殺しでブッダの家宅捜索をすると
告げる。

【ストーリー】

エミールは殺された。注射器の他、焦げたスプーン、ライター
一般的な道具一色、タオはヘロインは小分けにされていたと
告げる。フリンは問題は誰が売りつけたかだと。シャロンは
科学捜査課に大至急家中の指紋を採取させてと語る。プロベ
ンザはまだ自殺の可能性もある事を告げる。ステフはシャロン
に対してブッダは修理工場で車を買いたいした後、再び組み
立てしていること。ある細工が施されていたという。プロベ
ンザはヘロインの隠し場所を仕込んでいたのかとしこれは
ギャングのやり方だという。ステフはブッダは使い捨て携帯
を使っていたことを報告すると、シャロンからはタミラと
携帯の履歴は有るのかと問う。これにはないが使用済みの
使い捨て携帯が沢山見つかったという。ハワード本部長補佐
に頼んで携帯の履歴をあらってもらってくれというシャロン。
押し入った形跡がなく、ブッダのアリバイはどうなのか?
本人曰く工場にいたと言っているというタオ。
サンチェスは何処に居ても関係が無いとし純度の高いヘロイ
ンを渡して打つのを松だけだという。サイクスはリース事件
の「第三の男」がブッダならどうか?と問う。エミールは出所
後にフォンタナに来たこと。送り届けたのはマークだと
プロベンザ。ブッダは焦ってエミールに何でサツと来たのかを
聞いたのか?エミールは第三の男について聞かれたと話した
のか?とフリン。第三の男はリース事件で逮捕される可能性
があるとシャロン。エミールは以前も密告したとバズ。
ロス市警で駐車して戻ったばかり。エミールが恐れていたのは
刑務所ではなくブッダだったということかとシャロン。
タミカ殺害時のブッダのアリバイを調べてという彼女。

・検視局
モラレスはドラッグで死亡したことを受けて、最近注射を
して死亡に廃ったのはこの注射痕だけだという。常用者では
ないこと。両方の腕に針の跡が有るが何年も前のものだとい
う。死因は?過剰摂取だという。それなら殺しなのかと
サンチェス。
スプーン、注射器、ライターがあり争った形跡がない。
事故の可能性は有っても他殺とは思えないというモラレス。
ヘロインに問題が有るのかもとサンチェス。それは解剖し
検査しないと分からないとのこと。薬の投与時に意識の有無
は分かるか?とシャロン。麻酔薬の成分ならここでも調べられ
るものがあるという。標準時のものは、ケタミンGHB、ロヒプ
ノールから調べるとのこと。

・NYPD
プロベンザは大きな疑問がある事を告げる。
エミールの傍の注射器には何故か一つも指紋が付いていない
こと。エミールが座っていたイスの傍には何故コーンスターチ
の成分が残っていたのか。ウージーについていたのと同じもの。
タミカが持っていたヘロインの袋にも付着して居たものと
同じだった。バズは殺害直前タミカが電話をかけた主は
エミールにもかけていること。聴取後の1時間後のことだと
いう。二人共同じ人物と通話してたことで令状は採れたと
いうフリン。タオはしかし携帯は電源が切られてバッテリー
が外されている。バズはまた電源を入れるかもと。
1時間入れて置かないと特定は出来ないというタオ。運に見放
されているという。ダニエルとデニスの兄弟は何処に?サイクス
は牧師は教会でタミカ親子の葬儀の準備をしていてデニス
も一緒だという。マークは教会の駐車場に一人いたとし
エミール出所後に教会に行く人が増えたのでアリバイは立証
出来るというサイクス。牧師か仲間だという。エミール殺し
を命じたのかもとサンチェス。拘置所に居ながらグレイ検事
を殺したようにとフリン。エミール殺害時のアリバイについて、
明確なアリバイがないのはただ一人マークだというプロベン
ザ。サイクスならマークから何か引き出せるのではないかと
タオ。ウチで知り合いではないのはサイクスだけ。シャロンは
サイクスにマークに「エミールが自殺した」と伝えて、他殺と
聞いたらアリバイを聞いてくれという。
ブッダの工場の持ち主不明の車についての情報は?とシャロン。
盗難届けは出ていないが部品の一部は出所不明だというタオ。
ブッダによると工場の車は全部教会に寄付されたもの。
ブッダと従業員は売る為に直しているのかもとプロベンザ。

■事件

ダニエルと共に強盗殺人事件を起こしたとされていたエミー
ルがヘロインの過剰摂取で死亡して発見される。
現場には確かに薬物を注射した跡が有り、また争った形跡が
ないことから見ても自殺の可能性も考えられた。
しかしそのヘロインは誰が売りつけたものなのか。
ブッダは修理工場で車の解体をして作り直していたことが
判明。しかしそこにはある細工が施してあり、ヘロインを
隠す場所を作っていたのではないかとされ、ギャングのやり口
だとされた。しかもブッダの家からは大量の使い捨て携帯が
発見。ブッダのアリバイこそ従業員たちの証言があるが、
へロインの投与だと考えるとエミールが死亡した場所にいた
必要は無い。エミールの出所後に彼をブッダの元に送り届けた
のがマークであった所を見ると、何か関係しているのでは
ないのか。注射器を調べた結果、座っていた椅子の傍から
コンスターチの成分があり、タミカの車の中に有った麻薬の
袋や凶器のウージーにも付着して居たことが判明する。

■感想

うーん、何だか気難しい展開になってきたな。
というのも一連の流れは2つの別の事件の流れが絡んでいる
のではないかという考えがあることと過去の事件と今の事件
を同じ犯人だと決めつけて良いものかどうかも気になって
いるものが出て来ていること。

中盤ではギャング3人が殺されたことで更に面倒なことになり
そうな流れがあり、徐々に収拾する事が出来るのか分からなく
なりつつ有る。

話を聞いているとグレイ検事は相当男性関係は派手なもの
があって、前市長/ディクソンとか上院議員/バーグサイド
を初めとして大勢の男と関係を持っているとされていた。
マークは都合の良いところに顔を出してしまうので疑いは
彼にも向けられる所が有るし、グレイ検事殺害については
意外とマークがそれに該当していて、刑事殺しは事件捜査
をしていたマークが関与しているのではないかという
感じも受ける。

前回書いたように殺されたエリックの妻・ステフやマーク
の妻・シェリーの嫉妬心から犯行を行った可能性もある。

しかし相変わらず怖いのはマークとサイクスには捜査前から
つながりが有るということ。それらを引き合わせたのは
フランシーヌだけど、サイクスの偉いところはマークと
接触する時には携帯で録音している事実が有ること。
録音しているということは一度はサイクスの行動が今後
疑われる可能性があり、不利な状況を覆すためにその論音
が使われるのかも知れない。

前回のエピソードから思ったけど、ブッダとキリスト教が
出会うという流れは何だかきな臭い。

■事件捜査

このドラマで直接的な殺しは凶器はウージーだったが、
それ以外の物証からの繋がりを考えて見る。

・証拠品には必ずコーンスターチが付着して居るというのが
何を意味するのか。

・使い捨て携帯が繋がりを証明するものとして繋がるのか。

・ヘロインの成分量。純度96%ともなれば値段も相当高い
だろう。

・ブッダとエミールの関係
この流れにもマークが絡んでいる。ただブッダは自分はギャ
ングには所属していないことを主張している。

・ブラッドとディアブロのギャング抗争

これは新たな火ぶたとして残っていること。みんな今回の
事件は誰かが誰かをハメようとして動いているということ
しか考えられない。

・ダニエルとジョン・バーンズの関係

ジョンが仮釈放される。シルバーのシボレーで迎えに来ると
する中で、何故ダニエルはジョンの保釈金を捻出している
こととブッダによると車を寄付しているのがあの教会である
こと。

■結末

未だに結論は出ない。
しかし携帯に電源が入ってピーター・ゴールドマンのメルセ
デスのトランクの中に入っていた。「君らついていたな、
ジミー・ホッファの遺体を車に乗せて居るぞ」

しかし突然電話の電源が入ったからな。ハッキングでもそれて
いたのか?

■ラスティの件

産みの親シャロン(以後ベックと記載)が、盗難車に乗って
ハリウッド署に捕まって居る。犯人はゲイリーであり、
一緒にいるところを強盗した為にベックはそのゲイリーから
逃げようとしている。まるで12年前の警察事件の再現って
状態だね。今のベックが懸念しているのは、全貌を話せば
ゲイリーの仲間がラスティを殺す可能性があること。
それを12年前当時の人間関係に当てはめることは出来ないの
か。

■その他

・どうして離婚しない?

浮気しているマーク。それを知ったシェリーは何故離婚を
しないのか。マークが捜査しているのは本気っぽいけど
浮気した罪滅ぼしとしてシェリーを庇っていたりしないのか。
この件ではシャロンも語っていた。シャロンの場合、ユダヤ
教徒だからね。離婚はそう簡単なものではないかも知れない
が・・・

・2004年9月8日

グレイ検事が駐車場で殺害された日。
シェリーはマークは本気だったが、グレイが浮気していた
事実は把握していたようだ。
マークはグレイ検事のストーカーになっていたとのこと。

・強要された自白だが・・

それでもダニエルは何か語ろうとしている光景が有った。
やっぱり12年前の件は彼で間違い無いのかな。
「私はリースを殺した。」

■使用されている曲

・Major Crimes End Credits Theme
Written by James S. Levine
・Amazing Grace
Christian hymn with words by John Newton

■出演者

シャロン・レイダー (Mary McDonnell) FIDから重犯課へ
ルイス・プロペンザ (G.W. Bailey) ベテラン
アンディ・フリン (Tony Denison) プロペンザの相棒
マイク・タオ (Michael Paul Chan) 分析力
フリオ・サンチェス (Raymond Cruz) ギャング捜査に強い
バズ・ワトソン (Phillip P. Keene) カメラ
エイミー・サイクス (Kearran Giovanni) 特捜班から異動
ラスティ・ベック (Graham Patrick Martin) 母親が失踪中
Dr.フェルナンド・モラレス (Jonathan Del Arco) 鑑識
ラッセル・テイラー (Robert Gossett) 副本部長
ケンダル (Ransford Doherty) 検視官

アンドレア・ホッブス …… 地方検事
フリッツ・ハワード …… 本部長補佐
マーク・ヒックマン …… 元NYPD
シャロン・ベック …… ラスティの産みの親
ステファニー・ダン …… 捜査官、エリックの夫”ステフ”
ダニエル・プライス …… 牧師、元ディアブロギャング
デニス・プライス …… 警察は何もしないと主張
シェリー・ヒックマン …… マイクの妻、元刑事
エミール・フィッシャー …… 元ダニエルの親友
グレッグ・マン …… “ブッダ”、自動車解体・修理業
ピーター・ゴールドマン …… 弁護士
(Frank Buckley) レポーター
(Sanaa Joy Gray) 若い歌手 / 教会でアメージンググレース
…… 若い歌手 / 教会でアメージンググレース
…… 若い歌手 / 教会でアメージンググレース

レイチェル・グレイ …… 花屋強盗の担当検事
エリック・ダン …… グレイのボディガード
マルコム・リース …… NYPD巡査、非番中に強盗に殺される
タミラ・ウィーバー …… 27歳、ウージーで殺害。麻薬が見つかる
ジェレマイヤ・バーンズ …… 3歳、タミラの息子
リル・ウィージー ……
マーカレット …… 参列

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336