クライアント・リスト The Client List (シーズン2) 第11話 懐かしい時代 I Miss Back When

リンク広告 テスト




May 19, 2013
第11話 懐かしい時代 I Miss Back When

監督/Timothy Busfield 脚本/Shaina Fewell
——————————————————–
ライリーはザ・ラブの顧客リスト(クライアントリスト)を実家
の牧場に隠すと、それを確認しにいく。その姿を何者かが監視
していた。ライリーはその事に気が付き急いでリストを埋めて
その場から離れる。するとライリーが立ち去った後それを
掘り返す者が居た。なんとそれはニッキーだった。

ザ・ラブ。
ライリーはIT企業の男性・ディエゴの対応をしていた。
ライリーへのリクエストはチアリーダーのコスプレだった。
これから新規の客相手にプレゼンをするのだというディエゴ。
政府相手の仕事で、クラッカー対策の為に国防省に対応策
についてプレゼンをするのだという。しかし自信がないという
彼にライリーはテキサス一のプログラマーでしょとして、貴方
は才能も有りハンサムだと告げ、決め顔をすれば上手く仕事を
勝ち取れると励ます。

ハロルドバー。
レイシーは退院するとライリーと共にジョージアの元で飲む。
同窓会が開かれることになるがレイシーは欠席するという。
ライリーのように元々私はプロムクイーンでもないし、そんな
気分ではないという。レイシーは先日強盗のフォスターによっ
て内臓を痛み付けられて、その結果妊娠10週目だったが、流産
してしまったのである。テイラーからは準備の手伝いを求め
られているというレイシー。ライリーはそれでも同窓会に
行って気分転換をすべきことを唱えるとジョージアもまた
ライリーの意見に賛成だという。ライリーは私が付いていると
して一緒に行こうと誘う。そんな中ライリーの携帯にカイルから
電話。カイルは子供たちが眠らず困っているとして電話してく
るが、とても幸せそうだった。しかしカイルはベッドの下に
ライリーの豪華なブランドのクツが多数隠し持っていることを
目にしてしまう。

ボーモント警察。
フォスターの逮捕の件でエバンは”匿名の市民からの通報で現場に
行った”という報告書を書こうとしていた。シェルビーからは
ライリーの為に嘘を付くのかと問う。ライリーは警察のパソコン
から勝手に情報を引き出した為にフォスターを逮捕するに至った
が、その経緯がばれると起訴する際にも不利に働くかも知れない
事を告げる。エバンはシェルビーに迷惑はかけたくないとして
自分一人で処理するというが、シェルビーは付き合うがただし
これ一度きりだと語る。ライリーにも口裏合わせは必要だろう
という。
エバンは同窓会には行かず、上司のバーンズ警部補に頼んで
土曜日にも仕事のシフトを入れてもらうことにする。

サニーグレン。
ライリーはカイルと共にリネットに逢いに行く。
リネットはわざわざ来なくても良いと告げ、今は育児と仕事に
集中しなさいと言われる。カイルはリネットに対して心配は
ないとして自分の経験を聞かせる。ライリーは自分も週末の
集会にリネットに付き添って参加すべきかと問うが、カイルは
依存症以外の人は参加出来ない事を語る。俺が付き添って出席
するというが、ライリーは今週の土曜日だけはダメだと告げ、
同窓会に私と同伴してと語る。今はアメフト選手でもないし、
逮捕されてニュースに出た男だぞというが、それでも良いと
語る。

ザ・ラブ。
ミシェルが受け付けにいると、突然リサ・マンシーがやって
くる。リサは予約はしていないがデレクの予定は開いていない
かと問う。セリーナはリサがやってきた事を知り、ミシェルの
代わりに対応するが、彼の予定は開いていないと嘘を付く。
しかしそこにデレクがやってくると土曜日ならば延長も含めて
大丈夫だと語る。
一方ニッキーはカーライルと繋がって居た。
カーライルはニッキーに対して大した女優だなと告げると、
後は名簿さえ盗んでくれたら完璧だという。ニッキーは貴方の
ワイルドナイトは繁盛しているし、他の店の売り上げもあるし
十分ではないかとするが、ニッキーに対して顧客リストを持って
こないとまた店で働かせるぞと語る。
——————————————————–

ザ・ラブを狙う同業者で悪徳なカーライルがクライアントリスト
を狙っている事を知る。ライリーはジョージアに言われて安全
だとされる場所に隠していたが、カーライルとの繋がりが未だに
存在しているニッキーがそのリストを掘り出して盗み出してしまう。
ライリーはリストを盗みに来たフォスターを警察に逮捕させる
が、逮捕させる過程でライリーは警察の資料を勝手に閲覧した
ことが問題であり、それが明らかにされると、裁判に於いて不利
に働くと言うが・・・

カイルの流れが完全に正しい方向へと導かれた感じ。
この調子でいけばライリーとの関係に於いても、元通りの家族と
しての形態を取り戻すことも時間の問題という感じだが、やはり
懸念されるのは、ザ・ラブを含めたライリーの商売の違法性の
問題に尽きるのかな。

カイルがまたライリーを裏切ってしまうのではないかと思う所
も有ったが、カイルはリネットのことを考えて行動を取っている。
誤解しているライリーに正直に話せないもどかしさは有ったけど
その辺はドラマらしいところかも。

同窓会が行われる。
小さな街なので同級生が特別集まらなくても、現在の消息は
伝わってきそうな感じ。
東ボーモント高校時代、ライリーとカイルがブロムクインとキング
なのかと思っていたけど、実際にはカイルはプロムにはドタキャン
し、当時キングとなったのは代役としてやってきたエバンだった
様だ。プロムの時のことを挽回する為に今回はカイルもなんとか
間に合った。憎きテイラーの夫・ボーもまた終わる頃になってやっ
てきたけど、やってきたのはなんと別の女性とやってきたことで
テイラーは相当惨めな状態だった。

またライリーのせいでエバンとシェルビーの関係がおかしく
なり始めた。エバンが過剰にライリーを庇うのは未だに好きな
気持ちが有るのではないかと嫉妬された格好だけど、相当年季の
入った片思いねと言われていた。

今回は色んなドラマや映画も引用された。

・かつてレイシーが「フレンズ」のレイチェルを真似て髪型を
作った時にロスの髪型になったこと。
・デレクがリサに唆されて関係を成就していく過程を
「ステップフォード・ワイフ」だと称されていた。
・ライリーが同窓会に着ていくドレスを見て、まるで「プリティ
ウーマン」だと指摘されていた。
・ボーのスポーツカーの窓を壊すシーンでは、「タイガーウッズ
の奥さんになったわね」と語る姿も有った。

ザ・ラブで起きている人間模様はなかなか面白いところがある。
ニッキーは仕事を任されてライリーのことをそれなりに信用して
いるのだろうけど、それとは逆にカーライルとの間でも縛られた
関係にあること。
セリーナとデレクの関係に於いても、以前より少しずつ情を持ち始めて
いるが素直な関係になれずにいること。

テーマとしては、「強がっている人たちの中に見える意外な弱さ」
というのが浮上してきた感じで、リネットが未だに薬物で苦しんでいる
姿が有ったり、テイラーが夫の浮気に対して涙する姿がある。
セリーナはデレクの前で嘘泣きして見せたけど、あの涙の中にも
どれだけ本気度が含まれていたのか。

そういえば、ライリーの客としてやってきたITブログラマーの男性。
「プリティ・リトル・ライアーズ」のギャレット警察官役のYani Gellmanだった。

■使用されている曲

・I’m With You by Avril Lavigne
・Get Ur Game On by Kaitlyn K
・This Can’t Be the Last Time by Sugar & The Hi Lows
・Sinking Like Stone by Blackchords
・The Way You Move by OutKast
・By Your Side by Brooke Annibale

ライリー・パークス (Jennifer Love Hewitt) 二人の子持ち
ジョージア・カミングス (Loretta Devine) “The Rub”経営者
エバン・パークス (Colin Egglesfield) カイルの弟
リネット・モンゴメリー (Cybill Shepherd) ライリーの母
レイシー・ジーン (Rebecca Field) ライリーとリネットの友人
セリーナ・ラモス (Alicia Lagano) “The Rub”の従業員、ライリーの知人
カイル・パークス (Brian Hallisay) ライリーの夫、膝の怪我
テイラー・バーカルター (Elisabeth Rohm) 嫌みな女
トラヴィス・パークス (Tyler Champagne) ライリーの息子
ケイティ・パークス (Cassidy Guetersloh) ライリーの娘

ニッキー・シャノン (Laura-Leigh) 短大生、”The Rub”にバイト
デレク・マロイ (Rob Mayes) 医学療法士
デイル・ロックリン (Greg Grunberg) レイシーの彼
シェルビー・プリンス (T.V. Carpio) 警察学校
アレックス・トリンブル (Marco James) 警察学校
ハロルド・クレメンス (Michael Beach) バーのオーナー、ジョージアの彼

グレッグ・カーライル (Johnathon Schaech) ニッキーを脅している
リサ・マンシー (Sunny Mabrey) デレクの常連客
ディエゴ・シャンクマン (Yani Gellman) テキサスのIT・セキュリティ、客
L.T.バーンズ (Andrew Borba) 警部補
ボー・バーカルター (Bart Johnson) テイラーの夫、浮気
ヘザー (Ashlyn Henson) ボーが一緒に同窓会に来る
ケリー・ニコール (Danielle Hoetmer) 妊婦、テイラーの友達
ジャッキー・リー (Katie Wee) テイラーの友達
ミシェル (Michelle Faraone) ザ・ラブの従業員
— (Jeff Sugarman) H.S. Principal

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336