パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット Person of Interest シーズン2 第13話 亡霊 Dead Reckoning

リンク広告 テスト




January 31, 2013
第13話 亡霊 Dead Reckoning

脚本/Erik Mountain
監督/John Dahl
——————————————————–
リースとカーターが精通していることを知ったFBI捜査官の
ドネリーは二人を護送中トラックによって横からぶつけられる。
フィンチはマシンが割り出した番号がドネリーだと知り、
殺害される直前に電話するが間に合わずトラックから出てきた
女性・カーラによってトドメを刺される。リースとカーターは
意識が無くなる中、リースだけは注射されて眠らされて
連れ去られる。
カーターは目覚めるとなんとか横転した車内の中で携帯に
手を伸ばしたフィンチと連絡。手錠をかけられていて自由に
動けない事を語り、リースが連れ去られたことを告げると、
フィンチはまずはその鍵を外すのだと告げる。そしてカーター
自身がリースやドネリーといるのを誰かに見られたかと問うと、
今すぐにその現場から離れるよう告げる。殺害の現場なので
そうはいかないというカーターだが、フィンチは説得して
その場から退かせる。フィンチに対してリースを連れ去った
女性はリースの元相棒であり、CIAのスノーがかつて言っていた
女(s2-7より)だろうと語る。
フィンチはその人物が誰かは分かったと告げカーラ・スタントン
だと告げる。

リースは目覚めると何故か市営バスに搭乗していた。
隣にはスノー、そして向かい側にはカーラが座っており、
「お帰りジョン」と皮肉交じりに語る。リースはあの時(中国
のオルドス)に死んだのではないかと問うと、死ぬのは苦手
だと告げ、友達も居ると語る。友達とは私たちに殺し合いを
させようとしたスノーのことだった。そんなリースとスノー
の体には爆弾ベストが付いていた。カーラはリースに対して
決してそのベストを脱いだり爆弾を解除したりしないようにと
忠告。あなたは死を恐れないかも知れないが、それだけの
セメテックスが爆発すれば周りの人も吹き飛ぶことを語る。
私はいつでもその爆弾を爆発できる立場であることを告げ、
最後にもう一度三人で仕事をしたいと思ったという。
あなたとスノーにはこれからいくつかのお使いをしてもらうこと
になるという。時間通りに動けば生きて帰れると。
指示を受ける為のワイヤレスイヤホンと銃を手渡されると、
死んだハズのスパイ三人が新世界を踏み出すとし、ここは死後
の世界だという。新たな居場所を作りましょうというカーラ。

カーターは傷の痛みに耐えつつ、自宅に戻ると着替えをする。
ファスコから電話が鳴ると、彼はカーターに何故携帯に出ない
のかと問われる。FBI捜査官が撃たれたことを告げ、被害者は
ドネリーだという。担当のFBI捜査官がカーターから話を
聞きたいと言っているのだと聞くと、すぐに現場に行くと語る
カーター。
現場でファスコと合流するカーター。スーパーマン(リース)から
の連絡は有ったか?と問われる。メガネ(フィンチ)からあんた
とアイツを探せとし緊急事態だと言われたのだという。
そんな中担当の捜査官・モスがカーターの元にやってくると、
ドネリーとの件を色々と尋ねられる。最後にドネリーと遭った
のは?—ライカーズ島だという彼女。ドネリーはスーツの男に
執着していたとし、当局の中に協力者がいると語ってたという。
その件について何か聞いているかと聞かれるが、知らないという。
あまりに入れ込みすぎていたのでFBI内部でも妄想していたのでは
ないかと言われていたのだという。カーターはドネリーは優秀な
捜査官だったとしか言えなかった。
カーターは現場で落としたイヤリングを探していると、既にファスコ
が回収していた。何が有ったのかとカーターに問うファスコだが
私も何が起きたのか分からないが、分かる人を知っているという。

フィンチと接触するカーターとファスコ。
リースとカーターを襲い、ドネリーを殺害したのはカーラ・
スタントンだとして職歴のファイルを見せる。最も気になる
時期についての情報は少ないというフィンチ。死亡した後のこと
ねというカーターは、すつてスノーが関係しているフジマテクトロ
ニクスに侵入した時に女性のことについて言っていたとし、
彼女は何か大きなことを企んでいると語ったこと。その時の
スノーはフジマテクトロニクスからHDDを盗んだという。フィンチ
はそのHDDについての情報が欲しいとし、カーラが何をしようと
しているのか突き止める為に必要だと語る。その際スノーは
爆弾ベストを身につけさせられていたので、今のリースたちも
同様のことをされている可能性があると語る。我々の助けがいる
だろうとフィンチ。

カーラはリースとスノーに荷物を受け取ってきてとして、ある
一室にいくよう指示される。そこにはハッカーらしき二人の男性
がゲームして遊んでおり、おたくのボカの言うとおりにフォーマット
して置いたという。しかしこのHDDを渡すには契約金以外に5万ドル
を上乗せしてもらうという。カーラはリースに対して無線で
二人を殺せと言うがリースには出来なかった。二人はリースとスノー
を不審がり銃を出して来て撃とうとすると、向かいのビルから
監視していたカーラが二人を射殺する。リースに対してHDDを回収
するよう告げると、これが最後の警告だと語る。

2010年、モロッコ・CIAの秘密軍事施設。
ペンタゴンの誰かが重要なソースコードの入っているパソコン
を中国企業に売ったとして、CIAのアリソンとスノーは当時の工作員
であるリースとカーラに対してそれを取り戻すよう指示する。
場所はオルドスという中国内陸の町。
スノーはリースに対してパッケージを確保したらカーラを退場させろ
と語る。彼女は組織を裏切っているのだというと、リースはパートナー
を殺せと言うのかと聞き返す。スノーはカーラにも同様のことを
語り、リースの殺害を指示する。
いざ現場で回収した二人は、発光シグナルを置いて、援軍を待って
いた。リースはカーラを殺害しようとするが出来ず、カーラは
逆に先制とばかりにリースを撃つ。リースはその行動を知り
笑い出す。オレもここに来る時に同じ指示を受けてきたのだという。
リースはいち早く現場から立ち去る中、シグナルの元には巡航ミサイ
ルが飛んで来て現場を殲滅させる。

★★中国・オルドスのエピソードは(S1-20へ)
http://itawind.web.fc2.com/kaigai/p/personofinter120.htm

カーラは気が付くとオルドスの男たちによって銃を向けられ、
オルドスにある病院施設に入院させられる。
カーラに対して初老の男性が近づいてくる。ここは何処なのかと
問うカーラに来世だという。今は何も話さなくて良いので休むべき
ことを語る。君の事は全て知っているという老人。出身地、所属先
etc・・・私は情報を商売にしていること。君は政府の命令でこれを
回収に来たのだろうとし、これは何なのか・・興味深い問題の
答えとなるものだという。私は知りたくないと告げると、男は
そう語ると思ったと告げる。

2012年、3人はカフェで軽食を取る。
リースに今のウチに食べた方が良いと忠告。食事を拒むリースに
スノーも私もすつてはそうだったという。自分ではどうにも出来ず
抵抗するにしてもやれることは限られていたので運命を受け入れる
のだという。そしてスノーのような食べ始めるのだという。
リースはそれでも抵抗の手段は他にも有るというが・・
——————————————————–

FBI捜査官のドネリーからの執拗な取り調べによってついに
リースがスーツの男であることが知られると同時にカーターとの
繋がりも判明してしまい。しかしその直後にドネリーたちが
乗った車が追突され、ドネリーは殺害され、リースはトラック
から出てきた女性・カーラから連れ去られてしまう。
なんとか生き延びたカーターはフィンチやファスコと連絡を取る
と同時にその女性の正体がカーラであることを告げ、リースの
元相棒のCIAエージェント崩れの人物である事を知る。カーターは
かつてCIAエージェントのスノー捜査官から”女性が起こそうとし
ている壮大な計画”について耳にしている中、彼女はリースを
拉致して一体何をしようとしているのか。

計画を遂行するのに人は多い方が良いとは思うのだけど、カーラほど
の腕が有れば、一人で何でも出来そうな気がする。リースとスノー
を操ることは裏から指示して自ら最前線で工作するリスクを避けると
いう意味もあったのだろうけど、リースやスノーの二人を同時に
操ることのリスクの方が十二分に高い気がする。
二人の人間にヒモをつけては用心棒のようにして渡り歩く姿を見ると
「ウォーキング・デッド」に於けるウォーカーを連れて歩くミショーン
みたいな女性だ。
しかもドラマをよく見ていると結局カーラが重要な場面に訪れては
決断を下して実行している姿も有る。

カーラのビッチっぷりが良い感じでドラマの中で憎しみ・怒りの矛先
役として牽引したけど、その背景にある巨大な組織によって彼女もまた
動かされているという構図がある。末端にいるものたちが上層部の
命じる決断に対する憤り感を糧にして、その全貌を暴くと同時に
操っていると思っているものたちに反旗を翻しては、逆に制圧して
いくことにカタルシスを感じるドラマでは有るけれども、結果と
してみれば道半ばにして殺されてしまったという感じ。

しかも悲しいことに組織が求めている種を植えた後で死を迎える
ことで結局は駒の一つとなり彼女の中では何の謎も解決しないまま
に亡くなってしまう。カーラのキャラクターの危うさは十二分に
感じるものが有り、亡くなったことでの安堵感は有るのだけど、
同時にドラマとしては惜しいキャラクター資産を失った感じがするね。

全ての道は2010年に通じていた。
勿論この細分化された流れは更に遡ったところが源流となっている
ことは明らかで、先日描かれたエピソードの中では2007年から既に
“中国”というワードとアメリカ人技術者による流出という事実と
して描かれている。しかしカーラたちにしてみればその一つの分岐点、
ターニングポイントとなっているのは2010年の中国・オルドスに有る。

カーラは過去海軍兵学校に属してリースを指導していたみたい
だけど、ギリシャ神話の古代の神々「タイタン」のことを引き合い
に出しては、「新たに台頭するものたちを恐れて自分たちの実の子を
飲み込んだ」とすることで、カーラたちが切り捨てられたことへの
含み的意味合いを語る男(ジョン・グリーア)の存在が有った。
まだこのグリーアについて今回の中では、中国人がスタッフを率いて
働いている光景しか見られなかったけど、彼らの目的はアメリカ国防
総省レベルで開発しているサイバー戦争用のコードネーム”シグナス”
を流布して混乱させるところに有る様だ。その中にカーラ自身の目的
はなく、あくまで「答えを求める為の目的」であった。

ドラマとして興味深く写った点は、稼働しているマシンが実行されて
しまうと停止してしまうとする流れがあること。
マシンがアメリカをテロの脅威から守る為に開発されたものである
ことはかねてから描かれているけど、フィンチたちはそのマシンが
零れ落としたテロリストではない犯罪者たちの情報をすくい取っている
訳で、マシン本体は今回の一連の”脅威”というのは確実に拾っていな
いとおかしい。
過去、フィンチとハロルドの間でこのシステムを政府関係者に
渡すか渡さないかでの葛藤が有ってフィンチは直前になって渡さない
方向制を見せたことも有ったけど、こういうドラマの流れを見ると
何故フィンチに差し迫る事件に対する数字が届かなかったのかが
気になるね。少なくともスノーとカーラは亡くなるだけの脅威が
迫っていたので、その数字は出ても良いのかなと思ったけど、
彼らはこの世にいない人物だから数字として出なかったのかな。
殺されてしまったハッカーの二人組とか生きている訳だし、こういう
悪人を数字として割り出すなんてことはマシンは拒絶したのだろうか?

ジョン・リース(Jim Caviezel) 元兵士、恋人ジェシカを失う
ハロルド・フィンチ(Michael Emerson) 犯罪防止システム開発者
ジョス・カーター(Taraji P. Henson)刑事
ライオネル・ファスコ(Kevin Chapman) 腐れ刑事、情報屋

ニコラス・ドネリー (Brennan Brown) FBI捜査官、スーツの男を追う
カール・イライアス (Enrico Colantoni) 犯罪組織・刑務所
犬 (Graubaer’s Boker) Bear the Dog

ジョン・グリーア (John Nolan) 民間情報機関デシマ・テクノロジーズ
ブライアン・モス (Brian Hutchison) SAIC、ドネリーの死を調べる
ケビン (Cameron Scoggins) スティルウォーターインポート社、応用研究
カーラ・スタントン (Annie Parisse) CIA
マーク・スノー (Michael Kelly) CIA
アリシア・コーウィン (Elizabeth Marvel) CIA
ピーター (Matt Deangelis) ハッカー
— (Maechi Aharanwa) Waitress
— (Mike Carlsen) Uni
— (Andrew Guilarte) DOD Guard #4 (SCIF)
— (Nathon S. Lewis) Delata Force Operative
— (Matthew Gooley) FBI Forensic Technician
— (Andy Royce) Computer Programmer

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336