LAW & ORDER : クリミナル・インテント シーズン4 第22話 名誉と欲望の果て My Good Name

May 15, 2005
第22話 名誉と欲望の果て My Good Name

脚本/Rene Balcer、Warren Leight
監督/Alex Zakrzewski
——————————————————–
アニヤの元に夫のウォルターから電話が鳴る。下着姿でベッド
に居る彼女はまだ会議中だとしてもうすぐ帰ることを告げる。
アニヤは男を待っていたが来なかった為に仕方なく書き置き
して帰る。「ベアーへ・・・当て逃げ?まだ私は愛しているアニ
ヤ」と書かれていた。清掃員の女性2人はそんな置き手紙を見て
この男は体力が旺盛ねと告げ、別の女性を連れ込んでいること
を語り合う。
公務員組・MSEUに対して、市議会のリアーナは電話すると、
上司に電話を頂いた件でアニヤさんと話がしたいとして手紙
を無くしてしまったことを語る。
ウォルターはアニヤが”ベアー”宛てに残していた手紙を握りし
めていた。アニヤは自宅に戻ると、祭日前に週末前はやることが
多いとして帰宅が遅くなった理由を語るがウォルターは時計を
外すと妻を殴る為の用意をする。
国際警備コンサルタント会社の社長・フランク・アデアは、
ポスター撮りをしていた。撮影中にフランクの元に電話が鳴る。
メディアアドバイザーのジャニスは何か有ったのかと問うと、
何か有ったらしいので帰るという。
二人の巡回警官は、空き地で遺体を発見する。
遺体にはヤケド痕が有った為に、警官は捜索願いを出していた
組合女性の夫の遺体だろうと語る。

エイムズとゴーレンは遺体発見現場に行く。
現場捜査官の(Dennis Paladino)から話を聞くと、昨日妻のアニヤ
が捜索届けを出した人物だろうとし、最後に夫と会ったのは
4日前だと言っているという。彼女は週末姉の家で過ごしたと
語っている事。致命的キズは見あたらないとする中、クイーンズ
からハーレムまで何をしにきたのかと疑う。
妻は公務員組合の副委員長で、亡くなった夫・ウォルターは
病院の整備士をしているという。
エイムズは死後硬直が解けている事を語る。遺体を発見した
シェルビーたちは遺体が発見した時には手が外に伸びていたと
いう。しかし何故遺体の手だけ出ているのかとして普通見つか
らないように押し込まないかというエイムズ。腕の袖には
コンクリートの白い粉が有った。肋骨が折れて酷く殴られているが
顔には一切傷跡はなかった。

4月19日(火)・ウォルター&アニヤ・サボ宅。
昨日の朝は、ゴーシェンに住む姉の家から直接職場に行った
という。夫の病院に電話したら出勤していないと言っていたこと。
週末には留守電を残したけど返事は戻って来なかったという。
心配はしなかったのかと問うと、週末はいつものことだという。
月曜の夜に仕事から帰ると夫の車だけが有ったという。
ゴーレンはアニヤの左半分の顔が腫れていることを知り、殴られた
のかと問う。アニヤはそれを否定し階段から落ちたとするが、
木曜日に姉の元に行ったのは夫に殴られたからなんでしょ?
と問う。ウォルターは飲むと短気になるのだという。夫が腹を
立てた理由は何かと問うと、私の帰りが遅かったからだろう
と語る。夫は殴った後に後悔し、サニーサイドのバーに行った
という。帰宅するのを待ったけど、帰られないので週末姉の
家に言ったのだという。彼は自分の車でバーに行ったのかと問う
と失踪者捜索班は彼の車を調べたのかと尋ねると、まだだという。

外に駐められている車を調べるとバーの駐車券が有った。
バーで何かトラブルが有ったのか。トランクの中からヒドロコドン
と呼ばれる麻薬性鎮痛剤が有り、別の鎮静剤も有るという。
しかし処方シールは無くなっていた。恐らく彼が病院に勤務している
理由もドラッグを盗んで売っていたのだろうという。客が不満で
殺したのか。
しかしバーでは誰も彼の”副業”のことは知らなかった。
木曜日の9時に一人でやってきて、一人で飲んで午前1時に店を
出たという。駐車係は11時には帰宅しているので確認が取れなかった。
客は彼の家に行ったのか。

エイムズはこれまでの捜査状況をディーキンスに報告する。
殴打痕が10カ所以上有り、その痕跡は主要臓器を直撃している
こと。遺体を遠方に運んで遺棄した理由は何かと問うと時間稼ぎ
ではないかという。上着には車のオイルが付いていたこと。
発見場所の向かいの空き地があり、そこは放置車で溢れていた
ところだという。ディーキンスはこの交差点は35と29と38分署
が隣接する場所だと告げる。祭日の週末で誰もが残業はいやだろう
と告げ、巡回した警官に話を聞くよう告げる。
——————————————————–

手にヤケド跡の有る男性の遺体が発見される。
遺体が発見されたのは35、29、38分署が隣接する空き地で有り、
前日に失踪者届けを出していたアニヤの夫・ウォルターだと
いうことが判明する。死後硬直の流れや衣服に付着している
エンジンオイル、そして遺体が自宅からは随分と離れた場所に
遺棄されていたことが挙げられる。更に体に付着している
傷跡から全て急所を攻撃した打撃痕であることも分かる。
被害者の足取りを追っているウチに、状況からして警察に精通
しているであろう人物であることも判明していく。

事件としては分かってみれば単純だけど、他人を意図して操り
行動を起こさせていたというところを見ると、色んな意味で
証明するのが難しそうなものが有った。
人間同士、組織同士の主導権争いが至るところで行われており、
その意図として恋愛に於けるイニシアチブを持つもので有ったり、
仕事や出世に対する利権的・利便的なもので有ったり・・・
皮肉な形で警察の分署同士の管轄権が示唆するものが今回のドラマ
を象徴していた感じがするね。

ネタとしては結構捜査官たちの私生活がネタとして描かれたこと
かな。
エイムズさんの父親は、91分署の刑事・ジョニー・エイムズで
有ったこと。エイムズの父・ジョニーはファイナルシーズン(S10-4)
にクレジットされているけど、存命しているのかな。

今回の容疑者の一人・フランクとスティルマンの関係は、ジミー
とフランクと呼び合う仲で、フランクの妻・マリーはスティルマン
に対して、「次はアンジーも一緒に食事をしましょう」と語っていた
ところを見ると、家族ぐるみの付き合いが有ったのか。

そんなフランクの自宅にディーキンスが話を聞きに行く中で、
彼の奥さんであるマリーに「君だけは変わらない」としてお世辞を
語る姿が有る。「嘘付きね」と言われていたけど、
帰る際に挨拶した時には、フランクに話を合わせた格好だったけど、
「週末には一緒に過ごした」としてアリバイとして利用されてしまう
ディーキンスの弱さと同時に即効で嘘を付いたなと思うと笑えるもの
が有った。男同士の暗黙の貸し借りの構図がここには有るのか(笑)
しかしかつての仲間を信用せずに上手いこと、容疑の目を向け続けた
ところは見事だったのかも。

ドラマとしてはタイトル通りのネタだったけど、嘘と欲望
にまみれているもので、恋愛の駆け引きとして利用されているウチ
にはまだまだ可愛いものが有るものの、出世の為に邪魔者を排除する
為に殺害に利用されるというのはただ事ではない。
嘘に嘘を重ねてはその関係を築いていくという辺りの危うさを描いて
おり、形勢が不利だとした流れの中、蜘蛛の子を散らすようにして
周りに味方が居なくなる辺りの滑稽ぶりは感じた。

ドラマでは意図してのことなのか、役職自体がどれも怪しいよね。
犯人の二人は、どちらも警備コンサルタントとかメディアアドバイ
ザーというものだし、愛人部屋を提供していた不動産の男は、名誉
刑事部長とか勝手にバッジが与えられていたけど、そこにはどんな
権限があるんだって感じだし。

一通の残したメモが最後まで上手い形で捜査線上に漂い続ける
辺りは面白かったのかもしれない。策士が策に溺れた結果、結局
最後は自滅していくという辺りもまた、マヌケなものだけど、
このロジックを解き明かさなければ、NYPD全体がフランクをトップ
とした相当悪の巣窟みたいになるところが有ったので、その悪の誘惑
の声を断ち切ったディーキンスさんは、今回も眼帯姿だった
けど、目が見えない分、他の感覚に優れていたところがあるのかも。

しかし正直、フランクが素手でウォルターを殺害出来るような
“武闘派”に見えないところがこのドラマの唯一のネックだったな。

ロバート・ゴーレン (Vincent D’Onofrio) 天才刑事
アレクサンドラ・エイムズ (Kathryn Erbe) ゴーレンの右腕
ジェームズ・ディーキンス (Jamey Sheridan) 警部
ロン・カーバー (Courtney B. Vance) 検事
エリザベス・ロジャース (Leslie Hendrix) 検視局
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)

フランク・アデア (Michael Rispoli) 国際警備コンサルタント会社社長
マリー・アデア (Elizabeth Keifer) フランクの妻
ジャニス・ステイナー (Jenna Stern) メディアアドバイザー
アニヤ・サボ (Roxanna Hope) 妻、公務員組合・副委員長
ウォルター・サボ (James A. Lee) 病院の整備士
— (Dennis Paladino) Crime Scene Detective
マーティ・レオニダス (John Riggins) 物件所有、名誉刑事部長
ラチリフ (Jerry Walsh) 捜査官
アルトシュラー (Jeb Brown)
リーアナ・カゾン (Vanessa Daniels) 首にされた
ライデン・クロス (Edmund C. Davys)
ペトリ (Rick Gifford) PO
バスケス (Victor Cruz) PO
シェルビー (Almeria Campbell) PO
マクレイン (Cezar Williams) PO
ネイサン (Christopher Wisner) PO
フォルトゥナ・レリサ (Geri Payawal) 清掃員
メイリング (Luz Lor) 清掃員
— (Richie Byrne) Super
カーラ (Amanda Duarte) ジャニスのアシスタント
アルヴィン (Lukas Hassel) カメラマン
— (Brad Webb) PA
— (Eric Rath) TV Host

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336