LAW & ORDER : クリミナル・インテント シーズン5 第15話 望まれなかった子 Wrongful Life

リンク広告 テスト




第15話 望まれなかった子 Wrongful Life

脚本/Rene Balcer、Gerry Conway
監督/Darnell Martin
——————————————————–
【ストーリー】
仕事をしていたものは雑談をしていた。アフリカでは3秒に一人
が餓死しているとし、10人分の食事が義母の口から零れている
のに・・という。出入り口を間違えたので開けて欲しいという
ニッキー。人事部を探すフリをしてレイフは”屋上への立ち入り
禁止”と書かれたドアに磁石を付けていく。備品室に物を運ぼう
としているものにエリックは手伝う。室内に吸気口があるのを
確認していく。
エリックとニッキーとレイフの3人で昼間に仕掛けたビルに
侵入する。エリックはニッキーらに対して10分経ったら逃げろ
と告げる。エリックは夜景などをカメラで撮影する中、突然
彼の前にある人物が表れる。何でここにいるのか?と問う中、
頭を殴られて給水塔の中に落とされるのだった。

水道水の悪臭で発見されたとして男性の遺体の捜査にやってくる
ゴーレンとエイムズ。死後3、4日は経過していること。扉は
施錠されたままだったという。連邦ビルが狙える屋上には
立ち入り禁止にんっているハズ。被害者の持ち物の中には、
ナイロンロープに登山靴だというエイムズ。カメラを現像して
くれとして被害者が持っているカメラを鑑識に手渡す。また
靴底の写真も撮影してくれという。懐中電灯と万能ナイフ、
そして磁石を持っていた。磁石で通気口の送風機を止めたで
あろうことが分かる。ダクトの続く先を調べるとダクト内には
2人分の足跡があることが分かる。このダクトの給気口は何処か
と問い、その先を探っていくとドアにもマグネットが付いている
ことが分かる。第二の人物はここから上がったのだろうと。靴底
の跡がベッタリ付いていた。

レイフはニッキーに対して事故は残念だけど一生引きずれない
だろうという。レイフは協力するのか?と問うと、ニッキーは
僕といたということで良いだろうと語るドリュー。

写真の現像があがってくる。
屋上から撮影したもので、最後の2枚は裁判所、新市庁舎の銅像
もくっきりと写っているという。テロの格好の標的だなという
ディーキンスだが、テロに関係してるかは疑問だというゴーレン。
配管スペース、粘泥の壁面、地下鉄の廃駅のタイルなど、全て
記念写真に見えるという。都市探検の記録を撮っていたのだろう
という。屋上で禁断の秘密でも見たのかというディーキンス。

そんな中、被害者は工学部の学生・エリック・ニューサムだと
判明し、日曜日に捜索願いが出ていると語る。

3月14日(火)・ロン&クリスティン・ニューサム家
何故給水塔なんかに行ったのかとするが、両親にも分からなかった。
エリックの交友関係について尋ねると、3年前から離れて暮らして
いるので分からないという。ニューサム家にはエリックの妹の
ニッキと恋人のドリューの姿が有った。ニッキはエリックと
同じ大学の建築科に通学しているという母・クリスティン。
最後に会話したのは金曜日で、翌日の夕食の約束をしたのだと
いう。
ニッキーとドリューに話を聞く。
ニッキは兄には友達は少なかったとし、勉強に打ち込んでいた
という。金曜日には会話したかと問うとそれを否定する。
エリックの部屋を見せて欲しいとするゴーレンとエイムズ。

エイムズは先ほどエリックの父とドリューの関係がおかしかった
のでいつも彼女の父は嫌みを言うのかと問うとウチは裕福だ
からだと語る。ゴーレンはニッキに金曜日に何を食べたのか
と問うと、彼にも話を聞いているので慎重に答えるべきだと
語る。ゴーレンはニッキのネックレスが汚れていることを見て
あの用具室でついたものだろうとし、冷却剤だと語る。
エリックと一緒にビルに行ったのか?と問うと、ドリューは行かな
かった事を告げ、エリックの友達のレイフと三人で行ったこと
を語る。
一体屋上で何をしていたのか。エリックは一人で屋上に行き、
レイフは見張りをしていたのだという。捕まったと思ったので
逃げたのだという。ただのゲームであり、誰も傷つけるような
ことはしていないとし、侵入して内部を見ただけだという。
ゴーレンは探検の記録だろうと問う。
写真には、サイプレスヒルスの墓地の下水管の内側、
クラウンビルの屋根の下など普通では見られないところの写真
が撮られていた。兄は未知の世界を見せてくれたのだという。
しかしこの写真は知らないと語る。

ドリューの元にいくと、彼は一人で探検していたのだという。
仲間に隠していた秘密が命取りになったのかとエイムズ。
五区内にそんな数はないので特定出来るだろうと。5日前の写真が
屋上から撮影したもの。右の写真はマレーヒル病院であり
撮影していたのか?と疑問に感じる。

病院の配管スペースの入り口から入ると奧には保管庫がある
ことが分かる。ここには古い患者の記録が入って居るとのこと。
最後に閲覧したのは去年の5月だという。しかしゴーレンは積み上
げられたダンボール箱が凹んでいること、そして箱のテープが
新しく貼られたものだと分かる。
エリックが侵入した目的はカルテなのか。4728-Aの患者は誰なのか
と問うとジャンズ先生の担当だという。既に先生は亡くなっている
とのこと。そんな中、リストとカルテを照らし逢わせてみると
ビクトリア・カーソンのカルテが無くなっていることが分かる。

3月16日(木)・オリビア・グラハムの家
3月20日(月)・ドミニク・マッケナ医師のオフィス
3月23日(木)・ジャニス・ラムジーのアパート
——————————————————–

立ち入りが禁止されているビルの屋上の給水塔で男性の遺体が
発見される。死亡したのは工学部の学生・エリック・ニューサム
で、死後3、4日が経過していた。彼が所有していたカメラの映像
を現像すると、都市探検と称して自らの好奇心を満たす為の行動
を起こし、普通の人には見られないところを建築科の妹の為に
見ていたことが判明する。しかし写真から病院に繋がる酸素を
運ぶパイプが写っていて、それがマレーヒル病院のものだと分かる。
配管スペースを調べると、配管の先には病院の過去の患者の記録
が保管されていることが分かり、その中の記録からジャンズ先生
が担当していたビクトリア・カーソンのカルテが無くなっている
ことが分かる。

都会には都会ならではの探検する場所がある。
そんな探検の先には少なからず金銀財宝という名のロマンがつきもの
だ。当初は好奇心という名で探検しただけなのだろうけど、それが
金になると分かった時に、自らのスキルを使ってロマンを現実的な
ものとして昇華しようとする流れが有る。
その姿は、学生のそれとは違って気が付くと立派な強盗団のような
感じに見えてしまうところが有ったね。

ドラマの中では金が全てとばかりに、金の誘惑に取り付かれる人の
多い事。

ドラマとしては子供の存在を利用して、色々と金儲けを企む
野心家の母親・ビクトリアの姑息さ加減が描かれたものだけど、
金を持つ家庭に対してやっかみの声を見せていたりするニューサム
家が居たりしてなんとも言えない。

そんな大人の影響から、子供の存在を自分の手足のようにして
利用する様がなんとも言えない寂しさを覚える内容だった。
生まれる前から金持ちと結婚する為に利用していたという
ことで、子供を道具の様にして取引の材料のようにして利用するで
あろう大人がいることもまた否定出来ないというところだろうか。

この手の題材の物語は本当に多く、奇しくも同じビクトリアが
大活躍する「リベンジ」の中でも見て取れるところが有るし、
現在Dlifeで放送中の「デビアスなメイドたち」の中で殺害されて
しまったメイドのフローラは金持ちになる為に、金持ちにすり寄り
妊娠させては金をせびろうとする流れが有る。

意外と単純な様で複雑な思惑が関わってくる内容だった。

エリックとニッキーのニューサム家の兄弟と対象的に存在して
いるリサとドリューの関係というのも興味深く描かれていて、
ニッキーがエリックと付き合っているという辺りの流れが有った
り、リサとエリックの間にもまた繋がりがあるなど、不思議な
状況に有る。ニッキーは兄が亡くなったにもかかわらず何処か
感情を失っているかのような感じがするし、ドリューもまた
妹の為に生きていて、周りがあまり見ていないようにも感じる。

子供たちの間でも金銭問題が関係して事件が発生しているし、
嘘だらけが蔓延る家庭に於いて真実を求めるリサとそんな事実を
隠したいであろうビクトリアとドリューの姿が有り、共通する行動を
取っていてもそれぞれに違った思惑の元で動いているというのが、
このドラマを複雑にした要因だった。

障害児がお腹の中で育つ流れの中、それを隠そうとする流れと
共に、現在に於いては都合の良い部分だけを切り取って
明かそうとする流れが有る。

リサにしてみれば自分が生まれたことに価値を見出したいところ
だけど、母親のそんな思惑を知った時に、リサ自身はどう感じる
のだろうね。「彼女が耐えられないのは病気ではなく嘘だ」
とするゴーレン。
エイムズさんは、「彼女は大丈夫だが彼は家族に幻想を抱いていた
ので辛いだろうこと」を語っていた。

そんな幻想はビクトリアの時代から有ったというのだからなんとも
言えない。元々ビクトリアは金持ちだからという理由で付き合い
始めたのかどうか分からないけど、ジャニスの夫が既にハイテク株に
投資してラムジー家には金などなかったという事実が存在して
いたのだという。

■検索用キーワード


ロバート・ゴーレン (Vincent D’Onofrio) 天才刑事
アレクサンドラ・エイムズ (Kathryn Erbe) ゴーレンの右腕
ジェームズ・ディーキンス (Jamey Sheridan) 警部
ロン・カーバー (Courtney B. Vance) 検事
エリザベス・ロジャース (Leslie Hendrix) 検視局
マイク・ローガン (Chris Noth) 刑事
キャロリン・バレク (Annabella Sciorra) ローガンの相棒刑事
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)

ドリュー・ラムジー (Jonathan Tucker) 長男
ジャニス・ラムジー (Lois Markle) 祖母
リサ・ラムジー (Alison Pill) 長女、車椅子
ヴィクトリア・カーソン (Talia Balsam) リサとドリューの母
ニッキー・ニューサム (Jessica Collins) 妹
クリスティーン・ニューサム (Suzanne Grodner) 母
エリック・ニューサム (Vincent Piazza) ニッキーの兄
ロン・ニューサム (David Wagner) 父
Dr.ドミニカ・マッケナ (Jack Davidson) 産婦人科医
フランシス・マッケナ (Eric Saiet) 息子、弁護士
クリストファー (Ethan Goldsmith)
オリビア・グラハム (Donna Mitchell) 元ビクトリアの家に住む人
プラスキー (Christopher McHale)
リック・スワラン (Cornell Womack) ドリューの弁護士
オスカー・ラモス (Gerardo Rodriguez)
ラフェ (Duane McLaughlin)
バート (Leroy McClain) ニッキの為に鍵を開ける人
ジェローム (E.J. Carroll) エリックが荷物を運ぶのを手伝うマレーヒル病院
ステュ (Nick Taylor)
ハドリアン (Nick Basta) 捜査官
ジョスリン (Sonnie Brown)
リサ (Jack Davidson)
— (Robert Romani) Extra

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336