ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル Numb3rs シーズン3 第16話 2つの死の関連性 Contenders

リンク広告 テスト




第16話 2つの死の関連性 Contenders

脚本/J. David Harden
監督/Alex Zakrzewski
——————————————————–
50ml、ペイパービュー39.95ドル、タップ3回、チャンピオン1人。

ベン・エリスとピート・マンソンは試合前にスパーリングを
していた。ピートが本番前に調整するが、ヘッドギアをした
ベンが殴りピートが倒れる。

チャーリーとアミタは、ポーカーの練習をしていた。
アミタはいつまでポーカーをするのかと告げると、もうすぐ
大会なんだという。ラリーに勝利することを約束したこと。
天敵のノビッチ教授を倒すのだという。とても嫌なヤツだと。
しかしアミタはアランは出張であり今夜は二人きりだとして
チャーリーに関係を迫ると彼もその気になってキスをし始める。
しかしアランが戻ってくる。早く終わったので最終便で来たと
するが、二人が良い感じの関係で有ったのを知り、また出かけて
くるという。しかしチャーリーやアミタは一緒にデリバリー
した食事が大量に来たので一緒に食べようとアランを誘うのだった。

デビッドは殺人課のラーソンに呼ばれて現場へとやってくる。
容疑者がデビッドの名前を出したのだという。
ベン・エリスは知り合いなのかと問うと、取り合いだという。
総合格闘技をしていて、ピートはオールアウトの王座の挑戦権を
借りてケン・ベインズワースと対戦予定だという。練習中にピート
は倒れてしまい、そのスパーリングパートナーはベンだったという
ことだった。ただリング上での不運な事故だったのではないか
と問うが、クスリが使われていた形跡が有るのだという。実は
半年前にも同じ事が有り、ラスベガスのジムでロペスが試合中
に亡くなったのだという。両方の事件に当日いた人のリストを
作っているところだという。

デビッドはベンと二人で話すと久しぶりだなと語る。
デビッドはベンに対して市警察は殺人だと言っているがそこの
ところはどうなのかと問う。ベンはパンチをしただけだという。
しかし君がマンソンを脅しているのを見た人がいるとラーソンは
語り署に同行して欲しいという。デビッドはオレが行くまでは
何も話すなと語る。

デビッドはチャーリーの家にいくと相談したいことが有るという。
友達が不味いことになったので力を貸して欲しいとのこと。
スパーリングの相手が死んだのだが行く先々でトラブルを起こして
いる人物だということ。過去にシンテルの内部告発者が殺された
事件で、あの時と同じ事をして欲しいのだという。リストは二つ
有り、”今日の事件現場にいた人のリスト”と”半年前にラスベガス
のジムにいた人のリスト”が有り、照合すると100人くらいが重なる
のだという。
アミタは「クルスカルカウント」に当てはめ、二件の事件を促進
ものを調べようと語る。

ラーソンはFBIのオフィスでベンを取り調べることに。
ベンのことを殺すと言っていたのではないかとして、目撃証言が
あるという。あくまで言葉のアヤだという。
デビッドはベンに対して取りあえず釈放されるが弁護士をつける
べきだと語る。ベンは不満を漏らすがお前の為に深夜来て説得して
いるだろうと語る。

メーガンによると最近野球よりもPPVで総合格闘技を見る人が
多いのだという。一大ビジネスになっていること。ニュースには
ラリー・オルストンのことが取り上げられており、大手カジノと
提携して「オールアウトリーグ」を買収したプロモーターだという。
ティノ・アルバがその総合格闘技のチャンピオンであり今の所
彼を倒せる人はいないという。ドンはそんな話を聞いて妙に詳しい
と指摘すると護身術を教えている生徒はみんなファンなのだという。
アルバとベインズリッジのリマッチを楽しみにしているとのこと。
捜査は市警が担当だが、ドンは2つの州にまたがる事件だし、
今回はサポートすると語る。コルビーはラスベガスの検視局では
ロペスは心臓に異常が有り事故で片付いたとのことだった。組織標本
を改めて調べてもらう必要が有るという。
ドンはオルストンに逢って話を聞くという。

デビッドは検視局のゴメスに逢う。
ベンのことをデビッドはニューヨークのブロンクスに住んでいた
頃近所に住んでいたヤツだという。マンソンの死は毒物による死
でありフルオロ酢酸ナトリウムという薬品が体内での酸素処理を
妨害するもので心停止を起こすという。普通は特別に検査しないと
なかなか検出されないが、アレルギー反応が出たので分かったという。
主に農薬関係、化学薬品の業社、園芸店や害虫業社が使われるもの
で、口内組織から検出されていることから飲み込んだりしたの
だろうという。ただし現場の水のボトルからは異常は出なかったと
語る。
——————————————————–

総合格闘家のピート・マンソンがオールアウトリーグのチャンピ
オン・ティノ・アルバと対戦する為の挑戦権を得るための試合
(vs ケン・ペインズワース)の前にスパーリングパートナーである
ベン・エリスと練習している際に突然リング上で倒れてしまう。
事故かと思われたが、クスリが使われた形跡が有るとして殺人での
捜査が行われる。捜査はロサンゼルス市警主導のものだが、ベンは
デビッドの元親友であったことで、デビッドの元に市警・殺人課
のラーソンから連絡が入る。

ドラマではデビッドの過去の一端を知るエピソード。
繰り返し問題を起こしている親友に対して、デビッドは過去との
決別ということで”ある事件”をきっかけに見限り、疎遠となっていた
元親友との再会を果たすというもの。
結局はデビッドの誤解だったけど、誤解されるだけの行動を取って
いたので彼を責めることは出来ないように思う。

デビッドがチャーリーの元に個人的に相談に来るところから始まる
とっかかりは面白く出来ていたと思うし、その後はチャーリー
がメーガンにも助言を求めにいくという流れもまた面白かった。

アメリカの犯罪者ってガタイが良い人が多いので、それを取り締まる
警察官は大変だろうなと思うけど、更に総合格闘技をしている人物の
逮捕をするというのは流石に苦労するものがあるなと思う。
コルビーとデビッドのコンビでなんとか捕まえたけど、その後の
解決した後のコルビーとベンのやりとりとかなかなか興味深く写った。

ドラマではチャーリーがラリーの代わりに出場するポーカー大会
での流れを通して、相手の心理を掴むという流れが有る中で、
数学的捜査の流れと共に心理学とのコラボレートで事件を解決していく
という流れがある。
これはまぁいつも通りの流れだと思うけど、チャーリーがメーガン
にポーカーでの相手の弱点探しの為に「テル」について教授される
という流れを通して、今回の事件に於けるウィークポイントを
探していく流れというのは面白かった。
「テル」とは強い緊張のせいで無意識に出てしまう仕草のことで、
ポーカーなどの勝負に於いては自然と出てしまうところが有るの
だろう。ドンは時計を見るクセがあることを知る。チャーリーの
ライバルであるノビッチ教授が何故強引な方法を使ってチャーリー
の研究室を閉鎖したのもそんな習性を見抜くための行動だったの
だろう。ミリーに話せば即効で教授としての座を剥奪できそう
な気がするけど、ミリーの圧政はラリーにしか該当しなかったな。
その後はなんだか随分と性格が円くなってしまった。

チャーリーもまた仕返しとばかりにノビッチ教授の研究室を
消してしまうというマジックのような話で、頭の良い教授たちが
意外とセコイところで勝負を挑んでいたり、子供っぽいところが
有るところは憎めない。勝負とは実際の会場に上がる前から始まって
いるものだということが示され、ポーカーの流れでも格闘技の流れ
にしてもいずれにしても実際の勝負以外のところで重要さを
帯びていた。ひたすら観察するしかないと言われる中、メーガンに
チャーリーはFBIの監視捜査を貸してと頼むも即効で「ダメ」と
言われていたところが笑える。

デビッドと懇親にしている検視局のゴメスが登場していた。
二人共下町育ちのようで、気が有っている感じだったし、最後に
二人はキスしていたけど、デビッドの恋バナにも言及されていく
のかな。

捜査では二つの事件を起こすことになる後押しした流れを掴む為
に「クルスカルカウント」という分析をしていた。

被害者のピート・マンソンとオタビオ・ロペスの共通点を探る
がなかなか共通点がなく、動機は格闘家としてのランキングに
あるのではないかとして捜査を開始。
ベンが逃走を図った時には、ネットワーク接続して、通話記録の
流れからパターンを見出そうとする。特定の携帯電話からの電話
ではなく公衆電話を含めた電話のトラフィックを調べることで
どういう電話内容なのか、そしてベンからの電話のクセを見出し
網にかけた格好だった。
結果としてテレビ局との契約から、プロモーターとしても
対戦相手を操作しているところが有った様子。その為に人を殺して
しまうというのは考えられず、それだけ権力があるのであれば、
強引な方法を採らなくても十分に対応出来ないか?

デビッドがドンとベンの件で会話していた。
ドンはデビッドが悩んでいることを知りこえをかけると、デビッド
は実名こそ挙げなかったけど、近くに居ると無性に苛立つ人がいる
でしょうと言ったデビッドに対して、ドンはチャーリーだなと語る
姿が印象的だった。

※検視官ゴメス役のLauren Velez

「デクスター」ではマリア役で出演。「アグリーベティ」では
エレーナ役、「ナンバーズ」では、S2-23、S3-8、S3-16と登場
したけど、残念ながら今回のエピソードがラストみたいだ。

■使用された曲

■その他

・暴行罪で3年、ペリカン・ベイに服役
・チオ酢酸の一種 スカンクの臭いの原因物質

ドン・エップス (Rob Morrow) FBI捜査官
チャーリー・エプッス (David Krumholtz) 数学者
アラン・エップス (Judd Hirsch) 父
デビッド・シンクレア (Alimi Ballard) FBI捜査官
ラリー・フラインハート (Peter MacNicol) 物理学者
アミタ・ラマヌジャン (Navi Rawat) 学生
メーガン・リーブス (Diane Farr) FBI捜査官
コルビー・グレンジャー (Dylan Bruno) FBI捜査官
Dr.ミルドレッド・フィンチ (Kathy Najimy) “ミリー”学部長

グラハム・ラーソン (Steven Culp) ロサンゼルス市警・殺人課
ベン・エリス (Gbenga Akinnagbe) 格闘家、デビッドの元親友
クローディア・ゴメス (Lauren Velez) 検視官、デビッドの彼女
スタンリー・ノビッチ (Arye Gross) 生物化学科教授、ラリーのライバル
ティノ・アルバ (Tito Ortiz) 総合格闘家チャンピオン
ラリー・オルストン (Bruce McGill) オールアウトリング買収のブロモーター
— (A.J. Benza) Reporter
— (Philip Moon) Munson’s Trainer
— (Bill Seward) Announcer
— (Fred Warner) Dealer
ケン・ベンスワース (Roman Mitichyan) 格闘家
— (Justin Price) Boxer

アール・デイ
ロザリー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336