キャシーのbig C ~いま私にできること~ The Big C 第2話 裸の季節 Summer Time

リンク広告 テスト




第2話 裸の季節 Summer Time

脚本/Darlene Hunt 監督/Michael Engler
——————————————————–
【ストーリー】
キャシーはメラノーマであることをトッド医師から聞かされて
暫く経つが、家族には誰にも話せずにいた。夫のポールは突然
言葉もなくキャシーから追い出されたことに対して、お前の
楽しいことはお医者さんごっこなのかと誤解される。
キャシーは息子のアダムに、父さんを追いだしたのは子供は
一人で十分だと思ったからで、あなたを選んだのだと言う。
これからビシビシとしつけると。キャシーの生徒で巨漢の女性
アンドレアに対して0.5kg痩せるごとに100ドルあげるという。
庭にプールを作ろうとしていたが、向かいの家のマーリーンか
らの苦情で作れなかった。金曜日に庭でソファーを焼くイベント
をすると兄・ショーンに告げると、変人キャシーに戻ったなと
言われる。

プールが完成しキャシーは服を着たまま泳いでいた。プール
サイドにはポール、アダム、そしてショーンがやってくる。
しかし夢。
キャシーは寝ているアダムに対して、あなたは一生着た服を
片づけないつもりなのかとし、子供の頃から一度も着た服を
かけた試しがないとして呆れる。結局私がやった方が早いと思い
今まで片付けていたが、今では悪い事をしたと思っているいう。
だらしない子に育ててしまったと。アダムは五月蠅くて眠れない
としてまるで母の言うことを聞いていなかった。しかしキャシーは
将来の貴方の奥さんに悪い事をしたのだとし、先生をやっていても
自分の息子に大事なことも基本的な生活習慣も教えられなかった
ということは、笑い話にしかならないと語る。
そんな中キャシーは外でプールの為に掘った穴の中でソファー
を焼く。アダムは何をしているのかと問うとソファーを燃やして
いるという。前からウザイと思って居たソファーをようやく片付け
たと。アダムは明日からサッカー合宿だとし、普通じゃない母
の元を離れられるので良かったと語る。
更にマーリーンは一体何を燃やしているのかとしてやってくる。
許可も取らずにたき火をするなんて・・と語る彼女に、またプール
を掘った時みたいに通報したらどうかと告げる。あなたのお陰で
許可が下りるまで3ヶ月は工事がストップ、クリスマスには出来るが
プールではなくスケートリンクになるだろうと。たき火のせいで
コーヒーに灰が入るというマーリーンに新しいコーヒーでも
入れましょうかというが立ち去っていく。

アンドレアに逢い計測するが彼女は1kg増えていた。
一週間腹が減っていたのに増えている事を語る。ペコペコになる
のもドカ食いするのもよくないことだという。運動はしているのか
と問うと、いつもしていて今はトライアスロンに挑戦していると
いう。統計的にはウォーキングもジョギングも同じ効果なので
とにかく歩くのだと語る。とにかく家でも何処でも歩く!と。
今年の夏はビギニは無理そうねというアンドレア。殆どの子は
ビキニなんて自信がないものだというと、だから”すっぽんぽん”
ナンシーは何も着ていないのかという。屋上に行けば分かると
言われ見に行くと、自宅の庭ですっぱだかで日光浴をしている女性
の姿がいた。その姿を見てアデルマン先生はズボンを下ろしていた。
キャシーが声をかけると点検していただけとして誤魔化して行って
しまう。

キャシーはDr.トッドの元にいく。
時間的余裕はどの程度なのかと問うとメラノーマの場合は色々な
ケースがあるのだという。1年は大丈夫か?、3年・5年は大丈夫
なのかと問うと、トッドはそう願いたいとしか言えなかった。
キャシーは画期的治療法でも見つかったら連絡を・・と語る。
早死にすることにも利点は有るとして、しわくちゃになる前に
あの世にいけるし高級なスキンクリームを買う必要もないと告げる。
トッドが症状を見るとして服を脱ぐよう告げる。そんなキャシーは
裸になることに対して、医療行為だけど、心の何処かで裏切って
いるみたいで気になるという。裸で日光浴をしている人がいるが
誰か来たらどうするつもりなんだろうかと語る。
あっさりと診察は終わる。トッドはいつも通りの対応をした
為に、キャシーはちょっと意地悪に先生にとっては私の裸は標本
と同じかという。女性の人の裸を多く見て来たのでしょと告げる
と、他の人と比べて私の裸はどうかと問う。トッドは答えられない
ことだったが、平均よりもずっと上ですよと語る。大勢見たが
オッパイが凄いですと。先生からおっぱいだなんて・・という
キャシーに医師免許を失いそうだという。心配しなくても18ヶ月
しかその心配は続かないハズだと語る。

キャシーは帰宅すると若い頃の写真を見返していた。その中には
ビキニ姿の若い頃のキャシーの姿も有った。
そこに夫のポールがやってくる。ポールは浮気現場を押さえる
ようなリスペクトゼロなことはしないと語る。キャシーは浮気
なんてしていないと語る。何処の医者に通っているのかと問う
と皮膚科の先生だと告げ、具合が悪いのだという。しかしそれで
何でオレが追い出されないとダメなのかと問う。いつも喉が渇く
というポールは成人型糖尿病かも知れないと語る。
そんな夫は戸棚からコップを取り出すが、まるで戸棚の扉を
締めない夫に対して、あなたはいつも開けっ放しだとし、アダム
が服を片付けないことと同じだという。私が服を拾い、ドアを
締めてきたが今ではその無駄な時間を返せと言いたいと語る。
そんなキャシーに一緒にセラピーに行かないかと告げる。そのくら
いの要求はしても良いのではないかとすると、彼女も了承する。
——————————————————–

キャシーは相変わらず自分の病気のことを家族にも話せずにいる
中で、アダムとの時間を大切にしようとしつつ、彼が未だに
母親無しでは何もしようとしない怠け癖を直そうとして奔走する。
一方ポールはキャシーとの関係を修復したいと考えて、セラピー
に一緒に通わないかとして話を持ちかける。キャシーの周りにいる
ものたちは何故キャシーがそんな行動に出るのか、まるで理解
出来ずにいた。

今まで自分に出来なかったこと、聖職者であり母親という立場上、
我慢して押し殺してきたことに対して、必要以上の自制心によって
セーブしている行動に対して、それを解き放ち、本当の自分という
ものに向き合っていく。

ドラマでは女心と母親としての心がキャシーの中から色濃く見えて
来るね。

今回は取り分け「裸になること」にテーマが有った感じだけど、
見た目通りに服を脱いで裸になることと共に、心のヨロイを取り外す
意味では精神的な裸になることへの追求が行われた。
これも本音で向き合わない限り息子や周りの人との関係改善が
図れないと思っている為で、自分が裸になってぶつからない限りは
相手も心のヨロイを外さないと思っているのかな。

病気の事実を話せばある程度、子供や夫の心を掌握出来る気も
するけど、それを使って習慣を正そうとしても意味がないと思って
いるかのようだ。

若い頃の自分、現在の自分、そして年を取った時の自分。
死を目の前にして、そんな自分の姿を思い出す機会も有るのだ
ろうけど、老いることに対する複雑な心情を隣人のマーリーンの
姿の中から描きだす辺りもなかなか上手いし、自らも裸になって
開放感を味わう。当時恥ずかしくて自信が無いと思っていたが、
今にしてみれば改めて輝いていたことを実感する。
周りから見た自分はどう見えるのかということを念頭にして人は
行動するからこそ文明社会としての人間の行動の抑制に繋がるの
だけど、過度の自意識なり制約によって人生損していることが
有るのではないかという思いがここに来て出てきた感じがするね。

自分が欲しいと思ったこと、やりたいと思ったことを自分の気持ち
に正直にやろうとする姿。

対象的に写るのは自分がやりたいがままに行動を起こしている様に
見えるデブのアンドレア、息子のアダム、夫のポール。

太ってしまったアンドレアは自制心の無いままに食事を取っていて、
ショーンからは「現代社会の残念な見本だ」と指摘されていたけど、
裸人間のショーンは行動とは逆に色々と良い事を語る。
「基本他人のことを気にしているヤツなんていない。気にしていたら
大事な地球は破壊しない」という。
自虐的に「オレはキャシーの兄さん、一生の恥、心のカサブタだ」
と語る姿が有る。

6週間の息子のサッカーの合宿。
息子にとっては僅かな時間であっても母親にとっては長い時間だ。
キャシーがたまには自分勝手な主張の元で、我が儘をやっても
罰は当たらないだろうというところで、ドラマが回っている感じが
するし、普段はなかなか母親が年頃の息子に対して過剰なまでの
愛情を示すことは出来ないだろうし、兄の妹に対する愛情の程も、
ちょっぴり変態チックだとしていて最後はジョークだと誤魔化して
いたけど、実際には良い感じの兄妹だったりするんだろうね。

■使用された曲

・Keep Breathing by Ingrid Michaelson
・Where You Are by Low-Fi
・Game Called Life by The Leftover Cuties

キャシー・ジェミソン (Laura Linney) 42歳、妻、高校の教師
ポール・ジェミソン (Oliver Platt) キャシーの夫
アダム・ジェミソン (Gabriel Basso) 高校生
ショーン・トルキー (John Benjamin Hickey) キャシーの兄
アンドレア・ジャクソン (Gabourey Sidibe) 生徒、デブ
マーレーン (Phyllis Somerville) キャシーの隣人、夫が他界

Dr.トッド・マクアーー (Reid Scott) ガン医者、31歳
アンジェラ (Christine Toy Johnson) カウンセラー
— (Juliet Adair Pritner) バスの運転手
— (Daniel Picciotto) バスに乗る少年
ナンシー () すっぽんぽん
アデルマン () 先生、屋上でH

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336