よみがえり ~レザレクション~ Resurrection シーズン2 第10話 予言 Prophecy

リンク広告 テスト




第10話 予言 Prophecy

監督/Christopher Misiano 脚本/Aaron Zelman
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
ジェイコブとマーガレットは僕らのせいで両親らが狙われてい
ることを知る。ジェニーはベラミーに自分の弟・ロバートのこと
を語る。安全が確認されたらすぐにジェニーをアルカディアに
連れて来ると約束。マーガレットはブライアンに対して結婚する
様言われた相手と結婚したことを告白していた。愛も芽生えた
のではないかというブライアンに対してマーガレットは否定する。
私は息子を二人産んだこと。跡取りと予備の子だと。
ヘンリーはマーガレットのしていることを知って母さんも去った
方が良いと語る。ジョーイら「生者の会」はよみがえりを人間
ではないとして対立を深める。ジェイコブはマーガレットに対して
行くならば今が良いと語る。

【ストーリー】
— 昔 —
大学院生の頃のルシールは生物学入門の教科書を手にして寝て
いた。目覚める彼女はジェイコブの姿を探す。カレンダーには
“初めてのディズニーワールド”とのカレンダーの予定の印が
ついていた。

— 現在 —
ヘンリーとルシールは、トムの追悼式でジョーイらとの騒動が
有り帰宅した後ジェイコブが居なくなったことで探す。嵐が吹き
荒れていて停電になっていたことも有り室内で懐中電灯を探すが
見つからない。義母さんが物の配置を動かしたせいだというルシ
ール。車が無いことを見ると母さんが連れて行ったのだろうと
いうヘンリーはフレッドに非常用無線で知らせることに。

その頃ジェームズが祝詞を読む中、彼の体にはカミナリが直撃
する。

ベラミーの元にはマギーとフレッドがやってくると、ジェイコブ
が居なくなったと報告。「生者の会」のメンバーがトムの通夜
にやってきて一悶着有った隙に居なくなったという。ただ
消えてしまったとするが、マギーは血液サンプルを見る限り消えて
はいないことを語る。フレッドにこの世からは消えていないという
意味だと説明する。基地局がダウンしているらしく電話は一切
ダメだというマギー。

エレインは従業員に対して予備の発電機を採ってくる様告げると
ジェームズが店にやってくる。
「男の子を見つけて助けないと・・」その呟く彼は、カミナリに
撃たれたことを語る。しかしその背中を見るとまるで何かの
木の刺青のようなものが背中に映し出されていた。エレインは
それを見て何かに気が付く。
エレインは絵を探しに行く隙に、ジェームズは居なくなる。
カイルに対して今の男の人は何処に行ったのかと問うが、
出て行ったとし、エディのレインコートを着ていたとして微笑む。
エレインは外を見回すが居なかった。

フレッドはルシールたちの家にやってくる。
母がジェイコブを車で連れて行ったことを語る。ヘンリー
は母と派手に言い争ってしまったことが原因かも知れないことを
口にする。そんな中電源が復旧する。
幾ら何でも孫に手を出す事は無いのではないかとするが、フレッド
はオレはバーバラが消えたのは母さんが何かをしたからだと疑い
母に問い詰めたら否定しなかったのだという。そんなことが出来る
のかというマギー。
ルシールには自宅に居るよう告げ、みんなで外を探しに行く。

トゥエインの店で働いているエレインが見知らぬ男がやってきて
少年を捜していると言っていたのだという。ジェイコブを見ている
のであれば安心だとし、ルシールを説得し、マギーと一緒に家に
残ってくれと語る。

マーガレットとジェイコブはその頃納屋で雨宿りしていた。
ここは全てが始まった場所だというマーガレット。

フレッドとヘンリーはジェイコブたちを車で町中探す。
無線からは色々と捜査状況も聞こえてくる。
ヘンリーは工場をもう一度探そうという。

— 昔 —
マーガレットは涙していた。

— 現在 —
ジェイコブはマーガレットに対して消える時は痛いのかと問う。
死んだ後はどんな感じなのか。マーガレットは死んだ後のことは
覚えて居ない事を告げあなたこそ覚えて居るのかと問う。
素晴らしい冒険になるハズだという。五月蠅く指図する人は居ない
し好きな人はいつまでも貴方のことを思ってくれるハズだという。
ジェイコブはパパたちも死んだらまた合えるのか?と問う。
そんな中外から音が聞こえてくる。何の音かを尋ねると、製材所の
傍にある滝の音でマーガレットは昔はあの音が好きだったと語る。
最後にここに来たのは結婚式の日で、ここに隠れていたと語る。

フレッドとヘンリーは相変わらずジェイコブたちを探す中、
ヘンリーは反省する姿が有った。昨日のことでオレは母さんの
ホントの姿が見えていないことを知ったこと。フレッドはあの人は
自分の見せたいものを見せるのが得意な人だという。しかし
フレッドは見抜いていたと語る。

— 昔 —
うとうとして目が冷めるとジェイコブがいなかった。
帰りが遅すぎるとし、きっと何かが有ったのだという。

— 現在 —
マギーはルシールに対してきっと二人は嵐を避けて雨宿りしている
のだと語る。するとルシールは突然「夜通し起きていられない。
寝ないと体を壊す」と告げる。マギーはそうなる前に見つかるわと
語る。

アルカディアしか知らない母さんが町を出たとは思えないという
ヘンリー。プリティブルックを通って帰ろうという。お前のいう
通りジェイコブが死んでオレは変わったこと。そしてルシールも
変わったという。またあんな思いは耐えられないとし、絶対に
見つけることを語る。あの日を乗り越えたので大丈夫だというフレッド。
そんな中ゴンザレスから無線で、ジャック・ガンズウォードが数時
間前にレインコートを来た30代くらいの男から古い製材所の場所
を聞かれたと言っていたのだという。きっと母の実家だろうとし
ベラミーに対してその事実を告げオールドソーミル通りで合流しよう
と連絡する。
——————————————————–

“よみがえり”の人が生きているものたちを滅ぼすとして妄想染みた
「生者の会」との対立が深まる中、それを巡って生きているもの
同士が争い傷つく姿が有る。それを見かねたジェイコブは両親を
傷つけたくないとして同じよみがえりの祖母・マーガレットと
共に自分達はここに居ない方が良いのではないかとして無断で
出て行く。ジェイコブが居なくなったことを知った関係者は、
みんなで探すが、この日は生憎アルカディアにも嵐が吹き荒れ、
停電が起き電話での通信もまた不通の状態だった。
そんな中、ジェームズという男がまた一人、この世に蘇るのだ
った。

いくつかの時代が同時に描かれましたね。

1) ジェイコブ捜索の際に、ルシールとマギーが一緒にいたことか
ら、ルシールはマギーに対してジェイコブが居なくなった時のこと
を始めて語り合う姿が有り、当時のルシールが大学院生で生物学の
博士号を取得しようとしていた際に起きた事故だったこと。

2) ジェイコブとマーガレットが居場所を求めて逃走する中、
マーガレットが行ったのは自分の実家だったツヴォーク農場の納屋
で語り合い、マーガレットの結婚時代の出来事を話す。

前にも書いたけど、そもそも工場の火事の件は一体何を意味する
ものだったのかということがポイントなのか。
火事にも幾つかあるような気がするのだけど、よみがえりがこれ以上
よみがえらせなくする為に燃やそうとして事務所に閉じ込めて火を
つけて燃やしたであろうこと以外に火災というものが起きているの
だろうか?

マーガレットの父は工場長として従業員たちをとりまとめる立場
だったが、そもそもの工場のオーナーであるラングストン家の
ボスから色々と悪事を命じられ、その見返りにマーガレットに良い
暮らしをさせるという名目で、自分の息子と結婚させたこと。
しかしそれは名ばかりで結局、跡取りを妊娠させる為だけの道具
に過ぎず、諸悪の根源が町を支えてきたと自負するラングストン家
にあること。
子供を支えに生きて来たマーガレットにとっては、何処かで息子
たちのことを愛せないでいるという感情を押し殺しつつ、それでも
尚、蘇ってはラングストン家の為に奔走するも、結局のところ
子供達も自分の言うことを聞かないような子達に育ってしまったこと。

子供たちだったヘンリーとかフレッドはマーガレットの中にある
ラングストン家に対する憎しみというのを敏感に感じ取っていた
部分が有るんじゃないですかね。
フレッドの方は酒飲みの夫とそっくりになり、完全にアウトロー
的存在になってしまった感も有ったけど、そんな彼が保安官として
働いていて、ここに来て一番頼りになる存在になったという辺り
がまたなんとも言えないね。

「犯人はヤス!」的、三日月のアザを持つベラミーの姉・ジェニー
がこの町に来たのと同時に当時、ベラミーを洪水の際に助けよう
としたジェームズ牧師もまた蘇った。「西遊記」の堺正章さんが
カミナリに撃たれて岩から飛び出した猿役じゃないけど、
牧師もまたカミナリに打たれたりする中でも、ベラミーを探して
歩き回る。

問題は工場で虐待のようにされていたよみがえりの人たちに
「解き放つ」ことであの世にいけることを導いたとする黒人の
存在が誰なのかということか。それがベラミーの親の姿なのか
な。4回目の処刑を待っている時に、取り乱していた足の悪い白人の
男にその事実を話していて、その時のことをマーガレットは聞いて
いたとしていたね。

幾つか分からないことが有るのだけど、ジェイコブが川辺で
見ていたベビーカーの赤ちゃんって誰のことなんでしたっけ?

三日月のマークの有る場所、そしてジェームズの傷(血管?)と
同じ木の枝の有る場所から大量の昆虫が飛び出して来た。
これは何か害を及ぼすものなのかな。
ジェームズとベラミーで町を浄化していくとのことだけど、
その方法論がどうなるのか。
なんとなくあの木の枝は家系図を象徴していて、根っこを断ち切る
ことの意味を示唆しているようにも思えるね。

マーガレットはフレッドの制止を振り切り、自分と同じ人間が
いる施設に居たいとしていたこと。
ようやくここに来て、ジェイコブの死や存在に関して、ヘンリー
とルシールが本音でぶつかり合い、その結果ヘンリーが家を
出ることになったこと。ジェイコブ本人は迷っていた気持ちが
一つになり、やはり家族と一緒に居たいとする選択肢をとったこと。

■使用された曲

J.マーティン・ベラミー (Omar Epps) 移民関税捜査局員
ルシール・ラングストン (Frances Fisher) ジェイコブの母
フレッド・ラングストン (Matt Craven) 保安官
マギー・ラングストン (Devin Kelley) 医者、フレッドの娘
トム・ヘイル (Mark Hildreth) 牧師
エレイン・リチャーズ (Samaire Armstrong) レイの彼女?
ジェイコブ・ラングストン (Landon Gimenez) フレッドの息子
ヘンリー・ラングストン (Kurtwood Smith) フレッドの兄
レイチェル・ブレイドウッド (Kathleen Munroe) よみがえり
マーガレット・ラングストン (Michelle Fairley) ヘンリーの母

ジェニー・トンプソン (Nadej k Bailey) ベラミーの姉
17歳の頃のマーガレット (Bailey Anne Borders)
10歳の頃のマーガレット (Faye Foley)
若い頃のルシール (Claire Bronson)
ウォレン・ラングストン (Lars Gerhard) マーガレットの義父
エディ (Wesley Gordon) よみがえり
— (Keith Ham) Twain’s Patron
カイル (Randall P. Havens) 酒場の客
— (Lynne Jenson) Arcadia Citizen Returned
— (Montrel Miller) Co-Worker
ジェームズ (Jim Parrack) 牧師、よみがえり、ベラミーを知る

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336