よみがえり ~レザレクション~ Resurrection 第2話 新たな任務 Echoes

リンク広告 テスト




第2話 新たな任務 Echoes

監督/Dan Lerner 脚本/Nicki Paluga、Stephanie Sengupta
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
マーティンはマギーから1週間何処に居たのかと聞かれ答える
ことが出来ず。ヘンリーの母・マーガレットが自分の墓の前に
いるところをジェイコブが現れ、僕は死んだけどお婆ちゃんも
でしょと告げる。ジェイコブはケイレブの傍を通った感覚が
分かることを呟く。レイチェルに対してトムは何も問題はない
として自宅の客間に泊めることになる。ルシールは自分達が
監視されていることを語る。

【ストーリー】
ジェイコブの前に一羽のカラスが突然落ちてきて亡くなる。
ジェイコブはその鳥の生存を確認する為に木の枝で突いていた。
マーガレットから家具を拭くのを手伝って欲しいと語る。
ジェイコブはマーガレットに対して、僕のママとパパは年を
取っているよねと尋ねると、私の記憶よりはねと語る。もうじき
亡くなってしまうのか?と問うと、死はきまぐれに来たい時に
来る物だと語る。でも私たちみたいに蘇るから心配ないと声を
かける。マーガレットは今日は工場にいく事を語るが、もう
あそこには誰も働いていない事を告げる。ずっと前からその
状態だというジェイコブ。

フレッドはアルコール類を全て処分する。そして妻との婚約指輪
を外して仕事に出かけることに。

マーティンは自分に起きたことを思い出そうとしていた。
そんな彼の元にマギーはおはよーの挨拶。何か有ったのかと
問うと、マーティンはまた暫くこの町にいることになったとし、
新たな任務が与えられた事を語る。
マーティンは謎の政府の人間だという女性から町の監視を命じられて
いた。蘇った人たちを見張り、新たに増えたら報告するよう告げる。
身寄りがないようならば連れて行くという。

レイチェルはシャワーを浴びる中、トムに対して私も部屋を探して
出て行くことを語る。この部屋にいるのは無理だとし、奥さん
のもので一杯のところには住めない事を語る。何処もジェニンの
ものばかりだった。しかしトムは一人では危険だとして、妊娠
していることを告げる。奥さんとは話をしたのかと問うと、彼女
の方が僕と会話したがらないのだと語る。しかし今一番大切なこと
は君と子供のこと。それ以外のことはナントでもなる事を語る。

マーティンはフレッドの元にいく。
政府の女からは言うとおりにしないと町を政府の監視下に置く
と言われていたこと。政府の女はフレッドには全てを話してある
ので世話してくれるハズだといわれていた。フレッドに対して
話しかけると、オレは物資や住居を支援しろと言われているだけ
だと語る。フレッドはマーティンに対して政府のスパイになって
どんな気分なのかと意地悪な質問を知る。少なくともよみがえり
の人たちのことを心配しているのだと告げる。
そんな中、保安官助手のカールは、ミラー爺さんから電話で納屋
から馬の毛布が盗まれたとの通報が有ったという。狩猟小屋に
誰かが住んでいるらしいこと。あそこの小屋はケイレブのものだ
とし、また戻って来ているのか。
マーティンとフレッドは車で向かう。マギーのことを話そうと
すると、フレッドはオレの前でマギーの話はするなと言われる。

マーガレットはヘンリーに対してルシールは今でもピアノを
弾いているのかと尋ねる。工場を閉めたのは本当なのかと問うと
フレッドはあの子の死後に手を引いたという。運営はジェイク・タ
ーナーに任せたこと。僕は精神的に参っていたのだとし、
いつか復帰出来れば良いと思っていた事を語る。
そんな中マーティンからヘンリーに電話が有り、マーガレットに
健康診断を受けさせて欲しいとのこと。ヘンリーは母にそのこと
を伝える。病院で医者をしているのはマギーだと告げ、母が入院中
にバーバラに子供が出来たのだと語る。マギーは貴方の孫だと
語る。

フレッドとマーティンは小屋を調べるが誰もいなかった。
しかし二度もここに来るものなのか。レイチェルは二度蘇って
いる事を告げると、マーティンは彼女の場合は体が消えた訳では
ないと語る。フレッドはカールに見張らせておけば誰が来た
のか分かるだろうと語る。

一方ジェニンはトムの居る教会に来て、物を取りに家に行き
たいが行っても良いかと尋ねると、君の家なのだからいつでも
来て欲しいと語る。教会は今朝辞めた事を語り、教会に必要なのは
キリストの言葉を伝えられる牧師であり、もう僕には出来ない事。
僕は悲しみは神に委ねるようにみんなに説いたが、その言葉を
聞きたいのは僕だという。ジェニンはそれならば小さくても
良いので自分の教会を持ったらどうかと語る。2時間後に行く
のでその間彼女を連れ出して欲しいと頼む。
——————————————————–

マーティンは自らが一度ならず二度も亡くなっていることを
知り、古傷のようにして胸が痛んだり、薬莢が落ちている所を
見ては曖昧な記憶がフラッシュバックされていて、状況を
把握していく。政府の女と名乗るものからの命令で監視する
ことになるが、蘇ったものたちは果たして何処に連れて行かれて
いるのか。蘇りの人物の中でも違った形で蘇る人物が出てきた
ことも有り、色々と調査することは有るのだが・・・

何処を着眼点にして見ていくのが楽しい見方なのかよく分からない
けど、蘇りのものが病気にかかかっていると、どうしても
最近まで放送していた「Helix 黒い遺伝子」とか「ウォーキング・
デッド」のS4に於ける刑務所内でのインフルエンザ的内容が脳裏
を過ぎることも有るので心配になる。容易に病気の人物に近づいて
も大丈夫なのかとか心配しつつ、見ている自分がいるかな。

マーティンとか今回出てきたアーサーという蘇りの人物は死んだ
時の状況を克明に覚えて居る感じがするのだけど、他の人は
あんまりそういう死や再生に関して言及することが無いね。

ジェイコブは動物の死を見て、自分達と同様に生き返るのでは
ないかとして様子を見ている姿が有る。自分たちが蘇るとしたならば
今生きている人が亡くなった時にも同様に蘇りの現象が起きる
のか否か。
一番不安なのはやはり愛している人、自分が知っている人が
この世にはいない時代に蘇ってしまうという状況だと思うので、
この町に留まっている蘇りの人たちはある意味では幸せなのだろう。
逆に蘇った人たちも愛する人たちが亡くなってしまうとすれば、
蘇ったとする価値も半減する。
そう言う意味では、1935年に死んだとされるアーサーのことを
マーガレットが知っていたというだけである意味救われる思い
がするところだろうけど、残念ながら彼はケイレブと同様に
何処かに消えてしまった。アーサーが幻視に見る火事らしき
事情とか、マーガレットが火葬にしたという流れを見ると、
工場にその原因の何かが有るのかなって感じだけど、マーガレット
は腫瘍が原因で病院のベッドで亡くなったみたいだし、その辺の
事情を謎だ。

トムとレイチェルとジェニン。
新しく生まれてくる生命に関してもこれまでにはないパターン
のシナリオの流れなので、どういうことになるのか気になって
いる。蘇りの人が増えたら報告しろという命だけど、蘇りの人から
生まれる子供に関しては報告する義務が有るのだろうか。

「LOST」でのクレアとか「ウォーキング・デッド」に於けるローリ
の出産ネタというのは、ドラマを盛り上げる要素になったので、
その赤ちゃんが希望の象徴になるのか、それとも未知なる生命体
としての誕生と見られるのかどうか。

クリスチャンらしくジェニンはレイチェルのことやその子供の
ことを容認していくことになったのか。

そしてマーガレットは蘇って以来、ずっと「修復」のことを
考えているような意図が存在している感じ。工場の件でも再建
しようとしているのかなと思って見ているのだけど、なんと
彼女が拘っている工場には複数の遺体が埋められていた。
あの骨は一体誰なんだろうね。
前回フレッドとエレインが一緒にやってきてガラスを割っていた
建物はラングストン家具工場の跡地だったのね。
フレッドってこの骨の件で何か知っているからこそ、実は
マーガレットとの関係に壊れているものが有るとか、家族とは
距離を置いている部分が有ったりするのかな。

「工場は家族の一部」

「オレが覚えて居るあの時代に戻してくれ。家族がいなきゃここに
居てもしょうがない」

「遅かれ早かれ望まないことをすることになる。」

色々と象徴的なセリフが多いね。

「私は愛情が強くて重荷だ。息苦しい。どうしようも出来ない」
というルシールがジェイコブの言動に対して、いつ失うのかを
心配しているように、ジェイコブの行動も同様に年を重ねた両親
のことを心配している。

それにしても穴を掘るマーガレットの力強さが凄い。
パワフルお婆ちゃんか(笑)

■使用された曲

J.マーティン・ベラミー (Omar Epps) 移民関税捜査局員
ルシール・ラングストン (Frances Fisher) ジェイコブの母
フレッド・ラングストン (Matt Craven) 保安官
マギー・ラングストン (Devin Kelley) 医者、フレッドの娘
コナー・クエスタ (Nicholas Gonzalez) 保安官、マギーの彼
トム・ヘイル (Mark Hildreth) 牧師
エレイン・リチャーズ (Samaire Armstrong) レイの彼女?
ケイレブ・リチャーズ (Sam Hazeldine) エレインの父
ジェイコブ・ラングストン (Landon Gimenez) フレッドの息子
ヘンリー・ラングストン (Kurtwood Smith) フレッドの兄
レイチェル・ブレイドウッド (Kathleen Munroe) よみがえり
マーガレット・ラングストン (Michelle Fairley) ヘンリーの母

— (Perry Ball) 歩行者
— (Walter Hendrix III) 歩行者
カール (Christopher Berry) 副保安官
アーサー・ホルムズ (Scott Michael Campbell) よみがえり、消える
— (Donna Murphy) The Elegant Woman
ジャニン・ヘイル (Lori Beth Sikes) トムの妻
キンバリー (Katherine Willis) ジェニーの姉
— (Jameson Jamey Copeland) Clinic Orderly

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336