リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線 Rizzoli & Isles シーズン2 第5話 大リーガー Don’t Hate the Player

リンク広告 テスト




第5話 大リーガー Don’t Hate the Player

脚本/David Gould、Janet Tamaro
監督/Holly Dale
——————————————————–
テレビではMLBのボストンフィルグリムと、ボストンレッドソッ
クスがプレイオフを戦っていた。9回にフィルグリム側のスター
選手のマニー・ベガがホームランを撃ち見事逆転。
しかし試合前、朝のフィルグリムスタジアムのシャワー室で
一人の男性が死亡しているのを清掃係のドロレスが発見する。

モーラとジェーンはテレビで昨日の試合の結果を見ていた。
モーラは選手の行動を見てチンパンジーと同じだとして股間を
掴んだのは攻撃性の表れだという。しかし男の見本のような
ものたちだという。彼を押し倒したいとしてモーラはテレビ
を見ながら語る。母親の前なんだから辞めてよというジェーン
だが、アンジェラもまた彼はおいしそうねと語る。私とモーラ
が二人の時の会話を聞いたらこんなものではないという。
そんな中、飼い犬のジョー・フライデーが足を舐める癖が
治らずジェーンは何とか言い聞かせて直そうとする。

そんな中テレビではフィル・ヤングが共同オーナーを解消し
一人でフィルグリム球団を経営することになったという。
前妻のジーナ・ヤングとは険悪なムードであることは有名だ
った。

寛いでいるとトミー・リゾーリが仮出所してやってくる。
ジェーンは全く聞かされていなかったので驚くが、トミーは
姉からの手紙で勇気づけられたとしてお礼をいう。3ヶ月遅れ
の帰還(出所)だねと語ると、ケンカが合ったのだという。仮釈中
は大事だと語る。そんな中何故モーラの家に来たのか疑問だった。
モーラはトミーには住所がないと仮釈違反になるからだという。
ジェーンはアイツがいるとトラブルと同居するようなものだと
いう。あの子は根っからのロクデナシなんだという。モーラは
非暴力的犯罪者の再犯率は暴力犯罪者よりも確かに再犯率は7%
高いとするが、あんたの母の為だという。彼は間違ったけど
人間まで腐った訳では無いのだと言われる。

そんな中モーラの元に電話が鳴る。
遺体をラボに運ぶというものだったが、フィルグリズのロッカー
ルームで事故死が合ったと聞くが速報には一切出てこないこと
にジェーンは違和感を感じて球場まで行こうと語る。

球場にはメルク元刑事がいた。今は警備部長をしているのだと
いう。モーラとは仲良くしているがジェーンを見るとなんで
いるのかとしてメルクは不機嫌になる。殺人課刑事だからだと
すると、メルクはコーチングスタッフの一人がシャワー中に
転んだだけだと語る。お前は試合でも見てきたらどうかとして
彼はチケットをくれるのだった。ロッカールームにはこれから
プレイオフを行おうとしている選手たちもいて、ジェーンは
その光景を見ていた。マニー・ベガの姿も有ったが、彼は
ドリンク剤を飲んだ後にゴミ箱に吐く。ジェシー・ウェイド
という選手はジェーンに話しかけると、試合前にはああやって儀式
的に吐いているのだという。ジェシーは自己紹介するとジェーン
は新人王でオールスターに2度出た選手でしょと告げる。ただ
私はレッドソックスファンだと語る。ジェシーは彼女に名刺を
渡すと是非連絡して欲しいとし、君にならば尋問されても良い
という。そんな口説き文句200万回は聴いたよと語る。

スタッフもジムとシャワーを使えることが分かる。
カードキーで入退室記録も分かり、被害者は午前6時に来ている
という。モーラは妙だと告げ硬直が進んでいる事を語る。
メルクは発見時にシャワーのお湯がかかっていたからではないか
とすると、そうかも知れないという。しかし頭蓋骨と放射状の
裂傷が有り、頭蓋骨には圧迫骨折があるという。傷が二箇所。
滑って転んで二箇所の傷が付くのかという。メルクは滑った際に
蛇口に頭をぶつけて床にぶつけただけだろうと語る。しかし
亀裂部はハンドルよりも大きいとし殺人の可能性があるという。
ジェーンはそれならば殺人課の出番だと語る。
ちょうどコーサックも合流する。彼は試合を見るためにユニフォ
ームを来て観客席で観戦していたところだった。球団側には
令状が来るまで何処にも触れるなと言っているという。

被害者はロン・マッケンナ。
フロストは判事は令状はロッカールームだけ許可したという。
知事が待ったをかけたであろうこと。コーサックはメルクが
いるのを知り、アイツはレッドソックスファンなのに気が付くと
フィルグリムズで警備していると告げる。何か隠蔽しているの
ではないかと。
フランキーに対してゴミ箱が処分されないように見張っている様
頼むジェーン。更にトミーのことも見張っていて欲しいとのこと。

ジェーンたちはオーナーのフィルから話を聞く。
マッケンナのIDはコーチとなっているが球団の名簿には書かれて
いないという。最近コーチングスタッフになったのだとし、特別
メニュー用だという。今後は弁護士を通して話をしてくれと
してフィルは会話を拒む。
一方外にはジーナの姿が有った為に、彼女から話を聞こうという
ことになる。
フィルがジーナの球団株を奪って追いだしたという噂があるのだ
という。ジーナに対してロンを知っているかと尋ねると、私が
雇うよう推薦したのだという。ベガに禁酒指導をしていたという。
彼は酒乱で三週間前にまた暴れ出したのに治療を受けなかったのだ
という。

フィルはソルトレイクシティに身売りょしようとしているらしい
情報がある事を知る。またベガの酒癖の悪さはニューヨーク時代
からのものだとコーサックは語る。

そんな中現場を調べるとロンの服は、新品の服が於かれていて靴が
濡れていた。何処かから引きずってきたのだろうこと。ロンは
この場では殺されていないという。マニー・ベガのロッカーを
調べようとするが、近くに血が飛び散った痕が有り、床は漂白剤の
臭いがする事が分かる。誰かが殺しを隠したのだろうとのこと。

そんな中モーラは凶器は円柱状のもので重くて固い物だという。
それはバットだろうとして血痕が付着するバットを調べてもらう。
ベガのバッドでバッドと骨折の幅が一致していた。
——————————————————–

MLBのプレイオフ中にスタッフの一人がロッカームールで
殺害される。殺害されたのはロン・マッケンナで、元殺人課に
勤務していたメルクは、現在この球団の警備部長をしていて
早々に解決を求められていた。更に現在プレイオフ中という
ことも有って、知事や判事も捜査に消極的で、プレイオフ後
の捜査を求める動きがあるが、警部補のキャバノーは、ジェーン
たちに目立たない様に捜査を続けて犯人を割り出すよう告げる。

リゾーリ家の次男・トミーが初の出演。
トミー役を演じているColin Egglesfieldは、Dlifeで放送していた
「クライアント・リスト」で、ラブ・ヒュー役の女性を支えた
義理の弟・エバン役の男性だった。
兄も姉も刑事をしている中で、高校時代に窃盗したことをきっかけ
としてトミーは転落人生を送っているみたいだけど、話の流れを
聴いていると、どうもトミーは高校時代も盗みを働いたような感じ
ではなかったね。
動物好きに悪い人はいないということで、今回は飼い犬の
ジョー・フライデイのことを真剣に面倒を見ていた彼。
モーラの家の大型テレビや宝飾品が盗まれたとしていたけれど、
これだけ刑事が出入りする家に泥棒が入るなんて相当勇気がいる
だろうと小一時間な感じ。
トミーはけんかっ早い人物みたいだけど、なんだかあの急激な
怒り方を見ると双極性障害でも患っていないか?って感じも受ける。

また殺人課崩れの警備員をしているメルク役を演じているのが
「Person of Interest」でのライオネル刑事役のKevin Chapman
だった。

プレイオフ中に事件が起きるという大胆な設定。
ボストンと言えばやはりレッドソックスでありフェンウェイ・パーク
だけど、フィルグリムズというチームもあるという設定で、
レッドソックス派のジェーンとしてはなかなか複雑な視線が有った
のかな。

モーラ先生が最近盛り過ぎているところがちょっと嫌な感じも
するのだけど、ジェーンも何気にロッカールームで選手達の行動
を見るという名目で選手の裸を見ているシーンも有った。
結構MLBに限らずスポーツチームのロッカールームにカメラが
入ることがあるけど選手たちってあんまり裸を気にしている人が
いずに堂々としているところが有るよね。

アメリカでは女性も野球に興じる姿が有るけど、こういうのって
父親とか彼氏を喜ばせたいが為なのか、それとも野球などのスポーツ
文化に女性の中にも浸透しているのだろうか?
日本でも女性ファンは多いけれど、詳しい人ってあんまり居ない
ような印象が有るな。

事件は色々な可能性が有った。
問題の背景には球団の身売りの話が有る事と、この球団のオーナー
夫婦が険悪なムードで離婚していること。そして容疑者であり
被害者となってしまうマニー・ベガでさえも、飲酒癖があり
謎のトレーナーのマッケンナがマニーの禁酒指導のために雇われた
人物だと判明する。

「地味な刑事魂」で捜査してというモーラ先生。
全ての野球ファンを敵に回していくのだからそれは無理だとして
いた。そんな中、モーラ先生が例に出すのがサイレント映画の
Fatty Arbuckleを思い出さないか?としていたけど、一体何のこと
だよって感じだったね。

殺人の証拠が次々と出てきて、遺体を動かしていたであろうこと。
ただなかなか球団関係者から話が聞けずにジェーンは名刺をくれた
選手のジェシーと逢って話を聞く。
「Le Beau Truc」という5つ星レストランで話を聞く事になり、
ドレスコードに引っかかるか気にしていた感じだけど、ジェーン
とモーラって体型が違いそうだけど、服を取り替えっこしていた。
モーラの服は死体の臭いがするとしていたし、ジェーンのスーツ
姿は、女性からナンパされたとして互いに指摘し逢っていた。

マニー・ベガが交通事故死。
ベガの体内から、グルコース水、ビタミンB群、タウリン、
薬用ニンジンが出て薬物、アルコール、ステロイドの検出はなかった。
彼は心筋症を患っていて、心臓が肥大していること。

エチレングリコールの摂取、不凍液を体内に入れられたことで結晶化
していたこと。
また死亡推定時刻を特定する為に硝子体液を取り出す為に目玉に
針を刺すシーンが有り、フロストとコーサックが細かいケンカを
していた。

何処で不凍液を飲まされたのか。
コーサックは選手には習慣・縁起を担いでいるとして、マグワイア
は急所カップを高校時代から同じものを使用していることや、クレ
メンスは軟膏を”タマ”に塗っていることを口にする。モーラが
タマ違いしていたけど、モーラならばすぐに気が付きそうだけどね。

ゴミ箱の監視をして令状後に捜索していたフランキーが
血痕のついた手袋を発見。手袋からモーラに指紋を採ってとして
いたけど、「CSI:BOSTON」ではないのだから・・という理由で
採れるかどうかは分からないとしているモーラの姿。

結果として犯人はベガのスター性を妬んだジェシーの仕業だと判明
する。ベガのドリンク剤を調べていたロンを殺害したことも
手袋の指紋から判明していたけど、あのままジェーンともデート
を続けていたら狙われてしまったりしたのかな。

ジョー・フライデーが手足を舐めてしまうのは、鶏肉がアレルギー
だからということだった。モーラ先生が食べさせていたことが
原因。モーラ先生も死体以外のことには詳しく無いのか。

ジェーン・リゾーリ (Angie Harmon) ボストン刑事
モーラ・アイルズ (Sasha Alexander) 検視官
ヴィンス・コーサック (Bruce McGill) 元ジェーンの相棒刑事
バリー・フロスト (Lee Thompson Young) 現ジェーンの相棒
アンジェラ・リゾーリ (Lorraine Bracco) 母
フランキー・リゾーリ・ジュニア (Jordan Bridges) 弟

トミー・リゾーリ (Colin Egglesfield) 次男、出所
マニー・ベガ (Adrian Bellani) フィルグリムのスター選手
メルク (Kevin Chapman) フィルグリムスタジアムの警備部長
ショーン・キャバノー (Brian Goodman) 警部補
ジーナ・ヤング (Elaine Hendrix) フィルの元妻
ジェシー・ウェイド (Taylor Kinney) フィルグリムの選手
ジョナサン・マッケンナ (Cameron Monaghan) ロン・マッケンナの息子
フィル・ヤング (David Starzyk) フィルグリムのオーナー
— (Mel Fair) Baseball Pundit
— (Troy Winbush) Baseball Pundit
Dr.リトル (Jim O’Heir) 動物病院
ウォルト (Tom Wright) 球団の弁護士
クラーク・ジェイコブズ (Marcus Brown) フィルグリムの選手
エイリーン (Meredith Giangrande) トミーがナンパする
— (James Huang) Crime Lab Tech
ドロレス・ジョーンズ (Virginia Montero) 清掃係、遺体を発見
ジョー・フライデイ (Paxton the Dog) 犬
— (Corey Weber) Basball Coach
— (Thomas R. Baker) Police Detective in Suit

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336