リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線 Rizzoli & Isles シーズン2 第2話 DNA Living Proof

リンク広告 テスト




第2話 DNA Living Proof

脚本/Dee Johnson
監督/Bethany Rooney
——————————————————–
林の中、何者かから逃げる女性。追いかける人物は女性を捕ま
えるとナイフで一突きする。しかしそれに気が付いたトレーラ
ーハウスの男性はそれを止める。

ジェーンとモーラは、モーラの勧めで泥風呂に入る。
泥にまみれて健康なんておかしいというジェーンに対して、
これはクレイだとしユタで取れたウェスタンダートナイトを25%
使ったフロだという。ユタの泥に80ドルも使うなんて無駄遣い
も良い所だとするが、泥ではなくクレイだと語る。古代メソポタ
ミアでは始めて試された美容法だとし、気持ちよくて体内の
毒素を輩出出来るのだという。レモンジュースでも飲んでと
いうが、ジェーンは腹が減ったと語る。リラックスすればスト
レスホルモンのコルチゾールが増加するというモーラ。もう
限界だとして出ようというジェーン。
そんな中誰か助けて欲しいとして、男性が刺された女性を抱えて
やってくる。この人を刺していたのでそれを止めて運んできた
とのこと。モーラは急いで救命措置をする中、店の人には急いで
救命を呼ぶよう指示。呼吸も脈もないというと、男性に見つけた
時には意識が有ったのかと尋ねる。2、3分前から意識を失った
事を語る。失血死で助からないことを語るが、モーラは彼女は
妊婦だという。胎児を救おうとして、腹部を切開したらジェーン
に広げて持っている様告げる。帝王切開は二度目だというモーラ。
羊水が吹き飛ぶかも知れないけど驚かないでねという。
男児を取り出すと34週目くらいの子だった。チアノーゼを起こして
いて赤ちゃんに心肺蘇生措置を施す。ジェーンに対してヘアバンド
で臍帯を縛ってくれと語る。そこにちょうど救命が来た為に
手渡す。母親の血が守ってくれるハズだというモーラ。しかし
気の毒だと語る。

被害者はパジャマを着ていた。しかもポケットからはモーテルの
カードキーが入って居た。何か酸っぱいものでも買いに行こうと
していたのかと問うジェーンに対して、妊婦の40%は甘いものを
欲しがるのだという。母が死ぬなんて・・とするなか、ジェーンは
家族を見つけようと語る。

ヴィンスによると犯行現場から収穫は殆どなかったとのこと。
フロストは現在行方不明としての届け出やカードキーが何処の
モーテルのものなのかを探しているとのこと。指紋もヒットせず。
そんな中フランキーがやってくる。母から聞いて来たことを
告げる。離婚は辛いのだから大目に見てやれというヴィンス。
妊婦ならば産科医とか福祉局からも身元の情報が分かるかも
知れない事を語る。
モーテルに住んでいたのはホームレスなのではないかと問うと、
それでも親族を捜さないといけないというジェーン。

ジェーンは一旦帰宅すると、アンジェラが自宅地下室に大量に
買い置きしてあったペンキが有ったので、この部屋を塗り直そう
としてやってきていた。どの色が良いかというアンジェラに
対してジェーンは、ここは私の部屋なのだから断るという。
昔も二段ベッドが欲しいと言ったのにママは天蓋付きベッドを
買って来たのだという。私は砦ごっこがしたかったのだとし、
ズバリ言ってそのピンクは嫌いだという。ベゴニア色も同じだ
と。アンジェラは私のお腹の妊娠線はあんたを産んで出来たもの
だとして激怒して出て行く。

モーラの元に行くと、マーマレードは良い色だという。
ママにはそんなこと絶対に言わないでというジェーン。
娘思いで生き甲斐を探しているのだという。
モーラは遺体の胃の内容物を調べる。胃の内容物を見るとその人
の生活が分かるのでこの作業が好きなのだという。そんなこと
で楽しめるアンタは凄いというジェーン。
キズは右肺動脈が切れたことによる大量出血死で、3、4分で
死亡したのだという。襲われたのは始めてではないようだとして
下あごには骨折した痕が有り、骨修復しているという。
フロストはモーテルを特定したとしてやってくる。

モーテル203号室にいくとフロストとジェーンは銃を手にして
室内に入るが誰もいなかった。一人で泊まっていたみたいだと
し、スーツケースやバッグ、サイフは残されていた。IDによると
被害者はボストンのトレイシー・ケリーだという。しかし宿泊名
はメアリー・スミスとして取っているとのこと。指輪がある
ところを見ると旦那から逃げて来たのだろうという。
——————————————————–

ジェーンはモーラに誘われて泥ブロのスパにいく。
そんな場所で突然殺人事件が発生する。女性が刺されたとして
それを発見した男性が女性を抱えて助けを求めに来た格好で、
モーラはなんとか蘇生を試みようとするが、女性は亡くなる。
しかし女性は妊娠しているということでその場で帝王切開して
取り出す事になる。チアノーゼを起こしていたが、なんとか
モーラの機転の利いた処置によって命を取り留める。
なんとかしてこの子の親を見つけなければならないとして、事件
捜査と同時に捜査を開始する。

ネットを使った色んなやりとりの危険性というものを感じるもの
が有るな。
詐欺を働く人に取っては容易なツールとなってしまっていること。
ネットでは身分詐称も容易だけど、何よりも凄いのは今回の妊婦
が亡くなったことで、赤ちゃんを調べて見ると、母胎とは別人の
DNAを有していて、DNAから真面目な教師ジム・トリバー夫婦の
ものだと判明する。流産が続いた為にハンソン医師の紹介で代理
母・トレイシーに頼んで出産してもらおうとしていたものだが、
ここでも問題になったのは、ジムとはDNAが一致するが、妻のリンダ
とはDNAは一致していないということ。更に問題は複雑になり、
ペイソン夫妻はネットで養子仲介弁護士と称した人物・ラッセル
から正式な書類を経てトレイシーの子を養子として譲り受ける
という手はずが整っていたというものだった。

更に厄介なのはトレイシーの夫・ハンクの存在が、トレイシー
の行動に対してどのような視線を持っていたのかということだよね。

結局のところ親権争いになったら誰か勝つのだろうか?
残念だけどペイソン夫妻は確実にその争いからは真っ先に外れる
と思うけど、トレイシーが妊娠していたことを考えると、その子を
ハンクが自分の子だと主張したらどうなるのだろうか。

養子に関してはモーラがそれに該当するということで、今回フロスト
の前で自らのことを語る姿が合った。生みの親なのか育ての親なのか。

モーラはやたらと赤ちゃんグッズに詳しいことから、ジェーン
としてはモーラが子供を欲しがっているのかそれとも妊娠して
いるのではないかという疑いを持っていた感じ。
ここでもネットで赤ちゃんグッズの情報を得たというモーラの
主張が有った。

トレイシーの処方されていた薬から病院を特定する。
不妊治療クリニックで処方されたもの。明らかにハンソン医師が
怪しいかと思ったけれど、首謀者は看護師のランディであり、
自分の子供が欲しいがあまり勝手に他人の代理母の依頼を利用
し寄生する形で自分の遺伝子上の子供を出産させようとしていた。

一方ジェーンの母はガレージセールする。
ジェーンの部屋の壁を塗り替えようとするが却下されて、母は
ジェーンのことを薄情者みたいな意識を持ってしまった。
親子のケンカはいつものことなんだろうけど、女性同士、親子
で上手く行くか行かないか二つに一つって感じの家庭が多いな。

カンガルースキンシップと称して新生児を元気にする為に
ボランティアと称してアンジェラが赤ちゃんを抱いている姿が
有った。肌と肌で触れあうことは赤ちゃんを元気づけるのに
有効的。これは赤ちゃんだけに限らず人間ならば誰しもそんな一面
が有りそうだけど。未熟児なのに外に出しても大丈夫なのかって感じで
気になったけれど、その後はモーラもそれに参加している姿が
有り赤ちゃんを欲しがっているのかなと思う所も有った。そのお陰
でランディの逮捕に繋がったけれど、この女性は人を3人も殺して
まで赤ちゃんを求めるという凄い状態だったな。

ガレージセールで超合金・ゴーディアンの人形を巡りフランキー
とフロストで争いになる。ジェーンが人形だと言うと、拘りの
あるものたちはアクション・フィギュアだと言い直すし、今回は冒頭
からのやりとりで砂風呂だとするモーラとのやりとりに際して
モーラは砂ではなくクレイだと何度も言い直させようとする姿が
有った。
最後は「シーッ」と言われた冒頭でのやりとりに於けるジェーン
とモーラの状況を反転させた格好で相変わらず楽しいコンビ
を見せられた感じがするね。

フランキーがコーサックについて昇進試験の為に学んでいるようだ。
一刻も早く一人前になりたいのかな。

ジェーン・リゾーリ (Angie Harmon) ボストン刑事
モーラ・アイルズ (Sasha Alexander) 検視官
ヴィンス・コーサック (Bruce McGill) 元ジェーンの相棒刑事
バリー・フロスト (Lee Thompson Young) 現ジェーンの相棒
アンジェラ・リゾーリ (Lorraine Bracco) 母
フランキー・リゾーリ・ジュニア (Jordan Bridges) 弟
フランク・リゾーリSr. (Chazz Palminteri) 父親
ダレン・クロウ (Chris Butler) 刑事
ショーン・カヴァナー (Brian Goodman) 殺人課・課長、警部補

アンジェラ・リゾーリ (Lorraine Bracco) 母
ハンク・ケリー (Joshua Bitton) トレイシーの夫、漁船員
ランディ・ゴードン (Ever Carradine) 看護師
ディナ・ペイトン (Katie A. Keane) 妻
トム・ペイトン (David Monahan) 夫、子供を求める
ジム・トリバー (Chris McKenna) 教師、夫
リンダ・トリバー (Heather Tom) ジムの妻
Dr.ハンソン (Dylan Neal) ラッセル・デンプシー
トレイシー・ケリー (Katie Enright) 代理母、被害者
— (Sandra McCoy) Spa Worker
— (Lak Rana) Paramedic
— (Jane Park Smith) Wife
— (K. Harrison Sweeney) RV Camper
— (Thomas R. Baker) Police Detective in Suit

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336