映画 マイティ・ソー/ダーク・ワールド Thor: The Dark World

リンク広告 テスト




映画 マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Thor: The Dark World

監督/Alan Taylor
脚本/Don Payne、Robert Rodat

——————————————————–
「光が無かった頃、世界は闇に包まれていた。闇の軍団(ダーク
エルフ)はそこからやってきた。千年前彼の王・マレキスは再び
宇宙を永遠の読みで覆おうとした。無限の破壊力を持つ”エーテル”
を使えばその邪悪な企みも可能だった。」

マレキスはアスガルド軍が来たと。我が父・ボー国王率いる軍は
この原始族と勇敢に戦った。マレキスは”カースを送れ!”と告げ
9つの世界が一列に並んだときこそマレキスがエーテルを解き放
てるという。だがアスガルド軍に奪われた。闇の軍は次々と
アスガルド軍によって倒れ敗戦を前に、マリキスは軍団を犠牲に
してアスガルド軍に最後の反撃を加えると、我々は必ず勝つと
告げ、アルグリムに告げる。その後マレキスは姿を消し、エーテル
も消滅した・・・と言われているという。
エーテルを破壊するか?それが出来れば良いが強大過ぎるという。
地中深くに埋めるのだと命じる。決して見つからない所に・・と。

ロキは鎖に繋がれて王様・オーディンそして王妃の母・クリッガ
の前に連れてこられる。これ以上悪くしないでという母。
しかしオーディンは妻に退くよう告げるとロキと二人で話す。
ロキは私が何をしたのかとして反論するが、オーディンは己の
罪の重大さが分からないのかと問う。お前の行く先、戦争が
起きて死者が出ていること。慈悲深き神としてミッドガルドへ、
父のようにというロキ。オーディンはわしらは神ではないとし
何れ命も尽きるという。人間と同じだとするが、ロキは5千歳の
違いがあるという。お前の望みは一つ、この王座だろうとすると
私の権利だという。しかしお前の権利は死ぬ所だったとし、赤子の
まま氷の荒野で捨てられていて私が育てていなければ今頃は
居ないのだという。ロキは首をはねたければ今すぐにしてくれと
すると父と話すのが嫌ではなく無意味だという。フリッガに免じて
命は助けるが死ぬまで牢に入れるという。
ソーのような愚か者が王座に就くのかと問うとお前の与えてきた
被害者を回復させて9つの世界に秩序が戻った暁には王座を譲る
という。

ヴァナヘイム。
ここでも争いが発生していた。なんとかして争いを収める為に
アスガルド人が派遣され、 “ウォーリアーズ・スリー”やシフ
などが戦っていた。ソーもやってくるとその戦いに加勢する。
ソーとシフは助け合いながら激しい戦いを制しようとする。
すると敵は石で出来た様な巨人・ゴーレムを連れて来る。
ソーは巨人に対して降参か?と問うとヴァナヘイムの国民は
笑い出す。しかしソーはハンマー”ムジョルニア”を振り回すと
一瞬でその石の化け物を破壊する。それを見た国民はすぐに降参
するのだった。
次に戦う時は巨人から倒そうというファンドラル。
ホーガンはソーに次の戦いは?と問うと9つの世界は平和に戻った
という。ホーガンはここに残れというと、お前の思いはここに
あるのだろうと語る。それを聴いたホーガンは感謝を示す。

アスガルド。
ソーは父の元に行くとヴァナヘイムでの戦いのことを報告する。
虹の橋(ビフレスト)が壊れて以来初めての平和だという。わしら
の力を思い知らせてお前はみんなの尊敬を得られただろうと
すると父は感謝するという。しかしお前の心はここには無いようだ
なと語ると、ジェーンのことなのかという。お前には相応しい
女性(シフ)が目の前にいるとし、王ではなく父として言うが王座を
継ぐときが来たのだと語る。仲間の戦士たちと祝杯をあげよという。

ソーはアスガルド人たちの幸せに飲む姿を目にする。そんなソー
に声を掛けるシフ。ハロキンにかかった時は2戦目に挑もうとして
いたという。シフはもう任務はないのだから飲もうというが、
彼は自ら課した任務があるのだという。毎晩姿が見えなくなるが
世界は9つあり将来の王ならば全体を見なければ行けないというシフ。
戦場での働きと助言に感謝すると告げると出て行く。

ミッドガルド。
イギリス・ロンドン
ジェーンはソーのことを気にしつつもリチャードとレストランに
いく。リチャードはジェーンがなかなかメニューを決めない事
を見て、君は別の人の事を考えているのだろうという。複雑なんだ
というと彼は遠いところにいったという。リチャードは自分の
彼女がニューヨークで仕事を見つけて遠距離でダメになったと
する話を語り、他の男性とも寝ていたのだという。
そんな中ダーシーがやってくると、ジェーンがあなたのママの
家にある研究所で凹んでいると思って来たという。それなのに
女の子しちゃってデートしているのねという。ジェーンは何を
しに来たのかと問うと科学機器のことだという。これって何か
変ではないかとして小型の宇宙を観測する機器を見せる。
確かに変だとしてガンガンテーブルにぶつけて動かそうとすると
科学者なのに叩いて直すのかと問う。エリックが騒いでいたの
だとすると、リチャードに対して変になっちゃった人のこと
だと語る。
ジェーンはダーシーに消えてくれと語るが、リチャードは
彼女がダーシーの言ったことを気にしていることを知って行って
くれと語る。

外ではダーシーが車を止めて待っていた。
ダーシーは助手のイアンを雇って居た。ジェーンはエリックに電話
すると何か発見したのでしょ?とするが返信はなかった。

その頃ニュースでは、ストーンヘンジで珍事件が発生していると
して報道する。一人の中年男が遺跡の周りを科学機器を持ちながら
全裸で走り回っているのだという。天文物理学者のエリック・
セルヴィック博士だという。警察へと連行されていく。

一方ダーシーとイアンがジェーンを連れて行ったのは人気の無い
マンションのようなところだった。ダーシーはイアンに位相計を
持ってきてと語る。
3人で人気の無いところにいくと、私たちはアメリカ人よと語る
ダーシー。すると子供たちが出てくると自分達は警察ではなく
科学者だと説明する。3人の子たちは変な場所があるとして見せて
くれる。大型の車を指一本で持ち上げて浮かび上がらせたり、
上層階から下に物を落とすと突然消えて、また上からその物が
落ちてくるという不思議な現象が有ったのである。重力が変だった。
ジェーンも試しに空き缶を下に落としてみると上から出てこなかった。
時々出てこない時が有るのだという。ジェーンはあの時と同じだ
とするとダーシーはニューメキシコの時なのか?と問う。
ジェーンは一人計器を持って建物の奧へと向かっていくと突然
吸い込まれてしまう。まるで異次元に連れて行かれた彼女は
気絶していた。

その頃マレキスはエーテルが呼んでいると告げると再び惑星が一列に
並ぶことを語る。

ソーはアスガルドを含め世界を監視している番人のヘイムダルの
元に行く。9つの世界と10兆の民が見えるというヘイムダル。
惑星直列(コンヴァージェンス)を知っているか?とソーに尋ねると
9つの惑星が一列に並ぶ現象だろうという。宇宙の番人である私も
このような現象になるのを見た事がないとし、目に出来るものは
ごく僅かだという。影響は恐ろしいが、とても美しいと語る。
彼女(ジェーン)は何をしているかと問うと、彼女は賢いとし、
惑星直列の研究をしている事を語る。しかしここ最近彼女の姿が
見えないのだという。
——————————————————–

オーディンの父・ボー国王の頃に闇の軍団(ダークエルフ)と
戦う。不利になったダークエルフの王のマレキスは無限の
破壊を持つエーテルを使おうとする。マレキスは9つの世界が
一列に並んだ時こそエーテルは解き放つことが出来て、全てを
破壊出来ると考えたが、それを使おうとした瞬間にアスガルドの
軍団がやってきてエーテルを奪っていく。
仕方なくマレキスは、アルグリムにアイテムを握らせバーサーク
の状態の”カース”に変身させつつ、二人は機会を待つようにして
何処かに消えてしまう。エーテルを破壊するには影響が大きい
為に地中に深く埋めて置こうという。
そんな昔話が存在する中、ロキは父親に反発して9つの世界を
混乱に陥れていた。オーディンはロキのした罪の重さから一生
牢屋に入れておくことを告げる。その間にソーが混乱している
9つの世界に赴いて一つずつ問題を解決していく。
しかしそんな中、ミッドガルドのロンドンでは異変を感じて居た。
計器から見るに9つの惑星が一列に並ぶという惑星直列
(コンヴァージェンス)の状態になり、9つの世界の境界線が無くな
ろうとしていたのである。ミッドガルドでも異変が起きていて
地場がおかしくなる。研究を続けていたジェーンは一人建物の中に
入って居くと別世界へと吸い込まれてしまう。そこの柱の中には
昔地中に埋めたはずのエーテルがむき出しになっていて、ジェーンが
それに触れると液体状のエーテルは彼女の身体の中に入り込んで
しまう。その力を感じ取ったマレキスは再びアスガルド軍に対する
敵意を燃やして復讐を誓う。

「アイアンマン3」見ようと思ったけど、先に先週のマイティ・ソーの続きものを見た。
次はキャプテン・アメリカ系の感想を書いてから、アイアンマンへと進んでいこう
かなと思っている。

映画は思った程面白く無かったな。
前作の「マイティソー」の方が面白かった。
前作ではアスガルドでの世界観が盛り込まれなかったので、今回は
アスガルドでの描写も多く、他の9つあるという世界の一端に触れる
部分も有るので、舞台が宇宙を中心にして進行した点は興味深かった
かも。その描写は有る意味「ギャラクティカ」になっているので、
その描写自体が楽しさも有るし、ダークエルフの襲撃で使用された
敵機を利用して、脱出を謀る所など、何処かで見たシーンだと思わ
せるけれど、基本的にダークエルフとの繰り返される戦いで、似た
ような描写でごちゃごちゃし過ぎた感じがする。

前回の「マイティ・ソー」では、オーディンがヨトゥンヘイムの王・
ラウフェイとの戦いや関係を描いていたのだけど、今回は更に
前の時代に遡り、オーディンの父の世代にあるボー国王時代からの
物語に起因するものである。アスガルド人は5千人生きることが出来る
みたいなので、考えると相当昔のことになるな。

ドラマの設定上地球が9つの世界の中心軸となっているという設定
(世界樹(ユグドラシル)の9つの世界は地球を中心に回っている)も
悪くは無いのだけど、その割りには地球人って9つの世界に対して
神話レベルでは伝わっているのだけど、全容を何も知らなければ何が
起きているのか現状も把握していないのに、どうしても地球人を
絡めて解決を図るという意味合いを持たせたいが為に、ジェーン
を無理矢理エーテルと融合させて関わらせたり、解決法を地球人が
生み出すところとか違和感が有ったりするんだよね。

時系列的には相変わらずよく分からなかったのだけど、話の内容
を聴いていると、「マイティ・ソー」->「アベンジャーズ」->
「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」となっているようで、
ニューヨーク決戦のことにも一部言及していたし、前作のニューメキ
シコでのことも踏襲したことになる。
ただ常識的に考えると、ジェーンが計器を見てニューメキシコの時と
同じだと判断していたけど、ワームホールが開いて宇宙人が地球に
来るという流れと、境界線の取り外された世界が繋がるという流れが
混同されていて、何が何かよく分からない。前作の「マイティ・ソー」
を見ただけの状態だと、虹の橋壊したんだから地球には行けないで
しょうがっ感じだけど、そんな事への説明もないしね。

マイティ・ソーの流れではラストで、長官とセルヴィグが四次元
キューブを巡って研究していたので、その流れが「アベンジャーズ」
に繋がって居るので、時系列的にはやはりそれを見ないと分からない
様だ。四次元キューブなんてのもアベンジャーズ内で語られている
ことだしね。

地球人が宇宙に言っても空気が吸えるんですか?みたいな流れも有る
し、ロキとソーの兄弟での争いは神話なんかでも見られることだ
けど、フェイクの流れが結構多く、あまり多用すると結局都合良い
感じにしか見えなくなる。母親を失ったロキは見た目虚勢を張っている
ように見えたけど、実際にはボロボロの状態だった。
復讐心だけは信用してくれということで、兄と弟は壊滅的な信頼関係
の中での行動はやはりヒヤヒヤさせられるところが有り、何処かで
裏切られるのではないかとする思いは存在している。その中でも
ロキの力を借りなければならない流れを通して、ロキが自己犠牲の下
で助けたことで、信頼を得られたのかと思えば、やっぱりその流れも
フェイクであり、都合良く見た目通りのストーリーでは無くなっている
ところがかなりくどさを生んでいるのも確かだった。

ロキが牢屋に連れられていたけど、あの素材ってコールソンのバス
にも使用されているあの素材なのか。

カースと化したものがどうなってしまうのかもイマイチよく分からず、
長年居なくなっていたマレキスは一体それまでの間何をしていたのか
も分からず突然現れだした。惑星に戻ると焦土化している光景が有り
ダークエルフとしてはアスガルドにも同じ思いをさせるとして
突っ込んでくるけど、その辺の戦力は何処で整えたのかも分からない。

カースがアルガルドの番人のヘイムダルが起動させた防御システム
をあっさりと蹴っ飛ばしたぶっ壊していたけど、カース化されたもの
っていつまでも生きていられるものなのか?

前回は”ウォーリアーズ・スリー”がまるで目立たなかったけど、
それぞれに役割を与えられていた。その役割自体も何処かで見た
ことが有り、「里見八犬伝」に於ける、一人ずつのメンバーが
犠牲になってメインの人を本体に送る為の別れを演出している
ようで切ないかと思ったけど、彼らが死ぬハズもないよね。
ただホーガンはイマイチ、このドラマに融合していない印象も
有ったけど、結局ヴァナヘイムを任されるという流れをもって
勇退していくのだろうか?

気になるのは一瞬だけジェーンとシフがすれ違う際に女性同士
火花が散っていた感じだったところかも(笑)
オーディンとしてはシフと結婚して王としての跡継ぎをして
欲しいところだろう。

また今回時空が繋がりまくっていたからなのか、ソーのハンマーが
宇宙を駆け巡ったような感じでなかなか戻ってこねーみたいな
ところでピンチを迎えるというマヌケなシーンも有った。

そして何よりもジェーンのビンタシーンか。
ソーに対して本物かどうか確かめる為にビンタを一発。
そしてオマケにもう一発。ロキと再会した時にもジェーンは
思いっきりビンタしていた。アスガルド人の王位継承者の二人
にビンタ出来るのはジェーンをおいて他にいないだろうね。
出来ればオーディンもビンタして、「あなたは子供のことを分かって
いない!」くらいの大胆さは欲しかったぞ。

フリッガの死は悲しかったね。
大昔、地球は平面だと主張されていた時代に海を進んでいけば
崖に落ちるみたいな考えがあったかと思うけど、アスガルドの海洋
はそんな感じだったな。
遠くから火を放って火葬。そしてみんなが魂の宿りの塊をあげて
いた。精霊流しみたいなシーンになっていて、切なさを生んでいた。

ラストのアレはなんだったのかな。
シフとヴォルスタッグが、コレクターに対して、アスガルドに
2つのキューブを置いておくのはマズイので預けていたけど、この
コレクターを含む女の存在も相当怪しい気がするんだよね(笑)
よくこの怪しい人物に危険なものを預けたな。
コレクターは6つあるとしていたけど、それもまた今後に繋がる
興味だね。コレクターたちの部屋には水槽が有ったけど、この
流れとドラマ「エージェント・オブ・シールド」でコールソン
たちがエキスをもらっていたあのシーンと何か関係があるのだ
ろうか?

そういえばキャプテン・アメリカが出ていた。
といっても実際にはロキとソーが変身しまくっていただけだけどね。

・We Cakin’ Up
Written by Xzibit
・The Lobby Lounge by Robert G. Cressey
・Golden Song by Sarah Jane Cion
・Captain America March
Composed by Alan Silvestri
・Jade by Eric Speier
・Theme from Caged Heat 1985
Written by Mike Post

ソー (Chris Hemsworth) オーディンの息子、アスガード人
ジェーン・フォスター (Natalie Portman) 天文物理学者/ニューメキシコ
ロキ (Tom Hiddleston) ソーの弟、アスガード人
オーディン (Anthony Hopkins) アスガードの王様
マレキス (Christopher Eccleston) スヴァルトヘイムのダークエルフの支配者
シフ (Jaimie Alexander) ソーの幼馴染
ヴォルスタッグ (Ray Stevenson) “ウォーリアーズ・スリー”
ホーガン (Tadanobu Asano) “ウォーリアーズ・スリー”
ファンドラル (Josh Dallas) “ウォーリアーズ・スリー”
ヘイムダル (Idris Elba) ビフレストの番人
フリッガ (Rene Russo) ソーの母、王妃
アルグリム / カース (Adewale Akinnuoye-Agbaje) マレキスの腹心のダークエルフ
ダーシー・ルイス (Kat Dennings) ジェーンの助手、大学生
エリック・セルヴィグ (Stellan Skarsgard) 天文物理学者の博士
エイア (Alice Krige)
タイア (Clive Russell)
イアン・ブースビー (Jonathan Howard) ダーシーの助手
ジョン (Ramone Morgan) 重力の異変に気が付く
ナビド (Obada Alassadi) 重力の異変に気が付く
マディ (Imaan Chentouf) 重力の異変に気が付く
— (Claire Brown) Volstagg’s Wife
— (Henry Calcutt) Volstagg’s Child
— (Ava Estella Caton) Volstagg’s Child
— (Abbie McCann) Volstagg’s Child
— (Thomas Arnold) Desk Officer
— (Glen Stanway) Desk Officer
— (Sam Swainsbury) Stonehenge TV News Reporter
— (Connor Donaghey) Sad Child
— (Royce Pierreson) 学生
— (Alyson Andrews) 学生
— (Jonathan Brooks) 学生
— (Bryan Williams) 学生
— (Alannah Olivia) 図書館の学生
— (Annabel Norbury) プラットホームの女性
— (Sophie Cosson) Wench
リチャード (Chris O’Dowd) ジェーンがデートする男
— (Justin Edwards) 警察官
— (Gruffudd Glyn) 警察官
— (Martin Fox) 警察官
— (Richard Brake) Einherjar Lieutenant
— (Brett Tucker) Einherjar Guard
— (Adam Critchlow) Einherjar Guard
— (Caleb Campbell) Einherjar Prison Guard
本人出演 (Stan Lee)
本人出演 (Steve Scott)
— (Talulah Riley) 看護師
— (Richard Wharton) Asylum Patient
— (Bella Ava Georgiou) Girl with Cameraphone on the Tube
(Leonardo Amato) Sel
— (Jason Beeston) ダークエルフ
— (Leigh Holland) ダークエルフ
— (Jason Bostridge) Asgardian Man
— (Charles Moss) Asgardian Man
— (Tom Swacha) Asgardian Man
— (Rydell Danzie) Asgardian Einherjar
— (Alexander Gillison) Asgardian Einherjar
— (Brett R. Miller) Asgardian Einherjar
— (Paul J. Porter) Asgardian Einherjar
— (Graham Shiels) Einherjar
— (Matthew Skomo) Asgardian Einherjar
— (Chloe Farnworth) Asgardian Waitress
— (Lana Gautier) Crying Asgardian
— (Lilian Price) Asgardian Child
— (Christian Wolf-La’Moy) Asgardian Guard
— (Greg Chun) Additional Voices
— (Gary Comerford) Diner
— (Andrew Crayford) Celtic Musician
— (Justin G. Gibson) Celtic Musician
— (Tony Curran) Bor
— (Benicio Del Toro) コレクター
キャプテン・アメリカ (Chris Evans) 返信していた
ジェンソン (Roshawn Franklin)
カリーナ (Ophelia Lovibond) コレクターの娘
— (Steven Hack) Patient
— (Chris Marchant) オーディンのガード
— (James Michael Rankin) オーディンのガード
— (Jd Roth-round) オーディンの宮殿のカード
— (Richard Ochampaugh) Marauder
— (Julian Seager) Marauder
— (Paul Warren) Creature Marauder
— (Shane Salter) レストランの客
— (Julian Stone) Voice Actor
— (Richard Whiten) Kemper

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336