LAW & ORDER : クリミナル・インテント 犯罪心理捜査班 シーズン7 第3話 赤い野望 Smile

リンク広告 テスト




第3話 赤い野望 Smile

脚本/Warren Leight、Charlie Rubin
監督/Michael Smith

【ストーリー】

歯科医のゴールドマンはブロンドの女性の歯のホワイトニング
を行う。
受付嬢のミミはまたキャンセルが出たとしてゴールドマンに報告
するが気にするなとして仕事を続けることを語る。
ゴールドマンはちょっと抜け出すと、外で販売している違法屋
からタバコを4本購入する。
ハーレムホープ病院から、ジャクリーンが娘のアリサと共に
出てくる。どうして息子・トビーにこんな事が起きるのかとして
彼女は病院にやってくるものたちに怒りをぶつけていく。
ゴールドマンは現在飛び込みの患者が来ているので後で電車で
いくと電話した後、自分の診療室の診察のイスに座ると、笑気
マスクをつけて疲れを癒そうとする。しかし突然体調が悪くなる
と苦しそうにして目を見開きながら亡くなる。

すぐにゴーレンとエイムズが病院へと捜査にやってくる。
エイムズは歯科医で勤務していたミミから話を聞くと、笑気ガス
は治療用だと語る。最後の患者は7字だったとし、金曜日はいつも
私を地下鉄まで送るとゴールドマン医師はウエストハンプトン
の別荘に行っていたという。エイムズはそんなに儲けていたのか
と問うと、彼はパークアベニューで勤務医をしているが、ハー
レムのことを愛していて自費で開業したのだという。
患者や地元住民とトラブルは有ったか尋ねると、誰からも好か
れていたという。

診察所を調べると、テレビやCDプレイヤー、サイフなどが
盗まれている事を語る。押し入り強盗は金歯まで盗んでいったと
いうエイムズ。被害者は聖人で麻酔の中毒者ではなかったと
いう。ゴーレンは鼻の周りにアザがあるとし、犯人がマスクを
強く押しつけたのだという。それで酸素が吸えずに窒息した
という。抵抗は出来なかったのかとする中、ポケットからタバコ
が3本見つかる。そんな中、被害者の奥さんが来たという。
ゴーレンはエイムズに奥さんと話してくれと告げ、自分は近く
で販売している彼と話をしてくるとのこと。

ゴーレンは違法な商売・販売なのに堂々と売っていることに
気に入ったと語ると、ロイは逮捕しないなんて気に入ったと
ゴーレンに語る。歯科医のゴールドマンを知っているかと問う
と昨日タバコを売ったと語る。9時に地下鉄の入り口が閉まる
と場所を変えて売るのか?と問う。その前に患者のことを見な
かったかと問うと、8時すぐに女性が来たがすぐに出て来たと
いう。それから2人の子が9時頃入っていったという。

エイムズはゴーレンに対して奥さんは睡眠薬漬けで夫は仕事
漬けだったようだと語る。昨日も遅くまで診察をしていたという。
ゴーレンは診察後に女性と子供が来ていることを告げる。子供が
金曜日の夜に歯医者に来るかと問うと、カードが使われている
という知らせが入る。
カードが使われた靴屋でリッキーから話を聞くと、子供は大勢
来るからどの人か分からないという。今朝店を開けてすぐのこと
だとし、2人組が来ただろうという。靴屋で200ドルのスニーカー
サイズ違うを20足も購入していること。確か痩せた子だったと
いうリッキーに対して、子供がゴールドマン医師に見えたかと
問う。バスケコートで商売している少年2人を逮捕する。

少年は母親と同席して取り調べを受ける。
誰も殺していないとし、母親が出てくるのを見て、鍵が開いて
いるのを見えたので中に入ったという。先生は伸びていたとし、
俺たちはそれに触れていないという。その女性はどんな人かと
問うといつもブツブツ言っているおばさんだとし、頭が少し
おかしい感じなのかと問うと近所の人は全員そんな感じだと
いう。エイムズは少年の訴訟手続きをするという。
母親はゴーレンに息子は良い子だとするが、良い子ならば盗みも
しないし死体を見つけたら通報すると語る。無事更正すること
を祈ると語る。
しかしあの医者は更正しなかったという。金持ちの子には手を
出せないからハーレムに開業したのだという。殺されて当然で
有り彼は聖人じゃないという。

FDAのケトルは製品の検査をして回る。
店員の韓国系の男性は本物だとして、スノーミント・ショア製品
のことを語るが、ケトルは一つ残らず検査するという。

ゴールドマンのオフィスを調べると子供用のお土産が沢山
置いてあった。ミミによると小売店から寄付が届くのだという。
店のリストを提出してくれと語る。エイムズはPCを見て金曜日
の子供たちのキャンセルが相次いでいるのは何故かを尋ねる。
すると風邪が流行しているのだという。同じ学校の子なのかと
問うと同じアパートの子だという。それで広まったのだろう
と。

アパートで話を聞くが、ゴールドマンの話をしたら4人に門前払
いにされたという。エイムズはコルト家の息子は風邪で寝込んで
いるとし、ボーデン家の息子・トビーのことを気にしていた
という。トビーが病死したのだとし、玄関前にはカードと花が
置いてあった。
二人はボーデン家を訪れると、ジャクリーンがドア越しに対応
してくる。話をしていると中を開けてくれるが、なんと娘の
アリスに包丁を突きつけていた。警察はラジオ番組で私の悪口
を言っているとし誤解だと語る。あなたは自分の子を大切にする
母親だろうとし、だから医者と対決に乗り込んだのだと語る。
彼がトビーに酷いことをして死んだのだろうというと、一週間前
にトビーが酔っぱらって帰ってきたのだという。先生に何かを
されたのだろうと。話を聞こうとしたが答えずに気を失ってしま
ったとし、病院では風邪だと言われたという。でも翌日には腕
があがらなくなり、急いで病院に戻ったら今度は原因不明だと
言われたとのこと。次の日にトビーは亡くなったのだという。
——————————————————–

■今回の事件

ハーレムに開業して子供たちに愛されている歯科医のゴールド
マンが、診療所の診察室で笑気ガスを吸ってリラックスしてい
るところを殺害され発見される。恐らく笑気ガスを吸っていた
マスクをそのまま押しつけられて酸素が吸えないようにして窒息
死させたのが原因だろうとのこと。
目撃者の話によると、女性と男児2人が9時前後に診療所に入って
いくのを見かけたという。
調べていくと、最近歯科医の治療をキャンセルしている子が
多いことに気がつく。キャンセルしているのは同じアパートの
子たちで風邪だという話だが、アパートに聞き込みにいくと
キャンセルした子たちの親からは門前払いにされたが、
その内の一人・トビー・ボーデンが亡くなっているのを知る。
更にコルト家の子供も風邪で寝込んでいるとのことだった。

■ゴーレンサイドのエピソード

前回初めてローガンの相棒のエピソードが描かれたけど、
気の強さ故のことなのか、ちょっぴり高慢な態度に見えるから
なのかイマイチ人気がない。元々はこのドラマといえば
Vincent D’Onofrioの人気の高さに加えて、それを支える
エイムズの不思議な凸凹な関係が楽しいのだろうし、視聴者の
思考を遙かに超えた犯罪のロジックを解いていく課程が
分からずも楽しいことがあるのだろう。

ただ最近ゴーレンの中の天才的一面・先の先を見越したスキル
というものを感じなくなっているところが有り、一時期は
かなりゴーレンも学者顔負けの専門的知識を見せたり、
プロファイル捜査で相手の心理を突くことを覚えていたのだけ
ど、意外と現在はエイムズとのバランスを取るためなのか、多少
その辺のスキルが落ちた印象があるな。

■歯科医殺害から発展していく事件

歯科医殺害事件はある意味前振りであり、後半の事件とは
繋がりこそあるのだけど、まるで別物のような感じだった。

歯科医によって子供がイタズラされたという流言蜚語がいつの
間にか流されていて、視聴者を混乱させようとする意図が有った
様だ。被害者の医師の名前からしてゴールドマン。相当金を持
っていそうな人だけど、被害者にしてみれば、金持ちがハーレム
で開業するなんてそんな人物は居ないと感じたのか。

総合病院での扱いはぞんざいだったのに歯科医のゴールドマン
は周りの店からのボランティアの協力も有って地域社会を
支える良い医者では有った。

子供を失った母としては自分が殺害の容疑者となっていること
に憤りを感じていたけど、結果からすると、この母は精神を
病んでいて、子供を失ったことによる精神的な耗弱状態にある
のか、それとも今回歯科医から泥棒した子供が語っていた様に
この辺りの人はみんなドラッグなどによっておかしくなっている
部分が有るのだろうか。

娘に包丁を向けた時には流石に逝っちゃっているなと思った
けど、ゴーレンの説得によってなんとか事なきを得た。

59分署では女性がおかしいとしていたけど、無視されたことで
自分で息子を殺したという医師を殺したことが分かる。

■子供が酔っぱらっている

トビーだけでなく風邪で寝込んでいるとされたデショーンが
入院したことで、病院で話を聞く。ゴールドマンは何もして
いないとし、トビーがこっそりとハイになる薬を盗んだことが
きっかけだという。口内洗浄薬の成分がハイにさせるものと
されているようで、ロジャースによると検死の結果、ジエチレン
グレコール(DEG)による中毒死だった。不凍液などに使われる
液体で甘味料の代わりをすること。パナマでは咳止め液の
中に入っていて、多数の死者が出たという。

アメリカのドラマを見ていると、比較的頻繁に咳止め薬を使って
ハイになろうとする映像を目にすることが有るよな。

■医療機関、FDA(食品医療品局)

ドラマの途中にFDAの職員、ジムが卸した店に調査に入っていた
り、FDAのレスリーに対してこれは重大な薬害事件だという
ことを報告している姿が有った。
レスリー役を演じているのがAmy Acker。海外ドラマをよく
見ている人だと、この人の過去の役柄に於いてきな臭い役で
出演している姿が多くあるので、どう考えてもこの人が犯人
だろうなということは想像に難くない。ただ想像を事実や証拠
に結びつける為にどう行動を起こすのか。

自分から色々と接触してきただけで相当怪しいし、名刺を
二枚をくれたというところは視聴者が見ると怪しいけど、ゴーレン
にしてみると、特別な存在だと思わせてくれたのか。
彼女の勝負服は赤いドレスだという秘書の話を聞いた時の
ゴーレンのちょっとした微妙な表情が印象だけど、彼女が
色仕掛けしたようには思えなかった。レスリーには飲食店
と船上で会っていたけど、船上では赤い上着を羽織ってはいた
けどね。

■テーマは偽造品 / ファイク

中国からのコピー商品によって被害を受ける人たちの話は近年
多い。このドラマでも偽造品が出回っているということで、
中国を意識した人も多いはず。アメリカでも日本でも子供の口に
入るものは中国製を避けろと言われているだけに、まさに中国が
関係していると思われた。

ただ今回は偽造品という物品だけに留まらず、至るところで人が
付く嘘・偽りというものが存在していて、それを含めて偽造と
して取り上げられた格好だった。

その中でも、とりわけFDAのレスリーは経歴を詐称し至るところ
で嘘を使い分けて、自分の能力を誇示して会社での地位をのし
上がろうとしている姿が有った。
サブタイトルに込められたsmileというのも、一番人が容易に
つける嘘の原点のようなものなんだろうな。

■FDAと癒着する製薬会社

法律よりも大学時代の社交クラブが優先されてしまうということ
はよく有ること。冒頭の女性は法律では対応してくれないと勘違
いした女性が刑事に変わって制裁したことになっているけど、
なかなか難しいところが有る。

■正直者はバカを見る

殺されてしまったゴールドマン医師もジム・ケトルも仕事には
誠実で、夫婦関係は破綻しているような人物だった。
仕事人間になる程に家庭とのバランスが難しくなるということ
でなかなか考えさせられるものがあるね。

そのうちのジムは、喘息持ちで発作が起きる持病を持っていた
ので殺すのは意外と容易なものが有ったのかも。
発作が起きる原因をロジャースに尋ねると、タバコ、ホコリ、
カビ、ペットのフケ、車の排ガス、液体洗剤・・・つまり
“ニューヨークアレルギー”だとしていたけど、適材適所にいない
ということを示唆していたのかな。

■クローザー

今回の事件の理詰めに於ける駆け引きの終着点は、FDAでの
レスリーのオフィスで起きたことだった。
色々と場面を変えて最近では取調室以外の所で葛藤・衝突させ
るところが有るね。

オフィスにはショア製薬のCEOを演じたFrank John Hughes
(ドラマ「24」S7、S8で国土安全保障省ティム役)も
居たけど、ほぼ冒頭で軽くジャブを与えた後、ずっとゴーレン
はレスリーを問い詰めていたので、その間フレームに写ってこ
ない彼は居心地悪そうだった。

普段とは違う行動を取ると必ず裏があると思われる。
深夜タクシーチケットの流れがかなり説得力のある流れになって
しまうところなどは間抜けだ。

■ゴーレンとエイムズ

レスリーは無能な上司の下で働いていたとして不満を述べる中、
ゴーレンのことも調べたという。エイムズが上級刑事になれない
のは彼に足を引っ張られているからで、ゴーレンは反抗的で
情緒不安定だという。それを指摘されたゴーレンはエイムズに
尋ねると彼女は「以前はそう思っていたが、今はもう手遅れだ」
としていた。
正直初期の頃のゴーレンの役割を見ると、寧ろゴーレンが居た
からこそ解決出来たような印象しかないのにね。確かにゴーレン
は警察内に於ける政治的駆け引きは下手そうだけど、エイムズ
の足を引っ張っていたようにはとても見えない。

■使用された曲

■出演者

ロバート・ゴーレン (Vincent D’Onofrio) 天才刑事、”ボビー”
アレクサンドラ・エイムズ (Kathryn Erbe) ゴーレンの右腕
ダニー・ロス (Eric Bogosian) 警部
マイク・ローガン (Chris Noth) 捜査官
ノーラ・ファラッチ (Alicia Witt) 捜査官
エリザベス・ロジャース (Leslie Hendrix) 検視
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)

レスリー・リザード (Amy Acker) FDA・副次長
マーティ・ペイン (Jim Gaffigan) FDA・次長
ビング・ショア (Frank John Hughes) ショア製薬CEO、イェール大
ジム・ケトル (Jason Kravits) FDA、マジメ、喘息持ち
エレナ・ケトル (Mary Bacon) ジムの別れた妻
ステイシー (Holley Fain) レスリーの秘書
ジャクリーン・ボーデン (Catrina Ganey) トビーとアリサの母
アリサ・ボーデン (Akiya Henry) 娘
ミミ (Jacqueline Torres) 歯科医の受付
ノーム・ゴールドマン (Adam Heller) 歯科医、金持ち
チョ (Grant Chang) 薬局
ロイ (Mike Britt) 外で地下鉄チケット、タバコ販売
リッキー (Walter Simpson III) 靴屋
(Timmy Mitchum) Hudsut
デショーン・コルト (Amir Ali Said) 子供、死亡
エヴィー・マット (April Nixon)
ディーン・コンドー (Patricia Stark) アナウンサー
ウィルソン (William W. Wilson) 捜査官
ケリー (Heidi Kristoffer)
— (Vincenzo Caiola) Police Officer
— (Uzimann) Bus Boy
アン・タリー (Mary Goggin)
サン・ガン (Joe Huu) Sang Gang
— (Gregg Lauterbach) Building Super
— (Joseph Longo) Police Officer
— (Madala) Young Mother

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336