[N] LAW & ORDER : クリミナル・インテント 犯罪心理捜査班 シーズン7 第1話 命の埋め合わせ Amends

リンク広告 テスト




第1話 命の埋め合わせ Amends

脚本/Warren Leight、Siobhan Byrne O’Connor
監督/Jesus S. Trevino

【ストーリー】

車で張り込み中のケビン・クイン刑事とパトリック・コパ
刑事。ケビンは息子のティーボール初試合の動画ファイルを
コパに見せる3歳にしては上手いなと告げる中、コパは
トイレに行くとして出て行く。

ロスはNYのお偉い刑事上層部の面々は4人でカードゲームを
していた。ロスは息子が彼女のベッドにいたとしてナンシーか
ら相談を受けたという。息子のジェレミーは15歳。父として何
を言えば良いのかと問うと、「否認せず避妊しろと言え」と
からかわれる。

ケビンは明日は休みなので俺が息子を映画に連れて行くとして
電話している中、突然現れた男にガラス越しに銃で撃たれる。
本部から4人の上層部刑事にも同時に携帯で通報が鳴る。
ゴーレンの元にも電話が鳴るか彼は部屋で丸くなっていた。

コパはケビンが撃たれた所を圧迫止血しつつ、スターチ記念
病院に運ぶので準備を頼むという。
ゴーレンはエイムズに合流する電話をくれて正解だと語り
すぐに行くと語る。

病院にはニューヨークの刑事の多くが集まる中、彼には妻と
8歳の息子がいるのだという。
遅れてやってきたエイムズたちにロスはケビン・クイン刑事
が頭部に2発被弾して運ばれたと報告。ケビンは夫の相棒だっ
た人だとして、殺された時にそばにいてくれたのだという
エイムズ。

話を聞くと殺人裁判で証言する証人宅を警護していたとの
こと。彼の相棒はと問うゴーレンに対してロスはまだ休暇中
だろうという。しかしゴーレンは警察官が撃たれたのだとして
休んでいられないという。相棒は不在なのだから我々が捜査を
しないといけないという。
コパ刑事をゴーレンとエイムズに引き合わせるロス。
ケビンが撃たれた時に何処にいたのかと問うと、トイレに行って
いたという。戻る途中に銃声が聞こえたので駆けつけると
アジア系の男が2発目を撃っているところだったという。
犯人の顔を確認出来る距離だったかと尋ねると6mくらいのところ
にいた事を語る。一緒に現場検証に同行してくれというエイムズ。
ゴーレンは彼が目を合わせてくれなかったことを気にする。
トイレ休憩の連絡は1時40分に入っていること。
そんな中、署にはケビンの妻でエイムズの友人だったテリーサ
がやってきた為にエイムズは声をかける。

窓ガラス越しに銃撃していること。迷いもなく的確に命中させて
いるというエイムズ。応射していないし銃も抜いていないこと。
何故油断していたのか。コパは犯人は2発目を撃ち去ろうとして
いたとし、警察だと叫び3発発砲したが逃げられたという。犯人
は一人だったという。逃走車は見ていないとしどこからともなく
現れたという。目撃者捜しを急いでいるとのこと。
警護対象の証人は?と尋ねるとコリン・ウィリアムスだという。
86丁目組の銃撃を目撃したとし、近所で8歳の子が犠牲になった
ものだという。再来週に裁判があるとし、コリンの家はあの売り
家と書かれているところだという。

コリンから話を聞くと「見ざる聞かざる知らざるだ」と語る。
エイムズは冗談は言わないでと語ると、冗談でもないとし、
証人を名乗り出たのは私だけで、警察がやられたのに誰が私を
守るのかという。警察の一人が休憩でトイレに行ったがお宅の
トイレを使ったかと問うと、いつも使わせているという。でも
昨日は誰も来なかったとのこと。
86丁目組の構成員は、E・キム、B・ノー、J・サン、J・リー
だとし、地元の通りに因んで名付けられたものだという
ダニエルズ捜査官。韓国系組織でコカインからヘロイン販売
へと手を広げてジャマイカ系と陣地争いをしていたという。
コリンを脅すためにケビンを殺したのか。本当ならば彼女も
殺されている筈だという。ジャングのリーダーはサンだとする
が実行役は誰なのかという。どいつも前科があるので全員を
指名手配にするというロス。200人かかりで狩に出かけたので
必ず見つけるという。

鑑識のマイクによるとバルーンヘッドと呼ばれる火薬が多めに
入る弾が使われているが、とっくに製造中止されているものだった。
今でも45口径には使えるという。左のこめかみに射入口、
右耳から射出しているというエリザベス。弾がたまる前に死亡
していた筈で2発目は右目から脳へ撃たれているという。
1発目は不明だが2発目は30cmから90cmの距離で角度が違うと
いう。犯人はわざわざ立ち位置を変えているのかというゴーレン。
まず命を奪い、2発目はメッセージだろうとのことだった。

エイムズはクイン家に行くと同僚の警察官たちが慰める為に
集まっていた。ケビンの妻・テリーサと会うエイムズは、不審な
電話とか怪しい車とか脅迫とか無かったのかと問うが、あの人
は秘密主義で仕事の話はしなかったという。テリーサはジョー
が亡くなった時、慰めを言いながら内心はこう思っていたという。
「夫じゃなくて良かった」と。だから疎遠になってしまったとし
かける言葉がなかったという彼女。

ゴーレンはコパに当時の状況を改めて聞く。
コリンの家にトイレは借りにくいとし彼女は警察嫌いだという。
だからチキンJに借りに行ったという。俺が相棒の近くにいなか
った理由が気になるのかと問うと、これも仕事だとし、
——————————————————–

■ついに始まりましたシーズン7

一番目に付く変更点は何と言ってもオープニングの変更。
LAW & ORDERシリーズってどのドラマよりも地味なオープニング
を使っていると思うんだけど、それぞれのスピンオフに特色が
有って特に音楽のアレンジの違いが好きなんだけど、
今回は随分と大胆な音楽のアレンジが行われた。
画像も多少動的になり、今まで動かなかった静止画のゴーレン
が顔を動かしたりしてちょっとびっくりなんだけど、基本的に
そんな違いはないかな。

■第1話はゴーレンサイドのエピソード

ゴーレンというとどうしても、S6-21に於いて、ゴーレンの母親
の死が及ぼす影響と、今まで謎となっていたゴーレンの父親が
発覚した件での彼自身の精神的ダメージがどれほど回復している
のか気になっているところが有った。冒頭でのゴーレンの初カッ
トのシーンでは家の中で丸くなっていたので、引きこもり状態に
なっているのかと思ったけど、エイムズからの電話で現場入り
するというシーンへとつながった。ロスはゴーレンの復帰に微妙
な視線を見せていたところも有ったが、今回はそれどころでは
なかったのか。

■今回の事件

韓国系ギャングの犯行を証言する証人を見張る刑事の一人
ケビン・クインが殺害された事から始まる。
その後エイムズの夫の件の流れへとスライドしていくことになる
けど、刑事の殺害に対する警察署員の姿勢の凄まじさを感じる
と共に、逆に刑事たちの仕事に対するきな臭い一面が同時に
浮かび上がってくる所があった。
警察の団結力故にその団結力が負の方向でも結びついていない
かどうか気になるものとして描かれた。

刑事の証言の一つでえん罪に結びついてしまうということで、
その死の責任を誰かに取らせたい気持ちとか、犯人を早く特定
することで悲しみや怒りの気持ちを無理矢理抑え込もうとして
いるのかもしれないけど、状況証拠とか先入観だけで決めて
しまうことの恐ろしさを感じる流れが有った。

大抵のドラマでは事件に捜査官の関係者が関与していれば、
その人物はその捜査からは外されてしまうけど、この流れを
見ると近しい刑事はみんな当事者みたいな感じで、感情だけで
捜査に走ると恐ろしいことになるという典型だった。

■エイムズの家庭の事情

今回はエイムズの夫・ジョー・ダットンの事件について再考・
再捜査が行われるというものだった。エイムズ家は元々刑事一家
みたいな下りで語られることが有るけど、あんまりエイムズ家の
事情もよく分からないところが有るよね。シーズン3で妊婦だった
時には姉の子の代理出産をしたことがありお腹が大きかった
ことが有ったし、よく父親が刑事だった頃のことは語られること
が有ったけど、エイムズの夫の件はあんまり聞いたことがなかった。

表面上犯人は、レイ・デルガドとされていたけれど、実際には
証言をしたミナイヤが嘘をついていたということが判明する。

ジョーの事件に関する資料を洗い直す際に、証拠保管庫の職員
がいきなり隠蔽するかのような行動を取っていたので、また警察
署全体の隠蔽ネタかと思ったのだけど、単純に目撃証言が
いかにいい加減なものなのかということと、DNA捜査がジョー
が殺害された9年前からかなり進化しているということが
提示されるものが有ったことか。

■事件の顛末

ケビン・クインが殺害された件で、まさかエイムズの夫の殉職
事件まで引っ張り出されるとは思わなかったけど、クインが
殺害されたのは、潜入捜査をしていたジョーの死亡の件で犯人に
対する間違った証言をしたことがきっかけだった。
そして再び同じ殺され方、同じ銃を使った事件が発生したこと
で、改めてえん罪事件に対する再調査が始まることになり、
ケビンの次に殺された二人目の被害者のアルフレッド・ミナイヤ
が殺されたことで、エイムズは被害者の顔を見て真っ先に
夫を殺した犯人の目撃証言者だということを語る。

銃が公園から発見されたことで、45口径のコルトのA1だと判明。
ベトナム戦争で米軍が使っていた銃だということで、事件捜査が
進んでいく。ケビンの殺害犯は偽証によって服役している
デルガドの息子・ビクターによるもの。

ジョーの死は当時ケビンと共に偽証した麻薬の売人で今回2人目
の被害者ミナイヤの従兄弟のマニー・ベルトランが犯人だった。

皮肉にも冒頭でケビンが運ばれた病院・スターチ記念病院で
働いている医師として彼を蘇生させようと努力した医師が
ジョーのことを殺していたという不思議な因果関係が存在して
いた。

■真実を語ると刑事は嫌われる?

ゴーレンにとっては受難が多かった。
ケビンの相棒のコパ刑事は話し方が不自然だと思ったけど、
面通しの際の態度を見たゴーレンは、視界の中心がよく
見えていないからだとして、黄斑変性症の可能性を告げる。
それを話したことで、彼は早期退職になり、何故かゴーレン
のせいになる。あなかたがリタという警察のおっかけの車と
いたのが原因じゃないかと小一時間。

また犯人を韓国系ギャング・サンの仕業で決着つけようとした
流れに待ったをかけたゴーレンのことを、スケボー少年が
「通りかかり、パパを殺した犯人を逃がした刑事がいるとして
頭がおかしい刑事だって局長が言ってた」と語られてしまう。

そして何よりもエイムズの夫・ジョーの件でゴーレンは疑い
を店、現場にメンソールのタバコの吸い殻が落ちていたが、
当時デルガドのものだとミナイヤが証言していたものの彼は
タバコを吸わないということで、当時のDNAでは検出出来ず
裏付けがとれなかった流れの証明・補完をするためにエイムズ
に語る。
そんなエイムズは
「謎解きパズルじゃないのよ」として涙していたけど、
「やらなければいけないことは分かっているだろう」
としてゴーレンが訴えていた。
この辺の流れを見ると、関係者が被害者の捜査官が捜査しては
いけない理由が分かるというものだよね。

■エイムズとジョーの写真

当時ジョーの相棒だったケビンとその妻・テリーサと4人で
一緒に写る写真が彼女の家には有った。1995年の聖パトリック祭
のパレードの時の写真で、私とジョーは新婚だったということを
エイムズは語っていた。ジョーが歌を歌った(ワイルド・ローパー)
が、エイムズ曰くあの曲しか歌えない夫だったという。ケビンは
楽しそうにバグパイプを吹いていたとのこと。

■切ない人間関係

エイムズがボソっと語るけど、
「みんな昔は友人でジョーの葬儀にはみんな来てくれたが次第
に連絡が途絶えて、彼らに会ったのは8年ぶりだと語る。」

「親しい人を亡くすと人間は混乱するもの」だとしてゴーレンが
フォローしていたけど、エイムズとしては彼がいないと私の
居場所がなかったとして語る姿があった。

■警察の上層部

ロスは政治的なつながりもあるのか、訳の分からない警察の
上層部の面々と一緒にいることが多いよね。
今回のロスはそんな彼らか15歳の息子のジェレミーが彼女と
ベッドにいたということを妻の”ナンシーより緊急連絡”
(c)チェイスH.Q (意味不明) って感じだけど、S6-8の感謝祭
の時の家族の集まりの時にロスの家だけは、妻の席が空白に
なっていたよなぁ。

■使用された曲

・Empty by Ray Lamontagne

■出演者

ロバート・ゴーレン (Vincent D’Onofrio) 天才刑事、”ボビー”
アレクサンドラ・エイムズ (Kathryn Erbe) ゴーレンの右腕
ダニー・ロス (Eric Bogosian) 警部
エリザベス・ロジャース (Leslie Hendrix) 検視
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)

マイク (Lynn Adrianna) CSU Tech
パトリック・コパ (Holt McCallany) 捜査官
ケニー・モラン (Mike Pniewski) 刑事チーフ

レイ・デルガド (Felix Solis) 服役中の父、えん罪、ジョー殺し
ビクター・デルガド (Gio Perez) レイの息子
ロドルフォ・デルガド (Emilio Delgado) レイの父、元海兵隊
Dr.マニー・ベルトラン (Rafael Sardina) スターチ記念病院、アルフレッドの従兄弟
テリーサ・クイン (Florencia Lozano) ケビンの妻
ケビン・クイン (Gerald McCullouch) 殉職した刑事、ジョーの元相棒
トミー・クイン (Miles Williams) 息子
— (Steven Randazzo) Evidence Clerk
ダニエルズ (Seth Gilliam) 捜査官
コリン・ウィリアムズ (Tiffany Jewel) クインの相棒
ジョージ・ロンバルディ (Rene Ifrah) 元ミナイヤのギャング、勇気農場勤務
イヴェレット・ミナイヤ (Elisa de La Roche) アルフレッドの母
サンドラ・ミナイヤ (Shirley Roeca) アルフレッドの妻
アルフレッド・ミイヤ (Al D. Rodriguez) 目撃者、売人
フリーヒル (Tom Ligon) Deputy Police Commissioner
ポール・ハインツ (Rob Breckinridge) 地方検事補
ラリー・ハート (Bill Winkler)
サンダース (Jodi Dick)
ジョニー・カン (Richard Feng Zhu)
キュン・ハイ (Natalie Kim)
— (Michael Gregory Fung) 息子
マコーミック (Casey Johnson) ESU Team Leader
— (Peter Conboy) New York City Police Officer
— (Kal Thompson) Undercover NYC Police Officer
— (Nicole Wilson) 看護師
— (Vincenzo Caiola) Police Officer
— (Kamuela Kim) Suspect

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336