CSI:科学捜査班 シーズン13 第16話 ポーカーフェイス Last Woman Standing

リンク広告 テスト




第16話 ポーカーフェイス Last Woman Standing

脚本/Gavin Harris
監督/Brad Tanenbaum

——————————————————–
ピーターはエヴァをホテルまで送ってもらう。部屋に寄らない
かと誘うがもう遅いので帰るという。来年がまたあるわと。
ピーターはエレベーターに乗る中、そのエレベーター内で
殺害されて発見される。
今夜パレルモ・ポーカー・クラシックで大負けしたプロの
ポーカープレイヤーだという。優勝賞金は800万ドルだという。
フロントによると紫色の女性が一緒にいたが、エレベーターには
乗らずに帰ったこと。入れ違いで下りた男性と2階でエレベーター
を呼びだした女性がいるが、一緒にエレベーターに乗っていた
ものはいないという。グレッグとラッセルはエレベーターを
調べる中、エレベーターは何を語るのかと。この出血痕と形状は
動脈切断だという。誰が出血させたのか。侵入口と逃走口は
何処に有るのか。グレッグはエレベーターの天井を調べるが、
埃もなくキレイだという。そこしか無い事を告げ、そこを
使ったとしも壁に擦り傷がないという。シルクドゥソレイユでも
跡は残るハズだというラッセル。サイフと現金は有ったので
物盗りの犯行ではないという。エレベーターに一人で乗って
10秒後に喉を切られるなんて可能なのかというモーガン。

アルとフィンは検視をする。
死因は頸動脈・頸静脈を切断されたことによる大量出血だという。
フィンは切り口がキレイだとするとカミソリなのかと問う。
アルは座作を採取したので凶器の合金が出るかも知れないという。
被害者は合金のプレスレットをしていたとすると、そこには
PPC97年チャンピオンと書かれていた。96年のパレルモポーカー
クラシックの優勝者だとし、当時の優勝賞金は100万ドルだという。
モーガンは資産状態を調べたが、ピーターは無一文だという。
アルは顔に使ったのだろうとし、額全体に注文物があるという。
大量のボトックスにメスのキズが多数。ポーカーリフトという整形
でどんな名プレイヤーにも癖が有るという。内視鏡を使って
顔の癖が出ないようにするのだという。シャツには粉末がある
としてホッジスに調べてもらうというフィン。

新らたに被害者が発見される。
サラが復帰したことでニックは大丈夫かと語る。
被害者はトレント・アルドリッジで地元の人間。24時に一人で
チェックインしているが、明らかに連れがいて、手首と足首を
ベッドに縛られているという。夕食を食べさせられ、SM好き
なのかというデビッド。顔が歪んでいるとして息が苦しかったの
だろうというニック。肝臓の温度は34.5度なので死後3時間程度
が経過しているという。口に何か入って居るというデビッドは
ノドに詰まっていて窒息状態だと語る。取ってみると生肉みたい
だという。女王への奉仕のご褒美なのか。

ラッセルの元に花を持って行くフィン。
プレゼントではなく、ピーターのシャツに付着していた粉は
白百合の花粉だったという。行方を追っていたのはその女性で
同じ大会に出場しているという。女性が勝つと賞をもらえる
花束だという。女性蔑視だなというラッセル。その花をもらった
のはエヴァ・レンゲル。ウェブサイトも持っているという。内容は
ポーカー講座とTシャツ販売とのこと。ホットポーカーベイブ.com
という名前だった。経歴はハーバードビジネススクール卒業で
商売のプロだという。現在決勝戦が行われるところだという。

エヴァの試合を見る。自分の癖を隠し相手の癖を見つける
のが得意だと告げる。いよいよラストでオールインの800万ドル
の勝敗が決する。エヴァはストレートに対して、ハートのフラッ
シュはエヴァが負けて勝負は終わる。

エヴァの元に話を聞きに行くグレッグとモーガン。
ピーターとは事件直前まで一緒に居たのではないかと問う。
強盗とはまだ断定していんいと語り、誰か現場に居なかったと
問う。エヴァは彼は金に困っていたようだという。心配なので
送っただけで、彼は父の常連客だったという。父はこの街で
30年ディーラーをしていたという。エヴァはモーガンが刑事として
働いている事を知り、男社会で大変でしょと告げる。
ピーターと他のプレイヤーの間に確執など無かったかを尋ねると
彼はレジェンドとして愛されていたとのこと。問題は有ったが
何れも殺されるほどのものではないという。

一方SM女王に殺された現場で指紋は残っていなかったが、彼女
にチップをもらったというルームサービスが居たというサラ。
バスルームから手を出してポーカーチップをくれたようだと
ラッセルに報告。指紋が出るかも知れないので検査に回すよう
告げる。
ホッジスはピーターの首のキズからアセチルセルロースが検出され
たという。凶器はプラスチックナイフなのかというラッセル。
ナイフ以外のプラスチックかも知れないという。凶器を照合し
特定するよう語る。
暫くしてモーガンはホッジスのラボにいくと彼がプラスチックの
ブーメランを持っていることを知りそれが凶器なのかと問う。
それを否定するとアセチルセルロースを探しているのだという。
ブーメランはポリプロビレンが残るの不一致、セラミックナイフ
は二酸化ジルコニウム、プラスチック皿はアクリルラトリルブタジ
エンスチレンが検出され結果として全滅だという。モーガンは
それで頭がおかしくなったのかと問うと、ホッジスは既成概念を
取っ払ってみたのだとし、事件を違う角度からみてみたという。
犯人は侵入したに違い無いとされていること。天井のハッチ
からだとされており、他の入り口がないこと。この密室が解かれる
時はどんな時かと尋ねるとモーガンはドアが開いている時だという。
犯人はエレベーターに乗らずに凶器は乗ったのだという。
そこでプラスチックコーティングのトランプだとし、時速130km
で投げれば人を殺せるのだという。手裏剣みたいな使い方をするの
かとするとモーガンはバカバカしてと告げる。しかしホッジスは
当時のことを推理しそれを伝える。証拠は何処に有るのかと問うと
現在エレベーターシャフトからトランプを回収するようヘンリー
に話したという。するとヘンリーはトランプが見つかったと報告
に来る。試薬で血液検査をしたら陽性だったこと。アブラカタブラ
なんて言わないでよと告げる。

ジェームガ・ネファーロ(ジミー)はマジシャンで、ケイティは
助手だった。トランプで首を切るというマジックのリハーサル
をしていた。ブラスとモーガンかジミーの元を尋ねて話を聞く
と彼はピーターに軍資金として1万ドルを提供していたという。
夕べのアリバイを尋ねるとここにいた事を語る。
——————————————————–

パレルモホテルでポーカークラシック大会が行われる中、
大会に出場していたプロのプレイヤーのピーター・コウが
エレベーター内で何者かによって首を切られて殺害される。
更にホテルの部屋では手足を縛られた状態で鳥の生肉を詰め込ま
れて窒息死させられるトレント・アルドリッジの姿が有った。
彼もポーカープレイヤーだということで類似する事件を調べ、
凶器の特定をしていく。
過去の事件を調べると2ヶ月前にパレルもピットボスだった
エド・フィチェリが亡くなっていることを知る。体内から
致死量のヘロインが検出されるが、ヘロイン自体を調べると、
トリフォリウム属のクローバーの成分で毒のルピンが検出されて
いたことが判明する。
殺された人物を調べていくと、ピーターは”スペードのA”のカード
で死亡し、窒息死されていたアルドリッジは鳥の心臓が7つ
詰め込まれていたことから、”ハートの7″を意味しているものだと
され、フィチェリはクローバーの別名はクラブであり”クラブの4″
が意味していることも有り、ポーカーとの関連性を調べていく。

過去のポーカー大会に於ける不正が発覚したことで、不正を犯して
いたものが復讐していくというエピソード。
かつで日本の黒澤映画「用心棒」をアメリカナイズドした「ラストマン・スタンディング」
という映画が有ったけど、タイトルを見るとラスト・ウーマン・スタンディングと
いうことで、悪者を倒していく。

その殺害のメッセージ性は相当難度が高く、冒頭でのエレベーター
内での殺害事件に於いても、解明するだけでCSIとしてのスキル
以上の閃き感覚が必要だったように思える。

一件だけならばまだしもこれだけ多くの人を殺していればどんな
に上手い事犯罪を隠しても見つかってしまうよね。

親と子というテーマも中には含まれていて、ラッセルのオフィスに
有る6歳の時のチャーリーの写真をネタにエクリーが悩み相談に
訪れていたり、過去の家庭を顧みず政治の世界にどっぷりだった
頃の自分の姿を思い出しては、またそんな嫌なヤツになってしまう
のではないかとする思いが有るようで、モーガンからも色々と
アドバイスを受けていたけど、最終的には受け入れていくようだ。
なんと言ってもやはりモーガンと再会し、関係が戻ったことで、
そんな感情にも芽生えるところが有ったのだろうね。

ラスベガスというのは色んな人物が集まるもので、ラッセルは今の
ここに定着するまでにダッジバンで全米を移動した生活をしていた
ような話をしていたし、ラッセルが呼ぶ事になったフィンもここに
定着した。
逆にギャンブルの街なので立ち去る人も多い中で、巨額の金が動く
街であるだけにやはり金絡み・ギャンブルで人生を狂わせる人も
多いのだろうか。
ただラスベガスってギャンブルの売り上げとしては、それ程の
市場規模ではなく、ネットで見られるのはラスベガスでのギャンブル
の収益は5千億程度だということ。観光都市でもあるので
ギャンブル以外にも多くの見所が有るのかも知れないけどね。
それなのにポーカー大会では800万ドルの大会が行われているという
のが有る意味凄い。勿論参加費として一人1万ドルを徴収している
のだろうけど。

モーガンとホッジスの絡みがやはり面白く、この二人を何時までも
見ていた気がする。

ポーカーでの詐欺で最も多いのはカードカウンティングだけど、
実際に見つかりづらいものはプレイヤーの結託だという。そんな
習性を法則を見つけ出したところが凄かった。
プレイヤーの中には表情が読まれない為に顔に施術するという
ことを語るも、そういう習性とは親から授かったスロープレイ
というのが犯行に於ける解明に繋がっていった。

なんと言っても今回はモーガンがケイティを説得するも、最終的
にはモーガンが射殺するという光景が有った。彼女の中で
それがトラウマにならねば良いけどね。警察官である限りは一度
は銃社会のアメリカならば容疑者を殺害する機会があるかも
知れない。引退するまでにそんな場面に逢わなければそれに越した
ことはないのだろうけどね。
「父のいない怒りは分かる。あなたは葛藤している。頭では
辞めたいのよ。だからジミーを殺さなかった」と説得していたね。

「親子揃って九死に一生を得たな」

■その他

・聖キャサリンのメダル ガンの守護聖人
・テキサス・ホールデム
・パレルモのロゴ 特注のトランプ
・97年度パレルモポーカークラシックの特注トランプ
・トレッサーパークでジミーの車
・ビーツ料理のコツ しないことだ。

D.B.ラッセル (Ted Danson) CSI主任・S12より
ジュリー・フィンレイ (Elisabeth Shue) CSI・S12 #14より
ニック・ストークス (George Eads) CSI ・ S12・昆虫学
サラ・サイドル (Jorja Fox) s10で復帰
グレッグ・サンダース (Eric Szmanda) CSI研究員
アル・ロビンス (Robert David Hall) CSI検死官
デビッド・ホッジス (Wallace Langham) CSI
デビッド・フィリップス (David Berman) CSI (眼鏡の方) 検死
モーガン・ブロディ (Elisabeth Harnois) L.A市警、SID、エクリー 娘
ヘンリー・アンドリュース (Jon Wellner) DNA
ジム・ブラス (Paul Guilfoyle) 刑事、警部
コンラッド・エクリー (Marc Vann)

ミッチェル (Larry Mitchell) 捜査官

ピーター・コウ (David Cassidy) プロのポーカープレイヤー
ケイティ・ヒル (Natalie Hall) ジミーの助手
エヴァ・レンデル (Becky O’Donohue) プロのポーカープレイヤー
ジェームズ・ネファーロ (Henry Ian Cusick) “ジミー”、マジシャン
ボウ・マティソン (Kevin Scott Allen) “スネーク”、スロープレー
トレント・アルドリッジ (Scott Hoxby) ベッドで死亡
— (Sharelle Smith) 隣人
グレン・ハイドブレッダー () ディーラー
エヴァ・ハイドブレッダー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336