CSI:科学捜査班 シーズン12 第13話 ミューズな死体 Tressed to Kill

リンク広告 テスト




February 8, 2012
第13話 ミューズな死体 Tressed to Kill

脚本/Ed Whitmore
監督/Brad Tanenbaum
——————————————————–
ブリジットとエヴァの姉妹はショッピングモールに洋服を買いに
来ていた。そんな二人のことを監視しているものがいた。
二人がエレベーターに入ると男も入って来て、エヴァの髪の毛
を知らない間に切っていく。ブリジットはエレベーターを下りる
とエヴァの髪の毛が切られている事を指摘する。

ポーラ・ビンガムも映画館で映画を見て帰宅した際に髪の毛が
切られたとして被害届を出しに来た人物の一人だった。
4日前にはモールで切られた女性(エヴァ)、今度は映画館で起きた
事件。11人目の被害者だとして、ラッセルしブラスは観光に
響くとして保安官から早急に解決するよう求められていた。
誰も目撃者もなく髪の毛を切っていく犯人。私にはその心配は
ないようだと短髪のブラスはジョークを飛ばす。

ラッセルはポーラから事情を聞く。
映画は何を見たのか?マット・デイモンのファン??と問うと、
ダニエル・クレイグだというポーラ。第6代目のジェームズ・ボ
ンドの彼か・・と告げるとタキシードと銃の人だねと語る。
最近髪の毛を切られた以外に異変はなかったかと尋ねるが、
今の所なにもないという。ふざけたフェチ野郎の仕業だろう
とし、負けずに元気を出して欲しいというと、ラッセルは名刺を
彼女に差し出す。いつでも良いので電話して欲しいとのこと
だった。
エスカレートしなければ良いが・・・そんなことを呟くラッセルに
対してブラスは事件が起きた事を語る。

現場にいくと、室内からはThe Most Beautiful Girlの音楽が
流れていた。死のBGMか・・。被害者はエヴァ・バイロン。
4日目にモールで被害を受けた人物だという。彼女はイスに座ら
された状態で、金髪に髪の毛を染められ、真っ赤な口紅を塗られ
ていた。服やサングラスはレトロ調のもの。ブロンド色に髪の毛
を染められていることが分かる。更にサングラスを取ると両目が
くりぬかれていることが分かる。一体誰が何の為にこんなこと
をしたのか。

デビッドは遺体を検視する。
死亡は午後10時頃。死因は目をくりぬかれていること以外には
分からないという。口の中に何か入っている事を告げるとサラが
ピンセットで取り出す。三つ編みにされた髪の毛だった。

グレッグは居なくなったキャサリンのオフィスを眺めていた。
その光景をニックが見て声を掛ける。現在FBIの連中を仕込ん
でいるみたいだという。クワンティコなんて近いですよねと
いうグレッグ。

リストン保安官がやってくる。
現在被害者10人の安否を堪忍していると報告する。ラッセルは
マスコミに話した方が良い事を告げ、この件では警察に被害届け
を出していない人も居るはずだという。しかしマスコミに話せば
パニックになることは必死だとして現在は見送るとのことだった。

エヴァが殺害された部屋を調べると、チェーンが壊され鍵自体
は無傷だとモーガン。ドアを蹴破り、エヴァの顔にドアがヒット
した結果歯が欠けた跡が有った。犯人は髪の毛の色を変えている
という事はブロンドが好きなのか。それならばモーガンは危険だ
というサラに対して、犯人は髪の毛を染める行動を取っているの
で寧ろサラの方が危険だと語る。
——————————————————–

次々と若い細身の女性の髪の毛が本人の知らない間に町中の至
るところで切られる事件が発生する。髪の毛のフェチによる
仕業なのか。パニックにならないように早急に事件の解決を
求める中、ついには被害者の一人が異常な殺害方法によって
遺棄されているのが発見される。

なんとなく犯人の意図が分かるようなエピソードだった。
リストン保安官がFBIのプロファイル要らずねと語る様に、被害者が
警察署に集まる姿は細身で長い髪の毛の20代の女性だった。

最近ラスベガス署内ではコンラッドが政治的な動きを見せる姿は
なく、全てのその辺の流れはリストン保安官が掌握している感じ
だね。

髪の毛に神経がないとはいえ、切られた際には余程鋭いメス状の
ものでないと、人は髪の毛を切った際に振動が伝わって気が付く
ものだと思う。そういう意味では医療用メスを使って切っていた
と考えるのが自然だったのかも。

死体を自分の好きな女性に着せ替えしているのだろうと思っていた
が、それは恋人を模ったものではなく、ガンで失った母親に対する
思いであること。同様にがん治療の為にやってきたルシンダの母
の姿を見て自分の母親と同じ姿を見て思いが蘇ったようだ。

髪の毛が象徴的に描かれたもので、髪の毛に関するホラー映画
として、ホッジスがサラに対して日本の映画「リング」を引き合いに
出していた。井戸から女性が出てきて髪の毛を吐くということを
語っていたけれど、サラからはホッジスの日本文化に対する知識
はアダルト分野だけじゃないのかと思わず突っ込まれていた。

映画と言えば、事件を通して着せ替え殺人と言えばラッセルは
映画「サイコ」を思い出す事を告げ、サラはテッド・バンディを
イメージすると語っていた。ナルシストで解離性同一障害によって
女性を憎んでいたこと。

しかし殺した方に関して、憎しみというよりも愛情を感じるという
ラッセル。

髪の毛のアイソトープ比率で調べた結果、遺体の口の中に入って
いた髪の毛には日本(東京)、ドイツ(ハンブルク)、南ネバダ(ラスベガ
ス)に行っていた形跡があるということで、がん治療に於ける
珍しいガン治療を行っていることがあるのだという。
日本がアダルトとゲームとアニメ以外の分野で取り上げられたという
のは先ずはめでたいことかも。

キャサリンが居なくなった後のオフィスを眺めるグレッグ。
ニックもグレッグもキャサリンに電話したことを話していたけど、
ラスベガスからクワンティコは遠いよなぁ。
最後にはラッセルもキャサリンに電話する姿が有った。
この二人良いコンビになりそうだったのに残念だね。

ツイッターでも書いたけど、殺害されたエヴァの姉妹役のブリジット
役のRose McIverは、最初ブロディかと思った。丸顔で金髪の女性。
ブロディとグレッグが今回も同じ現場で担当していたけど、意図的に
接近させようとさせる制作陣の意識が有るのか。
Rose McIverは「Once Upon a Time」で、ティンカーベル役で
シーズン3以降に登場するようだ。

・The WhoのWho Are You

・LoboのI’d Love You to Want Me
・The Most Beautiful Girl by Charlie Rich

D.B.ラッセル (Ted Danson) CSI主任
ニック・ストークス (George Eads) CSI ・ S12・昆虫学
サラ・サイドル (Jorja Fox) s10で復帰
グレッグ・サンダース (Eric Szmanda) CSI研究員
アル・ロビンス (Robert David Hall) CSI検死官
デビッド・ホッジス (Wallace Langham) CSI
デビッド・フィリップス (David Berman) CSI (眼鏡の方) 検死
モーガン・ブロディ (Elisabeth Harnois) L.A市警、SID、エクリー 娘
ジム・ブラス (Paul Guilfoyle) 刑事、警部
コンラッド・エクリー (Marc Vann) CSI上司
ミッチェル (Larry Mitchell) 刑事
ヘンリー・アンドリュース (Jon Wellner) DNA
マンディ・ウェブスター (Sheeri Rappaport) 指紋
シオマラ・ガルシア (Monique Gabriela Curnen) 銃器ラボ
サム・ベガ (Geoffrey Rivas) 捜査官
バルタン (Alex Carter) 捜査官
アンディ・エイカーズ (Larry Sullivan) 捜査官

Dr.ビル・ライアン (William Ragsdale) ガン治療医
ジェフリー・フィッツジェラルド (Roger Bart) 髪の毛・ウィッグ
アダム・ケンプ (David Gallagher) ルシンダの息子
ルシンダ・ケンプ (Jill Larson) ガン患者
ポーラ・ビンガム (Brianna Brown) 映画館で髪の毛を切られる
ブリジット・バイロン (Rose McIver) モールで買い物
エヴァ・バイロン (Sasha Jackson) モールで買い物、被害者
シェリー・リストン (Barbara Eve Harris) 保安官
— (Ericka Clevenger) Hooker
ジョイス・デハナルディ (Beau Dunn) 被害者
マーク (Zack Zublena)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336