HELIX ‐黒い遺伝子‐シーズン2 第10話 マザー Mother

リンク広告 テスト




第10話 マザー Mother

脚本/Tiffany Greshler
監督/Jeremiah S. Chechik
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
ウィンカーはCDCには撤退してもらうとして感染が広がっている
事を語る。エイミーはサラに対して不老不死すれば赤ちゃんは
返すという。ランドリーを使ってサラの髄液を移植するが、
残念ながら失敗に終わる。サラは何もしていないとするが・・
アンは元の木から接ぎ木して育てている名前は「マザー」と呼
ばれるものがするとしてCDCに語るが、隠していた場所から
無くなっていた。カイルは病原菌に感染したものの胃の中に
赤い樹液が入って居たとし、毎日食べていたのだろうことを
語る。塀の外に出て状態を調べるべきだというカイルとアラン
に対してウィンガー少佐もそれを認める。今行ったら俺の
チームを首にするとしてピーターはサラに語るが、サラはそんな
ピーターに勘違いするなとしてこれはアランのチームだと語る。
ソーレンはカイル先生にゴメンと告げる中、カドモスによって
捕まってしまい食べられそうになるが、同じ病原菌を持った人物
は食べないことを知り、カイルは自ら病原菌入りの蜂蜜を口に
する。ソーレンは血を流す木で取った樹液を食べると病気が
酷くならないことを聞く。

【ストーリー】
多くの遺体が火で焼かれる。エイミーは先に話してくれていれば
としてジュリアに接触。アンは妄想が酷くて宛にしない方が良い
と語る。マザーという特別な原木から接ぎ木してあのリンゴを
作っているとアンは言っていた事を語ると、正直なんでマザーに拘る
のかというエイミー。犠牲者の50人・100人は序の口で、イラリア
は人工の削減の為に3日後に作戦を決行するとし、大虐殺の変わり
に接ぎ木による不妊テクノロジーを提案したいのだという。その為
にマザーがいるというジュリア。ジュリアはエイミーに対して
幾らならば売ってくれるのかと問うと、金に興味はないという彼女は
望みは一つ、不老不死にすることだという。銀色の瞳で世界を見たい
という。マイケル、サラ、あなたみたいに・・と。コンタクトで貴方
が不老不死だと分かると語る。マザーをくれれば不老不死にする
と約束すると、先ずは共同体のみんなを落ち着かせないといけない
とし私のオフィスで話そうという。ジュリアは嘘ならば真っ暗な闇
の世界を見ることになるからと忠告する。

— 10日目 —
<塀の外組>
カイルが病気になる前になんとか赤い樹液を探さなければなら
ないがウィンガーは見つからないという。ソーレンの様子は酷い目
を受けた割りには原器だという。目を離さないようにしろという
アラン。ちゃんと回復したのはあの子だけで、彼の免疫が赤い樹液
を治療薬にする時、鍵になるかも知れないことを語る。カイルの
猶予は48時間だと語る。電波が通じたら救援を呼ぶという。
アランは注文のものはと尋ねると治療に必要な医薬品などは全て
船の中だと語る。木が見つからないことにはどうしようもなかった。
そんな中ソーレンはカイルのことを心配するがアランは体調が
悪いので樹液が見つかるまではソッとして置こうと説得。それ
ならばそこにつれていけば良いのではないかというソーレン。

<城の中>
アンはランドリーが怪物の様に太ってしまったことを受けて、
アンは彼に許して欲しいという。守ってあげるべきだったと。
そこにエイミーがやってくると、どうせ何も出来なかったでしょ
と悪態をつく。アンはやることがあるので戻るとすると、エイミー
はやることとは何なのかと尋ねる。マザーが消えたのだとし、
悪い事に使われないようにしないといけないという。

ジュリアとバリエセロスは、この建物内は最悪だと語る。
恐ろしい感染症、リーダー不在のカルトに異常な家族関係。
エイミーの要求は不幸で、賢い上に正気では無いという。彼女も
不老不死になれるのかとするが、ジュリアは無理だろうという。
シミュレーションでは毎回失敗しているとすると、彼女をマーク
して弱点を掴むんだというジュリア。互いに気を付けようとバリエ
セロスは語る。

ピーターはアナにマザーは何処にもないことを聞かされる。
マザーが出てこなかったらどうなるのかとすると、ジュリアは
取引は無効になるとピーターに語る。アンは外してと語ると
二人で会話する。
ピーターに終わりねと告げると報酬はない事を語る。マザーは
必ず見つけるというピーターだが、裏切り者がいるのではないか
というジュリア。イラリアの役員がよくいうなとして偽善者の癖
にというピーター。貴方は金の為に私を売り渡したとし、母の喉を
切り裂いたバケモノにネガ打った裏切りものだと語る。私は
イラリアに潜り込んで買えようとしているのだとし、あんたなんかの
為に血痕を棒に振るなんてとジュリアは怒る。否定すれば良いとし
俺は君を愛していたというピーター。ジュリアはあなたは良い人
だと思っていたが中身が何も無い事に気が付いたとし、あなたは
空っぽだという。

外からやってくるアンは言葉には意味が有るとし、重みを持って
いるとジュリアに語る。エイミーは貴方が妄想が酷いと言って
いたと告げると、あの子は望みを叶える為ならばどんな嘘も
つくのだという。どうせマザーを持っていると言ったのでしょと
すると娘は嘘付きだという。マザーの世話が出来るのは3人だけで
マイケルと私と私の息子のランドリーだけだと語る。
——————————————————–

いよいよ10日目。塀の外に出たアランやカイル、そしてウィンガー
少佐たちは外で病気のものたちがカイルや兵士を誘拐したこと
を知り捜索。カイルを助けることが出来たが、カイルは感染者
のカドマスたちは同じ腐った人間は食べないということで、カイル
自身が蜂蜜を舐めて感染者と化したという。発症するまで2日程度
だとするが、その間になんとかしてソーレンが語る赤い樹液を
探す必要が有った。
一方塀の中では、アンから”マザー”と呼ばれる特別な原木から接ぎ
木に接ぎ木を重ねて改良した作った木の枝が厳重に保管されている
ことを聞く。それを使えば、男性を不妊にすることが出来るという
もので、ジュリアはそれを使えばイラリアが行おうとしている
ナルヴィクCを使った大虐殺の計画を防げると考えていた。
しかし時間はなく、ジュリアはアンにも協力を求め、そしてエイミー
とも接触する。エイミーはアンは妄想が激しいので信用に値しない
として、私がマザーを渡す見返りに銀色の瞳でこの世をみたいと
して不老不死にするよう要求する。サラはエイミーと取引して
なんとか自分の赤ちゃんを取り返したいと考えていたが・・・

ドラマでは大きく分けて3つの流れに分かれてしまいましたね。

1) アンがピーターと組んで、再び「尊敬」を集める為にピーターが
リーダーとなってこの島を統治・支配しようとする流れ。

2) 塀の外に行ったアランたちが血を流す木の樹液を見つけて、
感染者の延命措置をしようとすると共に治療薬を回復する流れ。

3) エイミーとジュリアとサラが主導する「マザー」の木と不老不死
の解明に関する流れ。

どの流れも興味深いけど、最後の方の主張では、随分とこのドラマ
の核心に迫っていたことも有り、なんだかよく分からない主張や
事実も多かった。
このドラマを見ていると、不老不死と人口の抑制という二人の対極
を意味する流れが存在していて、選ばれしモノとそうではない人を
身勝手なまでに不老不死の人物が選り分けているという感じだよね。

選り分けるといえばアンとピーターが地下洞窟で、ピーターの「真
の望み」を問われた後につれて行かれた部屋には赤ちゃん部屋の
ようになっていて、そこでも選り分けのようなことが行われている
みたいで、一体誰の子なのかって感じだけど、マイケルはずっと
不老不死の伴侶を求めていることに対して、原木からマザーを作った
プロセスと同様にその対象を人間にも広げていたのかも知れない
けれど、その方法論がイマイチ何なのかよく分からなかった。
地下にいたものたちは、ただの赤ちゃんを産むための製造器みたい
になっていたので、不要なものを切り分けて最低限生きる為のもの
意外と取り外していたみたいで、歯が多数抜かれていた光景という
のもそんな理由があるとしていたけど、そんな代替的立場の人間が
ピーターに務まるのか分からないし、不老不死だからこそ出来るの
だろうけど、アンとかピーターって不老不死って訳でも無さそうだ
し、自分の思想を相手にすり込むと言っても誰を相手にそれを
行おうとしているのだろうか。

サラの骨髄からの移植によってランドリーが不老不死になるのか
どうか気になっていたけど、残念ながら不老不死にならず、まるで
ハンプティダンプティに出てきそうな肉の塊になってしまった。
しかしサラの治療が効いたのか、俊敏に動けるようになる。
驚くべきはランドリーはエイミーと同様にアンの子供だったこと。
そして今回はサラとジュリアが対面する姿が有り、ようやくかつて
のメンバーが集結し始めた。皮肉なことにまだジュリアとアラン
は再会していないんだけどね。
サラとジュリアは協力して、不老不死になる方法論を探っていた
けど、こんな研究施設で今更不老不死になる方法論を実験で探ろう
とでも言うのかって感じの突っ込みが有りつつも、ジュリアとサラ
が不老不死になった時の経緯を思い出しては、色々と訳のわからない
論理で語り合っていた。ジュリアが不老不死になってすぐに状態
の時にサラに髄液が注入されたことで不老不死になれたというもの。
エイミーなんていつでも倒せそうだけど、バリエセロスは取りあえず
尾行してマザーの在処を探ろうとしていた。
アン曰く、マザーの在処を知るのかマイケル、アン、ランドリー
だけで、当時からあんまりエイミーは信用されていなかったのか。

ランドリーの隠れ家にいくと彼が鐘撞き堂の上に居て、ランドリー
とバリエセロスとエイミーがマザーを巡って争う隙にランドリーが
真っ先に落ちて、次にバリエセロスが落とされた。落下した先に
肉塊ランドリーが居たのでバリエセロスが助かるとかいうオチが
待っているのだろうか。

ジュリアとピーターが接触した際には、互いに争いそれぞれの主張
を繰り広げていたけれど、ジュリアとサラが対面した際には、
互いの利益の為に協力しようと語っていた。しかし結局ジュリア
は大義の為にサラを裏切り、エイミーに不老不死になる方法論を
述べていたけれど、なんとその方法はエイミーの子宮内に赤ちゃん
を入れること。今までジュリアは不老不死の方法論が見つけられず
にいたというけれど、サラとジュリアで発見したというあの会話
だけで赤ちゃんを利用するという方法論を見つけたのか。

助けを求める少佐たちだが、船は感染者に侵されて全滅状態の
様子。助けに来てくれる人がいなくなってしまったけど、どうせ
感染者も赤い樹液がなければいなくなる訳だし、その後になんとか
船回収出来れば良いんだけどね。

カイルとソーレンの流れは、カイルは幼い時に虐めにでも有って
トラウマ化していたのか。そのケンカの先に有ったのは、赤い樹液。
しかし樹液を取りに行くまでには大きく隔てた崖が有るね。
旋回している間にカイルの生死に及ばないのか。

■検索用キーワード

・ Brand New Key by Melanie
・ An Der Schonen Blauen Donau (On the Beautiful Blue Danube),
Op. 314: Waltz (excerpt) by London Philharmonic Orchestra & John Pritchard

Dr.アラン・ファラガット (Billy Campbell) “ジェローム”
Dr.サラ・ジョーダン (Jordan Hayes) CDC研究員
Dr.カイル・ソマー (Matt Long) CDC
Dr.ジュリア・ウォーカー (Kyra Zagorsky) イラリア社
Dr.ピーター・ファラガット (Neil Napier) CDC研究主幹、イラリア社
セルジオ・バリエセロス (Mark Ghanime) イラリア社

シスター・アン (Severn Thompson) セントジャーマイン島
シスター・エイミー (Alison Louder) アンの娘
シスター・オリビア (Sarah Booth) エイミー派に・・
ランドリー (Sean Tucker) エイミーの使いッパ、アンの息子

— (Julia Scarlett Dan) Young Bully Girl
ソーレン (Cameron Brodeur) 感染から回復した少年
ウィンガー (Patricia Summersett) Lt. Commander / 少佐
Lt.ハンフリーズ (Julian Bailey) 兵士、大尉
マックスウェル (Matthew Kabwe) 生き残った島の人
— (Steve Barry) Landry’s Body Double

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336

コメント

  1. アバター Lizette より:

    Hey There. I found your blog using msn. This
    is a very well written article. I will make sure to bookmark
    it and return to read more of your useful info.
    Thanks for the post. I’ll definitely comeback.

    • イタ イタ より:

      Your writing is a sentence that is automatically written and distributed.
      This is spam. However, I dare posted because it is a nice word 🙂