NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン4 第15話 血文字のメッセージ Friends and Lovers

リンク広告 テスト




December 12, 2006
第15話 血文字のメッセージ Friends and Lovers

脚本/John C. Kelley
監督/Dennis Smith
——————————————————–
メアリー・ドナヒューはデビッド・クロスに誘われてディナー
にやってくる。しかしそのレストランは既に閉店していて、
空き店舗になっていた。この場所に見覚えはないかというデビ
ッドに対してメアリーは忘れていた。あの時はこの辺に噴水が
有ったと語ると、私たちが出会った場所ねと語る。もう10年
以上前のことだとすると、私たちは付き合って12年になると
いう。すると突然デビッドは跪いて指輪を取り出すと、プロポ
ーズの言葉を喋ろうとする。しかしデビッドの視線の中には
遺体が目に入っていた為に告白できずにいた。メアリーは
早く告白して欲しいとばかりに肝心の言葉を早く言ってと
要求するが・・・

ジヴァはギブスからの許可をもらってNCISの職員たちにナイフ
の使い方を指導する。どんなナイフにも独特のバランスがある
のでそのコツを掴めばいいのだという。マクギーは銃が有れば
良いじゃないかと語るが、ジヴァは「モサドではナイフは弾切れ
しない」という言葉があると語る。一人シリアルを食べている
トニーにジヴァは激怒するが、トニーはシリアルを食べている
スプーンを取り出し、スプーンで人を殺したことは有るのか?
と問う。ジヴァはないとするがこれからその経験をするかも
知れない事を語る。トニーはナイフを手に取ると、突然的に
向かって投げると、意外にも命中する。伊達にサマーキャンプ
に行っていないというトニーはクロックダンスも得意だという。
木のクツを履いて踊ったのかというジヴァ。
マクギーがナイフを使って的に投げるとまるで擦りもしなかった。
お前は数学キャンプの口かというトニーに対して、チェス
だというマクギーはボクは木のクツなんて履かないと反論する。
リーに対してもナイフを投げさせるが、リーはナイフを前に
飛ばすのではなく後ろに向かって飛ばしてしまう。すると
ちょうど入って来たギブスに当たりそうになる。
ギブスはジョージタウンで死体が発見されたので出動だと語る。

現場にはモリス捜査官とジョン・カーソン刑事がいた。
モリスによるとIDから被害者は海兵隊だと分かったという。
発見者は建物の所有者から鍵を借りてプロポーズしようとして
いたところで遺体を発見したとのこと。サイフは落ちていた
が金やクレジットカードは入っておらず、軍のIDと免許証だけ
が有ったという。

ダッキーとジミーは現場で遺体を見る。
何処にでもいるイエバエの幼虫が遺体に付着していた。
ジミーはサバイバルチャンネルで見たけど良いタンパク質になる
のだという。イエバエを見れば死亡時期の特定に役立つという。
ギブスは卵が産み付けられて幼虫になるまで一週間くらいかと
問うと、ダッキーは室温から考えて死亡してから4、5日程度だ
という。外傷はないので解剖して特定するという。
そんな中、遺体の背広には何かのラミネートのカードが入って
いる事が分かる。ギブスはマクギーに虫を採取し、ジヴァに
現場の写真を撮るよう要求する。マクギーは虫が苦手で
ジヴァに100ドルで変わってくれという。ジヴァはホントに
空腹の時に食べたが意外とイケるよと語る。

NCISのオフィスで現状を報告。
被害者はエバン・デビッドソン海軍三等兵曹で、クワンティコ
基地所属の衛生兵だった。4日前に無断欠勤していて、最後に
目撃されたのは木曜日の夜、ジョージタウンのバーで女性と
出て行ったのだという。
ギブスはマクギーが居ないとして何処に行ったのかと問う。
ジヴァはマクギーを探して男子トイレまでズカズカっと入って
いく。熱心に手を洗うマクギーに対して、虫のばい菌を洗って
いるのかと問うと恐怖は克服しないと駄目だと語る。

ダッキーとジミーはモルグで遺体が検視する。
肝臓はまるで75歳のもので、ほっとけば肝硬変になっていたで
あろう事を語る。相当飲酒していたのだろうとし、血中アルコール
濃度は法定基準の5倍だという。血液からは微量のエクスタシー
が検出されており、薬物の過剰摂取の可能性が有るという。
ダッキーは薬物検査はアビーに回したと語る。

アビーは質量分析計と会話していた。
そんなアビーに声を掛けるマクギーとジヴァ。
死んだ兵曹の血液から検出された謎の化学物質は有機質で死因だ
という。ちょうどギブスが来た頃に成分分析が終わる。
物質は、ネリイン、オレアンドリン、オレアンドロシドだという。
ギブスは”エルフロード”マクギーの得意なものなのかと問うが、
アビーは映画「ロード・オブ・ザ・リング」ではなく、
化学物質だと語る。キョウチクトウという花に含まれる毒だという。

ジャンヌはトニーとデートしていた。
ジャンヌは元彼からの電話に苦慮していた。もう私たちは別れた
のだとし、これ以上はストーカーだと語る。次なんかないと
いうジャンヌは二度と会わないと語る。トニーはバーテンのトラヴィス
からアルコールを注文すると、ジャンヌに相手のことを聞くが
彼氏だった人だと語る。ジャンヌはお腹が空いたとすると、
牡蠣でもつまもうかというと、牡蠣を食べるとセクシーになる
そうよと語る。ジャンヌにキレイだと語るトニー。
そんな中ジャンヌは水曜日のバレンタインデーは仕事で会えない
として今日バレンタインデーのプレゼントを持って来ていた。
一年って早いものだなというトニーはトニーは思わず用意し忘れた
と語る。ジャンヌはプレゼントを渡すと箱だけじゃないの?と問う。
中にはプラチナ製のリストバンドが入っていた。
そこには”精神病棟”と書いて有った。プレゼントをありがとうと
して二人は盛り上がる中、またしてもジャンヌの電話には元彼
からの電話が鳴る。
——————————————————–

閉店されたレストランの跡地で海兵隊の遺体が発見される。
死亡した兵士のデビッドソンは相当な酒飲みで、死亡当日には
バーで飲んでおり、女性と共に店から出ていたことが判明する。
また兵士のクレジットカードを持っていたとするジャンキーの
男を取り押さえて事情を聞くことになるが・・・

個人的にそろそろトニーに接近するジャンヌの怪しさとか
判明するのかなと思っていた流れが有ったので、実は・・・とか
思いながら見ていた。またこういう時、捜査官としてNCISに同行
する刑事たちの姿を見てしまうと、事件の全容を知りつつもNCISの
同行を見張って事実を隠蔽する為に近づいてくるきな臭い男たち
という印象しかないので、「君犯人じゃないよね?」オーラ全開で
の登場の仕方だった。

ネタとしては色々と存在していて、個人的に一番気になったのは
珍しくジヴァとマクギーの絡みが多かったのかなというところかも。

法務のリーが現れると、必ずジミーとの絡みネタばかりで、何処で
Hしているのかみたいなウォーリーを探せ的登場でしか印象が
なくなってきたところも有るな。
一体一でのキャラクター同士の絡み方に関しては、どれも癖のある
シーンが多いこと。
ジヴァとマクギーは男子トイレで遭っていたし、今回のギブスと
モリス捜査官はいつものエレベーター会議が行われて、トニーなんて
もう慣れっこだとばかりに、思わず階段で上がって来たよと
語るシーンが有った。逮捕の為に後先考えずに令状を無視した結果
逮捕者を取り逃して犯罪を繰り返してしまったという流れを見ると
同じ日にみた「CSI:科学捜査班」S12の最終話22話のフィンと
ラッセルのやりとりを思い出す。
トニーとカーソンに至っては、本人たちの知らないところで
張り込みの中、同じ女性を巡って語り会うシーンが有るけど、
カーソン側は彼のことを知っており、最後は自分に似た相手に対して
譲る気になったというところなのか。

そろそろ忘れかけてきたマクギーの”エルフロード”ネタと作家
“トム・E・ジェムシティ(Thom E.Gemcity)”ネタ”ディープ・シックス”
ネタは今でも有効なのかって感じで、ジヴァとリーとアビーの
ドレスアップした姿というのも見ることが出来た。

ドラマとして、”結婚”、”酒”、”恋人”、”売春婦”がキーワード
っぽい流れだったかな。
被害者が殺害されたのは、粉末にされた毒を料理の中に入れられた
とした際には、「俺の最後の妻がよくキッチンにいた」ことを口に
するギブスの姿も有った。
メッセージ性の有る連続殺人鬼による犯行だということが判明し、
アビーは当初、このラミネートの付いた紙には何の痕跡もないと
していたけど、ルミノール液を拭きかけた途端にもの凄い痕跡が有る
じゃないかと小一時間な流れが有る。”EXPECT MORE(まだ次がある)”
としていたこと。過去に類似する事件を調べると、イブの日に
カナルパークで発見された売春婦が刺された事件で同様の薬物が
出ていることが判明。当初その被害者・サンドラ・トンプソンの
知り合いである売春婦で、被害者と同伴・目撃されているリサ・
デルガドによる復讐劇かと思ったけど、最終的にはややこしい
感じの”偶然”から”運命”のような因縁を感じる事件の流れとなった。

今日のジヴァさんは、目撃者の女性がシャキーラに似ていると
してトニーの前で踊る姿が有った。木のクツは履いていなかった
みたいだけど(笑)。
今日のジヴァさんの英語レッスンは、ジャンキーの取り調べは簡単
だということを「昼飯前よ!」(朝飯前)と語る姿が有り、
クラブ「ワンクラブ」にはドラッグ、闇賭博、売春の疑いがあると
した際には、「なんでヤサ入れしないの!」(ガサ入れ)と語る姿が
有った。

ギブスが語っていたマッドマガジンって何だ?とか、アビーの友達が
作ったというチキンベイビー、MLB雑誌のオフシーズン号の
フーターズ(チアリーダー)特集号でトニーとカーソンが語り合う
シーンなどのネタも有った。
目撃者のカーソンが俺の名前はジョンだと言った時には、トニー
から「刑事ジョン・ブック」の突っ込みでも入るかと思ったけど、
映画ネタは最近あんまり出ないね。

・Dominic KellyのLibertine Breakdown
・Dominic KellyのNecktie Noose

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”コンピュータ
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの新しい助手、検視
ジェニー・シェパード (Lauren Holly) NCIS Director
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) モサド

ジャンヌ・ブノワ (Scottie Thompson) トニーの彼女、看護師

ジョン・カーソン (J.R. Cacia) 警察
J.D.モリス (Michael Whaley) 捜査官
ミシェル・リー (Liza Lapira) NCIS捜査官
リサ・デルガド (Corri English) 23歳、エスコートサービス嬢、似顔絵の女
デビッド・クロス (Brady Smith) メアリーにプロポーズ
フランク・ホルツ (Dean Chekvala) “フランキー”、ジャンキーな目撃者
スコット・ペル (Jonno Roberts) 会員制クラブオーナー
メアリー・エリザベス・ドナヒュー (Debbie Campbell) プロポーズされ
シンシア・サムナー (Stephanie Mello) 局長の秘書
マット・ブローズ (Daz Crawford) ペルの店の用心棒
— (Roy Hausmann) Bouncer
デビッドソン (Patrick T. Johns) Petty Officer
サンドラ・トンプソン () 24歳、売春婦、カナルパークで遺体

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336