HAWAII FIVE-O 第5話 消えた令嬢 Nalowale(Forgotten/Missing)

リンク広告 テスト




第5話 消えた令嬢 Nalowale(Forgotten/Missing)

脚本/J.R. Orci、David Wolkove
監督/Brad Turner

【ストーリー】

・ワイキキ海底
観光客たちは潜水艇に乗って海底を見て楽しむ。200種以上の
海洋性植物があること。黒いものはサンゴで左の白いものは
ただの砂で岩に毛が生えているとガイドが説明していく。
そんな中男児が電話で忙しくしている母親に対して、人魚が
居ると語ったことで、辺りは騒然とする。女性の遺体が海底
に沈んでいたのである。潜水艦・アトランティス号から湾岸
警備隊に事実が伝わる。

目覚ましで起きるスティーブとキャサリン。互いに二人は
ベッドで少佐・大尉と呼び合う中、約束のディナーを奢らない
といけない事を告げる。いつも私たちはそこまでいけないのよ
ねと語ると、折角の休暇を楽しもうとしてまずはビーチで朝食
を食べようと語る。
しかしキャサリンはスティーブの携帯がブルブルしていると語る。
電話はジェームソン州知事からだった。
お休みは返上ねと言われる。

検視官室へ向かうダニーとスティーブ。
ダニーはスティーブの様子がいつもと違うと語る。髪切った?
新しいカーゴパンツ?と尋ねる中、なんか嬉しそうな顔をして
いるという。銃の雑誌を見るとかランボーの音楽が流れている
訳でもないし、土曜日に知事に呼び出されたというのに、何で
だという。ダニーは週末しか会えないグレースと会う予定が
キャンセルされたのだとし、ヒザも悪くするし最悪だという。
そんな中ワイキキで18歳の少女の遺体が発見されたとを語る
知事。
ピアノの音色がどこからともなく聞こえてくると、知事は
彼はマックス・バーグマン博士だとし、体で考えるタイプの人
だと語り、変わり者だけど天才だという。

マックスは突然挨拶もなく、気管損傷だと語る。肺水腫、点状
出血、気管に泡・・死因は溺死だという。殺しの可能性が有る
とつげ、手首に線状の傷跡は生前のものだという。拘束されて
いたであろうこと、そして抵抗の跡もあるという。
被害者はアマンダ・リーヴス。父親はマイケル・リーヴスで、
フィリピン在住のアメリカ大使で、私の古い友人だという知事。
一番優秀な捜査官に捜査させるという。知事の秘書エルから
資料が手渡される中、リーヴス家は毎年休暇でハワイに来ている
ことをつげ、二人は映画に行っていたという。一緒に映画に
行ったアマンダの姉のロビンがまだ見つかっていないとの事
だった。

リーヴス夫妻に話を聞きに行く。
夫のマイケルと妻のサラ。マイケルは娘たちを普通に過ごさせ
たいとしてマニラ大使館に2年、その前はブタペストに赴任して
いて家族一緒に住むのが家の方針だという。サラは海外で何を
するにも警護がついてしまう生活なのでハワイならば特別警護
が要らないのではないかと思ったという。ただ映画を見に行っ
ただけだという。
チンもやってくる中、リーヴス邸の前に立っているラッセル・
エリソンに声をかける。凄い銃を持っている事を指摘すると
キンバー1911だという。大使の警護に使う銃ではないなとする
と自分は警備コンサルタントだという。VIPや企業が専門で
大使に今朝呼ばれたという。

大使のご令嬢ということで狙われた可能性があるとし、赴任地
で敵はいたのかと問う。政情不安定な国でアメリカの代表を
務めているので敵も多いが、フィリピンはアメリカの支援を
しているので国民は感謝しているのだという。マイケルに脅迫
が有ったことは?と問うと、警備部門に記録が残っているとし
脅迫などはよくあることだという。
奥さんはサクスビーフィナンシャルの創業者の一人で最近会社
持ち株を売ったことについて尋ねるダニー。株を売却して1200
万ドル以上が入っていること。他に株を売って金が入っている
ことを知っている人は?と尋ねる。こういう事件の目的の多くは
金だという。マイケルはそれを聞いてそれならば何故身代金要求
の電話がないのかと問う。

キャサリンとメアリーは室内で鉢合わせする。
キャサリンにメアリーは私は妹でロサンゼルスから遊びに来て
いることを語る。メアリーは彼女に夕べは凄かったねと告げる
と古い家なので壁が薄いことを語る。キャサリンは恥ずかしい
事を告げると、私も大勢いい男を連れ込む予定だから気にしない
でと語る。

チンはこの三ヶ月大使に脅迫は来ていないという。
コノはなんで姉妹の一人を殺して一人を生かしているのかと
問うと金目当てならば本気だということを示しているのかも
しれないという。しかし身代金要求の電話がないこと。動機も
不明だが姉妹はそもそもどうやって拉致されたのか。
拉致事件の75%は被害者の知り合いだと語る。大使館のスタッフ
に怪しいものはいなかったと語ると、エリソンはどうかという。
大使が本土から呼び寄せたが、やってきたのは誘拐された直後
だと語る。

そんな中、スティーブにマックスから電話が鳴り、彼に会いに
行く。被害者の毒物検査をした結果、血液からはベンゾジアゼ
ピンが検出されたという。いわゆるデイトレイプドラッグだと。
映画に行って睡眠薬を飲まされることはないだろうとする中、
スティーブはなんで電話で話してくれないのかとマックスに
尋ねると彼は電話は危険だと語る。
リーヴス姉妹は有名な遊び人だということ。ブラックライト・
ALSを手に照射すると、ビフォーラウンジというナイトクラブ
のスタンプが押されている事が分かる。

■事件は知事の友人で大使館の娘の殺害・誘拐

ハワイだから安全だと思い込んでしまったのか、ハワイだから
こそ自由に娘たちに行動させてあげたかったのか分からないけど
そういうところを狙われて大使館リーヴス家の姉妹が誘拐され
てしまった。妹のアマンダは殺されてしまい、姉のロビンだけ
は何とか助けたいということで、ファイヴオーが招集される。

■スティーブとキャサリンとメアリー

スティーブとキャサリンは一緒にベッドで朝を迎えた様子。
夕べは激しかったとして妹から指摘されるというのはちょっと
恥ずかしいかも。というかメアリー自身が聞いていて嫌だとは
思わなかったのか(笑)
しかしメアリーはサッパリとした感じの子なのでキャサリン
とも上手くやっていけそうだけど、メアリーは一時的な滞在
だろうし、キャサリンも海上での仕事があるからね。

■Masi Oka演じるマックス初登場エピ

初回なのでキャラクターを作るのが難しかっただろうことを
感じさせるけど、彼に求められているのはちょっと変わった
博士って感じの役柄の様で、とりあえず分かったのは、ピアノ
が上手な事と、意外と陰謀論者なのかと思わせる「電話は危険だ」
という台詞だった。もの凄くいじり甲斐はありそうなキャラクター
だけど、人との会話は苦手そうなところは如何にもって感じ。

■犯人の目的は何か?

そもそも犯人は誰なのか。
一人で犯罪を犯すのは難しいのが誘拐事件だと思うけど、
マイケルら誘拐された両親は既に身代金を要求されていること
も有り、そして本来の目的がアメリカ軍がフィリピン政府に
供給している武器の奪取にある様子。
怪しいと思っていたエリソンは、誘拐交渉専門の捜査官だった
みたいだ。

■ダニーはパックマンをプレイ

ネットを知らないのか?90年代からあるというスティーブに対して
俺はパックマンで遊んでいたと語っていた。
ダブルプレッツェルレベルまで行ったとか、トリプルバナナだと
していたけど、そういう呼び方をするのか。パックマンの最後
のボーナスアイテムは鍵だよね。
NAMCOの当時のゲームのフルーツはどれも美味しそうなキャラク
ターだったよな。パックマンというと256面でバグるという
ことが有るみたいで、流石にそこまでプレイしたことがない
ので分からないけど・・

■売春・人身売買組織

中国系のミセス・リャオとかカンという人物がクラブの男性
に二人の娘を連れてくるよう要求。その流れから犯人は
フィリピンの民族解放戦線のメンバーのカルロス・バゴヨが
犯人だということが分かる。どこかで見た男だなと思ったら
「Glee」に出てきたケン・タナカコーチ役のPatrick Gallagher。
スティーブが逃走する彼に凄いタックルを食らわせていた
ところは如何にもアメフトをしていた感じだけど、意外と
カルロスも対抗して格闘してきたのは驚いた。

■キャサリンを利用再び

前回も彼女に頼んで監視衛星を使わせてもらったけど、今回も
パールハーバー海洋作戦センターにいる彼女に電話して、ホノ
ルル湾にロックオンして無線の信号をキャッチさせていた。

■スティーブが持っている工具箱

父親が捜査していたという殺人事件の証拠の入った工具箱が
自宅に置かれていて、リモコンの電池を探すメアリーによって
それが見つかってしまった。メアリーは中に入っていた証拠
を写真で写していたけど、何に利用するのか。捜査していく
内に工具箱が盗まれてメアリーの残していた写真が役に立つ
日が来るのか。っていうか何の事件なんだろうね。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Spotlight by Taryn Manning
・Ya Hear Me by T.I.
・Alright by Pitbull featuring Michael Montano

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

メアリー・アン・マクギャレット (Taryn Manning) スティーブの妹
パット・ジェームソン (Jean Smart) ハワイ州知事
Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 科学捜査・鑑識

サラ・リーヴス (Jacqueline McKenzie) マイケルの妻、ジェームソンの友達
マイケル・リーヴス (Kyle Secor) フィリピン駐在アメリカ大使
ロビン・リーヴス (Jacqueline Frederick) 姉
カルロス・バゴヨ (Patrick Gallagher) ルソン島拠点の民族解放戦線
ラッセル・エリソン (Wood Harris) K&R Agent
キャサリン・ロリンズ (Michelle Borth) 海軍大尉
ジョーダン (Cyrus Legg) デイトレイプドラッグ使用
ミセス・リャオ (Didi Leong) 中国人マダム、売春・人身売買
カン (Johnnie M. Purvis) 誘拐
— (Robert Hansen) Bouncer
— (Duke Kenney) 息子
— (Jennifer Knight) 女性
— (Marcus Briggans) K&R Agent
パウロ・ベル (Daryl Bonilla)
— (Ryan J. Brant) Club Patron
— (Lindsay Croucher) Female Hostage
— (Danny Kim) Comrade

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336