HAWAII FIVE-O シーズン2 第11話 罠 Pahele(Trapped)

リンク広告 テスト




第11話 罠 Pahele(Trapped)

脚本/Melissa Glenn、Jessica Rieder
監督/Paul Edwards

【ストーリー】

遠足のバスが走っていた。子供たちはみんなテンションが高く
なりカバンを投げ合う。しかし先生はカバンは投げない!と
生徒を落ち着かせる。

一方州知事のデニングはホノルル港で、マスコミの前で発表
する。3日前にファイブオーのメンバーが入港したコロンビア
船籍から8戦5千万ドル相当のコカインを押収したこと。ファイ
ブオーの活躍はハワイ州の治安をよくしているとし、税関、
麻薬取締局(DEA)、警察と協力して、大がかりの麻薬取引を
阻止したのだという。南米カルテルに強いメッセージ送れた
こと。ハワイ州は麻薬の中継地にはならないという。

バスの運転手のジェイは目の前で自動車事故が起きていること
を語る。ジェイは様子を見るためにバスから下りて確認する
とそこには男女二人がいて女性がジェイに向けて発砲する。

パールハーバーヒッカム共同基地。
マシューズはホワイトを呼び出すと、君の北朝鮮での行動に
ついてスティーブから聞いたという。少佐の話が事実ならば
君は勇敢で英雄的行為には感服するという。4名の民間人と犠
牲者を出さずに脱出したこと。廃棄されたヘリで敵地にいき
民間パイロットの協力が得られたこと。現役の軍人の協力無し
に行動したこと。本来ならば銀星賞を与えたいが・・・何か
弁明しておきたいところは?少佐を窮地から救う為にやったこと
で何度でもやると語る。

外で待っていたスティーブはホワイトに対して結果はどうなっ
たのかと問うと、軍はチャンスを耐えてくれたという。夢を
追えということだとし、前からバーをしたかったと語る。
スティーブはオレが査問会議で事情を説明するというが、
ホワイトはもう終わったことだとして忘れろと語る。人生の半分
を国に尽くしてきたのでもう悔いはないという。自分でやった
ことだとし、今度ジャンバラヤを奢ってくれたらそれでチャラ
だと語る。スティーブは世界中でジャンバラヤとキャリアを
同等に扱うのはあなただけだという。そんなスティーブに事件
の知らせの電話が鳴る。

現場にいくと、誘拐事件だという。
サウスショア学園の児童16名と大人3名、遠足のバスに乗っていた
という。コノが学校で保護者に説明しているという。
被害者は運転手のジェイ・カッツァーで胸を撃たれたとし、
しかも至近距離だという。現場で車が衝突しているがスティーブ
は事故は偽装だとしてタイヤ痕がなくエアバックも開いていない
という。車二台は共に夕べ盗まれたものだと判明する。発見は
20分前で既に死んでいたとのこと。スクールバスは南に向かって
勢いよく走っていったという。児童と教師の携帯を調べて
現在地を追跡しようという。

一方バスジャックしたカーラは生徒達から携帯を回収していた。
その回収をかいくぐって教師が携帯で助けを求めるメールを
打っていたが見つかってしまう。

サウスショア学園。
保護者達はコノに対して子供たちは無事なのかとして詰め寄る。
犯人の目的は何なのかと問うと、身代金の要求に備えて準備
をしているという。今はみなさんの連絡先を教えて欲しいとし
連絡が有ればすぐに分かるようにしたいとのこと。スティーブ
はコノに保護者全員の経歴を調べようという。犯人は学費の
高い私立学校のバスを乗っ取ったのだとして的を絞っていた
理由を知りたいというスティーブ。人質の入った携帯の袋が
リケリケの陸橋付近で発見されたという。5km圏内に6カ所の出口
があるという。
——————————————————–

■今回の事件

遠足中の私立サウスショア学園のスクールバスがジャックされる。
バスの運転手のジェイは殺害され、何処かに連れて行かれる中、
果たして犯人の目的は何なのか。

私立の生徒を誘拐したので金が目的ではないかとされていたが、
背後には冒頭で州知事デニングが語られたように、ホノルル港
に入港した船から8千5万ドル相当のコカインが押収されている。
南米のカルテルのもので、果たしてその件が関係しているのか。

■州知事に求められる二度目の決断

いや実際にはもっと有った感じもするけど、ハッキリ表立って
知事が出て決断を迫られたのは二度目。
チンが誘拐された際に、身代金を渡すかどうかという時(S1-12)
と、今回の押収されたコカインを渡すべきかどうかということ。

テロリストとは交渉できないとする政府方針をそのまんま適用
しようとしたけれど、それは出来ないとする州知事とファイブ
オーの間で色々と葛藤が有った。

■車泥棒のケン・ナコア

バスの通る道を塞いだ車を盗んだ車泥棒のケン・ナコア。
ダニーとスティーブの二人で保釈中のナコアには発信器がついて
いるということで彼を調べようとする。
GPSが付いているけど、走行中の車のどれに該当するか一目で
は分からないとした際に、ダニーとスティーブでいつものように
言い合いになっていた。「赤のピコピコが付いているがどれか
知らない」「怒ってるの?」

どうも最近誰かが怒っていてその顔色を伺うような発言が
多くないですか?結局ナコアはパイナップルの積み荷に殺されて
乗せられていた。

■港で逮捕した船員4名のウチの1人、マテオ・ヴァルガス

報復されるのが怖いとしてマテオは情報を話そうとはしない。
しかし家族は保護するとしてカルテルのボスがヒューゴ・カス
ティーヨだということを話す。しかし後々判明するけど、
ヒューゴはマテオだった訳で、情報は有るけど写真がないという
ありがちのパターンだった。

■倉庫の居場所を聞き出す

コノはマテオから倉庫の居場所を聞き出す。
窓のないトラックで運んでいたので覚えていないとするが、
感覚的に覚えていることを元に捜査をした流れは、ドラマ
ではあるけど、かなり的確に指摘していたことも有ってちょっと
違和感は有った。

■Mr.シェイファー

ファイブオーの本部にまで乗り込んできた保護者。
実に怪しい行動をしていたけど、実際には彼は犯罪者と知らず
に倉庫を貸してしまった不動産業者で、コカインが到着する
ということを密告したのも彼だった。

■コカインを引き渡すが・・

結局コカインを引き渡して子供を助けることになる。
その際一人で車に積んで持ってこいとしたことで、スティーブ
が運ぶが、運んだ先に有ったバンは爆破させられて、コカイン
は全て吹き飛んでしまった。
コカインが目的ではなかったのか。
マテオは証拠がこれで無くなったとして、起訴されるいわれも
なくなったとしていたけど、そんなものなんですかね。
アメリカの裁判ってこういう所が意味不明だ。
証人保護と同様に証言する人が居なくなって起訴が見送られる
ことがあるけど、それとも違って一度は物証があった訳だし
なんだか違和感が有る。

■シェイファーのダミー会社に送られたメール

一時間前にメールが送られていた。
ハワイアンセメントに午後2時に一人で来いというもの。
カーラと銃撃戦になり、ロリと対峙する場面が有った。
最近の刑事ドラマならば女性同士の格闘になるところだけど、
銃を突きつけられたことでその対決も無になった。しかも
ここでもスティーブがロリを助けたことで、より二人の関係が
深まったな。

■ジョー・ホワイトの流れ

スティーブを助けたことで、ホワイトは軍を引退することにな
った。ただまるでへこたれている様子もなく、寧ろ一人で
ウォーの件とシェルバーンについて調べて廻る。
逮捕されているかと思っていたヒロ・ノシムリが日本に送還さ
れることになり、ホワイトは彼と二人で会話する。

ホワイトはスティーブに対して
「至急タンタラス通りに来い」としていて、そこでトランクに
詰め込まれたヒロから情報を聞くことになる。
シェルバーンとは物や場所ではなく人だということ。
ウォーが見つけそうだとし、あのウォーでさえも相当恐れている
人物だということなので、一体誰のことなのかということですね。

ホワイトは最後に「スティーブは接近しすぎた。移ってもらう」
としていたけど、証人保護された人だったりするのか?
自分からスティーブを呼びつけてシェルバーンのことを聞かせた
のに、近づきすぎたとは一体何なのかって感じ。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Mind Your Manners by Chiddy Bang & Icona Pop
・We Found Love (feat. Calvin Harris) by Rihanna

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 鑑識
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ店
ジョー・ホワイト (Terry O’Quinn) スティーブの上官
ロリ・ウェストン (Lauren German) ファイブオー

ヒロ・ノシムリ (Cary-Hiroyuki Tagawa) ヤクザ
アダム・ノシムリ (Ian Anthony Dale) ヒロの息子・弁護士
カーラ (Aimee Garcia) ターザカルテル、バスジャック
ヒューゴ・カスティロ (Rick Gomez) ターザカルテルの殺し屋
サム・デニング (Richard T. Jones) 州知事
— (Richard Concepcion) 弁護士
ジェイソン・シェーファー (Kalama Epstein) 息子
マルコム・シェーファー (Ingo Rademacher) 父親、不動産業
Mrs.シェーファー (Christina Simpkins) 母親
— (Eddy Gudoy) 運転手
— (Erik Hidaka) Parent
— (Linda Jameson) Parent
ジェイ・カッツァー (Mike Hipa) スクールバスの運転手
マイク・ヒップス (Jay Katsu)
ケン・ナコア (David Lee McInnis)
グラント・マシューズ (Christopher Simms) 軍人
フレディ (Chester E. Tripp III) ターザカルテル、バスジャック
Ms.クリスティ (Erin Wong) サウスショア学園教師

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336