HAWAII FIVE-O シーズン2 第12話 消せない希望 Alaheo Pauole(Gone Forever)

リンク広告 テスト




第12話 消せない希望 Alaheo Pauole(Gone Forever)

脚本/Elwood Reid
監督/Jeff T. Thomas

【ストーリー】

オアフ島パールシティ。
三人の少年たちは掩蔽壕へとやってくる。中でもジミーは
見せたい物があるとして、掩蔽壕の中にあるのだという。
溶岩トンネル、ラバチューブが奥に広がっているのだという。
戦争の後、軍が秘密にしたもの。その後人が酔って落ちたの
ではなかったかと問う。そこには「立ち入り禁止・政府管理地」
と書かれていた。まるでガラクタ置き場だという。ジミーが
先にアナから下に下りていくとそこには死体らしく男性が
倒れていた。

ホワイトはシェルバーンについて知っている限りの全ての機関
に問い合わせたことをスティーブに告げる。NSA、国際警察、FBI
、CIA、国防総省など。結果はゼロでまるでゴーストだという。
しかしそのゴーストにウォーは怯えているのだと指摘する。
ウォーを捕まえるにはそのゴーストを捕まえるべきだという。

そんな中二人はダニーの住むヒルトンホテルへ。ドアを叩く
スティーブに対してダニーは今忙しいとして出ようとはしなか
った。タキシードの試着をするのだとし、チンの結婚式は土曜
だと告げる。付き添いの代表なので確認の義務があるのだという。
すると室内ではダニーとロリが手錠をかけられていた状態だっ
た。ロリはプールに入りに来たのだとすると、正確にはスパサ
ービスだというロリ。ホットストーンマッサージなどもあると
いう。手錠はどういうことなのかと問うと、ダニーがジャージー
スリップを見せるとして手錠をハズす技をしようとして鍵を
無くしたのだという。とにかく探して欲しいと告げる。
ホワイトは銃で撃ち抜いても良いよと語る中、すると鍵はダニー
のポケットに入っていた。確信犯的行動にロリは呆れる中、
スティーブはロリの手錠をハズした後、鍵を落としたフリを
して窓から下に捨ててしまう。こんなスイートに何故泊まって
いるのかとすると、運が良く下のバーでクリスマスのクジで
当たったのだという。

一方結婚式で着る服装について話し合う。
マリアが決めたとし、ベストも棒タイもペイズリーも無しだと
いう。カマーバンドは?と問うと男っぽくないと却下。
サスペンダーは良いではないかというダニー。ビーチウェディ
ングならば短パンにサンダルは?というスティーブに対して
みんなと合わせるのだからダメだという。ダニーに対しても
手錠はダメだとすると、ホワイトはやっぱりオレが撃とうかと
告げる。カマコナがスキルを発揮して手錠を一瞬でハズしてく
れるのだった。
そんな中スティーブに電話がなり、みんなに遺体が発見された
ことを語る。

コノがいち早く現場で調べていた。
子供たちがラバチューブを探検しようとして下に遺体が見つか
ったという。下に遺体があるとすると、マックスも既に中に
いるとのこと。チンはこの辺には未踏のラバチューブが何百も
ある事を語る。しかしマックスは人は入っているけど地図に
乗っていないだけだと語る。穴の深さは30mだとするとダニー
はネイビーシールズの出番だという。ロープで下りるとすると
マックスも下りると語る。マックスは遺体を見て胸部後方に
銃創があるとし、落下時の重い打撲傷もあるという。38口径
の凶器で打たれていて最近撃たれたものだという。製造番号は
消されているとのこと。被害者はサイフの中のIDからレイフ・
トンだとするが、マックスは顔写真と比較してレイフには見え
ないと語る。一体どういうことなのか。しかし遺体だと思って
いた男性は生きて居た。

ファイブオー本部。
被害者はコノが病院に連れ添っていったが昏睡状態だという。
12時間以上経過していて、被害者が撃ったのは現場に落ちていた
銃のものだという。データベースに被害者のことをかけたが
該当者は居ないという。ただし被害者の持っていたレイフのID
を調べると前科は沢山。暴行、不法侵入、動物虐待、武器に
関する違反が6件もあるという。エヴァビーチにある彼女の
家に住んでいるとのこと。

アダムがスティーブとチンの前にやってくる。
父・ヒロのことを知っているだろうとし、ホワイトによって
拉致されたというアダムはあんたの友達なんだろうという。
彼との場を設けて欲しいとし、父を捜したいだけだという。
しかし辛抱はしないとして先にホワイトを見つけたら大人しくは
しないと忠告するアダム。ヒロは取り調べて解放したと言って
いたというが・・チンはスティーブにホワイトの元に行ってくれ
とするとオレはダニーとやっておくと語る。

レイフの家に行くと逃げる彼をコノが捕まえる。
掩蔽壕の中であんたのIDを持った男性が撃たれていたことを語り
何でだと問う。お前のサイフを持っていたと。サブマシンガン
と手榴弾・・・第二次世界大戦の武器がある事を告げ、
マシンガン所持だけで仮釈放違反だと語る。手榴弾は偽物だと
し友達のものだというと、偽ものならばこれを持っていても
大丈夫だなとしてダニーはレイフに手榴弾を持たせて退避する。
スティーブと似てきたねと言われ不本意だというダニー。
すると観念したレイフは、マジックリーフバーで女のことを
聞いていた男だという。バーテンダーに100ドルを渡してブロン
ド女のことを教えてくれと言っていたという。
——————————————————–

■今回の事件

オアフ島パールシティの掩蔽壕で発見された負傷した人物。
死亡したものかと思われたけど、銃で撃たれていたけど、
病院に運ばれることになり、治療を受けることになる。
発見者は少年3人組。

■犯人の手がかり

犯人が手にしていたのはレイフ・トンという人物のID。
そして撃たれたのは38口径の銃弾。凶器も現場に落ちていた。

被害者の男性が誰なのか分からないとしていたけど、
パスポートはないのかと一瞬思って見て居たのだけど、ハワイ
ってアメリカだった。

取りあえずレイフが住んでいるというエヴァビーチにある彼女
の家を訪ねる。

■ダニーの行動は面白い

ダニーとスティーブのコンビが面白いけど、別の組み合わせで
も面白い行動を取る。

今回は冒頭では、ダニーとロリが手錠に捕まっている姿が有り、
スティーブとしてはあまり良い気分がしなかっただろう。
ダニーはジャージースリップをするとしていたけど、結局出来な
かったのか。「ホワイトカラー」のニール先生ならば3秒で抜けて
いるところだ。

また穴に入る際には自分が行かず、「ネイビーシールズの出番だ」
としてスティーブを行かすところが笑えるな。

レイフの自宅を調べる際に、ダニーは口を割らせる為に、彼に
手榴弾を持たせて強引に聞き出そうとしていた。
「あなたスティーブに似てきている」とのこと。

■レイフからの情報

男性から金を奪おうとして襲ったこと。
彼はマジックリーフバーで女性(ブロンド)のことを聴いていた
こと。彼のサイフを奪い、相手も自分のサイフを奪ったので
互いに取引して交換しようとしていたら警備員が来たので
逃げたという。ただ男はそのサイフの中に「大事なものが入って
いる」と告げていた。
サイフを調べると被害者はデニス・アーチャーだと判明。
アリゾナ州・トゥーソンから来ていて、質札のレシートが
入っていて前日に銃を購入していることが判明する。
そしてその銃で自ら撃たれていることが分かっていく。

■シェルバーン、ホワイト、ウォー、アダム、ヤクザ

そろそろこのキーワードも一つにまとまっても良い頃。
引っ張りすぎは良くないって感じだけど、シーズン2の最後まで
この辺のネタは引っ張るのかな。

ヒロ・ノシムリの息子のアダムからホワイトが拉致した父親を
返せと要求が有り、先に見つけたら殺すというニュアンスを
言われていた。

ホワイトがシェルバーンや一連の流れに関して何か知っている
のは明らかで、スティーブはアダムからの伝言を伝えに行った
際にホワイトのパスポートを盗んできた。

そのパスポートには衝撃的な日本のハンコが押されていた。

「東京 移民 日本出発 6-公式」。

一体どういう意味なんだ?

■サンダドダラーホテル

デニス・アーチャーが泊まっているホテル、
妻・シャロンには内緒でハワイに来ていること。また貯金の
5万ドルが引き出されていた。
不倫・駆け落ちをしたものだったのか。
室内には男女の写真が置いて有り、その女性がブロンドだった
ので彼女が金を持ち逃げしたのではないかという説も出てきた

そのホテルでホノルル警察・フライヤー警部とばったり遭遇。
フライヤーは女性の遺体の線から借りたレンタカーのカード記録
から、デニス・アーチャーにたどり着いた様だ。

ファイブオーとホノルル警察での合同捜査になる。

■写真の女性

写真の女性はカポレイパラダイス・コーヴの制服を着ていると
いうことをスティーブが指摘した為にマネージャーのコラット
から話を聞く。被害者はブリジット・ターナー。彼の彼氏の
シェーンはダメ男で、相当嫉妬深いという。

シェーンから話を聞くと、彼は縛られていた。
馬鹿な男で、彼女が撃たれているにもかかわらず自分はビール
ミラーが撃たれたことばかりを気にしていた。流石のフライヤー
も激怒していた。

■デニスの妻・シャロンがハワイへ

早速夫が入院しているホノルルハワイメディカルセンター
に来る。シャロン演じているGail O’Gradyは「リベンジ」で
スティービー・グレイソン役を演じていた。

シェーンは2年前に殺害されたであろうこと。
写真に女性と写る男性は息子のショーンだとするが、残念ながら
合成写真だった。

シャロンは息子を今でも捜して特設サイト「ショーンを探して」
を作っていて、懸賞金をかけているという。色んなウソの情報
が送られて来る中で、デニスはハワイにいるのではないかとして
やってきたというもの。デニスは善良な教師で不倫するような
人物ではなかった。

■犯人はオレオレ詐欺的

メールを調べると地元サーファーギャングのカプに借金して
トラブルになっているというメールがブリジットから送られて
来ていた。金が必要だということでデニスはカプと取引する
為にやってきた格好だったが、カプによるとミッチ・コラット
が何か詐欺をしているとのこと。カプはコノとは仲が良いのか
フライヤーには敵対心を持っていたけど、コノには話していた。

結局コラッドはアリゾナの刑務所にいた際に、ショーンを
殺害して埋めたという囚人の話を聞いていて、それを利用して
金を巻き上げようとしていたようだった。全く反省していない
男の態度が相当腹立つ。

■チンとマリアの結婚式

結婚式の直前まで事件捜査をしているのだから警察官は大変
だね。今後マリアも苦労させられそうだ。
みんなが海辺での結婚式でチンを祝っていた。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・First Day Of My Life by Bright Eyes

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 鑑識
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ
ジョー・ホワイト (Terry O’Quinn) スティーブの上官
ロリ・ウェストン (Lauren German) 国土安保省、プロファイラー

ヴィンス・フライヤー (Tom Sizemore) ホノルル警察・警部
マリア・ウェインクロフト (Reiko Aylesworth) チンの妻
アダム・ノシムリ (Ian Anthony Dale) 弁護士、ヒロの兄
シェーン (Joe Reegan) ブリジットの彼氏、寄生虫
シャロン・ターナー (Gail O’Grady) ブリジットの母
— (Kala Alexander) Kawika
— (Reyn Mager Aubrey) Tulley the Smart Aleck
ジミー (Chase Bridgman) オタク少年
ミッチ・コラット (Michael Buie) カポレイパラダイスの支配人
— (Kordell Kekoa) Priest
— (Pakela Moriwaki) The Jock
レイフ・トン (Michael Ng) デニスからサイフを奪う
— (B.J. Penn) Kapu Member
チェット (Jeremy Ratchford)
ティナ (Liana Green Wright) ブリジットの同僚
— (Shaun Phillip Cantwell) Crime Scene Unit
ブリジット・ターナー
ショーン・ターナー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336