HAWAII FIVE-O シーズン2 第22話 拘束 Ua Hopu(Caught)

リンク広告 テスト




第22話 拘束 Ua Hopu(Caught)

脚本/Stephanie Sengupta
監督/Larry Teng

【ストーリー】

日本・大阪。
スティーブは大阪府警が周囲を包囲しているがターゲットは
中で拘束するのがベストだとし、武装しているので気をつける
様語る。彼は逃げるためならば一般人も巻き込むし、警察に捕
まるくらいならば死ぬ方を選ぶだろうこと。チャンスは一度だ
けだというと、ウォーの居るホテルに踏み込む。ウォーは思っ
た以上にあっさりとタイホされる。
佐々木刑事はオールクリアだとする中、スティーブに奥の浴槽
を見てくれという。なんと血の海になっていた。ウォーに対し
てこの血はシェルバーンなのかと問うと誰を殺したのかと問う。

ハワイではコノがベッドで彼と一晩を過ごしていた。
ルームサービスを頼む中、朝食だとしてアダムを呼ぶ。
二人は一緒にシャワーに入る中、アダムに電話が鳴る。これ
から会議なんでしょと問うと、警察と一緒とは言えないと語る。
コノは食事にも行けないしホテルでもコソコソ逢うしかない
としてどうすれば良いのかと。君だってチンやファイブオーに
僕たちの関係を話したのかと問う。オレと逢っているなんて
結論は一つ、ヒロの息子でヤクザの跡目
だという。真っ当を目指していること。ノースショアのホテル
は合法的にやっていること。でも一日では変われないとし、少し
ずつやっていかねばならないとコノを説得する。一緒に居たい
だけだと。

そんな中大阪では血痕をデータベースで照合する様告げる。
佐々木は突入時にテーブルに携帯が合ったとしてスティーブ
に渡すとプリペイド携帯だった。スティーブはその電話を使って
ダニーに電話する。ホワイトとシェルバーンを探していたと
いうスティーブは、手紙にも書いて置いてきただろうというと、
ダニーが不機嫌そうにしている為に「怒っているの?」と問う。
ダニーは心配している・ヤキモキしていることを語ると大丈夫
だと語る。ホワイトは見つかったのかと問うとシェルバーンは
見つかったかも知れないという。ウォーをタイホしたのを伝える
為に電話したという。近くにチンのコノは居るかと問うと、
二人にも協力して欲しいと頼む。ウォーを捕まえたがすぐに帰国
する事を告げる。タイホするまでの経緯として、シェルバーン
を探している際にウォーの情報を得て国際警察に知らせて居場所
を割り出し突入して捕まえたという。しかしあっさり過ぎる
のが引っかかっているという。まるで自分から降伏したみたい
だと。携帯を持っていたが2日間で17回ホノルルに電話している
のだという。その相手が誰なのか突き止めて欲しいというもの
だった。電話番号から調べると電源は入っているという。クワロ
湾だとすると、スティーブは気をつけて調べてくれという。
ダニーはスティーブに「6時の方向に気をつけろ」と語ると
スティーブは「オレの真似して軍隊用語を使った?」と語る。

クワロ湾。
コノはそこの倉庫内に遺体があるという。ウォーにかけていた
相手は女性で、近くに落ちていたIDからアンナ・ダグラス。
国務省勤務みたいだという。ウォーとはどういう関係なのか。
贈賄なのか、国家犯罪者と取引していたのか。
ダニーはスティーブに電話するとアンナは国務省文化局勤務の
女性でワシントンで働いていたという。ハワイでは何をして
いたのか。彼女は一年で色々と回っていること。アフガニスタン
、パキスタン、イラクetc..。まるでCIAみたいだなと。
なんでウォーとCIAが繋がっているのか。
ウォーの尋問は?と問うダニーに極秘だという。極秘の便で
帰国するとのこと。それを聞いたダニーは憤怒するとどうせカーゴ
パンツを着ているだろ?と問う。

スティーブは大阪でも同じものを探していたんだろうと問うと
残念だがシェルバーンは今も逃げていると語る。アンナとの関係
を尋ねようとすると彼女は死んでいたんだろと先に言われる。
どういう女なのかと問うとかの自余が原因でお前はここに
いるのだというウォー。

マックスは検死の結果、誰が見ても前頭葉の銃創が死因だという。
チンはそれならば何で呼んだのかと問うと、遺体内の弾丸に
関して先端に金色の薄片がついているのだという。弾を加工
したということなのかと問うと、犯罪のトレンドに詳しい人を
知っているので紹介するという。
——————————————————–

■今回の事件

アンナ・ダグラスという国務省・文化局の人物が殺害される。
アンナは日本の大阪にいたウォーと繋がりがあり、過去の
記録を調べる限り渡航から見てもCIA諜報員だろうことが
伺えた。

日本にシェルバーン探しに来ていたスティーブは、そこで
ウォー・ファットをタイホするが、安易にタイホされたこと
に疑問を感じていた。現在見て居る「24:Live Another DAY」
でジャック・バウアーが1話であっさりとCIAロンドン支局に
捕まるんだけど、それと同様に別の意図が存在するのか。

■怒ってるの?

ダニーとスティーブの会話は楽しいけれど、日本語吹き替え
で見ると、なんだか二人の語尾がカワイイ時が有るんだよね。
ダニーもスティーブも意外と小心者なのか互いに「怒ってるの?」
と時々意識を確認し合うシーンが有ったりする。
ダニーの口調も常に「お前は~なの」って語尾の使い方をする
のでなんだかカワイイ響きがあるんだよね。

今回そんなやりとりが有ったりは当然連絡してこないスティーブ
とダニーの電話の中で起きたものだった。

■これ本当に一部は大阪ロケだったの?

怪しい町並みというのは相変わらずだけど、せめて一部の
ロケは日本で行われたとか有ったのだろうか?

佐々木刑事というのが協力者として居たけど、この人たちは
ヤクザの息のかかった人たちだったのかな。

ようやくウォーをタイホした。
浴槽の血は明らかにされていなかった感じもするけど、アダム
が語るように、次々と父親のバラバラの体の部分が送られてきた
ということからウォーが殺したというところなのか。

護送中に飛行機のパイロットを撃ったことで凄いことになり、
何処かに不時着していたけど、あの状態で生きて居るところは
「ザ・スティーブ」って感じ。

スティーブとウォー・フォットの戦いも見物だった。
かつてウォーとホワイトが対決した時が有ったけど、あのときは
ウォーがメチャクチャに暴れていたよな。
ここでもスティーブピンチだったけど、なんとかアタマをゴツン
とすることで倒すことは出来た。

■ヤクザなのかCIAなのか

アダムのヘリコプターだとしていたので、ウォーのことを自分の
手で殺す為にヤクザを派遣したというところなのか。その過程で
CIAの内通者にも協力してもらったのか。

飛行機が不時着した際に一度はウォーとの手錠を離さなければ
ならない状況だったのでかなり怖かったのだけど、全員を倒した
後、上手いこと、アタマをゴツンとすることが出来てタイホ
出来た。

■ハワイでも凄いことに・・

一番驚いたのはアダムとコノが性的関係になっていたこと。
一体この二人何処で知り合ったんだか。
シャワーシーンはちょっとエロイ(笑)
徐々にヤクザとしての活動だけでなくきちんとした合法事業への
転換を図っているみたいなことを言っていたけど、道は遠そうだ。

コノはチンにアダムと付き合っていることが言えず・・
チンはコノが気合い入った服を着ていたのでいつか紹介して
くれるのかと楽しみにしていたのだろうけど、アダムと知った
ら・・・

結局後にアダムのプライベート携帯を追うことになり、その流れ
で知られることになる。

■CIA支部・ケンドリックス

ダグラスとの関係は否定も肯定もしないという。
自分たちの捜査官が殺されたのに協力しないのかとして毛木と
するダニーの姿。

スティーブも繰り返し「極秘」という事を口にしていたし、
「CIA」もまた秘密主義を貫いている。

「極秘で飛行機が向かっている」「黒いヘリと同じだ」

■CIAの密告者・ディープスロート

CIAの中でダニーにメールして、アンナの役割を話してくれる
人が居た。
CIAとウォーは古い付き合いで15年間合衆国と組織の武器取引
を取り持ったこと。国としては否定している組織だという。
逝かれた殺人鬼とCIAは関係べったりか?とのことで、全体像
はイマイチ見えないけど、結局ケンドリックスの指示の下で
国とは関係ないところでウォーと取引していたのだろうか?

■撃った銃

金箔が弾に付着していた。武器に詳しいチャーリーという女性
から特殊な世界ではもてはやされることを言われ、ヤクザの世界
であることを聞かされる。ヤクザはヒロが消えてからウォーと
縁を切ったのではなかったのか。

アダムが弁護士のランシングと共に取り調べを受ける中で、
コノが同席する辺りがまたなんとも言えないか。
ランシングがケガしているのを知って彼が殺したであろうこと
もある意味既成事実化された感じ。

■ダニーが拉致される

ディープスロートから呼び出しされた後に袋をかぶせられた。
倉庫に連れ込まれて、アンナの捜査は終わったのだとして
最初から全てはなかったことにしたい様子。

「我々は正義だ」というケンドリックスに、「正義は何をした
のか」としてダニーの憤る姿が有った。

ディープスロートは一見敵かと思えば、味方であり、逃げる道筋
と、ウォーと共にディリンガム飛行場にやってくるスティーブ
らのヘリのことを教えてくれた。

■飛行場で再会

みんながスティーブとハグするシーンは印象的。
でもシェルバーンについてもホワイトの消息についても何も
分かっていない。ウォー自身がシェルバーンに両親を殺された
事を口にしているけど、一体誰なのか。
ウォーはホノルルの刑務所に入れられたけど、いつでも逃げら
れそう。

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Serenade by The Naked and Famous

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 鑑識
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ

ウォー・ファット (Mark Dacascos) 犯罪者
アダム・ノシムリ (Ian Anthony Dale) ヒロの息子、ヤクザ
テッド・ランシング (Spencer Garrett) アダムの弁護士
チャーリー (Jacqueline Lord) マックス紹介の犯罪トレンド詳しい
ディープスロート (Jack McGee) CIA捜査官、アンナの友人
ケンドリックス (Glenn Morshower) CIS捜査官
佐々木 (Jerry Ying) 大阪府警
アンナ・ダグラス ()

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336