救命医ハンク セレブ診療ファイル Royal Pains シーズン3 第6話 牧場主の親子 AN APPLE A DAY

リンク広告 テスト




第6話 牧場主の親子 AN APPLE A DAY

脚本/Jack Bernstein
監督/Don Scardino
——————————————————–
リビーはサイバーコンドリアと呼ばれるネットで病名を調べて
過ぎては心配症に陥る人物だった。
エバンはフロリダから帰宅したらペイジにプロポーズしようと
考えていた。

— 1週間前 —
アンナはパトーナーが住むウィンド牧場にやってくる。
エリースがマルコと共に牧場で作業しているのを知り、アンナ
はどうして彼が働いているのかと問う。アンナが忙しいと思った
からだという。

— 現在 —
ハンクはエバンに対して、ディヴィヤの家の引っ越しの手続き
の立ち会いに行った後、ウィンド牧場に行ってくるという。
エバンはウィンド牧場なんて遠すぎるとして割に合わない仕事
だとするが、患者であるエリースは友達のタッカーとリビーの
母親なんだと語る。
二人がいたのは銀行の貸金庫室だった。エバンがペイジにプロ
ポーズする為に母親の残した指輪を取りに来たのである。
いざ指輪を取り出すと小さいことに気が付く。幼い時にはもう
少し大きく見えたというかが、エバンはペイジにこの指輪で
釣り合うだろうかと心配する。ハンクは大丈夫だとして良い
指輪だと語る。

ハンクはディヴィヤの入居先に行くと立ち会うことに。
ディヴィヤはハンクが連帯保証人になってくれて助かったと
告げる。しかし寧ろハンクは不在の間にマリサや赤ちゃん、そし
てジルの面倒を見てくれたことを感謝する。ディヴィヤは
これからは贅沢はせず暮らすのだと語る。

ウィンド牧場にいくハンク。
リビーと久しぶりに再会するハンクは楽しく生活しているかと
問う。タッカーには劣るが楽しくしているという。タッカーは
親と共にアフリカに旅行しているとのことだった。
怪我したエリースは何処に居るのかと問うと、干し草下ろしを
しているという。彼女は一週間前に鉄索で腕を切り、ハンクが
止血の為に縫合していたのである。

一方エバンとペイジは町に出てフロリダ旅行での一エピソードを
語っていた。風呂から裸で出た際に兄が俺の尻の傷を見て
患者の鉛中毒に気が付いたこと。ペイジはなんでそんなに面白い
ことを話してくれなかったのかと問うと恥ずかしかったのだという。
「Saved By The Bell」の全シーズンのDVDを持っている人が
今更恥ずかしいのかと皮肉られる。エバンは近くにプリクラ機
があるのを見て、初デートの時にも写真を撮ったとし、キスも
したよねと語ると、正確には初デートじゃないという。
一緒に撮影しようというと、ペイジは今度はエバンもきちんと
写ってねと語る。そんな中カメラのシャッター音が鳴り響く
中、エバンはペイジにプロポーズし指輪を渡す。すると
ペイジは間髪入れず「はい」と言い、キスする写真が撮れる。
お母さんの形見の指輪なんて夢みたいだとするが、ペイジは
いつ父・コリンズに許可をもらったのかと問う。今の時代にも
父親の許可って必要なのかというエバンは、ボクは君のパパ
に嫌われているとして、まだ許可をもらっていない事を語る。
何の断りもなくプロポーズされたことを知ればされだけで大変
なことになるというペイジは指輪を返す。以前にコリンズさん
にケツを矢で撃たれたけどそれ以上に最悪になるのかと問う。
準備してからでないと、指輪をはめて歩くことは出来ないという。

エリースの抜糸をしようとするハンクだが、健康な40歳の女性
にしてき治りが遅いという。テープで止血するので3から5日の
経過が必要だろうという。何か最近体の調子が悪くないかと
問うと、リビーは足に出来たアザのことを話したのかと告げる。
足のアザを見せると確かにアザが有った。しかし本人はまるで
ぶつけたときの記憶はないのだという。
ハンクは血液検査をしようと告げると、食生活や悪い習慣は
ないかと問う。例えばタバコ、ドラッグ、アルコールの類だと
いう。悪い習慣などはないとするが、ハンクは血液が固まりづらい
原因を調べたいのだという。感染症とか自己免疫疾患も考え
られるとのこと。検査すれば分かることだという。
ハンクは診察が終わると、怒りん坊の患者さんには飴をプレゼ
ントするとして手渡すがリビーが取り上げてしまう。

そんな中ハンクの元にエリースがやってくると、アンナとリビー
の前では話せないことだが、内緒にしていることが有るという。

ハンクはエバンが帰宅するのを見て、プロポーズの件はどう
だったのかと問う。もちろんokしてくれたとするが、でもまだ
コリンズの許しを得ていないのだという。ハンクはそんな常識
的なことを何故省略したのかと頭を抱える。ペイジは俺に
とってモナリザであり、俺はSgt.ペッパーみたいなもの・・・
そんな印象的なフレーズを使って偉そうなコリンズに話しかけたい
が良い言葉が見つからないというエバン。コリンズは生真面目な
人だからシンプルに接するよう告げ、共通の話題から入れば
良いのだという。共通の話題とは”ペイジを愛していることだ”という。

ジルはハンクと共に寝ていると突然悪夢から目覚める。
隣で寝ていたハンクはジルを落ち着かせるが、ジルはもしかして
PTSDになっているのかと告げる。
——————————————————–

週末を負えて帰宅したローソン兄弟。
ハンクはペイジが何らかの問題を抱えていることを知って
エバンに対してもう少しペイジのことを知ってからプロポーズ
した方が良いと言ったつもりだが、守秘義務の為にハンクも
何も言うことは出来ず弟を信じて容認する。エバンはペイジに
プロポーズすると、即答しOKを出すが、父・コリンズからの許可
を得ていないという事を知って、先ずは父親を説得してからで
ないと指輪はもらえないと言われてしまう。
そんな中、ハンクは友人のリビーの母親で牧場主をしている
エリースが腕を切ったということで治療の為に訪れるが、思った
程に出血が止まらないことを受けて、原因を調べていくことになる。

■患者

・エリース

リビーの母親。そしてアンナというアジア系の女性でグリニッジビ
レッジでオーガニック系ショップに勤務していた彼女と知り合い、
エリースと仕事をして2年、付き合って7年のレズビアンカップル。
リビーとしては二人の母親がいるとして屈託のない姿が有った。
「アンダー・ザ・ドーム」のノリーもアリスとキャロリンという母
が居る人物だけど、複雑なものが有るのだろうな。

ジャンクフードが好きだと言っていたことと、家族には内緒で
タバコを吸っていたという事実が有ったようだ。鼻血が止まらなく
なり、更には右足の状態がどんどん見る事に悪化していたので
血友病なのかと思っていたけど、結果的にはビタミンCが不足して
壊血病になっていた。ハンクを呼ぶよりもリンゴを食べた方が良か
ったというのかとしていたけど、こんなことでここまで重傷かして
しまうものなのだろうか?
アルパカのチーズとか恋人がオーガニック製品を扱っていること
も有るので食生活に問題はないと思っていたけど、タバコの喫煙と
ストレスはビタミンCを最も使われてしまうものなので、果物
を食べましょうってことで。

ハンクが怒りん坊さんには飴をあげるとしていたけど、ビタミンC
入りの飴を用意してあげてくれ。

・ジル

夢で衝突事故のことを何度も見るようになってきたジル。
ジル自身、病院で勤めている人物なので医者や病気にに関しては
それなりに精通している所はあると思うんだけどね。
カウンセラーに相談すると、ジルはかつて夫にも逃げられ、
今回ハンクは自分が診てくれることなく、専門家任せにされたこと
で、カウンセラーは見捨てられ症候群ではないかとして指摘していた。

最後に再びジルが夢を見た時には、ドイツ語で語る二人の男がいて
後々ドイツ語を調べると「彼女ではない」という会話をしていた
事が判明する。ボリスが妻を持てば当然ボリスの親族に回ってくる
遺産が減るし子供が居れば益々減る(笑)ので、やはり狙っているのか。
キューバから亡命してきた彼女なのでその方面から狙われる可能性
も否定は出来ないけど、やはりボリス周りのゴタゴタだろうね。

■問題の幾つか

・エバンとペイジの問題

エバンは結婚のことを気にしつつもやたらと「30 ROCKS」の放送が
有るからみたいとするような台詞が挿入されていた。
議員であるペイジの父親は、ローソン家には逮捕者がいるという
事が引っかかっているようだ。

・リビー

病気の原因がなんなのかが分からないことへの漠然として不安感
を払拭する為に今まではインターネットを使って調べ尽くして
サイバーコンドリアになってしまったけど、コロンビア大の医療
キャンプなどに通いハンクと同様に医療の道に進むみたいだ。
そのウチリビーがハンクの助手になっていく流れがあるのか。
2014年現在、これ以降の出演はないけどね。

・ラージ

何処かの施設で苦しんでいるみたいなラージの消息が有ったけど、
今回突然ディヴィヤの前に現れた。
両親は婚約解消に関して損失額を裁判沙汰にして取り返そうと
しているようなことを口にしていたけど、両親ではなくラージが
それを行っているのではないかと思う所も有るね。
今のディヴィヤはカダイ家から破門されてしまっているし、どれ
だけの被害額なのかが気になる。
ジルに頼んで病院で働く事になったけど、二束三文の給料だろうしね。
ハンク・メドの株の1/3をくれというラージの要求には答えなかった、

・The Blue VanのMain Title Theme
・Better With You by Abigail Zsiga
・Alright You Restless by AgesandAges

ハンク・ローソン (Mark Feuerstein) 長男、医者
エヴァン・ローソン (Paulo Costanzo) 次男、会計士
ジル・ケイシー (Jill Flint) ハンプトンズ記念病院の美人病院長
ディヴィヤ・カダイ (Reshma Shetty) 医療助手(PA)
ボリス (Campbell Scott) ドイツ系の大富豪
タッカー・ブライアント (Ezra Miller) 息子、血友病
リビヤ・カダイ (Meredith Hagner) タッカーの彼女
Ms.ニューバーグ (Christine Ebersole) 豊胸

ペイジ・コリンズ (Brooke D’Orsay) エバンの彼女
Dr.マリサ・カサラス (Paola Turbay) キューバの研究員

ウィリアム・コリンズ (Bob Gunton) ペイジの父・政治家
エリーセ (Julie Benz) 牧場主
リビー (Meredith Hagner) タッカーの彼女、エリースの娘
アンナ (Camille Chen) エリーセのパートナー
ラジャン・バンディオパッドハヤイ (Rupak Ginn) “ラージ” Bandyopadhyay
Dr.シルバンダー (Kate Jennings Grant) カンウセラー
マルコ (Phillip Spaeth) ウィンド物語で働く
— (Richard Lyntton) Man
— (Martin Rinab) Man
— (Justine Salata) Kat

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336