NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン5 第3話 ラブ・トライアングル Ex-File

リンク広告 テスト




第3話 ラブ・トライアングル Ex-File
「ギブスをめぐる三角関係」

脚本/Alfonso H. Moreno
監督/Dennis Smith

【ストーリー】

ジルとステファニーは車で帰宅する。ステファニーは迎えに来てくれ
てありがとうと告げ、トレントは仕事だという。音楽が流れている
為に何が仕事をしているのだかと言うが、トレントはイスに座った
まま矢に刺さって殺されているのを発見する。

ジヴァは音楽を聴きながらオフィスにやってくる。
ギブスにおはようと告げる。アビーもオフィスにやってくると、税
の還付金が来たのでチームのみんなに音楽プレイヤーをプレゼント
したのだという。トニーも音楽を聴きながらやってくる。
ギブスの前でシナトラのMr.ブルーアイズを聞いているのだという。
マクギーはMITの講義を聴いているとして自己啓発のような講義を
聞いていた。アビーはギブスに最新モデルの160gのもので4万曲は
入れることが出来るのだという。ギブスは5曲で良いと語ると、
アビーはもっと視野を広げないとダメだとして私の曲を分けてあげる
という。Android Lust、Flesh-Eating Foundation、Green Satan、
Suicide Commando。デッドマリーンだというギブスは海兵隊の遺体
が見つかったと語る。

現場に行くとホリス・マン中佐にいた。マクギーは被害者は海兵隊員
でジヴァは陸軍基地だという。どちらが捜査権を取るのか二人は
ギブスとマンの会話を聞いていた。マン中佐勝ちだなという。
マンはウチの基地だからウチの現場だという。しかしギブスはオレの
チームが担当するという。
ジヴァはあの二人はまだ関係は続いているのかと問う。

被害者は海兵隊トレント・レイノルズ大尉、特殊任務でペンタゴンの
国防情報局に出向していたという。発見者は妻のステファニーだとし
その妻はシャーロッツビルに出張中だという。今は奥さんは実家に
戻っているとのこと。

ダッキーが現場にやってくると誰に報告すべきなのかという。
トニーはおっかない状況だと震えるが、マンににらまれると水中銃の
ことですと萎む。映画「007/サンダーボール」のジェイムズ・ボンド
を思い出すという。大尉はダイビングが趣味のようだった。
強盗によるものなのか。裏口は壊されているがサイフは手つかずだと
し、部屋から無くなったものはないのだという。ダッキーは死亡推定
時刻は午後7時から9時だという。マン中佐はトニーに供述を確認する
よう命じ、ジヴァには通話記録と口座記録を調べる様告げ、マクギー
に対して裏口の指紋を採取し照合するよう告げる。
スワイガート少佐とは誰かというギブス。

ジェニーの元に集められるギブスとマン。
スワイガート少佐は国防情報局員で被害者の上官だという。
ジェニーは陸軍犯罪捜査司令部とNCISが仲良く捜査しているのも
理解してると語る。スワイガートは大尉のパソコンを押収したもの
を返してくれとNCISに告げるが証拠品だとしてギブスも譲らない。
情報局は機密情報を扱っているのだとし通常のアクセス権では閲覧
出来ない特殊プログラムだという。極秘作戦とは何かというギブス。
ウチの下顎捜査官に特殊プログラムの説明をするか人を寄越して彼女
の仕事を監視させるかとジェニーは告げる。マーズデン中尉はサイバー
担当官を呼べと語る。レイノルズ大尉を恨んでいたものは居たのか
と問うとプライベートで将校と食事した程度で付き合いはないという。
マーズデンは休日には奥さんと居たのではないかとして、いつも急い
で帰宅していたとのこと。
それを聞いていたトニーは炎上は時間の問題だという。中佐とギブス
の共同捜査・・・ジヴァは一生続くかもという。それを聞いたトニー
は君って拷問や殺しの達人なのに実の所・・・と言いかけるが
ジヴァが国語の間違いをした為に話の腰が折れる。

そんな中、エレベーターに一緒に乗っていたフレッド・リナートは
ジヴァに娘っ子と告げアビーは何処かという。自分はDIA(国防情報局)
だという。ウチのPCがここにあると聞いてきたとすると、マクギー
は下のラボだという。アビーがダータをほじくると困るとし作業を
見守るという。マクギーは彼女は仕事を見られるのが嫌いなんだと
して気をつけてと語る。アビーはあんなヤツが居たら仕事にならない
としてフレッドの視線を気にしていた。彼は居ないと思い込めばいい
と語る。

■今回の事件

・フォート・ベルボア陸軍基地内で海兵隊員のトレント・レイノルズ大尉
が自宅内で死亡して発見される。遺体は水中銃で射貫かれていた。
・現場は陸軍の基地住居スペース、被害者は海兵隊員、更に被害者は
国防情報局に出向し機密を扱っていたということで、
NCIS、CID、DIAがそれぞれに捜査の主導権を求めて争う。
・なんと被害者トレントの妻のステファニーはギブスの3番目の元妻。

■感想

いやぁ楽しい話でした。
時間が有れば色々とデータなども提示していきたいのですけど、
NCISだけを取り上げているのではないのでなかなか深くまで言及出来
ないのが残念です。
特定のドラマだけを集中的に取り上げるサイトを作ろうとも考えた事
も有るのですが、やはり自分には今の形式がしっくりくるかな。

捜査権争いも楽しかったけど、その構図の中にはギブスの歴代の関係者
が集い、気まずい状況に有ったこと。
トニーとかジヴァが楽しそうにこの構図を見ているところが趣味が
悪い(笑)そもそも今回のエピソードは、最終的にはギブスの無くなった
最初の妻子シャノンと、船の名前に付いているケリーについて言及
されるもので、ギブスがなかなか一人の女性と固定して長続きしない
状況の中にやはり妻子を守れなかったことへの罪悪感なり後悔の念と
いうものが存在していたのだろう。

それにしても結果として見ると犯人はDIAのフレッドだった。
アビーと二人きりのシーンが多かったけど、またアビーのラボに
殺人犯を入れてしまうのだから、危険すぎるだろうってことで・・

■歴代の妻

現在付き合っているマン中佐はギブスの過去を知りたがる。
ダッキーに色々と詮索するけれど、本来ならばギブスの口から聞かねば
ならないハズなのに、ギブスはなかなか口が堅いし意固地なところは
誰もが知るところ。

・1番目の妻・シャノンと娘のケリー

シャノン役を演じているのはDarby Stanchfield。
S3-23、S3-24、S5-7、S6-4、S7-16、S7-17に登場。
ケリー役を演じているのはMary Mouserだ。
その内掘り下げられて父・ジャクソン、母・アン、若かりし頃の
ギブスの姿なんかも描かれて行くようなので楽しみにしていよう。

・2番目の妻・ダイアン

ダイアン演じるのはMelinda McGraw。
ギブスとは天敵のような関係に有るFBI捜査官のフォーネルと再婚した
ことで、長いこと二人の関係はぎこちないんだけどね。
実際に出演するのはまだまだ先のエピソードでネタバレになるので
封印しておく。

・3番目の妻・ステファニー

ステファニー・ブロンウィン・フリン役を演じたのはKathleen York。
残念ながら今回の登場が最初で最後。

ステファニーがギブスの元妻だと知り、マン中佐に問い詰められて、
「何番目?」—> 3番。
「何年間?」—> モスクワで1年
と思わず尋問されていた。
君たちエレベーターの使い方を間違っているだろうと小一時間だけど、
今更の話(笑)

トニーとジヴァがマン中佐がステファニーを尋問する姿を見て、
「元妻3号か将来の元妻4号か?」と問う姿が有り、ジヴァさんは
「中佐は軍服だから不利よ」と語っていた。

確かに軍服の彼女は堅苦しい印象しかなかったけど、最後にギブス家
の地下室でワインを飲む姿は髪の毛をセットして綺麗な姿が有った。

この二人の光景を見て怖いネーというトニーが背後に殺気を覚えて
いたところも笑えたけれど、そこで魅力ですと反応するところもまた
笑える。

しかしマン中佐はギブスの元妻には当事者なので関わるべきではない
としていたけれど、実は一番気にしていたのはマンではないのか。

■アビーに対するトライアングル・・・嫉妬心・競争心

マクギーはアビーのラボにマーズデン中尉から呼ばれてきたという
DIAのフレッド・リナートが付ききりで調査する姿に快く思っていな
かった。
自分の方がアビーに対する優位性を持っているとばかりに誇示しよう
としていたけれど、アビーは意外にもフレッドと気が合い、仲良くし
それでフレッドのことに嫉妬していた。

■元素の周期表の歌

1950年代にハーバードの教授がふざけて作った曲だとしていたけれど、
このファイルを被害者はネットのファイル共有ソフトで流していた。
またスニファーと呼ばれるキーボードのログからパスワードを盗み出す
ソフトがインストールされていた。話の内容からするとキーロガー
っぽい気がしたけれど。

元素番号がパスワードとなっているというエピソードは、
同じ日に見た「HAWAII FIVE-O」s3-7でも全く同じなんだけど、
こちらの場合はステファノグラフィーで隠しファイルが有るはずだと
していた。

この辺のネタは2000年代にWAREZなんかがまだ流行していた時に
何度も耳にするもので、画像ファイルにリストなんかを隠して、
URLを特定のソフトが解読するなんてことが日本でもアンダーグラウンド
の世界では頻繁に行われていたな。

■その他

■ジヴァさん、言葉が間違ってます!

「濡れ手にババね!!」(ジヴァ)
「濡れ手に粟だ」(トニー)

相変わらず英語にはまだまだ慣れないモサドのジヴァさん。

■指紋がキレイに拭き取られている

「ジルはクリーンでした。」「ピカピカ」
「パルプ・フィクション」の掃除屋みたいに漂白剤で掃除されていた。

■ギブスの能力

アビーのオフィスにギブスからの電話。
「ギブスって何か見つけると超能力で察知している」

■切ない夫・レイノルズ大尉

彼は妻のジルが浮気していないかメールを監視していた様だ。
その反面情報漏洩の犯罪も犯していた。
被害者の頬にプロラクチンとリゾチームが付着していたとして
涙の成分だとしていたけれど、妻の浮気を知っての涙なのか、痛み
故の涙なのかは分からないけどね。

■ギブスの認識票

ステファニーはギブスの家にやってくると別れを告げる際に6年前の
引き出しに残っていた認識票を渡しに来ていた。フィラデルフィア
に彼女は引っ越して妹シェリーに赤ちゃんが出来るので子育てを
手伝うという。

■使用された曲

・The Elements by Tom Lehrer
・Luck be a Lady by Michael Weatherly (as Anthony DiNozzo)
・Ex-File by Dominic Kelly

■出演者

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”コンピュータ
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの新しい助手、検視
ジェニー・シェパード (Lauren Holly) NCIS Director
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) モサド

ステファニー・フリン (Kathleen York) 元ギブスの妻
フレッド・リナート (John Asher) DIA(国防情報局)
ジル・レイノルズ (Lilli Birdsell) トレント大尉の妻、ステファニーの友人
エリック・スワイガート (Myk Watford) 少佐
Lt.ジョセフ・マーズデン (Robin Dunne) 中尉
Lt.ホリス・マン (Susanna Thompson) 中佐
ケリー・ギブズ (Brenna Radding) 娘

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336