BONES 骨は語る シーズン9 第13話 つらすぎる真実 Big in the Philippines

リンク広告 テスト




第13話 つらすぎる真実 Big in the Philippines

脚本/Keith Foglesong
監督/David Boreanaz

【ストーリー】

去年大統領夫人が都会菜園プログラムを始める場所に選んだラングレー
パークで遺体が発見される。動物が遺体を掘り起こしたのだろうと
いうブレナン。吐瀉ブツがあるのを見たブースは風上に行ってると
語る中、カムはサンプルをラボに持って行き分析するという。
何処にでも居るジリスの骨盤、大腿骨のように見えるというブレナン。
ホッジンズはコヨーテが吐いたみたいだと言うと、カムはこれだけ
の量を見ると沢山居たのねという。ホッジンズはアオバエの一齢幼虫
から判断して遺体は二日前からここに有ったのだろうという。
ブレナンは溶けた遺体に手を突っ込むと、胸郭に重度の外傷がある
みたいだという。歯で噛んだ跡がないのでコヨーテじゃないという。
しかし何でここで吐いたのか。体内に薬が有ったのか。ホッジンズは
多分小麦だとし、数日前に雨が降ったので、小麦が濡れるとボミトキ
シンという毒を発するのだという。頬骨が低めなので被害者は白人だ
というブレナン。ブースは目撃者、防犯カメラ、通報者もいなかった
と語る。

ラボに居たウェンデルはアンジェラにもうすぐ遺体が到着すると
報告に来る。アンジェラはウェンデルが腕にギプスをしているのを
見てどうしたのかと問うと、ホッケーで体当たりしたのだという。
「何で男ってボールの為に死ぬ気になれるのか」と問うと、パック
だという。ただ逞しい男が怪我している姿もステキだと語る。
ギプスにサインをさせてというアンジェラ。

嗅覚に鈍的損傷、両側の頸骨と腓骨が骨折しているというウェンデル。
埋められた穴にあてがった犯人が被害者を入れる為に足を折ったの
かも知れないというブレナン。急いでいたのか、それとも大きな穴
を掘る力がなかったのかとホッジンズ。吐いたので組織は全て集め
られたというカム。
ブレナンはウェンデルがギプスをしているのを見て大丈夫なのかと
問うが、ホッジンズはそんなのかすり傷だろうと語る。
ギプスに描かれた絵に対して可愛い人魚だと語る。
耳状面の線から見て20代後半から30代前半、ハート型の骨盤入り口部
の形から性別は・・・というウェンデルに対して、カムは骨を見る
までもなく被害者は男だと分かるというと、組織の中に男性器が
見つかる。骨折の方が軽傷に見えるというウェンデル。

ブレナンとブースはランチを食べながら事件の話をする。
胸郭が完全に潰されていたこと。肺がしぼんでプディング状の臓器
になっているというブレナン。被害者の眼窩から嘔吐物をすくい
出してた時に一部を回収したのだという。そんなブレナンに対して
食事中のルールを決めただろうとして、気持ち悪い骨の話を止める。
しかし君は骨が好きだろうとしてだからオレとウェンデルがホッケー
をしている動画を見てみろという。ボン!とぶつかる際にブースは
語る。これでは複雑骨折をしているはずだとして私に動画を
送ってと語る。

カムはアンジェラの元に行くとDNAからでは身元が分からないと語る。
アンジェラは失踪人リストからも該当者がなく、復顔図と陸運局の
データベースで検索中だが該当者は出てこなかった。
ホッジンズがやってくると被害者のズボンからナプキンが見つかった
とし、血が付いているがロゴが書いてあるので何とか読み取れないか
という。死ぬ前に行っていたレストランが分かるとして、赤外線カメラ
でスキャンしてみると、レベミのバーのナプキンだと判明する。
ラングレーパークにある店で、遺体が見つかったところの近くだという。

バーテンのジョーに複顔写真を見せるとこれは歌手のコリン・ヘインズ
かも知れないという。正当派カントリーの歌手とのこと。ドッティは
トラブルが有ったのかと問うと殺されたのだというブース。彼に
問題や敵は居なかったかと問うと、居ないというジョーは、彼はここ
で馴染み客相手に歌っていた音楽好きの連中ばかりだったという。
しかしいつも貧乏で音楽をやるために芝刈りや建築現場の仕事をしていた
という。ネイラー通りのアパートに住んでいたとのこと。

■今回の事件と流れ

・ラングレーパークで遺体が発見される。しかし遺体の状態は元々
土の中に埋められていたようにも思われるが、動物が掘り返した
あげく、遺体を食べようとして嘔吐していることから、臓器が無くなる
ことは避けられた。
・実習生はウェンデル。先日ブースなどとホッケーをした際に腕を
骨折して痛々しい姿。
・遺体は各データベースの照合に失敗するが、所持品から被害者が最後
に行っていたバーを見つけて話を聞きにいく。
・被害者はコリン・ヘインズというカントリー歌手。ただ売れない歌手
でレコード会社からの千ドルの小切手を破り捨てていた。
・部屋を調べたり彼の作っていた曲を調べていく。その曲調からスイーツ
は心理的プロファイルを試みる。
・そんな中、ウェンデルが骨折を機会に難病であることが判明。
・被害者のCDはフィリピンでは絶大に売れていて何年もラジオやCDで
売れていた事が判明する。

■感想

監督はこれで7エピソード目の脚本を担当することになるブース役
のDavid Boreanazがメガホンを取ったもの。

実習生が多くなったので一人また減らそうというのか。
ブースと同様に「男を見せる」ウェンデルがユーイング肉腫という骨
がんであることをブレナンがX線画像を見て見つけてしまう。

ブレナンは自分自身も語っていたけど、普段こういう時にはプロに
徹して距離を保つことが出来たのに、このケースでは難しいこと。
それだけ家族として彼女が彼を認めていた証拠でも有り、前回の
Dr.クラーク同様、ブレナンがいよいよチームのみんなの能力を認めて
いくという心の変化が有るようだ。

今回のエピソードは彼の事情を察して過剰にウェンデルを持ち上げる
流れが有ったのかも知れない。ブレナンの口からは何度となく
「素晴らしいわ」「素晴らしい所見だ」と語っており、そんなウェン
デルからは「良いコンビニになれたのに・・」とちょっぴり口惜しい
ことを語る。

この辺のすれ違った運命というのは、今回の事件に於ける売れない歌手
とアパートでくすぶり続けている女性のエピソードと連動していて、
見誤る選択に対して、フォロー出来る流れが有るか、支える人物が
いるかどうかで伝わり方もまるで違う物が有ったね。

ウェンデルは骨ガンだが、歌手の男性も腓骨が穴だらけから骨髄炎
だと判明していた。

女性は室内で見たカセットテープを見て負け犬だと決めつけてしまった。
アナログ的なものが全て悪いとは思わないんだけど、この女性は
短絡的に優しい人ではなく、金も将来性もある人物を求めていたの
だろうか。自分に何が有る訳でもないのに、他人にだけはそんな期待
を求めている女性に無情さを感じる。そして無意味に愛していない
バーテンダーと体の関係に有ったりして、どうにもカラという女性
には同情することもなかった。

気になるのは、今回のウェンデルの件は、ブースとブレナンとカム
だけしか知らない事実として存在している事。
それ故にホッジンズが証拠の骨の欠片を持ってブレナンとウェンデル
の元を尋ねた際に、「お前の骨もきっとこうなっている」と軽い口を
叩いたときに、「彼の骨がこんな風になっているハズはない。」
「ジョークは面白いもので、これは面白くない!」とブレナンは、
これまでジョークについて学んだ事を遺憾なく発揮していたな。

アンジェラもまた可愛い人魚の絵を描いていたけど、ウェンデルとは
かつて付き合っていたこともある訳だし、骨がんを知ったらどう
反応するのかな。

■結局事件は・・・

コリンの成功を知り、フィリピンで行われるフェスティバルにカラ
を連れて行こうとして、ジョーというバーテンダーがそれを止める
為に殺したものだった。ナイフで刺してその刃が心臓を貫いて欠けて
しまったので、その刃を取りだそうとして肋骨をバールみたいなもの
でこじ開けたみたいだけど、バーで使用しているような刃物が使われて
いたので刃を取りだそうとしたのかな。そんな遺体損壊が出来る
なんて正直ジョーという人物はヤバイ感じがするね。

■使用された曲

・Love Dont Die Easy by: Charlie Worsham

■出演者

テンペランス・ブレナン (Emily Deschanel) “ボーンズ”、法人類学者
シーリー・ブース (David Boreanaz) FBI捜査官
アンジェラ・モンテネグロ (Michaela Conlin) 骨格から似顔絵
ジャック・ホッジンズ (T.J. Thyne) 知識が豊富、実家が金持ち
カミール・サローヤン (Tamara Taylor) スミソニアン責任者、”カム”
ランス・スイーツ (John Francis Daley) FBIの心理学博士

ウェンデル・ブレイ (Michael Grant Terry) インターン
カラ・オマリー (Jamie Anne Allman) アパートの管理人
コリン・ヘインズ (Charlie Worsham) カントリーの歌手
ジョー・マーツッチ (Robert Baker) レベミのバーのバーテンダー
エイドリアン・リンガオ (Jon Jon Briones) フィリピン人、コリンファン
ハリエット・ホワイト (Kay Lenz) ボアホグレゴード経営
ドッティ (Kelly McNair) レベミのバー
— (Camille Mana) 声
— (Terry Myers)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336