NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン5 第16話 モサドの素顔 Recoil

リンク広告 テスト




第16話 モサドの素顔 Recoil
「軍人の妻連続殺人事件」

脚本/Dan E. Fesman
監督/James Whitmore Jr.

【ストーリー】

家の中で女性を殺し血を洗うホフマン。
そんな彼に女性から電話が鳴り今すぐにいくという。
外ではジヴァ(ジーナ)が車で待っていた。
トニーはホフマンが出るとそれを合図に家の中へと侵入する。
マクギーとギブスはジヴァを尾行する。
ジヴァはホフマンに対してデートは何処に行くのかと問うがなかなか話そう
とはしなかった。夕べは早くに帰ったねと問われると旦那がファルージャ
から電話してきたからだというジヴァ。あの後はどうしたのかと問うと
帰って寝たというホフマン。

トニーは作業服のつなぎ姿でホフマンが出て行った室内を調べると女性の
遺体が床に倒れていることを知りギブスに連絡する。盗聴は不要。新しい
5人目の被害者が目の前に倒れているという。白人女性・20代後半、
リビングの床で寝ていると。指はどうかと問われると無くなっていると
答えるトニー。ジヴァに中止に合図を出せとし、ホフマンを今すぐに逮捕
しろという。トニーはジヴァに電話するが間違い電話の様に振る舞う。
そんな中ホフマンは運転中のジヴァから電話を奪い取りギブスって誰だ?
という。2番目に登録されているだろうとすると、ホフマンはジヴァに
向けて銃を向け、そのまま運転しろと語る。
ある倉庫に止まるとジヴァな対してホフマンは警察なんだなと問う。
何故女性たちを殺害するのかと問うと旦那の為だという。国に尽くしている
間にその女房たちは浮気していること。知らなくて済むようにオレが始末
してやったのだという。あなたも浮気されたのかと問うが返答はなく
銃を突きつけられて歩けという。鉄格子の中に入れと言われる中、ジヴァ
は隙をついて反撃する。発砲される中、格闘した挙げ句、ホフマンの持って
いた銃を奪い取ってなんとか殺害する。しかし遺体は目を開いたまま
ジヴァに覆い被さってくる。
建物の外で銃声を聞いたギブスとマクギーは急いで現場に駆けつけると
ジヴァに大丈夫かと問う。彼女は放心状態で、ホフマンを殺した時の顔が
頭から離れなかった。

ダッキーがジヴァの傷の応急手当をする中、病院でX線を取るべきことを
語る。しかしジヴァは怪我はないとして語る。
ギブスはジヴァに対して病院で検査を受けて今日は帰れと語ると、今日は
もう仕事はしなくて良いという。
トニーは遺体遺棄現場に取り残されてマクギーに電話する。いつまで
僕を死人と二人にしておくのかと。ジヴァは?と尋ねるトニーはかなり参って
いるようだというマクギー。

地元警察で担当捜査官のロゼッティが現場の倉庫にやってくる。
やっと仕留めたのかと問うと、犯人はアンドリュー・ホフマンだという。
また死体が出たという。
これまでの経緯を語るギブス。被害者2人が目撃されたバーにジヴァを
潜入させていたこと。しかしそのジヴァは放心状態だった。ロゼッティは
ジヴァに対してお手柄だったなと告げ送ろうかというが、平気だと語る。
ジヴァは一人NCISのオフィスに戻るとデスクの中に入っていた薬を飲む。
ギブスがやってくると帰れと言っただろうと告げる。報告書を書いていたと。
しかし依然として5人目の被害者の身元が分からなかった。
今からホフマンと逢ったバーに行って聞き込みをしてくるジヴァは顔写真は
あるかと問う。ギブスは彼女を止められないと知るとトニーに一緒に
行ってこいと語る。
トニーはジヴァの髪の毛に触れようとするとジヴァは反射的にトニーの
腕をねじる。笑顔が見たくて触ろうとしただけだというトニー。

バーでは「DCの連続殺人犯が射殺」との見出しで報道される。
「ホフマンはNCISの潜入捜査官によって射殺された」とし「ワシントンD.Cで
軍陣の妻ばかりを狙った連続殺人は終わりました」「事件は2ヶ月前に
始まりいずれも被害者は左手の薬指が切断されていた」とレポーターが語る。

バーテンダーのハイディにトニーは話を聞く。
ジヴァの元にマイケル・ロックが声を掛けてくるとホフマンのことを聞いた
かと問う。ジヴァはジーナとして潜入していた為に、実は私の名前はジヴァ
だとし、潜入捜査官だったという。正しくは連邦捜査官だと語ると、ホフマン
は僕のことも疑っていたのかと問う。仕事をしていただけだというジヴァ。
ハイディに写真を見せるが見た事は無いという。ホフマンとは話したとし、
アイツよりもここにはもっと変な客が多いことを語る。結婚していたのも初耳
だという。ジヴァと一緒にいるのは誰かと問うとマイケルだという。どんな
人物なのかと問うと前から恋人と来ていたが何週間か前からその彼女が消えて
見つからないみたいだという。

ロックに写真を見せると5人目の被害者はジェリーだという。
ロックが探しているのはデヴォンだとし、元彼女だという。消えて3週間。
まさか僕が殺したと?と問う。別れたが心配だという。夫が海兵隊だった
からだと。

■概要

・最近海外赴任中の海兵隊の妻が殺害される事件が発生する。
どの人物も国の為に尽くす夫とは逆に男と不貞行為を働いていること。
連続殺人鬼はそんな女性は裏切りものだとして、薬指を切断し、浮気して
いるものを許さないという姿勢を見せていた。
・ジヴァは殺された2人の被害者が通っていたバーに潜入捜査し、NCIS
はホフマンという男性をマークしていた。
・ホフマンの家から遺体が発見された為に彼が犯人だと確定。
一緒に居るジヴァに逮捕せよという連絡が入るが、先にホフマンによって
潜入が見破られ銃を取られて危うく殺されそうになる。
かろうじて難を逃れるが遺体はジヴァの真上にのしかかり、トラウマの
ような形で蘇る。
・結果として5人の被害者を出したが、凶器にはホフマンと被害者以外の
第三者の血の付いた指紋が検出され、他にも共犯者や被害者の存在が
あるのではないかとされていく。

■感想

FOX時代のタイトルは「軍人の妻連続殺人事件」。
Dlifeのタイトルは「モサドの素顔」。

ジヴァさんが行きずりに近い男・マイケル・ロックと寝た事実がショック
だけど、今にして思うと彼はジヴァの気持ちを理解出来る一人だったのか
も知れないね。ただジヴァさんが語るように「弱っている所につけ込んで
何か狙っているのか」としているように、あんまり良い男には見えなかった。

必要以上にジヴァやNCISに近づいてくる男が多い事(笑)

ロゼッティ捜査官でさえも犯人の臭いがしてくる。

■ジヴァはどんな人物なのか

イスラエルのモサドというイメージから、みんな強さと殺し屋みたいな
イメージがあるようだ。
トニーもマクギーも慰めようとしていたのだろうけど、ちょっと立ち入り
づらいところが有るのも確かだ。

でもジヴァがコピー機に対して「死ね、このダメマシーン!!」とドカドカ
蹴り飛ばしている際に、

「荒れてますね」(マクギー)
「いやあれが世に名高いモサド龍のコピー機攻撃術さ」(トニー)

と語ったり、ジヴァがやってきた時にはトニーが全てをマクギーのせいに
するかのようにして

「マクギーは彼を殺したショックでコピー機に当たっているんじゃないかと
言っている」

と語る姿が有る。
それに対するジヴァの静かににらみつける姿を見て

「あれは殺し屋の目だ」
というトニーのセリフは普段通りの関係を維持しようとしているのだろう
けどちょっと酷な感じにも思える。
この後には、ロックにも似たような感じに見られていたしね。

ジヴァはトニーに対して
「シュトクベヴァカシャ!」と語っていたけど何事かと思えばヘブライ語で
「黙れ」という意味だそうな。

トニーは何度も彼女を一杯の酒に誘っていたけど、同僚に弱さを見られたく
ないのか・・

■ジヴァに感謝するもの

犯人を殺したことで、ロゼッティやロックは良く殺してくれたとか、
少しは気が晴れたことを言われていた。

ギブスからは
「常に自分の判断を信じるんだ。疑い始めたら気に掛けたじゃ済まない」
語る。

■凶器から割り出されるもの

今回のアビーはローラーブレードでラボ内を時間短縮の効率化の為に利用
していた。そんな彼女は防犯映像を調べたり、結婚を調べたりする。

凶器から検出されたのはB+

被害者4人の血液型はO+
5人目だけはA+
ホフマンはO-

第6の被害者のものなのか。

ロックやデヴォンの存在を疑い始める。

ロックの彼女の血がB+だと判明した際にはトニーが
「君にはマイナスのニュースだ。B+はアメリカ人の1割だけだ」と。

■ギブスに負けずトニーも鋭い

殺したのは君の友達のロックだとした際には、ジヴァがロックのファースト
ネームのマイケルで語っていたことで、そういう仲なのかとされていた。
今までのジヴァはトニーが女性と絡むことに嫉妬していたのにね。

ロックの体格が防犯カメラ映像に類似していることも有り、トニーは
「シー・オブ・ラブ」を歌う。警察官のアル・パチーノと殺人犯・エレン・
バーキンが出来てしまうという映画。今はジヴァがパチーノでロックがバー
キンだとすると、ジヴァが本気で怒ったので流石にトニーも辞めていた。

■こんな時にも言葉を間違えるジヴァさん

ロックが犯人だとした際にジヴァは
「調教証拠よ!!」
と語るも「状況証拠」だろうとマクギーに突っ込まれていた。
調教でもされたのかとして突っ込まれていた。

■男と寝ている時にも気を許さない

彼がメガネを取ろうとしたけどジヴァは銃を取られると思いすぐに警告
した。ホフマンの時に銃を取られているので警戒するのも仕方が無いし、
彼女はギブスとの会話で判断が遅れたことを悔やんでいたからね。
結果として銃には触れさせていないのかと思ったけど、その後銃を持たせた
のかな。
その指紋を調べるが別人だと判明。

犯人は結局連続殺人に便乗した兵士の夫だった。

■使用された曲

・Undead Awakening by Dominic Kelly
・The Better Part of Valor by Dominic Kelly

■出演者

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”コンピュータ
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの新しい助手、検視
ジェニー・シェパード (Lauren Holly) NCIS Director
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) モサド

スティーブ・ロゼッティ (Nick Chinlund) 捜査官 “クリス”
マイケル・ロック (Steve Kazee) バーの常連、デヴォンを探す
アンドリュー・ホフマン (Michael Hagerty) 連続殺人鬼
ケヴィン・マッシー (Scott Holroyd) パトリシアの夫、海兵隊、兵曹
ハイディ (Ella Thomas) バーテンダー
— (Mia Lee) Newscaster
デヴォン・・リンデン・カッツ (Austin Graves) ロックの元彼女
ジュリー・スマイト (Kristin Johnson) 25歳、ドナルド一等兵曹の妻、5人目
ドナルド・スマイト () ドナルド一等兵曹・アイゼンハワー号乗船
パトリシア・マッシー () 4人目の被害者
モニカ・ビショップ () 3人目の被害者
ジョシュ・リーヴス () モニカが電話したRの人
ローレル・レクソン () モニカが電話したRの人
パット・リチャーズ () モニカが電話したRの人

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336