HAWAII FIVE-O シーズン3 第19話 海に消えた友情 Hoa Pili(Close Friend)

リンク広告 テスト




第19話 海に消えた友情 Hoa Pili(Close Friend)

脚本/Richard Arthur
Kyle Harimoto
監督/Jeff Cadiente

【ストーリー】

オアフ島の沖合5km。ゴムボートでクルーザーに近づく男が居た。
銃を手にした男は親友が妻と浮気している現場に乗り込んだ格好
だった。しかも妻の名前をつけたオレの船で浮気するとは・・
破産したヤツに誰が手をさしのべたのかとすると、悪気はなかった
という。妻の目の前で死ねというと銃を向ける。すると突然
近くの船が爆発するのだった。

スティーブはカマコナとテレビゲームでヘリコプターの操縦の練習
をしていた。高度を上げろ!とスティーブは指示する。明日の実技
で受かればいよいよ免許が取れること。出所10年計画は順調だと
いう。かき氷にシュリンプトラック、アイランドツアーズを開業
したらオレも企業家として成功だというカマコナ。カメハメハ大王を
目指して島を制覇するという。そんな中キャサリンが水着姿で
現れ、二人してオモチャで遊ぶのかという。スティーブは最新技術を
使ったシミュレーターだとするが、カマコナはキャサリンの水着姿
に見とれてヘリを落下させる。客を乗せていたら終わりだぞという
スティーブにビキニ美女が現れたらしょうがないだろうと。
スティーブは「高度は友達」を忘れるなと語る。

ノースショア ハイレワ湾。
船の放火事件か?というと、今月3隻目だという。全部同じ会社で
オアフシャークツアーズのものだという。観光客に鮫を見せる
ツアーだという。
しかし最近このツアーに対して地元住民の反対が起きていること。
海の環境や安全に悪影響を与えているというものだった。
ダニーは鮫と聞いただけで反対だと語ると、スティーブは前にも
ダニーは凄いビビッていたよなと語る。前2件の事件の手がかりは
有るのかと問うが、コノは無いという。停泊中に燃やされて
今度は沖合だったこと。ガスタンクに引火してドカンとされたが
犠牲者はいなかったという。放置されていた船だが、警察は操縦者
は爆発寸前に海に飛び込んだのではないかと見て居るのだという。

グレイグ・ブラントがツアーや船のオーナーだった。
彼はこれで三隻目だとし激怒する。夕べ誰か船を使ったのかと問うと
船は出していないという。保留されていたのなら何故沖に船が有った
のか。弟のジェイソンがダイブ用のゲージを回収しに行ったという。
ケージはないのでまだ海の中にあるのかも知れないと。
ダニーは観光客はなんでケージに入って鮫をウヨウヨの海に入りたがる
のかと問うと、休暇に刺激が欲しいし、冒険気分を与えるのだろう
というスティーブ。そんなの病気だという。
普段はケージは固定してあるとし、ケージも遺体もなかった。しかし
鮫があまりに多数辺りを泳いでいるのを知ってケージは沈んでいる
のではないかという。引き上げてみるとなんとケージの中にジェイソン
の遺体が入っていた。

マックスは点状出血は見られないという。殺害されてからケージに
放り込まれたのだろうと。裂傷から見て多分鈍的外傷が死因だという。
ただ解剖しないと断定は出来ないとのこと。ツアー反対派による
犯行なのか。

スティーブとダニーは車に乗っていると、ダニーは突然スティーブ
批難をする。お前は無責任だと。カマコナの飛行レッスンのことだとし
アイツの夢が叶うなんて幻想だという。友達なら安全にボウリング
場でも開けと言うべきで、重力に逆らうなだという。カマコナがヘリ
を買うのを手伝ったのはお前だろうというと、国も州もあんなヤツに
免許をあげるとは思わなかったのだという。アイツが3トンの鉄の塊
を操縦するなんて許せないという。初飛行は乗らないのか?という
スティーブにシュリンプヘリが飛ぶなんて永遠にないというダニー。
スティーブはなんでいつも後ろ向きなんだと語るが、もし彼が免許を
取得出来るもんなら初飛行に俺も乗ると語る。

ファイブオー本部。
鑑識によると船を調べたら手すりから飛沫血痕が付着していたという
コノ。被害者の血ではないこと。瓦礫からはバングスティックが
見つかったという。水中で使う武器のことだとダニーに説明する。
大粒の散弾を発射するのでダイバーが鮫を退治するのに使うのだという。
ダニーは鮫の眉間を撃つというのか?フェアじゃないというと、コノは
鮫を守る環境保護グループでも紹介しようかと語る。船の硝煙反応は
出ていないとし、バンクスティックに発射済みの薬莢が有ったが、船
に弾はないという。ジェイソンは敵をバンクスティックで撃ったのかも
知れないというが、血痕はデータベースで照合できなかったとの事。
近くの病院にも銃で撃たれた患者が運ばれた記録はないという。負傷
ならばいずれ浮かび上がるはずだと。

チャーリーは船体に多の船のペンキが付着していたとチンに報告。
アルトー・ノーティカル社のもの。オケアイスという漁船で使って
いる白いペンキだという。一隻はカリフォルニア、一隻はドック入り、
一隻はハイレワ湾のカーライル号という名の船籍とのこと。
被害者の船と同じ場所で、使用しているのはブルースとジェイという
漁師だった。彼らによるとジェイソンと船の上で殴り合っていた男が
居たので止める為に船をぶつけたのだという。カプの仕業である
ことはみんなが知っていると語る。

■今回の事件の概要

・ノースショアのハイレワ湾で船が放火される事件が3件続いていた。
・燃やされる船はいずれもシャークツアーを行っている会社のもの
で、地元民の中で鮫を神聖化しているもの、漁師をしているもの
たちは鮫で仕事が出来なくなり、また鮫のえづけをしていることで
今まで居なかったビーチにまで鮫が訪れることを懸念していた。
・ツアーの経営者のクレイグの弟・ジェイソンが遺体で発見される。
彼は犯人に向けて発砲していたことが分かる。
・漁師によるとカプと呼ばれる現地のしきたりを守って生きて居る
ものたちへの聞き込みを行う。村の長のカヴィカに話を聞き協力を
求めると、仲間がジェイソンを殴ったことは認めるが殺しては居ない
と否定する。
・しかしそんなカヴィカの家にも放火される事態が発生し、復讐の
応酬を懸念する。

■感想

事件は不審に思っているもの同士が先入観ばかりで牽制し合って
いる間に、3人の漁師が有るとき天から振ってきたブツを巡って
ケンカし、そして目撃者を殺し、そして最終的には欠陥品で何の
役にも立たないものを巡って三人の人間を殺してしまうという
お粗末な事件の顛末を描いたものだった。

ハワイ地元の土着民の文化と新たに観光地としてのビジネスに
於ける対立関係がそこには存在し、利権を巡った争いになると
共存共栄が難しくなるというのは、どの国でもお約束なのか。

ププケアに住んでいるカプを遵守する土着の人たちの中でも
ジェイソンを殴った男がまた大男で、腕の太さを見ると驚いたけれど
この人が本気で暴れると逮捕するのが大変そうだな。
かつてカマコナ逮捕の際に、腕に手錠がはまらないという光景が
有ったけど、アメリカ人は太い手首の人も多いので手錠が大変そうだ。
スティーブも結構細マッチョで、ダニーも身長は低いけどかなり筋肉質
なんだけどね。

冒頭からカマコナとスティーブの漫才。
カマコナがヘリコプターの免許を取るということでスティーブが
指導する姿が有る。スティーブがこれまでに操縦している姿は何度
か目にしているけど、ゲームシミュレーションでも軍隊仕込みで
熱い人だ。キャサリンがまた水着/ビキニ姿でやってきた為にカマコナ
の目が釘付け。キャサリンとカマコナのやりとりも面白かった。
キャサリンの水着姿というと、プールサイドで寛いでいた時の映像
が未だに記憶に残るけど、スタイルが良い方だよね(笑)

結果から言うと、ジェイソン殺しと船の放火事件は別物だった。
ジェイソン殺しは上述したように三人の漁師が頭上から振ってきた
ものを巡って争い目撃されたことで殺害したもの。
放火事件に関しては、今更ながら鑑識が最初の二回の事件からタイマー
装置を着火に使ったとする証拠を見つけてくる。エサやり機を使い、
ブレーキオイルを皿に入れてディスペンサーに塩素を砕いたものを入れて
タイマーをセットしたというもの。それらが混ざることで相当な
爆発が起きていた。
しかしそんな事実が判明するのが正直遅すぎないかって感じのだった
よね。

放火に関しては、古風ハワイアンのジミーが地元の人は鮫に関して
神聖なものとして見て居るのに、それを利用することを許せないと
いうことで行った犯行だった。
ジミーとカヴィカってまた違う意図で民族的習慣を守っている人
なのかな。

殺人に関しては漁師の三人組、ハル・ルイス、ジェイ・ラパート、
ブルース・カネシロによる犯行。ハルはジェイソンから撃たれて
助からないと思ったジェイが海の中に放り込んだという。
ブルースは怖じ気づいて警察に知らせようとしたことでやはり
ジェイによって殺されてしまった。
証拠を追いかけていくウチに人が一人ずつ殺されていくという流れ
は如何にもなものだった。

検視官室のマックスの元にイスルスオクシリンクス(青ざめ)がドーン
と置かれていて、解剖すると手が出てきたという。

■チンが舞い上がる

今回はチンの元にレイラニがやってきた。
二人で刑務所から脱出した仲であり、あの時気持ちの共有が有った
かに思われたが、チンもマリアを亡くして間もないし、なかなか人
を好きになるような性格をしていないので、自分から誘うような
ことはしていなかった。業を煮やしたレイラニから電話番号を残して
いってもらえるとは何という幸運(笑)

で、その後チンは珍しく仲間たちの前でジョークを飛ばす。
「漁師がジェイソンをカプから助けた話はでっち上げだったんだ」
「人魚と同じだな」

またジョークも伝わりづらい(笑)

■昔ネタで盛り上がる

古代のハワイアンのことが至るところで語られたことも有るけれど、
ダニーとコノの間で、マーベル・コミックに対するやりとりが有った。
容疑者が5万ドル分のダイビング道具を購入したと聞いて
「サブマリナーだって買わない」というダニー。
「彼女の名前はプリンス・ネイモアよ」(コノ)

またカマコナの免許が取れた際には、
みんなで「私立探偵マグナム(Magnum,P.I.)」ネタで盛り上がった。
マックスが主題歌を口ずさんだことに起因するけれど、
主人公のトーマスはネイビーシールズだということで、スティーブ
に該当し、ダニーはリックだと指摘され、カマコナはパイロットなので
TCだと語る姿が有った。

■Book him , KONO!! (ぶちこめコノ! )

そこはダノだろうというダニーに対してスティーブはご褒美だとして
クレーン操縦をして窮地を救ったコノに感謝を示す。

この辺は海外ドラマNAVIさんの

>【TWITTER英会話】『HAWAII FIVE-0』で日常生活でも使える英会話
を学ぼう!

の中でも取り上げているので興味がある人はどうぞ。

http://dramanavi.net/staff/2013/11/021856.php

■使用された曲

・Hawaii Five-0 Main Title Theme by Brian Tyler
・Magnum P.I. (Theme)
Written by Mike Post

■出演者

スティーヴ・マクギャレット (Alex O’Loughlin) 元シールズ部隊
ダニー・”ダノ”・ウィリアムズ (Scott Caan) 刑事
チン・ホー・ケリー (Daniel Dae Kim) ホノルル警察の元刑事
コノ・カラカウア (Grace Park) チン・ホー・ケリーの従姉妹

Dr.マックス・バーグマン (Masi Oka) 検死官
カマコナ (Taylor Wily) 友達、エビ店
sgt.デューク・ルケラ (Dennis Chun) 警察官
キャサリン・ロリンズ (Michelle Borth) 海軍情報局・大尉
チャーリー・フォン (Brian Yang) 科学捜査、指紋照合

レイラニ (Lindsay Price) 刑務所の医師
クレイグ・ブラント (Mac Brandt) オアフシャークツアーズオーナー
ジェイ・ラパート (James C. Victor) 漁師
カヴィカ (Kala Alexander) 地元民、サーフクラブ
ライアン (Brendan Ford) 浮気された男
アリー (Tara Platt) 浮気した女
リアム (Yuri Lowenthal) 浮気した男
Sgt.チャン (Keo Woolford)
ブルース・カネシロ (Kelsey Chock) 漁師
レヴィ (Tanoai Reed) カプのメンバー、ジェイソンを殴った
ジミー・アマナ (Dennis James Lee) 古風ハワイアン
ツァイ (Bruce Locke) 台湾ギャング
— (Tommy Henderson) Gun Man / FBI Agent
— (Jonah Shaul) Gun Man / FBI Agent
— (David James Sikkink) Lab Technician
ハル・ルイス () 漁師
ジェイソン・ブラント () クレイグの弟

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336