ブラックリスト The BLACKLIST 第17話 イワン Ivan (No. 88)

リンク広告 テスト




第17話 イワン Ivan (No. 88)

脚本/J.R. Orci
Amanda Kate Shuman
監督/Randy Zisk

【ストーリー】

スケルトンキープロジェクトが行われる中、オフィスで一人仕事をして
いたネイサン・グレゴリー・フラットは突然人の気配を感じる。ウィル
ソンなのかと呼びかけるが突然パソコンのプリンタには大量のスマイル
と書かれたモノが印刷され、モニタにはイワンと名乗るものによって
システムを乗っ取られていく。急いで電源を切断すると、ネイサンは
デビッドに対してネットワークに不正侵入が有ったとしてプロジェクト
ファイルが盗まれた事を語る。プロトタイプを持って呼びサイトに
移動する事を語る。
しかし車に乗った後、犯人のフード男は車のコントロールシステムを
ハッキングして事故死させると中からプロジェクトの品を持って
逃走する。

レッドとデンベはMr.キャプランに呼び出されてある場所に来ていた。
毎度よく犯罪現場を見つけるなとレッドに感心されるキャプラン。
中にはジョリーンとカウボーイらの遺体が土の中に埋められていた。
腐敗の状況から死後8日前後だという。女性は絞殺で男性は至近距離
から胸を撃たれているとのこと。レッドは犯人はもう分かっている
としてここに来たとする痕跡を消してくれという。どう処理するか
というデンベに対して電話で捜索願を出すレッド。

ベスは朝トムと会話する。フリッポ叔父さんというオシリライトの
付くキャラクターをトムに見せると、人気のキャラクターなのに
子供を相手にしているあなたが知らないのかと問う。
そんなトムの元にD.C警察だと名乗るデバロスがやってきて、
ジョリーン・パーカーの件で話が聞きたいという。最後に接触した
のは何時なのかと問うと、この間の土曜日だとし近所でバッタリ遭った
という。この辺で部屋を探しているというので不動産屋を教えたこと。
しかし気が変わったとしてエリザベスの元に電話がかかってきたと
いう。婚約者とオハイオに行くと言っていたこと。婚約者の名前は
と尋ねると、職場が同じだけで詳しくはないという。ジョリーンは
シナード先生の代理講師で2、3週間一緒に顔を合わせただけで、
親しいという程ではないという。管理人も一週間は彼女と遭っていない
とし引っ越しした話もないという。何か分かったら連絡をとして
デバロスは名刺を置いて行く。

リズはレッドの元にいく。
復元作業(オルゴール)をしていた。
交通事故の運転手はネイサン・グレゴリー・フラットが死んでいるが
事故ではないこと。衝突を仕組んだのはサイバー犯罪者イワン(アイ
バン)だという。私も過去被害に遭っているとし、あれは窃盗だったが
ある夜彼の兄弟からディナーに誘われたがウォッカを飲んでいる間
に金を盗まれたのだという。イワンは犯行声明を出しているとし、闇
のネット社会でのことだという。事故に見せかけて人を殺しただけなの
か。その先には何かあるのかと問うとこの10年彼はロシア市場を
揺るがしてきたベテランのハッカーで政治の機密情報を売りシベリア
のパイプラインを脅かしたのだという。アメリカでの事件は初めてだ
ということ。君たちも警戒すべきだというレッド。

リズはFBIの秘密基地に戻るとレッドからの情報を捜査官たちに語る。
被害者はネイサン(43歳)、2009年からテレビ修理店で勤務していたこと。
政府やロシアとは何の関わりもないという。アラムは車載のコンピュータ
を調べれば操作されたかどうか分かるという。
事故車を調べに行く中、リズはアラムに対して個人的に調べて欲しい
電話が有るとし、ジョリーン・パーカーのものだという。

事故車を調べに行く。
リズは恋人を失ったレスラーにどうして来たのかと尋ねる。
二、三日休んでいても良いのに・・と語るが仕事をしている方が
気が紛れるというレスラー。アラムは間違いなく操作されているとし
エアバックは衝突前に開いていること。イワンとデジタル署名も
されているという。また車の中に空のケースが有った。内側には
電磁シールドが施されているので衛星追跡装置が入っていたのではない
かというアラム。そんな中三人の元に国家安全保障曲のガラルタや
FBIの上司クーパーがやってくる。盗まれたハイテク機器を取り戻し
に来たのだというガラルタ。しかし中身は空だった事を語る。中身は
事故現場で盗まれたのだという。一体中には何が入っていたのかと
するが、最高機密取得権限がないと教えられないという。どうして
FBIが調べているのかとすると衝突事故ではないからだとし、我々は
犯人の情報を握っているので話すべきだと語る。死んだのはウチの局員
で特殊アクセス工作員だという。彼はスケルトンキープロジェクト
をしていたとして、主任技術者デビッド・フィッシャーから説明を
聞いてくれという。

■今回のシナリオ

・レッドはトムとその同僚として入って来たジョリーンに目を付け
カウボーイ男に監視させていたが、カウボーイ男はあっさりと
見つかり処刑され、トムもまたピンチと見るやジョリーンを殺害。
その処刑された遺体をMr.キャプランは発見してレッドに通報し、
レッドは失踪届けとしてD.C警察に通報する。

・一方交通事故死したとされるネイサンは、実は国土安保省で働いて
いた人物。スケルトンキープロジェクトの主任・デビッドの話では、
5年間かけて開発したサイバー兵器で対戦国の軍事施設な致命的な
打撃を与えるもので、セキュリティシステムをボタン一つで捜査出来
るという画期的装置だった。実施テストの為にコロラドにシステム
を持って移動する矢先に狙われたこと。そしてシステムにハッキング
した人物がイワンという人物だったことから、レッドからの情報を
もって捜査を行っていく。

■感想

今回はNSAなんかも関わってきたので、現場でその職員のガラルザ
なんかが来た際にクーパーがやってきて、部下をかばう姿や自分たち
の捜査権を主張する流れを見ると久しぶりにクーパーに好感が
見てる作りではあった。

それにしてもやはりリズとトム、キャラクター的に苦手過ぎる(笑)
トムのギロっとした目つきと無精髭の気味の悪さ。リズはレッドから
の情報を右から左に流しているだけなのに、さも自分が捜査を主導して
いますって感じがにじみ出ていて、未だに彼女は自分のスキル以上の
ことをしようとしていて危なっかしい姿ばかりを見せている。
困ったこと、捜査が行き詰まるとすぐにレッドの元に駆けつけて、
“おとうさーーーーん、助けて”とばかりに情報を引き出そうとする。
レッドが居なかったらリズってどれだけの捜査ができる人なんで
しょうかね。

■ハッカーのイワン

イワンについても情報の出所はレッドだったけど、結果的にその
流れは完全に誘導されたもので、レッド自身がそれを確認するために
ベラルーシ共和国ミンスクにまで飛んでいった。
過去レッドはイワンによって500万ドルを盗まれたことがあり、
今回は海外に逃がすことを名目に800万ドルで引き受けることになる。
利子名目にしては高い。
レスリーがまた撃たれ役。完全にこの役割を身につけてしまった彼。
最初はどんなに殴られても立ち向かう気骨さがあったのに、今では
痛いことをさせられ我慢の子という役割ばかりだ。
血のりを使ってレスリーを撃ち殺した振りをして、イワンを国外に
連れて行く際にレッドが聞き出すが、イワンにはイワンの流儀がある
らしく、ロシア以外での活動はしないという。
イワンも自分を名乗る不届きなハッカーが居る事を知り、その正体に
迫ろうとしたが、分からなかったというくらいのスキルの高さを
持つ人間だった。

■イワンを語るハッカー

なんとレイクヒル高校生徒17歳の青年・ハリソン・リーが犯人だった。
スケルトンキーを手にした後に、ポルノサイトやギフトカードを不正
入手、社会保障庁に侵入してある人物の年金給付金を水増ししている所
から見つかってしまった。
しかしポルノサイトにアクセスするってところが如何にも17歳青年
って感じがする。

ハリソンはアビーという一度も会話したことの無い同級生が好きで、
デジタルストーカーをしていた。通話記録やネット履歴などを全て
アビーから抜き出し、学食に於いては食べる給食の献立まで一緒に
して食べるタイミングまでシンクロさせていた。
これだけのスキルを好きな子にストーキングする為に使うというのも
またアホっぽいところ。でもそこには許せないだけの事態を引き起こ
しており、人を事故死させただけでなく、D.C中の電力を停電させたり
彼が通るところ全てが破壊されていくってくらいのクラッキング能力が
有った。

アビーもまた光に付いてきてと誘導していたけれど、よくそんな
怖いところに付いていくよな。ジャッキーは親友なので断れないのかな。

地下鉄に乗り込み自殺しようとした彼をリズが説得して死なせなかった
が、それにしては相当ヤバイことをしでかした人物。
今回別件で彼女はVICAPのデータベースにアクセスしていたけれど、
確実にこの子も記録に載ってしまう立場だろう。

■トムの悪事がついにリズにも分かる?

ジョリーンのことを個人的に調べていた彼女。
本名はルーシー・ブルックスというのは以前にも出てきていたけれど、
2年前にサンタフェで強盗・暴行罪を起こして姿を消していたという。
そんな人物が何故小学代理講師になれたのか。

リズってトムのことに関して、このまま一緒にいても信用出来ない
のではないかという一生消えない相手に対する不信感を背負っての
同居だったように思えたけれど、結局信用した結果、裏切られたんだ
よな。この辺も実に青臭い。

ジョリーンを調べているウチにラビスタ通り1896に何かが有るとして
わざわざトムに電話する辺りも不自然極まりなく、例えジョリーンが
トムの同僚だったとしても、捜査情報を簡単に話すなと小一時間。

トムはリズが踏み込んできた際には痕跡を消してはいたけど、そこら中
指紋がベタベタだろうね。
最後はリズを殴って言ったけど、まだシラーっと家に居るところが
怖い。

押収した証拠品のリストがメールで送られてきた際に、フリッポ叔父さん
の置物が捨てられていた。デジタル署名の話が出てきたエピソード
だけど、リズもちゃんと彼女が分かるものを渡していたのね。

リズはトムが犯人だと知りある言葉を思い出していた。
「真実は言えるが信じさせることは出来ない」

一度くらいは本当のことを言ってくれとレッドに担架切っていた
リズとしてはばつの悪い思いがしたことだろう。しかしシラーっと
またリズはレッドの元に行き、冒頭から組み立てていたオルゴール
の流れからするとそろそろリズがトムの悪事に気がつく事を想定して
いての行動だということで、本当にレッドの読みと情報網は凄い
ですな。

リズは小さい頃の夢を見た。
「火事の中、炎と煙に包まれ、ウサギの人形を手にしていた姿。
パパが私の隣に寝ていて、私を抱きしめてこの歌をハミングしてくれた
という。何も心配は無いと言ってくれた」。
そしてその言葉を時を越えてレッドがリズに何の心配もないとして言葉
をかけてくれる姿が有る。

■ベルリンって何?

バンタムファイナンス、口座に問題が発生だ。ベルリンに伝えて、
監視拠点が見つかり資料は始末した。
電話していた相手は女性だったな。
どんな組織なんだろうか。

■使用された曲

・The Blacklist Opening Theme
Written by Dave Porter
・Slow Ass Jolene by Show Tones

■出演者

レンモンド・レディントン (James Spader) “レッド”
エリザベス・キーン (Megan Boone) FBI新人プロファイラー”リズ”
ドナルド・レスラー (Diego Klattenhoff) FBI捜査官
トム・キーン (Ryan Eggold) リズの夫、教師

ミーラ・マリク (Parminder Nagra) CIA捜査官
ハロルド・クーパー (Harry Lennix) テロ対策本部長
デンベ (Hisham Tawfiq) 南スーダン解放軍元兵士
アラム・モジタバイ (Amir Arison) FBIのコンピューター専門家
ジョリーン・パーカー (Rachel Brosnahan) 臨時職員 (ルーシー・ブルックス)

Mr.カプラン (Susan Blommaert) 掃除人
ハリソン・リー (Will Denton) 17歳
アビー・フィッシャー (Quinn Shephard) 高校生、ハリソンからストーキング
デビッド・フィッシャー (Frank Deal) アビーの父、主任技術者
イワン (Mark Ivanir) “アイバン”、ハッカー、ロシア相手に仕事
ガラルザ (Alfredo Narciso) 国家安全保障局
ネイサン・プラット (Gibson Frazier) 交通事故、ハリソンに殺される
デバロス (Thaddeus Daniels) 捜査官
ルビー・リー (Catherine Wolf) ハリソンの祖母
ジャッキー (Ellie Bensinger) アビーの親友
タイラー (Paul Castro Jr.)
— (Sulekha Ebelle) 教師
— (Brian Faherty) Impound Officer
— (Yaegel T. Welch) Lead Agent
— (Michael Metta) 高校生

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336