NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン5 第9話 秘密の過去 Lost and Found

リンク広告 テスト




第9話 秘密の過去 Lost and Found
「未解決襲撃事件」

脚本/David J. North
監督/Martha Mitchell

【ストーリー】

マクギーが主導するNCISの見学会に子供たちがやってくる。
アビーがラボを見せて回る中、色々と解説する。
「現代の科学捜査では質量分析計がキングだとし、電荷を帯びた
量子の電磁気力から質量を計測して原子や分子の相対的な密度を割り
出すことが出来る」という。しかし子供たちは興味を示さず寧ろ
カーソンはアビーに対してタトゥーは本物なのかと問う。全部でいくつ
なのかとして5個は見えたという。その他は隠れているというと
子供たちは見せてと迫ってくる。
そこにマクギーがやってくると、なんとか収まり今度はAFISについて
説明する。
「質量分析計がキングならAFISはクイーン。誰の指紋か突き止められる」
というと、マクギーは「僕ら4人で200人以上逮捕した」と語る。
Lスキャンに人差し指を乗っけるだけで君(カーソン)の指紋がモニタ
に映し出され、データベースと照合するのだという。余程凄い事を
していないとヒットすることはないというが、カーソンの指紋がヒット
する。

「カーソン・マシューズ、誘拐、1998年5月27日」。

アビーとマクギーは急いでギブスを呼ぶが彼女は落ち着かない。
もう20分経過したのにギブスは来ないのかというアビーにまだ4分だよ
というマクギー。子供時間では20分だとすると、みんな凄く不安そうだ
という。冷たい大人で居たくないならマクギーが一人で対応してと
いうアビー。カーソンはギブスって誰?ボクは捕まるのかと問われる。
アビーは仕事に戻るとして見学は中止になったとマクギーは説明する。
パソコンにボクが誘拐されたと書かれていたが浚われたのかという。
何か訳があるだけだろうと。お兄さんたちのヘマだと語る。

そんなギブスがやってくると、コーラをカーソンに差し出す。
3時以降は飲んではダメだと言われているというが、ママが居ないので
と飲むカーソン。カーソンは話の前に聞いて良いかと問うとボクは
行方不明の子に見えるかと問い、ユースレンジャーにも入っている
という。ウチはフランクリンで誘拐なんて絶対にないという。小さくて
つまらない街だけど、森が近いから住んでいるだけだという。パパが
よく行くとし、父は電話・電気無しで暮らす生活を教えているという。
「グラディエーター」のラッセル・クローみたいなパパだという。
18個のバッジなんて凄い活躍だというと3年くらいかかってもらった
という。パパもママも喜んでいるという。いつうちに帰れるのかという
カーソン。

トニーはジヴァに対して「ディープ・エンド・オブ・オーシャン」だ
としミシェル・ファイファーの息子が浚われて10年後に再会するのだ
という。まるでライフタイムだとすると、ライフタイムって何?という
ジヴァ。ケーブルテレビ局の女性向け番組だという。どう見ても父親
が怪しいとし、父はブライアン・マシューズ、D.C生まれで高校から
付き合ったリサと19歳で結婚。その2ヶ月後にカーソンが誕生したと
すると出来ちゃった結婚かという。6週間後にリサは溺死しているとし
警察は事故だとしているという。ブライアンは失業して悪い仲間と
連み始めていること。そこでリサの母がカーソンの親権を求めて裁判
をし、勝訴しているという。それで逃げたのかというマクギー。
それを聞いたトニーは「お見事名探偵、バッジをあげまちゅ」と語る。
祖母は去年心臓で無くなっていること。マシューズからテイラーに
変わり、フランクリンで親子二人の生活をしているという。再婚は?
と問うとエレイン・テイラー海軍大尉、調達部の不正対策担当をして
いるという。マクギーに着替えろというギブス。
カーソンは?アビーの所に預けたというと、未成年だけど大丈夫かと
いうトニー。

エレインの家に話を聞きに行く。
誘拐で手配されていることを語ると誤解に決まっているという。
夫は火曜には戻るとし合宿講座の為にブラックリッジの森でサバイバル
をしているという。その間に連絡方法は電話は無線も禁止されている
のだという。
トニーは書斎を見たがファイルやパソコン、ブラックリッジの地図が
あるという。ジヴァはトニーを呼び出すとこの部屋をよく見てくれ
とし何が見えるかと問う。
「ゼロアワー」のポスターに、ベッドのマットレスの下から水着特集の
雑誌。赤いフェラーリGTのベッドだとして「私立探偵マグナム」だと
いう。ジヴァはこの部屋を見て誰かを思い出さないかと問うが、
トニーはこのフェラーリのキングサイズは売っているのかと告げる。

■概要

・ユースレンジャーの一貫でマクギーはNCISのラボを少年少女に
見学させる。アビーは質量分析計、AFISなどを説明する中で、
その一人カーソンにAFISを試しに使用して指紋採取した後に照合
して見せると、なんと彼は誘拐されているとしてデータベースに
登録されていた。
・カーソンの両親にあって話を聞くと、妻はエレイン・テイラー海軍大尉
で、夫はサバイバルの指導員をしているとのことだった。
エレインは継母であり、夫と連れ子のカーソンはフランクリンで親子
2人の生活をしていたというが・・

■感想

エレインは育ての親だけど、息子・カーソンに対する愛情は本物だった。
そんな彼女がギブスに対して、「子供はいるのか」を問う際にギブスは
居ないとしか答えられなかったけれど、これまで彼にどんなことが起き
たのかを知ったらそんなことは言えないだろうって感じだった。

興味深い流れとしては、実は今回のエピソード、場面的には対照的な
流れが有る。
逃亡している父親のブライアンは文明から離れたサバイバル術を教えて
いるのに対して、少年カーソンは文明の最先端を行くラボでの社会見学
を満喫していたのである。

二つの流れに接点を持たせたこと。
文明の利器に助けられるというところに皮肉さも感じるところだけど、
カーソンという少年の扱いに関して、手をこまねくものもいれば扱いが
上手いものもいる。
アビーに子供の世話をさせたらどうなるのかという実験的な意味合い
としては楽しいところもあったのかも?。

■トニーのライバルのカーソン

なんとカーソンは映画好き。
母親とは週末に映画を一緒に見て居るということで相当絆も強いみたい。
ラボで映画クイズをするとトニーが長年記録ホルダーだったゲームに
カーソンが食い込んできた。

ジヴァはトニーに対してカーソンの部屋を見た時に誰かに似ていないか?
と尋ねていたけれど、トニーは自分では気がつかなかったのだろうか?
トニーとカーソンは趣味が似ている。

そしてカーソンの父・ブライアンは息子に対して、ルールを作って
教えていた。「ルール1、パパは絶対に嘘をつかない」。
それを聞いたギブスは話せば好きになりそうだと語っていた。
ギブスも文明社会を否定する方だからね。

■NCISにやってくる二人の怪しい刑事

事件は1998年5月2日に2名の白人がコンビニ強盗を行い店主を殺した
事件が有った。金を渡したのに殺人していることから快楽殺人だとされ
たもの。

捜査を担当していたのはコリンズとハミルトンだったのか。
トニーと遭った時には2度一緒に捜査を行ったとしていたけれど、
結局この事件イマイチよく分からなかった。

証拠はアビーがヘアジェルの流れで改ざんされていることを指摘して
いたけれど、結局強盗したのはキーナン&コリンズだったの?
ただコリンズは銃を貸しているだけかと思ったけど・・

■私生活ネタ

・ジェニーが呼んでいた星条旗新聞

なんとその中にはマン中佐の記事が掲載されていた。
「22年の軍歴に終止符。退役後にハワイに移住」と描かれていた。
是非ギブスには「HAWAII FIVE-O」の一員になってもらい、ヤクザの
流れとウォー・ファットの流れを解決してもらいたい(笑)

・ジェニーの家に行くギブス

そろそろ来る頃だと思っていたという彼女。
しかし来たのは他の理由でしょと語るジェニーがちょっぴり寂しそう。
ジャズが流れているところを見てギブスはジヴァが言っていた通り
トニーだなと語るけど、子供がジャズを聞くだろうか?

2人切りで職場の外で会うなんて懐かしいというシェパード。
パリの時以来だという。昔なら泊まって言ってと頼んだというシェパード
は、「何故別れたのかしら・・」と語ると、「君が選んだんだ」というギブス。
「やめべきことをやっただけよ、今もそう」

当時から上司と部下の関係だったのか。

・バッジをあげまちゅ

トニーがマクギーに言った言葉。
どうもこの赤ちゃん言葉、昨日見た「CSI:科学捜査班」のS14での
ホッジスとヘンリーのやりとりを思い出してしまう。

アメリカのシットコムなどを見ると、このバッジを集めるのに必死になる
というエピソードが必ずあるよな。

・クイズゲーム

「猛牛を怒らせたら角でやられる」「大人も子供もない」として
トニーは本気でクイズに挑戦。

「1985年の映画「Back to the Future」でタイムトラベルを可能にした
装置の名前は?」

「フラックスキャパシターだ」「the Flux Capaciter」と入力したけど
入力スペルミス。「Capaciter」(不正解)「capacitor」(正解)
ということで・・

・未解決事件の度に同じ会話しているよ

マクギーがアビーに言った言葉。
アビーが語るセリフをマクギーが先に話した為に驚いていたアビーに
マクギーが語っていた。

■使用された曲

・Let My Blood Spill by Dominic Kelly
・Sickening to The Core by Dominic Kelly

■出演者

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”コンピュータ
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの新しい助手、検視
ジェニー・シェパード (Lauren Holly) NCIS Director
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) モサド

カーソン・タイラー / マシューズ (Dominic Scott Kay) 子供
マーシャル・コリンズ (JR Bourne) 捜査官
ブライアン・マシューズ / タイラー (Chris William Martin) リサと19歳で結婚
エレイン・テイラー (Karis Campbell) 海軍大尉
ダニエル・ハミルトン (Candice Coke) 捜査官
— (Jeff Marlow) Survivalist Trainee
— (David Raibon) Survivalist Trainee
ロナルド・キーナン (Jeff Copas) ブライアンの友達、犯罪
— (Robert F. Hoy) トラック運転手

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336