ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル Numb3rs シーズン4 第8話 愛情の値段 Tabu

リンク広告 テスト




第8話 愛情の値段 Tabu

脚本/Sekou Hamilton
監督/Alex Zakrzewski

【ストーリー】

「要求2つ、4000万ドル、人工衛星2271個、Eメール322通」

エラはクラブにやってくると新着メール322件を全て削除する。ハーパー
と遭うエラ。彼女から腕にしているのは何なのかとして葬式みたいな
感じだという。エラはママの形見だとし、あんた時々デリカシーの無い
ことを言うよねと語る。
そんな中クラブの外では覆面をした男達が突然銃声を鳴り響かせる。
現場はパニックになる中エラはバンに乗せられて誘拐される。

ドンはリズと一緒に過ごしている中、リズはベッドで寝ているがドン
は眠れぬ日々を過ごしていた。そんな中事件の知らせの電話を受けて
静かに部屋を出て行く。

メーガンはハーパーに対して犯人を目撃しなかったのかと訪ねるが
分からないという。彼女を狙っている人は居たのかと問うとエラだから
みんなが注目していたという。
現場では閃光手榴弾と自動小銃が使われていてけが人は出さずに逃走
していた。プロの仕事だという。被害者はエラ・ピアースだというと
ドンはあの金持ちパーティーガールなのかと問う。父はウォーレン・
ピアース。資産総額20億ドルで途上国に織物工場を造り現地の人を
低賃金で雇っているとのこと。
そんな現場にアプチャーチがやってくる。緊急事件対応班だという彼は
メキシコに行く途中に呼ばれたことを語る。おたく達が誘拐事件を
扱う件数は年間15件くらいかというと、メキシコシティでは1ヶ月で15件
だという。ヨーロッパやアジア、アフガンも担当しているというアプチ
ャーチ。似ている様でみんな違うのだという。この件は犯罪のプロなので
大金目当ての犯行なのは確実だろうと。しかし変数が多すぎるという。

そこにチャーリーがやってくると「不完全情報ゲーム」の話をしている
のかという。アプチャーチはチャーリーだと知ると、チェ・ロボの息子の
誘拐事件のファイルを見せてもらったが「迷路の理論」は素晴らしいと
語る。今回も是非意見を聞きたいという。ゲーム梨ロウでしょというと、
犯人が誘拐の経験者、あるいは他の誘拐犯の経験を参考にしていると
想定すると「タブーサーチ」という最適化メソードを使うことが出来る
という。不必要なデータを除外する方法で犯人が行きそうな所だけを
残すというもの。犯人グループは言わばハイカー集団でニーズに対応
しながら障害物を避けて山登りをするだろうと語る。最適化されたルート
を特定するという。犯人の目的は身代金。分析して予測出来るハズだが
今は情報が足りないがデータが増えていけば正確に近づくという。

そんな中犯人が乗り捨てた車が発見される。
キーが刺さったままで、車の中にはブロンドの髪の毛とDVDが有った。
DVDを再生してみると、サンティーという男性は犯行声明として
「ウォーレン・ピアースは犯罪者だ。労働者から搾取し彼らの血を
吸って生きて居る寄生虫だという。その償いをすべき時だとし支払いを
拒むなら人民ナショナリスト・アジェンダが娘の血で償わせる。本日
省吾、Mr.ピアースに我々の要求を伝える」というものだった。

デビッドは人民ナショナリスト・アジェンダ(PNA)は、反資本主義、反
自由貿易だという。ウェブサイトにはサンティーという人物が運営して
いて、テロ対策ユニットも顔は把握していないという。組織メンバー
もハッキリせず、反対集会でPNAのバナーを挙げたり、建設現場に
サインが残されていたりしていること。明確な中央組織は存在しないの
だろうと。誘拐犯は組織を隠れ蓑にしているかも知れないという。
リズはドンにバンは先週ダイヤモンドレーンレンタルから盗まれたもの
だと語る。エラの予定を知っているものが怪しいというが、何百万人も
知っているとしロスの半分だという。セリブはメールや携帯が大好きだ
というデビッド。
リズはドンに対して夕べはどうしたのかと問うと、よく寝ていたので
起こしたくなかったという。ホントにそれだけなのかと問うと、リアが
殺された事件以来ギクシャクしているという。暫く私から離れたいので
はないのかと問うと、そうかも知れないが大したことじゃないという。
二人で話し合うべきだと語る。

■概要

・クラブに覆面をして自動小銃を持った男達が威嚇発砲した上、混乱
に乗じて、セレブの娘でパーティーガールと呼ばれているエラ・ピアース
が誘拐される。
・犯人は乗り捨てたバンの中にメッセージDVDを残していく。
彼らは人民ナショナリスト・アジェンダ(PNA)と名乗る組織でリーダー
はサンティーと呼ばれる人物だった。
・サンティーの主張はエラの父親のウォーレン・ピアースは途上国で
現地の人々から低賃金で労働させて搾取しているということで、
現地の工場を閉鎖し、利益を労働者たちに返却するよう求めるものだ
った。

■感想

今回のテーマは「歪んだ愛情」なのかな。
サブタイトルは、命の値段だとしているけれど、それは表のテーマで
結果的にはウラのテーマがそれに該当する感じ。

リズとドンの関係がどうなるのか気になるものが有ったし、更には
ラリーとミーガンとの間にも何か有るのかと思った。
しかしミーガンの中の問題は自分の父親との関係が今回のエラと
ウォーレンの関係を通して思い出させるところに有り、エラに感情移入
するような事情が存在していることが分かるものだった。

今回はコルビーとアランがまるで登場しなかった。
代わりに今回はアミタが電子工学のプロとして、一からDTMFデコーダ
を作るという暴挙が有ったこと。
FBIの捜査の流れや犯人の動きが速すぎたので、努力して作っている
アミタのデコーダが最後まで日の目を見ることはないのではないか
と思ったけど、最終的には上手いこと居場所を特定する為に利用された
かな。

そして何よりも今回誘拐事件に関しては専門家のアプチャーチという
人物が登場したことで、もの凄くきな臭い人物だなという視線を
終始持っていたのだけど、結果からすると杞憂に終わった(笑)
疑ってごめんね。

・アプチャーチ役のSean Patrick Flanery

因みにきな臭さを発揮していたアプチャーチ役のSean Patrick Flanery。
90年代にスターチャンネルで放送していたドラマ
「インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険」のインディ役を演じて
おり、その後TV映画版の「インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険 
ハリウッドの愚者たち」
にも出演している。
このドラマと映画大昔、自分のHPで取り上げたことがある。
アップしても良いのだけど、昔は著作権無視してTVのキャプチャー
ばりばり使っていたりホームページ方式で作成していたので、
ブログにそのまんまアップすると書式が崩れるんだよね。

■ウォーレンは企業家

この人は今のアメリカの大統領選挙の候補者指名争いに於けるトランプ
みたい。金が第一で、外交的にも敵対する企業や組織との対決に
於いても肝が据わっていて、決して犯罪者に主導権を握らせようとは
しない。エラが結果的に主犯であり、蛙の子は蛙のようにして、
この女性も結局女王蜂のようにして周りを操る能力に長けているところ
があるんだよな。

■キャラクターの変化

・ラリー

断捨離中のラリーは自分のオフィスを寺にしようとしたのか、
アレクサンドリアのヘロン / 古代ギリシャの数学者・物理学者の圧力
で噴水が吹き出す仕組みを作って精神を安らげる居場所を作っていた。

アインシュタイン曰く「信仰とは経験から生まれるもので自然と
精神との有意義な統合である」
とのこと。

・アミタとチャーリー

今回はアミタとチャーリーがそれぞれ得意分野でFBIの捜査に協力して
いた。アミタとチャーリーの同棲話に関しては一切言及は無かったし、
チャーリーの本のネタも一切無し。

・リズとドン

ついにドンとリズの関係に言及された。冒頭では二人は同棲状態だった
けど、最後にドンはボスっぽい姿はなく、「ずるずると続けたくない」
「こんな関係はよくない」「ちゃんと付き合う自信が無い。オレなんか
よりももっといい男が・・」と語った時点でリズは鍵を置いて出て行って
しまった。
ドンは彼女との関係をデビッドに相談していたね。
部下と付き合うことのは辞めるべきことか。事件が終わる度に寝てしまう
というドン。

「不規則な仕事で長時間の張り込み、そして弾を避けたりして神経の
高まりから盛り上がるのも無理はない」
ということで、それが本当の
愛情なのかどうか。

・ミーガン

父親との関係がかつて少し触れられたことがあるけど、悩んでいる
彼女にラリーは

「人間って凄いと思う。あっという間に太陽系の正しい姿を理解し
受け入れる。これが出来たが本来人ってのは宇宙が自分を中心に回って
いるものだと思い込む」。
「葛藤は悪い事ではない。太陽風を形成する粒子はとんでもない高温
と爆発力が有って始めて太陽の引力を振り切れる。混乱から自由が
生まれる」

私の悩みは天文学的スケールなのねとしていたけれど、今回の事件に
於ける親子の葛藤は流石にシャレにならないものが有ったね。

■チャーリー先生とアミタ先生

・タブーサーチを使う

不必要なデータを除外する方法で犯人が行きそうな所だけを残すと
いうもの。目的が分かれば分析して犯人の行くところが行動が予測できる
というものだった。ただ最初にコレを話した時には情報らしい情報も
無かったのでただ胡散臭い机上の空論に思える。

・ヘイズ推定の事前確率

ウォーレンが交渉の主導権を握ったことでタブーサーチに変更を余儀なく
されて、ヘイズ推定の事前確率などの要素を考慮しなければならなくなっ
た。

ラリーは犯罪とは良くないが誘拐はある種の独特の面白さがあるという。
命に値段を付けるという発想そのものがユニークだと。

・ミニマックス法

ウォーレンは自らゲーム理論から放棄したこと。
これは典型的なミニマックス法で、綱引きの例を例えに説明していた。
手を話せば相手に恥をかかせることが出来る。動揺によって判断が
鈍っていたのだろうこと。

・DTMFデコーダーを自作する

これはアミタ先生が作った。DTMFとはデュアルトーン・マルチフリーク
エンシー(ダイヤルトーン)の略。電話の信号を別々の音とそれに対応する
数に分けて、電話番号を割り出せるのだという。
アミタ先生は13歳の時からコンピューターを組んでいるのでパーツが
有ればつくれるのだという。

・意思決定分析

ハイキングを辞めてチョウチョを追いかけているみたいだという
アプチャーチの言葉に、チャーリーは良い例えだとして語っていた。
そのチョウが何かを見つけだすこと。

モデルのパラメーターを調整して「衝動」という要素を加えていく。

■使用された曲

■出演者

ドン・エップス (Rob Morrow) FBI捜査官
チャーリー・エプッス (David Krumholtz) 数学者
アラン・エップス (Judd Hirsch) 父
デビッド・シンクレア (Alimi Ballard) FBI捜査官
ラリー・フラインハート (Peter MacNicol) 物理学者
アミタ・ラマヌジャン (Navi Rawat) 学生
メーガン・リーブス (Diane Farr) FBI捜査官
コルビー・グレンジャー (Dylan Bruno) FBI捜査官

リズ・ワーナー (Aya Sumika) FBI捜査官

ジェフ・アプチャーチ (Sean Patrick Flanery) 緊急事件対策班
エラ・ピアース (Ari Graynor) ウォーレンの娘
サンティー / ステファン・カヴァーニ (David Clayton Rogers) PNA
ルーカス・カヴァーニ (John Forest) ステファンの従兄弟
ウォーレン・ピアース (William Atherton) ピアース産業の社長
ハーパー・シムズ (Vanessa Britting) エラの友人
ジーナ (Stephanie Bast) PNA
— (Vinnie Varone) バーテンダー
— (Leslie Augustine) FBI捜査官
— (Anya Benton) Socialite
— (Olga Rosin) Secretary
レジー・ウッズ () 25歳、PNA

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336