クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン7 第7話 ストームチェイサー There’s No Place Like Home

リンク広告 テスト




第7話 ストームチェイサー There’s No Place Like Home

脚本/Virgil Williams
監督/Rob Spera

【ストーリー】

嵐・雷が鳴り響くと突然トレーラー内に居るトラヴィスはタッカーに
対してダメだ、もうやめて早く逃げないと・・と語る。夢だった。
ほら来るぞ、いよいよだ。少年を運び出すと外に連れ出す。これぞ
神の怒りだとして手足を縛っているエリックを殴る。

ウィリアムとJJは息子のヘンリーがやって寝てくれたとして安堵する。
熱は下がったとすると、幼稚園にいくと色んな病気をうつされてくる
ものだなというウィル。そんな中ガルシアからメールが届く。
2少年の遺体が発見されたというメールだというJJ。ウィルは2、3日
休みを取ったのだろうと語ると行かなきゃ駄目なのかと問われる。
JJは予め苦労はかけると話し合ったでしょとすると、私も辛いし
変わってもらえるならそうするのだという。これがもしヘンリーだった
ら誰かに動いてもらいたいと思うでしょというJJに正論だけど、
ペンタゴン勤務の時の方が良かったと語る。あの場では誰の役にも
立っていなかったというJJにそれでも9時-5時で週末には時間が取れた
という事を指摘する。しかしウィルはヘンリーはオレが見ているから
行ってこいとして妥協する。

ロッシはホッチの元に行く。もっと休んでいても良いのにと語るが
ロッシは休みすぎたとし、キャロリンと同じ病気の人の為にカンパ
してくれたことを患者する。大丈夫かというホッチに対して、離婚
して20年今ほど彼女を恋しいと思ったことはないと語る。ガルシア
がやってくるとロッシにお帰りと語る。

ブリーフィング。
カンザス州ウィチタで2人の身元不明の遺体が発見。7日おきのことで、
被害者はいずれも白人少年、推定15歳から17歳だという。プレンティス
は2人とも竜巻後に見つかったのかと問うと、竜巻が原因ってことは
ないのかと問う。竜巻が来る前に鈍器による頭部打撲が有ったとし、
モーガンは二人とも同じ所を殴られていることを語る。JJに手足が
無くなっているよねとプレンティス。1人目の被害者は右足、次の被害者
は両腕、立て続けの嵐で23人亡くなったから検視官が大忙しだという
ガルシア。犯人ならばかなりのサディストだというロッシ。竜巻で
避難した隙に竜巻で遺体を処分しているのかも知れないというプレン
ティス。
雨や風、雹で現場や証拠を荒らしてしまうという。
自然災害を利用して犯行の隠蔽をしているとプレンティス。
ホッチは急いで動こうと語る。

ラジオではカンザス州セジウィック郡で竜巻警報が発令だと流れると
トラヴィスは喜ぶ。

飛行機。
中央平原上空は竜巻街道だという。捜査妨害に竜巻を仕えならカンザス
は打って付けだというリードは、4月には数日で336の竜巻が発生したとし
300人以上が亡くなったという。ガルシアは地元警察が身元を割り出した
とし、1人目の被害者はジェイソン・メレディス(16歳)・カンザス州の
ガーデンシティ出身、母親によると1年以上前に家出したという。
2人目はエレック・ジェネル(15歳)、ウィチタの里親の家から3週間前に
家出したという。どちらも逮捕歴があり麻薬と売春で体を売っていた
こと。プレンティスは体のパーツにフェティシズムがあるのではないか
という。リードはロッシが乱気流で機体が揺れているりを見て
飛行機が苦手なのかと問うと乱気流が苦手なんだというロッシ。乱気流で
墜落するのは滅多にないというと、心配なのは下降気流だという。
下降気流ならばすぐに巻き込まれて墜落すると脅すリード。

ウィチタの竜巻で2人が死亡、9人が負傷、竜巻の規模は藤田スケールのF2
でありこの時期は稀だと報道される。
現場捜査官のビーズリーに面会すると遺体は酷い状態で腕は見つかって
いないと言われる。
遺体はアソコにあったとすると、一般道からは相当離れていると指摘。
犯人は車を持っているというリード。一人目の遺体が見つかったのも
50km先だという。住民はみんな避難していたという。トレーラーパークの
住民もかとすると竜巻が確実の時には避難させるという。現場は閉鎖
されるので入れなくなると知ると裏口から入ったのか、それとも既に
この場所に入っていたのか。犯人は嵐にくっついて移動していると
いう。犯人にとって竜巻は意味が有るものだというモーガン。大学の
頃にインディアナから来たやつが酒を飲んで嵐を追いかけたと行って
いたという。神様の力を感じられるそうだと。ビーズリーも高校時代
にF3を見て感動したという。犯人も竜巻に魅入られた若者で失うもの
がない一匹狼ではないかと。ストームチェイサーなのではないか。
大学の研究所とか、学歴は高そうだという。気象を武器にするのは
頭が良いからだというモーガン。

JJはジェイソンの母・フラニから最後に息子に逢った時のことを聞き出す。

■感想

竜巻/ハリケーンの時に事件が発生するというとどうしても「CSI:マイ
アミ」
のエピソードを思い出させるな。

ドラマとしてはパーツを集めて人間を再生させるという猟奇的な話。
神は人間をバラバラにしたのだから、パーツを集めればまた一つに
出来るとする神秘の力を信じているのか。

サディストだとしても現実離れしていることからリードは「フランケン
シュタイン」
を引き合いに出していたけど、カンザス州で起きた事件
ということや、最後に犯人が吹き飛ばされていくところを見ると
「オズの魔法使い」っぽいところが有った。

人間は大事な人を亡くすとここまで精神が病んでしまうものなのだろう
か。
ドラマの中のキーワードには、正気を保つことが難しい事態という
のは確かに重なっている。
犯人の幼少期に母や兄を失っていること。そして慕っていた兄のタッ
カーは小児性愛者のロスコーを成敗する為に訪れた時に突如として
ハリケーンに遭遇して犯人共々兄を失いバラバラの遺体になってしまっ
たこと。

小児性愛者が正しく判決を受けなかったということも、犯罪との
境界線を認識するに至る犯人の性格さを生み出してしまったのか。

災害を見て興奮するというある種のシンフォフィリアではないかと
していたけど、人間の快感を覚える性癖っていうのはホント人それぞれ
なものがあるな。

■JJがメイン?

ネタ的には久しぶりに登場したJJの夫と息子のヘンリー。
ウィルが最後に登場したのがS5-10なので、ほぼ2シーズンぶり。
その間にヘンリーも幼稚園に通うことになっているし、JJも一度は
ペンタゴンに所属していたのでまぁそれくらいは経っているという
ことなのか。
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=2254

ヘンリーが熱が有る中で、JJは仕事に行かねばならないこと。
ヘンリーには父親がいるので大丈夫だと感じ、他の場所では少年たちが
殺されているのに自分が動かなければならないとする使命感なり
正義感というのは、小児性愛者を退治にいったという犯人の兄の
タッカーにも精通するところは有りそうだけど、今回のJJの立ち位置は
かなり微妙だった。現場に行くがヘンリーが病気で戻らなければ
ならなくなるも、飛行機はどれも欠航で戻れない。
そして結局そのまんま捜査に加わることになる。

なんとなくウィルの態度を見ると、この夫婦長くないなと思わせた(笑)

■改めて多いと感じさせるアメリカの自然災害

日本でも地震が頻発しているけど、アメリカの場合頭を悩ませている
のはハリケーンなのだろう。
この土地だけで4月の数日だけで336の竜巻が発生していて300人以上が
命を落としているとのことだけど、東日本大震災とか別にして、
ハリケーンの通り道は熊本地震くらいの家屋の倒壊の状況があるよなぁ。

「BONES」でもそうだけどこれだけのハリケーンの中で他殺体と自然災害
の被害者というのを分けるという作業も相当難しそうな気がする。

■緊急事態

ウィルからJJに緊急事態としてメールが届いた。
ちょうどプロファイルを捜査官たちに発表している時の出来事だった。

また今回は竜巻が多い土地でのこと故にラジオからはアラームの警戒音
が何度となく現れた。日本でも地震警戒警報がテレビで鳴ると驚く
けど、アメリカでもこういう警報がなるのかな。
アンバーアラートの時に強制的にスマホなどに表示されるというけど、
びっくりするよなぁ。

■ロッシとリード先生

この二人、相変わらず面白いな。
何処か牽制しているところが有ったりして・・

リードはロッシが飛行機搭乗の際に怖がっているのを見てからかって
いたし、ロッシはリードがガルシアと会話する中で、左足が葬儀場や
安置所で盗まれたケースに条件をしぼってくれといった際に、
ガルシアは「リードあんたが怖い」とした時に、ロッシは「君だけじゃ
ない」として仕返しする姿が有る。

ロッシは大事な元妻を亡くしたばかりなのだから、みんな労ってあげれ
ば良いのに、それを労ったのはホッチだけだった。

しかし少なからずここの捜査官ってそういう悲しみを背負っている人が
多いからね。ホッチに至っては妻ヘイリーを目の前で失ったしね。

ガルシアは最近ホッチの言葉に面白く返答するよね。
「求めよさらば与えられん。」
モーガンとの交信では最近スピーカーホンになってるからなと
予め言われることが多い(笑)

■事件はそう難しいものではない?

前回のエピソードと似ているところが有るけど、やはり犯人は自分の
生まれ育った土地、テリトリー内で犯行を繰り返していた。特定が
難しい要素としてはホームレスをターゲットにしていたところだろうか。
ただ少しずつ破綻していくことでほころびが出てくる。
そして目撃者が出てくることでやがて追いつめていく。

犯人が犯行を起こした要因としては、墓が竜巻によって吹き飛ばされた
ことだった。亡くなった当時に遺体のパーツが揃わず、そして墓の中に
入ってもまた吹き飛ばされてしまう兄が一番の不幸だったのではないか。

■使用された曲

・Come On by Mushroomhead

■出演者

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) 国防総省
エミリー・ペレンティス (Paget Brewster) BAU

ウィリアム・ラモンテーンJr. (Josh Stewart) JJの夫
ヘンリー・ラモンテーン (Mekhai Andersen) JJとウィルの息子
トラヴィス・ジェームズ (Alex Weed) 犯人、妄想
タッカー・ジェームズ (Cody Weselis) トラヴィスの兄
クランストン (Cornell Womack) M.E、検視官
ビーズリー (Demetrius Grosse) カンザス州バトラー郡保安官
フラン・メレディス (Faline England) 被害者ジェイソンの母
デイモン・ウィークス (Khylin Rhambo) エリックと仲良しの里子
ゲーリー (Elijah Trichon) 車に乗せられる
ショーン・ラトリッジ (Dalton Day) 逃げるが・・
ビリー・ラトリッジ (Carsen Warner)ショーンの弟
エリック・ジェネル (Zac Badasci) 被害者、15歳
若い頃のトラヴィス (Brandon Hender)
ロスコー・ガルチ (Christopher Doyle) 小児性愛者
— (David Jay) Transient Boy
ジェイソン・メレディス () カンザス州ガーデンシティ、16歳

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336