魔術師マーリン Merlin シーズン3 第3話 ガイアスの危機 Goblin’s Gold

リンク広告 テスト




第3話 ガイアスの危機 Goblin’s Gold

脚本/Howard Overman
監督/Jeremy Webb

【ストーリー】

マーリンはガイアスに頼まれて図書館で本を借りに行く。
ジェフリーに対して”カンブリアの寓話集”はあるか尋ねると長いこと
みて居ないとして東棟の何処かにあるはずだという。マーリンは本棚
の上の方にそれらしき本を見つけた為に本棚に載ってそれを取ろうと
すると突然本棚は隠し扉のようにして回転する。奥の部屋にはなにやら
古いものが沢山放ったらかしになっていた。その中に箱の中から
何か声が聞こえた為にそれを立たせて鍵を開けてみる。するとその中
から出て来たのは何とゴブリンだった。箱の中に閉じ込められていた
というゴブリンは自由の身は最高だとし50年以上も箱の中に閉じ込め
られていたのだとするとそこら中のものを投げて大好きな金が無いか
を探し出す。楽しませてもらうというゴブリンにマーリンは静かに楽
しんでくれというが、壺を割ったり本を倒したりで荒らし放題に・・
見つかったらただでは済まされないとしてまた箱に戻るんだというが、
箱に入るふりしてふざけるなというと、突然逃げ出す。更にゴブリンは
金を探して荒らし回っていた為に、マーリンは後ろから近づいて布を
被せると、そのまま元に入っていた箱の中に閉じ込めようとする。
しかしゴブリンは光になると突然、その部屋から出て行ってしまう。
マーリンはジェフリーに本は見つかりましたとして出ていく。

ゴブリンはキャメロットの城の中でも金を探して荒らし回る。
アーサーの部屋を荒らすゴブリンに対してマーリンは止めようとするが
その前にアーサーはマーリンが部屋を荒らしていると見て納得のいく
理由があるんだろうなと語る。マーリンは春の大掃除だとすると、
アーサーは現在は春でも無いし部屋は綺麗になっていないと語る。
ゴブリンはモルガーナの部屋で腕輪を見つけて盗んで逃げる。

マーリンはガイアスに相談する。
ガイアスはゴブリンを解き放ったのかとして、とてもずる賢く危険な
生き物だと語る。奴らはある物のためなら手段を選ばないとすると
金貨だという。
そんな中アーサーが突然二人の元に来ると急を要する内容の問題が発生
したとして父上のことだという。命が惜しければ決して笑うなとして
王の部屋に連れて行く。
すると王は衝立の後ろに隠れていたが、なんと髪の毛がなく禿頭に
されていた。陛下を禿頭にするなんて・・ゴブリンに違いないとし騒ぎ
になる前に捕まえないといけないという。しかしマーリンは陛下の禿頭
を思い出して思わず噴き出してしまう。ガイアスはそんな彼に開放した
ものがどんな裁定を受けると思うのかとして真剣になるよう告げる。

ガイアスは罠を仕掛けるとしその為には沢山の金が必要だという。
マーリンはアーサーの部屋の彼のベッドの下にある金貨の箱を黙って
もっていく。しかし思わずテーブルにあるものを落としてしまうと
アーサーは何者かが入って来たものだと思い剣を取り出して臨戦態勢
を取っていた。マーリンは魔法を使ってアーサーのベッドにつけてある
天蓋を彼に被せるとアーサーが藻掻く姿に思わず笑ってしまうが、
衛兵を呼ばれた為に急いで逃げる。

金貨を置いてガイアスの部屋までゴブリンを誘導する。
案の定金貨を見つけて喜びながらガイアスの部屋までやってくる。
マーリンは布を被せてガイアスが光となったゴブリンを壺の中に
閉じ込めようとするが、なんと光はガイアスの体内に入って彼の体を
支配し始めるのだった。

急に態度を変えるとガイアス。マーリンは暫くして再び彼の部屋を
尋ねると荒れていた。ゴブリンの仕業だとするとマーリンに逃がした
せいだとして片付けておくよう命じる。ガイアスはこれから自分は酒場に
行くというと、いつから酒場に出入りするようになったのかと問う。
私だって楽しみたいのだというと出て行ってしまう。

“The Rising Sun”という名の酒場。
そこでは金貨をかけて人々は腕相撲に興じていた。ガイアスはイワン
が多数の金貨を稼いでいた。ガイアスがイワンに挑戦するとなんと
ガイアスは老人にもかかわらず勝利してしまう。

■感想

ファンタジーの世界でゴブリンってずる賢い生き物だとは言われる
けど、あんな形で人に乗り移って人の行動を操作出来るというのは
聞いたことがないな。
一応妖精ということなので形を変えてホタルのように移動すること
が出来るというのは良いけどね。

ゴブリンというとやはり指輪物語/ロード・オブ・ザ・リングかな。

シーズン3に入ってからCG系のファンタジーな敵とのエンカウント率
が高い。

マーリンが無知だとはいえ、ちょっと安易な行動が多すぎる。
箱の中から声が聞こえたからって普通容易に開けますかね。

ガイアスの人間っぽさを見せる為にも今回のようにゴブリンに支配さ
れた後のガイアスの姿は、これまでとは180度性格を変えたような行動
に出たけど、寧ろこれはウーサー王のこれまでの行動に対するペナルティ
的役割が多かった様にも思える。

ウーサー王はゴブリンのイタズラによって禿頭にされてしまった。
ゴブリンも悪いことばかりしている訳じゃないな(笑)
別に隠れる必要も無く王様らしい何か冠でも被って禿頭を隠していて
も良かったのではないか。

■乗り移られたガイアスとモルガーナ

中身はゴブリンだったけど、ゴブリンはモルガーナを見てその本性を
見抜いたのか。それともガイアスの頭の中に有るモルガーナに対する
視線をただ語って見せたのか。

ゴブリンが姫から癒しの腕輪を盗んだ為に眠れなくなったという。
睡眠薬をもらいに来たとするも、忙しいとしてガイアスは断る。
「姫の希望は叶えるべきだわ!」とはモルガーナ談。

「姫の心の中が見えます。石のように冷たい心をお持ちだ。愛情深い
姫を演じているがワシはダマされた。王の死を望んでいる。キャメロ
ットの崩壊も・・。あなたの心には悪魔がいる」

■ガイアス + ゴブリン = ガイリン? ゴブアス?

ゴブアスの方がしっくり来るか。
ゴブアスは金貨が大好きなので今まで無料に治療していた診療を
嘘をついて金貨をせしめていく。
更に薬に病原菌を入れて治療するように仕向けていた。

レオン卿に対して酒場で遭った際には、レオン卿にケンカを売り
対決を求められたが謝罪と称して酒を奢りその中に何かを入れていた。

レオン卿の顔が水ぶくれになっていたけど大丈夫だったのか。

アーサーに至っては耳が変になってしまっていたけど、王子の耳は
ロバの耳って感じで可愛い感じに恥をかかせた。

モルガーナとグウェンとウーサーは対応策を話し合っている際に、
なんと放屁で恥をかくことになる。

■いざ犯人捜しへ

ゴブリンがマーリンの部屋に魔法の本があるとして犯人はマーリン
に仕立てられてしまう。その際にモルガーナが微妙に嬉しそうに
している姿がなんとも言えない。

牢屋に入れられるが逃走してグウェンに助けを求める。
マーリンはグウェンにアーサーと話をして欲しいというが、放屁の
姿を見られて恥ずかしい彼女。
でもマーリンの頼みで彼の部屋に行くと今度はアーサーがウサ耳
ではなくロバ耳にされていた。

ガイアスの体の中にゴブリンが入り込んでいる。
体内から取り除く為にはガイアスに毒を盛って死にそうになった
ところを、ゴブリンが飛び出すだろうのでそれを捕まえようとすること。

グウェンには解毒剤をガイアスに飲ませて欲しいとして役割分担を
する。グウェンが思わずずっこけて似たような薬の山に解毒剤が
埋もれてしまうという失態。でもマーリンが見つけて薬を飲ませた。

「頑固じじい起きて!」(マーリン談)
「だーれーがーじゃー」(c) 間寛平 とは言わなかったけど、
「じじいだと?」と反応する姿が有った。

■使用された曲

■出演者

マーリン (Colin Morgan) 生まれながらに魔法の力を授かる
アーサー (Bradley James) ウーサー王の息子。武術の能力
ガイアス (Richard Wilson) 思慮深く賢い宮廷医師
ドラゴン (声) (John Hurt)
ウーサー・ペンドラゴン (Anthony Head) キャメロットの王
モルガーナ (Katie McGrath) ウーサー王が後見人となり王女
グウェン (Angel Coulby) モルガーナの世話係。

ジェフリー・オブ・モンマス (Michael Cronin) キリスト教聖職者
ゴブリン(声) (Mark Williams)
エワン (Duncan Meadows) 酒場で腕相撲
トム (Simon Nehan) 骨折
ローズ (Gemma Arrowsmith) トムの妻
レオン卿 (Rupert Young) 騎士

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336