魔術師マーリン Merlin シーズン3 第4話 真に高貴な者 Gwaine

リンク広告 テスト




第4話 真に高貴な者 Gwaine

脚本/Julian Jones
監督/David Moore

【ストーリー】

マーリンとアーサーは馬を走らせる。狩りの疲れを取るにはどうする
というアーサーの質問に睡眠と答えるマーリン。よく冷えた蜂蜜酒だ
というアーサー。田舎の酒場は民を知るのに最適だという。ボクが
反対しても聞かないんでしょと。酒場では王子じゃなくただの農民だ
と語る。

2人は酒場に入る。そこは地元の人たちばかり。
女亭主のメアリーは良い男ねというとアーサーはそんな事は無いと
照れながら語るが、メアリーはこっちの方だとしてマーリンを指す。
酒を2杯頼むというアーサーは恥をかく。逆にマーリンは酒場は最高
ですねと語る。

そんな中厳つい顔をした男・ダガーとエボーがやってきてオレの取り分
を寄越せと語る。金を払うメアリーだがこれだけなのかとして更に
要求した為にアーサーがそれを止める。その手を離せというと後悔する
ぞというダガー。突然彼は仲間を呼び出すと多数が酒場に入ってくる。
アーサーとマーリンは形成は良くなかった。そこに一人の若者・ガウェ
インがアーサーたちに加勢してくれる。激しい戦いになりマーリンは
魔法を使いアーサーは剣で対峙するが、アーサーに向けられたナイフ
をガウェインが身を挺して助け変わりに足にナイフが刺さってしまう。

アーサーはメアリーたちに今度この男が現れたら城に連絡するよう告げ、
兵がすぐに駆けつけるという。オレは王子だというアーサー。
傷ついたガウェインを城へと運ぶ。
ガイアスが治療をする。水にタオルに針とシルク、そして蜂蜜だという。
感染を防ぐ力があるというもの。あとは生命力次第で回復するという
ガイアスにアーサーもホッとする。彼は命の恩人であり助けてくれた
のだという。

ガウェインが目覚めるとマーリンが声を掛ける。あなたは酒場で刺された
のだとしアーサーが治療をしろと命じたのだという。あなたが助けた人
は王子だというと、知っていたら助けなかったという。

■感想

ついに円卓の騎士の一人ガウェインの登場。
これまたアーサーに負けない程のイケメンの姿。
「アーサー王物語」に於いては、オークニー王ロトとアーサーの異父姉
モルゴースの子とされているけど、「アーサー王物語」は色んな系譜で
物語が発展しているので設定としては定かではない部分が多そうだ。
ただモルゴースはシーズン3に於いては初回から重要な役割をもって
ウーサーに戦いを挑んでいるので、今後どうなるのか。

シーズン2に於いてはランスロットなどが登場したけど、彼とガウェイン
が戦っていく姿もアーサー王伝説には記されているので、その辺の関係
図は複雑だけど、今はまだウーサーが現役の時代のことなので
問題が表面化することはないのかな。寧ろこのドラマ、ウーサーが死ぬ
ところで終わらせて、アーサーが王位を継いだところがラストシーン
なのかなと思っているんだけどね。

■出会い、そして恨み

マーリンとアーサーの二人で狩りに出た様だ。
疲れを癒すために立ち寄った村の酒場では盛況だったが、悪党・ダガー
がみかじめ料を払えとばかりにやってくる。
それを止める為にアーサーが立ち上がり、形勢不利なアーサーのことを
助けたのがガウェインだった。

ダガーは恥をかかされた為にアーサーに復讐すべき方法を考案。
スタローンの剣と他人に変身出来る水晶を手に入れてキャメロットに
やってくる。

キャメロットでは騎士同士が戦うメレ(乱戦)が行われようとしており、
ダガーは騎士に成り代わって出場し、戦いの中でアーサーを殺せば
罪には問われないと考えた様子。
二人はキャメロットに向かっているオズワルド卿とイーサン卿を殺害
しその血を水晶に擦り付けて変身することになった。

これまでにも変身したり、先日のエピソードではガイアスがゴブリン
に乗っ取られて砕けた姿を見せたことが有ったけど、ある程度この
ドラマもワンパターンになってきたかなと。

問題はどういう場面で彼らがすり替わったことを見極められるのか。
スタローンの剣は一見すると斬れない剣だが、もの凄く鋭いものが
有って触れるだけで斬れてしまうところが有る。

マーリンがそれに触れて指が切れてしまった。

■グウェインは人気もの

円卓の騎士はみんなグウェインに惚れるのか(笑)
ガウェインは市場で彼女を見つけて花を贈るが、残念ながら心に響か
なかった様だ。

アーサーからは贈り物は拒否したガウェインだが、酒場で散々食事や酒
をしてその場にいるみんなに振る舞った様子。

蜂蜜酒14クオート、ワイン大ビン4杯、リンゴ酒5クオート、卵の酢漬け
4ケースの請求書が届いた。マーリンに払わせようとしていたアーサーは
鬼なのか。結局公正なバツとして衛兵たちの靴磨きをさせられていた。

マーリンとガウェインは一緒に靴磨きをさせられる中で、自分たちの
ことを互いに語り逢っていた。ガウェインはカーリーオン軍の騎士
だった父は財産を残さずに戦死して母は王に援助を求めたが断られた
ことを語る。しかしその後のマーリンとの会話では、父親とは一度も
遭った事がないと語っているのに、何度も父親の教えとか、父のことを
口にして、ウーサー王を憎んでいる姿があるところを見れば、何らかの
因縁があるってヤツだろうね。

■アーサーと悪党ダガーの初対決

スタローンの剣を使っていた為に、アーサーにそれが少しでも触れたら
危険な状態。ちょっぴりヒヤヒヤしたし、ダガーはオズワルド卿の
姿をしているけど左効きなのに右手で剣を持っていたことで何か気がつ
いてくれるものかと思った。

■マーリンはダガーの悪事を知る

アーサーを守る為に剣を取りに行ったがマーリンはオズワルドが
実は魔法を使ってすり替わっている事を知る。相変わらず寝首をかかれて
もおかしくない人たちが城には揃っているよな(笑)
水晶には元々の顔であるダガーの顔が写っていた。
ガウェインはマーリンが戻るのが遅いということで様子を見に来ると
水晶のことがバレてマーリンを殺そうとしていたのを知り止めに入る。

レオン卿なども駆けつける中、王はオズワルドの訴えでガウェインの
処刑を求めるがアーサーの言葉で取りあえず国外追放で済んだ。

水晶を持っているということをどうしても言えないマーリンやガイアス。
いつものように言っても信じてもらえないという哀しい状況。
それだけ身分問題が有るんだろうけどね。

■メレ

兜を被っているので誰が誰か分からなかったけど、知っている人には
分かっていた様だ。ウーサーはアーサーの身を案じている姿が有る。
最後に残ったのはアーサーとオズワルドとイーサンで2対1の構図になる
が、突然ガウェインが助けに入る。アーサーのことをここでもまた助ける
ことになり、マーリンは城に残ることを提案するが、彼はマーシアを
目指すとしてあくまでウーサーの下では働かないことを語っていた。

■落ち

身分の問題は規則でどうしようもないというアーサー。
しかしグウェインがガウェインと仲良くしているのを知り嫉妬する。
規則で貴族とはつきあえないとしてマーリンはアーサーにトドメを刺した。

■使用された曲

■出演者

マーリン (Colin Morgan) 生まれながらに魔法の力を授かる
アーサー (Bradley James) ウーサー王の息子。武術の能力
ガイアス (Richard Wilson) 思慮深く賢い宮廷医師
ドラゴン (声) (John Hurt)
ウーサー・ペンドラゴン (Anthony Head) キャメロットの王
モルガーナ (Katie McGrath) ウーサー王が後見人となり王女
グウェン (Angel Coulby) モルガーナの世話係。

メアリー (Sarah Counsell) 村の酒場の女亭主
ダガー (Andrew Vincent) 悪党A
エボー (Shend) 悪党B
ガウェイン (Eoin Macken) 勇士
サイルファース (Bill Thomas) 魔法の武器
イーサン卿 (Philip Brodie) 騎士
オズワルド卿 (John Hopkins) 騎士
— (Jonathan Emmett) Inn Keeper
レオン卿 (Rupert Young) 騎士
— (Matthew Jones) Thug Hit with Jug

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336