プリティ・リトル・ライアーズ Pretty Little Liars シーズン5 第17話 ペナルティボックス The Bin of Sin

リンク広告 テスト




第17話 ペナルティボックス The Bin of Sin

脚本/Jonell Lennon
監督/Tripp Reed

【これまでのストーリー】

モナが死ぬ前にパソコンで設定したのを見つけるケイレブ。
ターンパイク沿いの倉庫にモナのパソコンが置いて有ること。
エズラからジャッキーがタルマッジ大の職員/入学事務になった
と聞かされる。アリアは「年上の男性と交際して高校生活を
台無しにしました」とメールでジャッキーに送ろうか迷い
送る。エミリーからまさか送ってないよねと。アリアは読まれた
と告げるとエズラには話したのかと問われる。ハンナに対して
アシュリーはジェイソンとは何でも無いと語る。ハンナはテッド
の事は本気なんでしょと告げる。タリアはエミリーに対して
普段からこういうファッションなのかと問う。タナー刑事は
アリソンをモナ殺害容疑で逮捕する。スペンサーとケイレブは
倉庫に侵入する。全部ビニール袋に入っていた。スペンサー
はケイレブに決して触らないよう告げる。
トビーはスペンサーに一体何を調べたのかと問うとそれは言えない
というスペンサー。ケイレブは倉庫の借り主としてハンナの名前
が使われて居るという。モナの遺体は間違い無くアソコだと
ハンナに告げる。

【ストーリー】

みんなが集まり倉庫の件を相談する。アリアはドラム缶の中に
モナの遺体が有るのか?と問う。アリソンが逝かれていたとして
もそこまでやるか?とエミリー。重傷なのよとスペンサー。
ハンナは今度は私が標的になっているとし、倉庫の借り主が私
になっているのだという。アリアは拘置所にケンカを売りに行った
からその仕返しではないかというと、スペンサーとエミリーは
そんな行動を取っていたなんて初耳だと責める。そのことは関係
無いという。ハンナの名で倉庫が契約されたのは4ヶ月前のこと。
モナが殺される前日だという。スペンサーはそんなに前から準備
していたのか。ナイフにも指紋がベタベタ付いていたんじゃない
のかとして始末することが出来て良かったというハンナとケイレブ。
ハンナは倉庫も始末しなきゃ行けないという。モナの遺体が入って
いるかも知れないドラム缶まで焼き払うのか。まさかそこまでは
しないが移動させるという。エミリーは触れたら不味いとし大事
な証拠であること。アリソンを追いつめられるものだと。
しかしハンナは私にはアリバイがないのだとし、ケイレブは
ハンナに家で一緒に感謝祭の支度をしていただろうというが、
二人きりなので庇っていると思われるだけだという。母は教会で
炊き出しを手伝っていたこと。ケイレブは一つ救いがあるとし
俺たちが倉庫にたどり着いたのはホルブルックはまだ知らないと。
エミリーはホルブルックはそもそも関係無いのかも知れないとし
アリソンの取り巻きの仕業かもと。ホルブルックは昨日アリアに
連絡してきたが彼は来なくてアリアは振り回されただけだったと
語る。先手を打とうというとデータファイルを壊しハンナの
名前を倉庫とは接点から取り消してからタナーに話せば良いと
いう。証拠が有ればホルブルックが浮かび上がるというと、これが
一番確実だという。しかしハンナは一番不安なのは私だけだと語る。

翌日エミリーとアリアはリア・ウィンドー・ブルーで話し合う。
エミリーはドラム缶のことを考えると怖い夢を見たという。アリア
はこれまで眠るとホルブルックがエズラの部屋の壁に礼の手紙を
貼る夢を見るとし、やはりエズラには隠せないという。今は昼
まで業者と打ち合わせに出ているというエミリー。電話して話す
為に遭うというアリア。

タリアはエズラにピーカンパイが好きみたいだから作ったという。
それを聞いたエミリーは彼の事をフリーだと思っているみたい
だけど違うわよと語る。タリアはそんな気は無く雇ってもらった
お礼に作っただけだという。タリアはエミリーがエズラが好きなの
かと考えるが私は男に興味はないからという。別れた恋人って女性
だったのかというタリア。エズラは私の親友と付き合っているの
で手を出さないでという。

ハンナはネットでラボ用安全装備・耐薬品性手袋をホームページ
で注文する中アシュリーが起きてくる。
テッドに電話したのかとし、それで(プロポーズの件)どうしたの
かと問う。彼は分かってくれたとし一度結婚に失敗しているから
軽々しく返事が出来ないこと。ジェイソンのことは言ったのか?
と問うとそれは言わないことにしたという。彼を無駄に傷つける
だけだという。他の人からバレたらもっと傷つくのではないか
とするハンナだが、この事を知っているのはあなたとジェイソン
だけで二人共信用出来るという。テッドと結婚したらこういう
秘密が段々重荷になってくるんじゃないのかとハンナ。味方する
気が有るなら別れてとアシュリー。ジェイソンから電話が鳴るが
アシュリーは電源を切る。

トビーはアリソンの資料を見ていた。
サインにはホルブルックのものが書かれてて板。スペンサーは
トビーに話が有るとしハンナのことでと連絡してくる。
昨日ケイレルがメールしてきたことに関係が有るのか。
俺は辞めろと言っただろうという。そんなに簡単にはいかない
のだというスペンサー。大事なことだから相談に来たのだという。
ハンナが暴走しそうなので手伝ってくれと言う中、タナーがやって
くる。学校の時間ではないのかとしてスペンサーを追い払うタナー。
トビーに対して裁判前にアリソンの資料を読んでいるのかと問うと、
どうもスッキリしないのだという。殺人の捜査はいつもそうだと
いうタナー。アリソンのポリグラフの結果を改ざんしたのではな
いかというトビー。ポリグラフの改ざんなら何処で躓いたのか
を見ていないと出来ないこと。あの時現場に居たのは機械操作
をしたトム・ヒギンズとここの警察官2名、そしてホルブルック
だという。証拠もないのに人を非難するのはダメだとすると、
トビー非難ではなく可能性だという。クリスマスにアリソンと
ホルブルックがキスしているのを見た人が居ること。ホルブルック
を調べたが休んだのは看病ではなかったとあれは嘘だという。
父親はピンピンしていたこと。それを聞くとタナーは警察官に
なったばかりなのに上司を調べるなんていい度胸だとしつまらな
い詮索は今すぐ辞めてと語る。

アリアはエズラを呼び出して遭う。
仕事中だがエズラは抜け出してやってきてくれる。タルマッジに
合格した事を告げると、ジャッキーは君の願書を見なかったのか
なという。アリアにタルマッジは良い大学だと語る。今夜二人
で祝杯しようという。なかなか言えずにいたがアリアは一つ言わ
なきゃいけないとし、ジャッキーは私の願書を審査したのだと
いう。入学事務課に手紙を書いたのだという。どんな手紙かと
問われるとその手紙を見せる。

■感想

うーん何だか流石にPLLも飽きてきた。
同じことの繰り返し。高校卒業するまでの我慢なのかなと思って
見ているのだけど、シーズン5で卒業したとしてもその後シーズン
6や7があるところを見るとまだまだ解決しなさそう。

「THE O.C.」で高校を卒業して以降は無理矢理ドラマが続いて
いなかったか?それをまた繰り返すということなのか。

しかも月曜日に見たドラマなので週末に書いてもあんまり覚えて
ない(笑)

冒頭ではアリアが殺人の件で敏感になっていたけど、それが
スペンサーやケイレブに移り、そして現在はハンナが心配して
行動を起こしている。

この4人に恨みを抱くもの、執着してまで精神崩壊でも企む程の
人物って何が居るんだ?

ただ一つ、あの倉庫のドラム缶の中身だけは気になる(笑)
みたいような見たくないような・・・
昔日本でもドラム缶にコンクリート詰めされて遺体遺棄された
という事件が有ったよな。

■各キャラクター

・アリア

今回のアリアは大学入学に際してジャッキーの共感を得る為に
エズラとの付き合いが結果として高校生活を台無しにしたという
ことが書かれた。
でも前にも書いたけどエズラとの付き合いが高校生活に支障を
来したというよりも「A」の存在に振り回されたという感じが
してならない。アリソンに出会っていなければアリアも変わって
はいなかったのだろうけど変わらない彼女の方が良かったのかも
知れない。

相変わらず入試の手紙に関しては秘密を共有しているのがエミリー
だし、エズラの店で働いているのも彼女なので、アリアとエミリー
が一緒に居るシーンが多くなって来た。

冒頭ではハンナに対して攻撃を仕掛けたことに関して、アリアが
語る。ハンナが拘置所までアリソンにケンカを売りに行ったから
からではないかと。

“聞いてないよー”by ダチョウ倶楽部って感じでスペンサーとエ
ミリーが思わずハモっていたけどね。

アリアは何処でエズラに正直に話すかどうかで悩む。
そしてついに告白し話すよりも手紙を見せた方が早いとばかりに
それを手渡した。
最初は怒っていなかった。
しかし一人でエズラが手紙を見ていた時にはちょっと様子がおか
しかった。エズラの中の闇の部分が解放される瞬間か!と思った
けど、エズラはアリアには大学を機会に新しい世界を見て欲しい
みたいだ。
アリアの「ローズウッド高校の思い出のアルバム」の中には
他の生徒が数々の課外活動をしているのに全く空白になっている
ところがむなしかったね。

・スペンサー

スペンサーとトビーの立場の違いが現れ始めるエピソードだった。
トビー自身はこれまで散々警察から不当な扱いを受けているので
そうなりたくないのだろうね。スペンサーたちを贔屓すれば
結局の所ホルブルックやワイルデンと変わりなくなってしまう
からね。

スペンサーはハンナが倉庫の件ではハンナと倉庫の接点を消して
からタナーに報告しようとしていたけれど、中に死体が有れば
自分が疑われるのは必至だと考えて、行動を起こしてしまう。

スペンサーはモナのパソコンのGPSが勝手に動き出したことを
知ってエミリーとアリアと三人で追跡しに行く。
すると元アイスクリーム工場にいく。
この時点である程度予想は付く展開だよね。
安っぽいホラー映画状態。

見つけた証拠のモナのパソコンなんて持ち帰ってからゆっくり
見れば良いのにそこで見ようとする。武器も何も持っていかない
し、せめてレコーダーでも良いし録音しておけば良いのに・・
以前は見たものは撮影して記憶しておくみたいなルールを4人の
間で作っていたじゃないか・・

アリアとスペンサーがモナのパソコンでの盗撮されていた
ケイレブとハンナの会話を聞いている間に、フードの人物は
先日のケイレブがナイフ処分する際に釜に入ったタイミングで
閉じ込めたけど、今回は二人のことを冷たいアイス/液体窒素
ガスの中に閉じ込められてしまった。

最後にスペンサーはハンナに文句を良いハンナの行動は傷口を
広げてケイレブにも迷惑をかけているとしていたけど、
ハンナは「良く言うわ」として憤怒。

スペンサーはトビーと会話したいのにトビーからは距離を置かれて
しまい状況としては一人になってしまった感じ。

・ハンナ

今回のメインはハンナだった。
ハンナは母親のアシュリーとジェイソン/トビーの件もあるし
頭が痛い。

ハンナは倉庫を借りた名義人がハンナになっていることを聞いて
その中に遺体が有れば確実に自分は刑務所行きになるとして
それを取り除こうとする。しかしみんなはそれらは全て大事な
証拠であり寧ろ警察に渡すべきことを語る。ハンナはそんな発言
が人ごとだから言えるものだと感じた様だ。

ハンナはモナによるとスペンサーよりも頭が切れるというみたい
だから、色々と遺体を処理する方法なのか証拠を消すための
方法なのかは分からないけど薬品とか手袋みたいなものを購入
していた。

ハンナは中の物を取り出したら服などは処分して燃やし、ドラム
缶は森の中に居ててプリペード携帯で通報するとしていた。
タイヤ痕でバレるとされるが、アリソンだって素人なのにやって
いたとし私が噛んだガムをモナのクツにくっつけるとかしていた
のだと語る。
ケイレブとしてはナイフを処分したのと同じと言われて何も言え
ない。

ハンナはケイレブと共に倉庫に行って取りあえず中を見てみると
そこに有ったのはドラム缶だけだった。
防犯カメラが設置して有るのだからそのカメラ映像を調べたら
どうかと小一時間だけどね。

ハンナがみんなからの電話に出ない。
アリアはハンナの性格を見越してホットファッジブラウニーに
おびき出すとしていたけど、そもそも電話も出ないんだしね。

ハンナたちが工作しようとしていたところでタナーとトビーが
来てしまった。

・エミリー

エミリーはタリアとの関係で四苦八苦。
別に互いに悪気はないんだけど、それはあくまで”今の所”って
感じ。タリアが誰に繋がっているのかは不明。このドラマ、
都合良く相手の元に刺客を送ってくるからな。

エミリーは一緒にスペンサーとアリアと共に冷凍アイス工場に
行ってモナのパソコンを取り戻しに行った。3人も居るのに1人の
フードによって色々と奔走させられるというのはちょっと情けな
い。

タリアはエミリーを慰めようとしたりして近づく。
エミリーとタリアがエズラをもらっているものかと思って牽制
していたが、「エズラのお尻が良い」と言ったのはエミリーの
反応を確かめたかった為の物で、彼女も実際には同性愛者っぽい。

■その他

・ドラム缶の中身は?

もうこればかりが気になる(笑)
ホルブルックの遺体じゃないのかなと思っているけど、どう
なのかな。最近全然ホルブルックを見ていないし・・

あの倉庫内でタナーが滴下血痕を見つけている。
誰かあの部屋に入った際に怪我したっけ?

・フードの人物

実はエズラじゃないのか。
倉庫の中の証拠品は全て落書きのしている場所に移されていて
そこは元アイス工場の跡地みたいな感じだった。
BOO BOO’Sってアイスの道具のある場所。
そこにライトを持ったフードの人物が調べに来ていた。
窓硝子とかドアには指紋がベッタリついていたけど・・
スペンサーたちがモナのPCを探している時にはドアなんかに
似たようなペンキで落書きしてあったよな。
「12 MONKEY」みたいだ。

・会いたいのに会えない

今回はみんな別れを演出する様な話になったな。
エズラはアリアの気持ちを知って解放しようとしている感じだし、
スペンサーはトビーと話したいけど、彼は立場上スペンサーとは
距離を置き始めた。スペンサーはもうペイジとは諦めたっぽいし
ジェイソンとアシュリーの関係もトビーの為に別れを決める。
ただアシュリーが横恋慕した件でジェイソンは気持ちを察して
いるようで

「土曜の夜のあれは結婚式断る口実ではないか」としていた。
「ボクも以前に同じ経験が有り過去が障害になるのが怖くて
目の前の幸せを壊した」
と語っていた。

アシュリーも聖職者との結婚だから黒い歴史のある彼女にして
見ればちょっと臆するところがあるのかも。

■使用された曲

・Secret by The Pierces
・Wildest Moments by Jessie Ware
・Joy to You Baby by Josh Ritter
・Taken by Young Summer
・Ghosts by Laura Welsh
・Hope by HAERTS

■出演者

スペンサー・ヘースティングス (Troian Bellisario) マジメ生徒
ハンナ・マリン (Ashley Benson) 母子家庭
アリア・モンゴメリー (Lucy Hale) 娘
アシュリー・マリン (Laura Leighton) ハンナの母
エミリー・フィールズ (Shay Mitchell) 水泳部、レズ
アリソン・ディローレンティス (Sasha Pieterse) 復活
ケイレブ・リバース (Tyler Blackburn) ハンナの元彼

エズラ・フィッツ (Ian Harding) 元教師
トビー・キャバノー (Keegan Allen) 警察官を目指す
モナ・ヴァンダーウォール (Janel Parrish) ハンナと連む生徒
ジェイソン・ディローレンティス (Drew Van Acker) アリソンの兄

リンダ・タナー (Roma Maffia) 州警察
タリア・サンドヴァル (Miranda Rae Mayo) プロの料理人
— (Caitlyn Baidas) バリスタ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336