シカゴ・ファイア Chicago Fire 第13話 それぞれの決断 Warm and Dead

リンク広告 テスト




第13話 それぞれの決断 Warm and Dead

監督/Alik Sakharov 脚本/Michael Brandt
Derek Haas

【前回までのあらすじ】

ケイシーは母・ナンシーの仮釈放の件で手助けしているので
素っ気なかったことをガブリエラに告げる。無視していると
思って欲しくないと。しかしガブリエラはピーターとキスして
関係を進める。レズリーはクラリスに対してもう元に戻れない
とし、夫が居て妊娠しているのに私が恋しいのか?としあなたが
出て行ったのだと語る。ボーデンはアーニーに対して君が
放火したのかと問う。しかし彼は悪い事はしていないと語る。
そんなアーニーにはレイ叔父さんという人物が一緒に居た。
背骨を痛めたセブは医師から治るがレスキューとして完全に復帰
した人が居ないのも事実だと言われる。レネーがマドリードに
行くとしリハビリ施設も有るので同行し引っ越すとケイシーに
伝える。

【ストーリー】

セブとレネーはデートでタワーに登って街の景色を堪能する。
これからは初めての事だらけよと。
レネーは医者に会ったとし医療関係者の知り合いに色々と
話を聞いたらリバーフォレスト病院の形成外科部長が脊椎の臨床
研究の第一人者であなたに遭いたがっているという。マドリード
にもっと早くいけるかもと。

ボーデンにアーニーから電話。
アーニーは何か言いたげだが無言。ボーデンは今は何処に居るの
かというが電話を切ってしまう。

●火災が発生との通報。
ハーマンは金物屋が火災とは不味いという。クルズとミルズは
屋根で排気作業をするよう告げるケイシー。ガスボンベがある
からこのままだと爆発するという。一人発見したとしてケイシー
はハーマンに足を持ってくれというと、男を外に運び出しガブリ
エラたちの持つ担架に連れて行く。
鎮火することになるがまたゴミ箱が火元だとしてボーデンに報告
があがる。ボーデンは辺りを見渡すが・・・

レズリーとガブリエラは署に戻るとケイシーが何か屋根で作業
をしていることに気がつく。扉が引っかかったのだとしハーマン
は頼まれていたのに油を差すのを忘れていたという。4人も子供
がいるのにまた忙しいことになったので忘れていたという。
“おたまじゃくし”もくたびれたと思ったという。それを聞くと
レズリーもガブリエラもホットチョコの在庫をチェックすると
して出て行く。

オーチスは俺も婆ちゃんの家で60cmの所で扉が引っかかり
バターを取ってこさせたことがあると語る。すると突然ハーマン
が手をあげる。ピーターは何なのかとすると、これはウチの
ルールだとして何度も同じ話ばかりしてみんなから手が上がった
らつべこべ言わずに黙ることなのだという。
ピーターはジョーから行くぞと言われ運転を教える約束だという。
オーチスは俺の方が先だろうというが・・

そんな中少年がやってくると、この犬を引き取って欲しいという。
マウチは昔80分署で飼っていた犬に噛まれたことがあるので
嫌だとするが、少年は置いてこないと川に捨てると父親に言われた
のだという。ピーターは俺がもらうよとして受け取る。好物は
ベーコンだよと少年は語り立ち去る。

レズリーはボーデンがやってくるとガブリエラと共に
“パパ、置いてあげて”と懇願するポーズをする。なんとそこに
はカワイイ犬ちゃんがいた。子供の父が川に捨てると言ったので
預かったというが、ボーデンは無理だという。
そんなボーデンはモーニングサイドの67分署でシフトの応援を
探しているという。オーチスは自分が行くという。ジョーは
シカゴで一番暇な署だぞと。
セブが署に来た為に何をしているのかと問うとスペインに引っ
越すことにしたという。

ボーデンに呼び出されるセブ。
お前の貢献と父親の功績を考慮して調査室や消防学校に異動させ
るというが、セブはもう決めたことだという。しかしボーデン
は一晩考えてからにしろというが、よく考えた末に結論だという。
寧ろボーデンに対して悩みがあるのかと問うセブ。
アーニーのことだとし電話してきて助けを求めているのだという。
その直後にゴミ箱で火事が発生したという。チーフは努力した
とすると、ボーデンはアーニーと一緒の男が引っかかるという。
ここからは警察の仕事ではないかというセブだが、警察は何も
してくれないというボーデン。

レズリーはセブに対してあんたがスペインに行くとチーフが言って
いたが嘘なんでしょと問うが本当だという。いつ決めたのかと
問われる。

そんな中通報が入る。

●ベイビーが撃たれたというもの。

アパートの上に階段で上っていくレズリーとガブリエラ。
すると黒人の男が撃たれて倒れていた。ガブリエラが処置しよ
とすると、突然男が銃を持ち母親に対して警察を呼んだのかと
怒鳴る。あなたも撃たれたからよとしてベイビーというが、
彼は母親を銃で殴り飛ばす。刑務所には戻らない正当防衛だった
んだというベイビー。ドアの外から消防のハーマンたちがやって
くると、ベイビーはドアを叩くなと言えと要求する。そうしない
とドアに向かって発砲するというと銃口をドアに向けた為に
レズリーがスタンガンを押しつける。ガブリエラはスタンガンは
禁止でしょと言うと、行動規範の何処にスタンガンが禁止と
書かれているのかと尋ねるレズリー。「1ページ目よ」とガブリ
エラ。

オーチスは67分署に行く準備をしていると、ハーマンは観光客に
Tシャツを売る方が出動するより多いに10ドル賭けるという。

■感想

今回は別れを選ぶか、それとも残ることを選ぶのかの選択が
多くの場面で描かれた。気の合う仲間と離れるのは寂しいけれど
スキルアップの為、そして自分に有った仕事や生活をする為に
は時にその選択が悲しいものとなろうとも強いられることになる。

ただ別ればかりではなく当然再会が有ったりとそれぞれのキャラ
クターには役割が含まれていた。

象徴的な存在としては少年が持って来た犬かな。
犬の処分をどうするのか。
ボーデンは飼うのはダメだとしていたし、ガデリエラとレズリー
が彼の前で「パパ置いてあげて~」とお強請りする光景は
アメリカのシットコムではよく見られるけど、アメリカ人がやる
とまた面白い。
自分がレビューしている「100 オトナになったらできないこと」
なんかでもお強請りポーズが多いんだよね。あれ見たら男親は
まず断れない(笑)

マウチは当初犬を嫌っていたけどいざ接していくウチに犬の可愛
さに気がついて「ベーコン持って来い」と語っている光景が
有った。

■事件・事故

・金物店で火災発生

クルズとミルズが屋上で排気。ガスボンベが有るので爆発する
として計画する。一人の男を連れ出すが、火元はこれまでの
連続犯と同じでゴミ箱だった。

・ベイクストリートのアパートで発砲事件

母親の元にいるベイビー/息子が暴れたもの。
銃を所持していた為にレズリーとガデリエラがけが人の対応を
している際に銃を向けてきた。レズリーは隠し持っていた
スカンガンを使ったけど、行動規範でスタンガンの禁止は1ページ
に書かれているとしてガブリエラがレズリーに語っていた。

その後何かの流れでレズリーとセブがスタンガンの話になった時
「スタンガンの禁止って知ってた?」という質問にセブが
「一ページ目に載っているだろう」としていたところが印象的
だったかな。

・アーニーの自宅で火災

今回度々アーニーがボーデンに電話してくる光景が有った。
レイが居ない時に電話してきたけど見つかれば殺されるという
ことで話せずにいた。最後に話したけどその現場には居なかった。
アーニーの家で火災が発生したということを聞いて急いでいくと
アーニーはクローゼットの中に閉じ込められてレイは逃走する。

レズリーとガブリエラに何とか助けて欲しいと手渡すも残念
ながら助からなかった。

ボーデンは外に逃げるレイを追いかけてフルボッコにする。
凄い事にレイはボーデンと消防署を訴えると逆ギレ。ホントに
どうかしている。

ボーデンは休職する事を告げ、その後復帰できるかどうかを
教えてくれと語る。

■それぞれの問題点

・ケイシー家の事情

ケイシーの母、ナンシー・アナリン・ケイシーの仮釈放審査が
行われる。
ケイシーは当然母を釈放させたいが、父を殺した母親を姉は
許せずにいて二人は数話前からケンカしている光景があるが、
それ以前から相当二人の間には溝があったみたいだ。

仮釈放審査委員の前でケイシーはガブリエラを連れて行った。

そこで母のしたことの悪さを唱えつつも、同時にケイシーは7歳
の時に野球ミットを万引きした時のエピソードを語り罰したこと。
そして姉が父の車をぶつけた際にも仲裁に入って罰を与えつつも
助けたことを語り、母は罰だけでなく許しも理解している
ことを告げる。15年の代償も払ったので今度は許しても良いので
はないかと。あの日自分たちは父と母を失い何かが変わったこと
を告げ、それは僕自身だと語る。

母親も犯した罪に後悔していることを告げた為に後に仮釈放が
通るがその為にはケイシーとの同居が必須だった。

・セブライドの取る道は?

脊椎を傷つけて強い鎮痛剤で凌いでいたセブライド。
恋人のレネと一緒にスペインで生活することになり、最後に
シカゴの街を見学していく。しかしその際にレネは医療関係の
知り合いに話を聞くとリバーフォレスト病院の形成外科部長が
脊椎の臨床研究の第一人者で会いたいと言って居るのだという。
マドリードにもっと早くいけるようになるかも知れないとのこと。

いざ医師に会いに行くと説明を受ける。
頸椎の骨と軟骨の骨を取りだして別の頸椎に繋げて血小板の
注入をすることで治癒力を増加させるというもの。
一年かかるとされるものが4ヶ月が治るという。ただし同時に
リスクも有るし保険の対象外だという。危ない橋を渡るべきなの
か。

●セブライドがマドリードに行く事が初耳のレズリー

一番の親友なのに初めて聞かされたとして激怒していたね。
そして暫くは無視されていて、レズリー自身はクラリスと住む
ので鍵を返してと言われる。

●セブライドは父に報告する

最後に狩猟区/Muralt Bluffで生活している父の元に行き消防局
を辞めることを話した。父はレネとは一時のことかも知れないと
して関係が飽きたらどうするのかと語る。遠い地で保険金しかない
自分に気がつくかも知れないと。全てを失った俺みたいになるぞ
としていたし、レスキューに変わるものはないとは父談。
セブの父はセブの母以外にも3人結婚しているとしていたが、
言う資格はないと言いながらアドバイスをくれた。

「お前は怯えている・・どうしてか・・まだ辞めたくないからだ」
「人の期待に応えなくても良いが、自分だけは失望させるな」

・オーチスは異動する?

モーニングサイドの67分署でシフトの応援を探しているという。
51分署でのオーチスは最近ピーターよりも待遇が悪く、消防車
の運転さえ教えてもらえない。
更に同じ話をしたら「手を上げるのがウチのルールだ」として
何度も同じ話をした時には手が上がったら辞めなければならない
のかな。
67分署に行くとするとみんなはシカゴ一退屈な分署だとするが・・

そこで取りあえずオーチスは67分署にいく。
3人の消防士が居て、オーチスのことを大歓迎してくれる。
食事の際に色々と話をしていると一人の消防士がpodcastの人なの
かとしてあれは面白い放送だと褒めてくれる。
また消防車も比較的簡単に操縦させてくれるし、車庫入れに
置いては
そのうまさを褒められた。これ以上にない分署だけど、まだ
正式じゃないので分からないよな。

■その他

・ボーデンは元妻ジョンダの元へ

前からジミーのことを言っていたけど、ジョンダの連れ子みたいだ
ね。3歳の頃から本当の息子として育ててきたことを語る。
ラルフィという犬を狩っているらしい。ジミーもボーデンのこと
を本当の親のように再会を喜んでいた。

・セブは手術を決断、レネとの別れも決断

レネはセブに手術のことを言わなければ良かったとして、本当に
愛して居たことを語る。ただこれでおあいこだとして助けてもら
った時の恩返し的流れとなった。

■使用された曲

■出演者

シカゴ消防局51分署
マシュー・ケイシー (Jesse Spencer) 第81小隊・小隊長
ケリー・セブライド (Taylor Kinney) レスキュー第3小隊長/救助
ガブリエラ・ドーソン (Monica Raymund)救急第61隊、現場責任
レズリー・シェイ (Lauren German) 救急第61隊、ゲイ
ピーター・ミルズ (Charlie Barnett) 第81小隊・候補生
クリストファー・ハーマン (David Eigenberg) 第81小隊、4人の子
ハリー・トーマス (Teri Reeves) レイクショア病院・研修医
ウォレス・ボーデン (Eamonn Walker) 51分署大隊長
ジョー・クルーズ (Joe Minoso) ピーターを案内する、ハゲ、ヒゲ
ブライアン・スヴァナチェック (Yuri Sardarov) “オーチス”、81
ランディ・マクホランド (Christian Stolte) “マウチ”、組合代表81
キャップ (Randy Flagler) 第3小隊ロープを垂らす、ハゲ
ケヴィン・ハドリー (William Smillie) 第3小隊ロープを垂らす
— (Anne Lockhart) ディスパッチの声

レネー・ロイス (Sarah Shahi) 電柱にぶつかりセブに助けられる
レオン・クルーズ (Jeff Lima) ジョーの弟、ギャング
クリスティ・ケイシー・ジョーダン (Nicole Forester) ケイシーの姉
ナンシー・ケイシー (Kathleen Quinlan) 母
コニー (DuShon Monique Brown) 消防署、秘書

クラリス・カーセッジ (Shiri Appleby) レズリーの元パートナー
アーニー (Cody Sullivan) 自転車少年
ジェームズ・フリツキー (Ron Dean) 消防署の人、法務?
ベニー・セブライド (Treat Williams) ケリーの父、元レスキュー
レイモンド・マーティン (Darrell W. Cox) アーニーの叔父”レイ”
フォーテンベリー (Matt Kozlowski) 67分署
グッドウィン (Brian McCartney) 67分署
ウィルコックス (Kevin Miller) 67分署
スティーブ・ウォーカー (Steve Chikerotis) 地方検事
アレンド (Cedric Young) 地方検事
— (Jason Wells) Parole Board Member / 仮釈の審問
Dr.ドリット (Chris Agos) 治験
ローマン (William Burke) 消防署
ションダ (Shanesia Davis) ボーデンの元妻
フーバー (Kevin Casey) 消防署
テリー (Sam Zerante) 消防署
“ベイビー” (Antoine Pierre) アンジェラに息子、前科持ち
アンジェラ (Patrese McClain) ベイビーの母
ブレット (Brett Snow) Engine Fireman
ジミー (Juan Lozada) ションダの子、ボーデンと血のつながり無い
— (Terry Berner) 男性
— (Matt Young) 男性
— (Amy Newbold) 看護師
ジム・ジョーダン (Mike McNamara) クリスティの夫
— (Shawn Bernal) Hardware Store Clerk
— (James Chudnow) Apartment Building Owner
— (Darren Elliot Fulsher) EMT
— (Steve Piper) Fireman
— (Cookie Santucci) Granny

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336