ゲームシェイカーズ Game Shakers 第2話 ゲーム スタート! パート2 Sky Whale, Part 2

リンク広告 テスト




第2話 ゲーム スタート! パート2 Sky Whale, Part 2

脚本/Dan Schneider
監督/Steve Hoefer

【ストーリー】

モーゼスがMCを勤めるPNPでは人気ゲームアプリ”スカイホール”
を大ヒットさせた女の子のベイブとケンジーを招待する。
ブランコ男、レイザーコーン(赤毛)、ワッグズ(金髪女)が
出演する中、二人に質問する。ブルックリンに会社を作ったのか?
会社の名前は?。ケンジーは何も決めていなかったがベイブは
既に決めていたように会社名はゲームシェーカーズで放課後に
ケンジーに見せるつもりだという。

ベイブはケンジーとハンターと三人で会社にいく。
ここでゲームを開発するのよというベイブは気に入ったのかと
問う。ショック過ぎたのか反応がない為にハンターは彼女の体
を持ち上げて揺り動かす。

一方ダブルGはバニーに対してトリプルGはどこだと問うと、まだ
エッフェル塔から戻っていないという。ルーブルーに言ったが
ルースレスは入れなかったという。そんな中トリプルGはチーズ
ショップで知り合ったという三人のフランス人を連れている。
彼は同じ年の子と遊びたいと訴えるが、ダブルGはジェットに
入れてはダメだとしてモニークは連れ出される。チーズを食べる度
に君たちを思い出すよと語る。

ベッカーはダブルGの元に行くと発明した子供たちのことが記事
に掲載されていることを語る。ブルックリンのビルを購入して
ゲーム会社を設立していること。会社を作る金が有っても俺の
曲を使用した金は払えないというのか?
次はバハマでしょというバニーに対してダブルGはニューヨークに
行くぞと告げる。トリプルGはニューヨークに帰れるとして
喜ぶ。

ゲームシェーカーズでは宇宙空間用モーションキャプチャーの
テストをしていた。ハンターに装置を装着する中、ケンジーは
何で彼を雇ったのかと問う。ベイブはイケメンだし言えば
何でもやってくれるからだと。ヘルメットにイッカクの角をつけ
て上空に飛ぶのをレコーディングする。そんな中で突然ダブルG
のスタッフたちが入ってくる。トリプルGはここは凄いとして
感激する。皆さん何で来たのかというケンジーに対して俺の曲
を勝手にゲームに使っただろうという。著作権の侵害は犯罪だ
という。私たちは学校の宿題にちょっと使っただけだという
ベイブ。しかしその後売ってしまったことを思い出す。
とにかく話そうとし幾ら払えばいいのか?というベイブ。
ベッカーはダブルGに電卓を見せる。120ドル・・いや1200万ドル
だという。ベイブはもう全財産を会社設立に使ってしまったこと
を語り払えないという。火曜日の午前11時に俺のオフィスに来い
とし、親でも弁護士でも同行させれば良いが金を持ってくる
のを忘れるなと言われる。

■感想

落ち着くところに落ち着いたという感じかな。

ディズニーの「天才学級アント・ファーム」と今回のパーティー
でのベイブ&ケンジーの姿は何処か「シェキラ!」を彷彿とさせる
感じだった。
最後に音楽的パフォーマンスで終わらせるというのも悪くない
作りだけど、このドラマは音楽ではなくゲームを定期的に作って
いかねばならないのでもの凄く大変そうだ。

まぁアプリ系のソフトならばそんなに複雑な構造ではなさそう
だけどね。

中高年生に対して著作権違反に対する啓蒙的なものも含まれて
いたりするのかな。

子供が大人顔負けのことをしているし、大人は子供顔負けの態度
を見せているという所が如何にコメディっぽいところだけど、
なんだかアメリカというとギャングのイメージが強いので
会社に押し寄せてくるダブルGファミリーが立ち並んでいる姿を
見るとかなり怖い。
しかも学校まで押し寄せてくるのだから。

役に立ったのはケンジーが持っていた電子ゲーム「グリップ」
祖母からの贈り物で形見かと思ったら刑務所に居るという。
相当なワルなのか(笑)。ケンジーは良い子に見えるけど・・

大昔からトミーで発売している「サイモン」みたいなゲームな
のか?「サイモン」も進化していて、今時のサイモンが凄い。
ダイソンの「羽のない扇風機」みたいになっている(笑)

過去に一度は目にしたことが有るかも。
http://www.takaratomy.co.jp/products/simonair/

ダブルGはグリップを父親に取り上げられた心の傷を背負っている
が、その際の心の傷をビル/ゲーム会社を取り上げられる時の
気持ちに乗せて「恐ろしい負の連鎖」とするところが笑えるな。

最後はよく分からない内にパーティー。
ダブルGのラップ。軟らかい女性の声が挿入される所はジブラ
っぽさも有ったけど、普通のラップと違ってかなりソフトタッチ
な曲なんだね。

■使用された曲

主題歌:「Drop Dat What」 ケル・ミッチェル

■出演者

ベイブ・カラーノ (Cree Cicchino) 生徒
ケンジー・ベル (Madisyn Shipman) 生徒、メガネ
トリプルG (Benjamin Flores Jr.) 12歳、ダブの息子
ハドソン・ギンブル (Thomas Kuc) 生徒
ダブルG (Kel Mitchell) “ダブ”、歌手”ゲイル・J・グリフィン”
— (Michael Angeloe) School Kid
スコッティ (Nick Baga) ダブのスタッフ
ルースレス (Sheldon Bailey) ダブのスタッフ
— (Ava Bianchi) Kenzie Photo Double
Mr.サミッチ (Regi Davis) 先生
レックス (Jake Farrow) “声”
ジェイク (Evan Fields) 生徒
ベッカー (Ray Ford) ダブのマネージャー
バニー (Bubba Ganter) ダブのスタッフ
モーゼズ (Phillip Garcia) PNN
エイブ (Patrick Hume) 地下鉄にて
キャプテンパイク (Mike Kalinowski) PNN
ダーシー (Mia Kaplan) 生徒
本人出演 (Projared) PNN
本人出演 (Lasercorn) PNN (赤毛)
ワッグズ () PNN 金髪女性
ジョスリン (Ariana Lamour)
— (Gabrielle Lane) トリプルの家庭教師
カイリー (Emma Rose Maloney)
ソン (Daniel Nguyen) 地下鉄で音楽?
— (Robert J. Watkins) Lyrical
モニーク (Katia Peel) フランスで知り合う子

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336