ゲームシェイカーズ Game Shakers 第19話(17) ラップで大ゲンカ! The Diss Track

リンク広告 テスト




第19話(17) ラップで大ゲンカ! The Diss Track

脚本/
監督/

【ストーリー】

・ゲームシェイカーズ
ハドソンはマジで今度ゲームシェイカーズが出すゲームは面白い
よとして、髪の毛を切ってもらっているファッチ(Heath McGough)
に語る。名前も良い「ピックイット・スクラッチイット・ポップ
イット」だと。ゲームなんかやると不良、悪魔が寄ってきて魂
から血を吸われるぞという。

ケンジーとベイブがやってくる。
ゲームに使うビッグノーズを持って来たという。なんでそんなに
デカイ鼻なのかとするファッチに対してこの人は誰なのかと
ハドソンに告げる。美容師だとするが、ケンジーは美容師じゃな
いという。それならなんでハサミを持っていると思うのかとする
と、それなら免許を見せてという彼女。するとファッチは逃げて
いく。

鼻でどんなテストをするのか?というハドソン。
ニキビ、カサブタ、鼻の穴に鼻水風船を突っ込むというベイブ。

そこにトリプルGがやってくる。彼は音楽を聴きながら一人
“絶対駄目だ”と語る。何が駄目なのかとして尋ねるとビッグ・
ビシャス(Harley Morenstein)の新しい悪口ラップのことだと
いう。ベイブは彼のファンだとすると、それは不味いとし彼は
新曲で父さんを貶した曲を出したのだという。ターゲットがダブ
にされたのかというと不味いという。ケンジーは歌詞の意味が
分からないと語る。ハドソンはいつの間にか入ってしまった鼻の
穴にいて助けを求める。

ダブたちがやってくる。するとダブは歯医者に行った為に喋る
ことが出来ずに居た。バリーは歯医者に行ってきたという。
ルースレスは4本も虫歯が有ったのだという。治療している間に
悪口ラップがかかったという。何でダブをターゲットにしたのか?
ダブは喋れない状態だったのでモゴモゴ語るが誰も何と言って
いるのか聞き取れなかった。しかしハドソンが仕返しすると言った
んだという。
そんな中バニーとルースレスは旅行に行くという。男子限定の
クルーズだと。男だけ大きな船に乗って楽しむって奴じゃないか
というが・・。みんなダブに熱くならないでという中、二人
は旅行にいくとして行ってしまう。トルプルGはビッグ・ビシャス
には関わらない方が良いと語るが・・。

■感想

ダブがビッグ・ビシャスという歌手から悪口ラップで貶された
ことで怒ったダブは仕返ししようとする。しかしトリプルGは
相手は超シツコイ奴なので関わらない方が良い事を告げ、深入り
することを止めるが・・

ビッグマウスというのは有るけど、今回のゲームはビッグノーズ
が使われるというもの。しかもマウスに関連してのことなのか
ダブは歯医者に治療に行きロクに話すことも出来ない。

ビッグ・ビシャスは名前の通りガタイも大きく、ガチでケンカに
なったら怖い(笑)歌詞で罵り合っているウチは良いけど、
アメリカの場合90年代には殺し合いに発展したことも有る。
そもそもラップ/HIP HOPにしても地域差が有るのだろうし、
自分たちが一番のギャングみたいな世界だからラップ歌手同士の
抗争の発展はギャングそのものだった。

こんな時に限ってバリーとルースレスが居ない。
居たら居たで収拾が付かなくなったのかも知れないが・・

ベイブなんかは気楽な感じで相手に反撃すれば良いとしていた。
ケンジーもラップのルールは知らないけど悪口ラップの悪口的
歌詞には荷担しているところがある。

ビッグ・ビシャスが可愛がっているベスという犬を非難する歌詞
を作った。エサやり過ぎて太り過ぎだろみたいな程度だったけど
そもそもこういう幼稚な言い争いなら子供たちに聞くのが一番
なのかな。

バニーが居ない間に、彼の祖母がアシスタントをするとしていた。
注文してもなかなか出てこない。怒ったダブは家に帰って
「ビクトリアス」でも見ていろとは、如何にもDan Schneider
プレゼンツって感じか。

ハドソンがまた何時も通りとんでもない言動に・・
ビッグ・ビシャスの犬を見て可愛いブタですねとか、恐れ知ら
ず(笑)

トリプルGがダブの息子だと気がつかれた時にドリブルバスケット
ですと語るところは笑えた。

結局和解するに至ったのはベスの犬の具合が悪そうなのをダブが
見つけて処置したこと。結局ベスは食べ過ぎではなくて妊娠して
いたみたいだね。

■使用された曲

主題歌:「Drop Dat What」 ケル・ミッチェル

■出演者

ベイブ・カラーノ …… 生徒
ケンジー・ベル …… 生徒、メガネ
トリプルG …… 12歳、ダブの息子
ハドソン・ギンブル …… 生徒
ダブルG …… “ダブ”、歌手”ゲイル・J・グリフィン”
ルースレス …… ダブのスタッフ
バニー …… ダブのスタッフ

ボビー・ドン …… 整体
ガンツ …… 地下鉄で悪口ラップ
ファッチ …… 美容師・・ではない
ビッグ・ビシャス …… 悪口ラッパー
フリオ …… 地下鉄で悪口ラップ
Mrs.ビーズリー ……
Dr.ジェンキンズ …… 獣医
ピコ …… レコーディングスタッフ
クエード・モンゴメリー …… ダブのそっくり

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336