西海岸捜査ファイル ~グレイスランド~ Graceland シーズン3 第2話 覚めない悪夢 Chester Cheeto

リンク広告 テスト




第2話 覚めない悪夢 Chester Cheeto

監督/Larry Teng 脚本/Daniel Shattuck

【これまでのあらすじ】

ポールは病院が殺されかけたマイクに対して息を吸って収まる
のを待てという。しかし痛みからクスリに手を伸ばすマイク。
ペイジはマイクに対して私をこれ以上救おうとしないで語ると
ペイジは出て行くという。チャーリーが潜入中、ジャーメイン
にバレる。お前は警察なのか。チャーリーはアンバーにお願いだ
として妊婦だと語る。アンバーは彼に腹以外を痛みつけてと語る。
ローガンはポールに対して起訴は避けたいだろうとし、アリ・
アダミアンというサルキシアン一家の幹部と接触しろと命じる。
ポールは気絶している間にアリがサミーから腎臓を取り出す。
ポールは助けを求めたが応援が来なかったこと。ローガンに対して
監視チームが一人も居なかったとし見捨てたんだろうと語る。
ローガンは全く悪気もなく状況が変わるまではこの腱は終わらない
からなと語る。誰かが責任を負わなければならなくなるとして
ポールはグレイスランドの面々に砂浜でキャンプしながら告白す
る。カリートはジョニーに対して金を運び続ける限りルシアは
生かして置くという。運命だと思って受け入れろと。

【ストーリー】

デイルに対してチャーリーは起こさないであげてという。
ソファーで寝ていたマイク。デイルは部屋のベッドで寝ろという
が平らな所は平気だが脚を交互に持ち上げるのは無理だったという。
何をめかし込んでいるのかと問うとペイジの表彰式があると
いう。ボウタイを結べるかとマイクに言うが普通のならば結べると
いう。ジョニーなら結べるよというが、ジョニーと連絡が付かない
という。俺たちもシドに狙われているのにグレイスランドで寝る
なんて危険だなとという。ポールはそれは考え方一つだという。
ポールはマイクの為にスーツを持って来たぞと語る。気分はどうか
と問うとポールは最高だという。アルメニアのマフィアと罪を犯
したのに最高なのか?というとポールは「昨日は昨日だ」という。
それを聞いたデイルたちはやばそうな予感だなと。

教会で司祭から説教を聞くのはジョニーとシド。
しかし説教が終わった後司祭に金を渡して地下室を通してもらう。
カリートの隠し通路なのかというシドに対してメキシコまで通じ
ていること。地下トンネルだと。出てからどうソラノの屋敷
にいくのか?というシドに対して先ずは国境の検問を避けるんだ
というジョニー。

授与式。
プレゼンターは人はどう評価されるか。人は行動で評価されるべき
だという。行動こそ価値が有ること。潜入捜査官にとっては重責
であり彼らは正義の為に働く歩兵であるという。司法長官府
はDEAのペイジに特別英雄賞を授与しますと語ると、ペイジは
みんなの前で「感謝します」の一言。
現場ではメダルをもらう直前までポールはトイレで何者かから
金と引き替えに資料を受け取る。ジョニーはシドと教会の地下ト
ンネルを通って現場にも居なかった。
ジョニー以外のメンツはみんなその光景を見ていた。

ペイジの元にチャーリーとデイルがやってくる。
メダルを見せてというと、チャーリーはステキだと語る。スピーチ
コンテストならメダルは無理だったわよと語る。ペイジはどうせ
こんなのは写真撮影用のおかざりよと。デイルはそのお飾りを一生
手に出来ない人が73億人居るんだぞと。性奴隷の少女を救ったのは
立派な功績だというデイル。チャーリーは認めなさいよとして
私は普段何と言っているかとペイジに問う。「女は仕事が出来る」
でしょと。私をあの家で一人にしないでとしオッパイは2つだけで
は寂しいのだから・・と。マイクはペイジの元にやってくると
少し話せないかというが、彼女は無理(いいえ)だという。

チャーリーは霊能力者の方がもっとマシな情報をくれるわよと
して電話の相手に激怒。ポールはインターポール?と問うとジャー
メインの記録を調べてもらったが古い情報ばかりしかないという。
献辞に掛け合ってはどうかという。アンバーと取引すれば良いと
いうポール。彼女にはそんな機会は与えないというが、こっちが
もらうんだ・・情報をと。赤ちゃんの命を奪いかけた女よというと
釈放のチャンスは与えないというチャーリー。刑期を縮めるだけ
で良いとし、「受け入れがたい手段しか残っていない時もある」と
ポールは告げる。

ポールはマイクに対して飲み過ぎるなよと語る。痛みが治まらな
いというマイクに対して病院のベッドで寝て居た方が良いのでは
ないかという。マイクはポールにホントにアリを操れるのかと問う
と、イカレ男をコントロールする術はないから今は波に乗るだけ
だという。「昨日は昨日」って意味は?と問うマイクに対して
「壊れたものは戻せないってことだ」と語る。作戦ならばある
とし、ぶち込めない時にはアリを消すという。ローガンもそう
すれば別の任務を与えざるを得ないだろうと。アリには敵が多い
し監視もないという。しかしマイクはローガンの目を簡単に誤魔化
せられると思わないという。逆らえばバディリョのテープをどう
使われるか分からないぞと。あのテープはボクが持って居たんだと
いうマイク。アレを握られ身動きが取れないのだろうというマイク。
アリの殺人にかかわったので数ヶ月はどうせ泥沼だという。テープ
のことは後で考えるよというポール。

■感想

またまた個々の犯罪絡みの秘密案件が増えてきたな。
潜入捜査だから仕方が無いというものあるのだけど、それを
越えて個人的事情や感情が含まれていることも有ってどれも
危なっかしい。
正直マイクとポール以外は潜入捜査官としての資質があるように
思えない程に個人的事情を優先して色々と動いている捜査官たち
の光景が有る。

捜査官だって人の子ですよ。だからチャーリーの件ではある程度
分かるかなと思っていたけど、妊娠した今になっても捜査を
引き継ぐことなく自分でリスクを冒していこうとするところは
理解を超えてしまっている。あと8週間で現場から離れなければ
ならないそうだけど、赤ちゃんを犠牲にしてまでやるべきこと
なのか?

ペイジなんてマイクに怒っているところを見ると木を見て森を
見ない行動かなとも思えるけれど、今回ローガンという立場の
人間が出て来てポールを都合良く動かしているところを見ると
マイクとペイジの関係とは言わないけど、やはり大義の為に
コマの一人を犠牲にしても何とも思っていない様な姿に憎たら
しさ爆発しているし、コイツは何様なんだとしか思えない。
そんな感情をペイジがマイクに感じているとしたら寂しいことだ。

ジョニーの件はどうなんだろうね。
何処かでシドとは決着をつけるべきところで、本来ならばシー
ズン2で解決させるところをここまで引っ張ってきたって感じかな。
ルシアを助ける為に・・って感じだけど、あのシーンでもう少し
上手くやればシドもカリートも同時にたたけなかっただろうか?

マイクも早い復帰を望んでいるのか無理して現場に戻ろうとして
鎮痛剤を飲み過ぎているところがある。
あまり捜査官たるもの相手に弱みを握られてしまうと都合良く
利用されてしまうよって感じなんだけど、このドラマみんなが
みんな弱みを見せまくっている為にどうにも都合良く振り回されて
しまっている感じだ。

チャーリーがペイジを引き留めようとして行動を起こした所が
良かったな。言い方が面白い。
「あの家で私のオッパイ2つだけじゃ寂しいじゃない」
「性欲もない雄の群れに一人取り残されたくない」

でも寧ろ性欲もないオスの群れなら安全じゃないの?

■各捜査官たちの動き

・ポール・ブリッグス

前回”キャンプ”で罪の告白をしたポール。
かつて連邦捜査官を殺してしまったことって全員に知らせたって
ことで良いのかな。ローガンによって操られたことを知っている
のであればみんなにそのことも話したのか。それともアリの件で
腎臓の件を話したのか。

朝からポールがやってきて「昨日は昨日」と語ったことで
みんなが不吉な予感を覚える・・・ポールも何かヤバイことでも
考えているのではないかと。

ポールは自分の経験からかマイクが鎮痛剤を飲み過ぎることに
懸念を示していた。
逆にアリのことを操れるのかと問われるが、今はその波に乗る
だけだという。作戦は有るとし、もしも捕まえられなければ
消すだけ。そうすればローガンも別の任務を与えるしかなくなる。

アリと会い行動を共にしていると先日のテヴァン・アダミアン
の件について聞かされた。「昨日は死んだ魚だったのに今日はサメ
に戻ってた。」腎臓移植の威力は恐ろしいな。

車に乗っているとチートスと呼ばれる男にアリはサインを求める。
橋の上から落とそうとして契約書にサインを交わすシーンって
映画で見た事が有るな。因みに6月10日だということ。
契約した後にポールが彼を支えていたが重みで落としてしまった。
アリがポールに罪悪感を与えて誘導しているとしたら恐ろしいな。

アリとガレージにいく。
するとアリは外国とね取引していてテヴァンとアルトランと
俺の叔父は取引しているという。マルトゥンはミサイルに搭載
するチップの買い手を見つけた。そのチップの開発者が先ほど橋の
上で契約させたチートスだった。

そんなところでレイラという女性がアリの元にくる。
レイラは名前からも分かる通りサルキシアンの娘。しかも高校生。
夏が過ぎればスタンフォードにいくというのだから頭がいいのね。
レイラを使ってポールが何をするのかだね。

ラストにポールはレイラの車に自分の車をぶつけていた。

・マイク・ウォーレン

冒頭から痛々しいマイク。
朝からデイルに起こされて、何かと思えば
「ボウタイ結べるか」。
今日はペイジが表彰される日だけど、マイクは痛みが激しいので
二階の部屋にたどり着けずにソファーで寝ている状態。
無精髭を生やしているところなんかを見ると完全に出世街道を
捨てたのか。
ペイジに何とか今回のマイクの行動を理解してもらいたくて詳細
に説明する。途中でリナを助けることは勿論可能だったのかも
知れない。ただしそれをするとその瞬間だけ人身売買は止まるけ
ど、次々と流入してくる犯罪が止まることはない。
これはローガンもポールが怒鳴り込んだ時に説明していたこと
だな。
マイクはポールにバリティリョのテープの件をポールに話してい
た。そのテープによってローガンに操られているのではないかと。

失敗は目に見えているというマイクに対してポールは失敗するかは
選べるものだと語っていた。

マイクはローガンのオフィスに怒鳴り込む。
先日はポールがローガンとケンカしている光景を職員たちが
見ているし今回はマイクがローガンと争っているのを職員が見て
証人になっている。そのウチ何か問題になってもローガンに
責任は向けられそうだけどね。

「正義は法と秩序の不随物に過ぎない」。J・エドガー・フーバー
の言葉。しかし彼は死後に議員を脅していた事実も明らかになり
何が正義なのか難しい。

マイクは長官付きで仕事をしていたことを告げるも、ローガン
からは君は作戦を一度も成功させたことがないという。更に調べる
と君の作戦には犠牲者が多く出ているという。
マイクってまだ新人だったしなぁ。ベロの逮捕の件を話すが、
床に倒れていただけだろうみたいな感じでローガンの憎さが表れて
いる。

マイクは一刻も早く復帰したい。医師の診察の前にオキシコドン
を飲んでいく。診察前に気分を落ち着かせたいだけだからとして
いたが、それなら痛み止めは飲まないだろう(笑)精神安定剤を飲め!

マイクはデイルとの会話で俺は6分も死んでいた。この世に戻さ
れたのには理由があるからだと。
デイルは反対しないが医者には神からの使命なんて言うなよと
のアドバイス。そして何もかも順調ですと言えばいいとのこと。

医者からは肺の回復は順調だとされた。痛みがなく鎮痛剤を飲まず
に済むなら現場復帰を許可される。ただしもう10錠念のために欲
しいというとそれなら復帰は延期になると言われて薬ゲッツは失敗。
まぁ薬なら幾らでも手に入りそう。

・チャーリー・デマルコ

チャーリーは妊娠中の状態になったジャーメインの件で調べ
始めた。チャーリーはかつてアンバーに接近して仲間になって
銀行を襲いそこで逮捕されるという作戦を立てていた。
チャーリーとアンバーってどうなったのかなと思っていたけど、
アンバーは逮捕されていた。インターポールの情報も目新しい
ものがない。ポールは「受け入れがたい手段しか残っていない時
もある」
として取引をちらつかせる。

チャーリーはアンバーに面会にいくと、アンバーの方もチャーリー
を訴えるとしていた。アンバーはチャーリーに唆されて銀行強盗
をしたのだという。これは間違っていないけど検事は信じないだ
ろう(笑)
あんたは連邦捜査官を撃ち、車をぶつけてイギリス人野郎に
私を殴らせたとすると、アンバーは寧ろ守ったのだという。
確かに回想シーンでは妊婦だと言ったら、「ボディは辞めな!
それ以外を痛みつけろ顔に」
的、金八・元アニマル梯団のコアラ
の元妻・三原順子さんばりのセリフで回避させていたよね。

「ただ私の正体が捜査官と知ったら殺していたでしょ?」
というセリフには、腹の真ん中にぶちこんでいたと語っていた事
からも相当怒っていることは想像に難くない。

取引のことを臭わせる。チャーリーの誘い方も上手い。
私の狙いはシャーメインだとすると、西フロリダに売人の知り合い
がいるという。ジャーメインにとっては顧客で彼が開いた船上
パーティーで会って彼の家にも行ったという。しかし場所は実際に
マイアミの家に行ってからでないと道順が分からないとのこと。
まさに危険な賭けだけど・・

チャーリーとペイジはアンバーと会う前に家族医療センターに
行く光景が有った。赤ちゃんって処置してしまったのか?
チャーリーが捜査官に拘る理由としては祖母のことを口にする。
74歳まで白衣を着て心臓外科医をしていたこと。
金はもう十分有るのに白衣を着続けたのは医者ならば尊敬を
受け続けられるからだという。白衣を脱げばただのおばさんだと。

・ジョニー・タトゥーロ

ジョニーはシドを連れ出す姿を1話のラストで見せていた。
シドをカリートの元に連れて行くのが任務なのかなと思っていた
けど、実際にはジョニーはシドを協力者にしてルシアを助けた
かったみたいだ。
カリートのシドへの仕事の依頼は父親の殺害。それをしたので金
を受け取るのだという。
しかしジョニーは俺がカリートなら契約金を支払うよりあんた
の頭をぶち抜く方が断然安くつくという。ヤツが俺を殺す気なら
ばお前がアメリカで殺しているだろうというシド。
しかしジョニーはお前を心配だから言っているのではなくルシアを
助けたいから取引しないかと誘う。俺はルシア、あんたは金だと。
フラコは金を運ぶ係ではないということで、ジョニーを手錠で縛
った後にジョニーがフラコに会ってぶちのめしていた。
金はちゃんと持って来ていたがストリッパーの楽屋にばらまいて
シドには金は持ってきていないことを語る。
フラコからいきなり銃の発砲が有ったとしたけれど、ジョニーが
クラブ内で自ら発砲してパニックを起こさせたものだった。

カリートの元にフラコの操縦で向かう。ジョニーはルシアの元に
真っ先にいく。シドは金の約束があるだろうとしていたけど、
仲間の仇に協力すると思っているのか?として金が欲しいなら
自分でカリートを起こしてもらってこいという。

カリートに反旗を翻したシドとジョニー。
カリートはナイフを持ってシドを刺していたが、シドも反撃。
しかし銃が転がり、ジョニーの前にに落ちる。カリートは
ルシアは俺が居なければ殺されるということで、結局カリートで
はなくシドの方を撃ち殺した。

・デイル・ジェイクス(DJ)

デイルの活躍があんまりないね。
バランサー的な役割は果たしているんだけど・・・

・ペイジ・アルキン

今回は司法長官府からDEAのペイジに特別英雄賞が贈られた。
しかしペイジは助けたなんて感覚がないので「感謝します」と
いう。スピーチコンテストならメダルは無理よとチャーリー談。
チャーリーの語るセリフはどれも面白かった。
チャーリーは常々ペイジにも女は仕事が出来るとしている為に
ここを出て行く決断はヤメテ欲しいという。

マイクから詳細にスラとリナの件が語られた。スラの暴力が
酷くて押さえられなかったこと。制止を振り切って出て行こう
としたのでマイクはリナを連れ出そうとしたが撃ち殺された事。

今でも寝るとリナの夢を見るというマイクだがペイジは勲章とか
マイクそのものを見る度にリナのことが思い出させるようで・・
ただマイクを見て憎しみが湧くとしたらもう何も出来ないよね。

救った少女たちのことを思い出せば良いんだと言われる。

■出演者

マイク・ウォーレン (Aaron Tveit) “リーバイ”、FBI特別捜査官
ジョー・タトゥーロ (Manny Montana) “ジョニー” FBI特別捜査官
ポール・ブリッグス (Daniel Sunjata) FBI特別捜査官
デイル・ジェイクス (Brandon Jay McLaren) “DJ”、税関
ペイジ・アルキン (Serinda Swan) DEA捜査官
キャサリン・デマルコ (Vanessa Ferlito) “チャーリー”DEA捜査官

シド・マーカム (Carmine Giovinazzo) マイアミ警察、汚職
アリ・アダミアン (Rhys Coiro) サルシキアンファミリー幹部
カリート・ソラノJr. (Erik Valdez) ソラノファミリー現ボス
ルシア・ソラノ (Jamie Gray Hyder) カリートの姉、人質
アンバー (Brit Morgan) かつて潜入時にチャーリーと組む
ショーン・ローガン (Lawrence Gilliard Jr.) 特別捜査官
レイラ・サルキシアン (Maryam Cne) アリが好き
— (Steven Murley) DOJ Speaker
タイ・ギリブランド (Rusty Allison) “チートス”、ミサイルチップ
フラコ (Antony Matos) カリートの仲間
— (James Howell) 医者
— (Xavier Coronel) 司祭
— (Ashani Roberts) Receptionist
— (Robert J. Fox) FBI Agent
— (Amanda Jackson) FBI Agent
— (Adam e Ginsberg) Top Brass FBI
— (Stephen McWilliam) FBI Agent
テヴァン・アダミアン () 腎臓が悪く透析
マルトゥン・サルキシアン () ファミリーのドン
ジャーメイン
コルビー
スラ
リナ
デブラ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336