NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン4 第22話 写真の中の真実 In the Dark

リンク広告 テスト




April 24, 2007
第22話 写真の中の真実 In the Dark
(aka 写真が暴いた秘密)

脚本/Steven D. Binder
監督/Thomas J. Wright
——————————————————–
盲目の写真家・ジャクソン・スコットの元にアシスタントを
しているブリン・ランダースがやってくる。文明人は朝7時まで
に食事をするものだというと、ランダースは全粒粉トーストと
サラダを購入してきた事を告げ、コレステロールを下げるべき
事を語る。そんな中ジャクソンが撮影した写真の引き伸ばした
現像が届くのを目にするが、その中に写っている男性が亡くな
っているのを目にするランダース。

ホリスはギブスを自宅に呼ぶと水漏れの件でギブスに見てもら
う。ギブスは壁をぶち破ると、鉄管を銅管に変えないと駄目だ
とし、この部分だけでなく全体を変えないと駄目だろうという。
そんな中ギブスの携帯にジヴァからの電話で海兵隊兵士の遺体
が発見されたというもの。現場に向かうと語る。

トニーは目の見えない写真家だということを聞いて疑問に感じ
ていた。しかしかなりの売れっ子みたいだというジヴァ。
アシスタントが引き延ばしの写真を見て被害者が軍服を着て
いることに気が付いたのだという。

撮影したスコットは18番通りとウェスコットの角で果物を追い
かけていた時に撮影したものだという。彼は10年前に自動車の
事故で資料を失い、他の感覚器官を駆使して写真を撮るのだと
ランダースは説明する。光を追い求める変わりに何か心に訴え
かける音や匂いを追いかけているのだという。夕べは果物の
匂いを追っていた事を告げ、腐りかけたオレンジと品のないコロン
のような匂いを追って一時間。高架下ではゲロの匂いがした
という。女性の吐く声が聞こえて涙を追いかけたという。

ダッキーたちは遺体現場へと足を運ぶ。
遺体を見つけたのが目の見えない男。捜査官たるもの常に目を
見開いて操作すべきで、この若者も注意を怠ったのだろうと
語る。
死因は腹部に鋭利なモノによる刺し傷があるという。現場に
残されていた血の付いたナイフが有る為にそれが凶器と見て
間違いないだろう事を語る。マクギーは視力を失うことなど
想像出来ないというが、ジヴァはそんなの馴れるわよという。
もしも馴れなかったらどうなるのかと問うマクギーに、深い
鬱っぽくなって死ぬのではないかという。
現場には遺体の近くに真新しい吐瀉物が有り、遺体を見慣れて
いない犯人によるものかも知れないという。ダッキーによると
死亡推定時刻は今から15時間程度前だという。首に付着する
傷は宝飾品を無理矢理首から取り去ったものだろうという。
十字架とか認識票を奪ったのではないかと。生きているウチに
奪って付着した傷だという。また被害者の衣服からは財布も
無くなっていた。抵抗した形跡も有り被害者の爪に皮膚片が
あることから路上強盗の可能性が高いという。しかしギブスは
そう見せただけかもしれないと告げる。

ダッキーはジミーと共にモルグで遺体を解剖しながら、会話
する。写真が芸術とされたのは20世紀の頃でハレンチな側面
が花開いたのは南北戦争の時だという。ジミーはマシュー・
ブレイディという有名な戦場カメラマンのことを口にするが、
戦場写真という意味ではなくハレンチな写真のことを言って
いるのだという。ピンク的に被写体のものだと聞いて納得。
新しいメディアでは常に性的な活動が注目されるのだという。
性は売れるからなとギブスがやってくる。ギブスはダッキー
から現状までに分かっている事を尋ねると、死因は最初の見立
て通りだという。

そんな中トニーがやってくると被害者の身元が判明したとの
こと。被害者はピーター・リン兵曹。国防補給庁(DLA)の
補給部に勤務。以前は海軍宇宙司令部との連絡担当だった
という。例の偵察衛星でビーチに裸の女性を見つけた部署だ
と語る。アビーが現在指紋を確認してくれている事を告げ、
嘔吐物に有ったミトコンドリアの断片ず被害者のものの爪の
裏のものと一致したという。
嘔吐物によるとチーズブリッツと安い赤ワイン、子牛の肉を
たっぷり食べた跡があるという。ジヴァに近辺の店を調べ
させるよう告げるトニー。そんな中ダッキーは事件解明に
繋がる不可解なものを見事に見つけたと語る。ダッキーは
ジミーにアビーの元にそれを持っていき調べてもらうという
中で、何故か引き出しの中に下着が入っているのを知る。
ジミーはなんて不可解なモノがあるのかとする中で、リー
に密かに電話しブラジャーを見つけた事を語る。同じ柄の
下着がまだあるハズだと言うが・・・
——————————————————–

盲目の写真家・ジャクソン・スコットが撮影した写真の中に
遺体が写っていることが判明する。遺体が発見されたのが
裏通りとはいえ、通りは人々が多く行き交っている場所ゆえに
生きている人が遺体を発見出来ずにいたことに世知辛さを感じる
中、遺体は軍服を着ていることからNCISが捜査に乗り出す。
被害者はピーター・リン兵曹で、国防補給丁(DLA)の補給部に
勤務していることが分かる。

いよいよシーズン4も終盤にさしかかり、少しずつ恋愛的エピソ
ードなり私生活に関して一定の結論に向けて動き出している感じ。

特に今回のエピソードは、トニーとギブスの恋愛に於ける相手
との今後の行く末を占う内容だった。
トニーの彼女のジャンヌは自宅のアパートビルが建て替えられる
ことによって引っ越しして30日間でまた引っ越しすることを余儀なく
されて気が立つ姿が有り、ギブスの彼女のホリスは水道管が壊れ
て水漏れしている状況の中、今の仕事(陸軍)を辞めてまでギブスに
アプローチするという強引な手に出てきた。

取りあえずジャンヌは友人の家のソファーに留まらせてもらう
(ドラマ「グレイズ・アナトミー」かとトニーが突っ込みしていた)と
していたけど、明らかに”トニーの家に住まわせろオーラ”が漂って
いたし、捜査中のトニーの携帯に”緊急に逢いたい”とするメールが
来た時には、何事が起きているんだとして驚かされるものが有ったけど、
そんなことで緊急という言葉を使うなと小一時間な印象も有る。

捜査の途中に抜けだしたトニーに対して、ギブスが必要以上に
怒らず静観しているところを見ると、”お前も私生活で苦労して
いる戦友感”が出ていて、ギブスも丸くなったなという印象しかない。

ホリスに関しては、ギブスに対するアプローチはまさに人生玉砕も
厭わないというくらいに鬼気迫るものを感じたけど(退役届けを出し
た)、これくらいしないとギブスが動じない人物だからね。
ギブスに好きだと言わせた時点で十分ミッションを達成されて
いるものだとは思うのだけどね。
ただ不吉なことに、ホリスはこのエピソードが実質最後になる
んじゃないかという感じのクレジットになっているのが実に気にな
るし、ジャンヌに関してもそれと似たようなクレジット構成に
なっていたりするんだよなぁ。

トニーの場合、固定した人物をつけない方が正直良い感じの”遊び人”
具合を感じさせるし、ギブス同様に”人を信用出来ない一面がある”と
いうところに、捜査官としてのスキル性を見出すことも出来ることを
考えるとやはりジャンヌとは繋がらない方が良いと思われ・・・
ジヴァがトニーの流れを切なそうにしている印象も有り、
トニーに対して近づくジヴァに”複雑なんだ”と語る彼の姿の中に
は根深い何かが有りそうだ。
「アメリカ人は”複雑なんだ”という言葉をこういう意味で使う・・」

「説明しても良いけどきっと反対されるから複雑なんだと言っておく」
「これ以上あれそれ詮索されたくないからだ」とはジヴァ談。

まぁ結局の所、トニーが家庭の事情から”傷つく事に臆病になって
いる”とする流れはこれまでに描かれて来たし、捜査官は幸せになれ
ないアメリカのドラマの法則に従って、それを懸念しているところ
も有るのかも知れない。

アビーが今回心理学鑑定を受けたとして自分の分析結果を知る為
にシュレッダーをつなぎ合わせた際に、実はマクギーのものだった
とする流れが有ったけど、その彼への診断が、
「穏やかで神経症的に内向的で超繊細な自我を持った男」としていた
けど、意外とトニーの方にこそ当てはまるものがありそうな感じ
だね。

そしてなんと言ってもジミーの流れは、前回のシェパード局長の
下着ネタに続いて、今回はジミーの彼女のリンの下着ネタだった。
色んな所から下着が出る不思議な部署だね。

アビーはカウパフ(カフェイン)封印。
でもくんくん匂いと嗅いで今回のエピソードに連動させていた
感じだったかな。

さて今回の事件の発端は、盲目の写真家が遺体を見つけるという
不思議な導入部だった。

そんな盲目の写真家・スコット役のJohn Billingsleyは、
つい最近まで放送していた「インテリジェンス」のDr.キャシディ
役を演じていた。

目の見えない彼は五感をフル稼働して目が見える人以上に敏感に
世の中の流れを察するところが有ったとしても、自分のことを
愛してくれている人の存在には気が付かないところは、恋愛とは
盲目なものだとするところも有る。

より他人よりも敏感に匂いを感じるスコットは事件解決に於ける
道しるべとなるべき匂いを感じて居た。
アイドリングしていたホンダ車の匂い。
そして甘い匂いは、糖尿病だということを感じるものだった。
ジミーが若いのにインスリンを打っているというのは驚きだけど
ウォンは乳糖不耐症にもかかわらず何故そんなに大量のチーズを
食べていたのかという感じだけど、脅されて食べたものなのかな。

パソコンのキーボードの中に盗聴器が仕掛けられており、
キーロガーではなく何故盗聴器なのかということになる。
盲目の写真家が反響具合で障害物を探り充てているということを
聞いた際に、トニーは「シャチのジョーク」を言おうとしたけど
それより先にジヴァがそれに気が付いて止めるというところが
ある意味凄かったかも。

犯人は上官でした。

・Destiny Strikes
Performed by Dominic Kelly

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”コンピュータ
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの新しい助手、検視
ジェニー・シェパード (Lauren Holly) NCIS Director
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) モサド

ジャンヌ・ブノワ (Scottie Thompson) トニーの彼女、看護師
ミシェル・リー (Liza Lapira) 法務部

ジャクソン・スコット (John Billingsley) 目の見えない写真家
ダグ・ジャコブセン (Terry Bozeman) 中佐、国防補給庁(DLA)
ブリン・ランダース (Katie Lowes) スコットのアシスタント
ホリス・マン (Susanna Thompson) ギブスの彼女、捜査官
デビッド・ウォン (Roger Lim) 国防補給庁(DLA)、41歳
ピーター・リン兵曹 ()

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336