Major Crimes ~重大犯罪課 シーズン4 第9話 報われぬ愛 Wish You Were Here

リンク広告 テスト




第9話 報われぬ愛 Wish You Were Here

脚本/
監督/

【ストーリー】

アリスことマリアナの遺体が運ばれてくる。シャロン、ラスティ、
モラレスも立ち会う中、遺体保管所にガス(Rene Rosado)を連れて
行く。マリアナ(Jade Bender)の遺体で間違い無いという。
もう大人になったなとして、置き去りにしたことを遺体の前で
謝罪する。お前は本当に良い子だったと。モラレスは幾つか質問
があることを告げ、近親者で間違い無いかとすると、シャロンは
DNA鑑定で確認済みだと語る。出身は?ワシントンDC、1999年生まれ
だという。マリアナが6歳の時にボルチモアへ引っ越したこと。
遺体はボルチモアに運んで火葬か埋葬かされるのか?と尋ねる。
何時までに決めたら良いのか?と問うガスに、今でしょう!という
モラレス。妹と2人にして欲しいというと葬儀場に移送後なら
別れの時間は持てるという。

そんなシャロンは電話で出て行く。プロベンザからの電話で、
タオがメールを送ったぞという。ウィルス動画だというとタオは
バイラル動画だよと突っ込みを入れる。その動画には人が死ぬと
ころが写っているとし重犯課が担当しろと副本部長命令だという。
警察もソーシャルメディアに翻弄される時代になったなとプロベ
ンザ。シャロンは届いたメール動画を見ると裸で銃を持った男が
首の後ろから流れる血を押さえ歩いていた。捜査官の2人
(Mike Miller)(Jonathan Ohye)は銃を置けと男に訴える中、
男は「俺は妻を愛している」と叫んだ後に男が倒れるというもの
だった。

・現場
プロベンザはサイクスに何か洋服は?と問うと、ニューチューブ
には写っていなかったという。サイクスはネットにアップされた
動画の閲覧者は6万人以上に目撃者は20名、被害者は北から南方向
にフラフラ歩いて手には銃、下着姿で首から血を流していたと
いう。フリンはその6万人はロス市警に”何故助けなかった”と非難
コメントだらけだという。バズは彼は銃を持って警察に向けて
いたんだと語る。プロベンザは銃をしっかり撮影しておかないと
いけないという。ケンダルは指紋で身元を確認中だと。犯罪者
の多いエリアだとし前歴が有ればすぐに照合結果が出るという
タオ。死因は?頭蓋骨の付け根が撃たれたのが原因で恐らく所持
していた銃ではないかというケンダル。サイクスは22口径オートマ
だという。そんな中早くも指紋がヒットする。
フリンはパンツ1丁は自殺臭いが自分で頭の裏は当てないからな
と。弾は体内だというケンダル。タオによると前科2犯、1つは
軽窃盗で1つは”宿屋”への詐欺行為だという。何故まだ宿屋と呼ぶ
のかとしホテルかモーテルだろうというタオ。被害者の記録は?
というプロベンザに対して、ジョン・プライス(Sterling Jones)
ビバリーヒルズ在住。フリンは遠出してきたなという。サンチェス
は被害者のシャツかも知れないとし北へ2ブロックの通りに有った
という。ズボンは?というサイクスに対して、フリンは多分3ブロッ
ク先のシーガル・モーテルだという。警察が駐車場で血の付いた
服を見つけたらしいと。支配人はプライスの顔は見覚えないと
いうサイクス。連れがチェックインしたのではないかとフリン。
過去48時間の宿泊者リストを手に入れたが情報はないという
サイクス。どうせスミスやジョーンズさんばかりだろうという
プロベンザ。他にドンファン、カサノバ、ジャック・バウワーは
2人だと。全員現金払いだとサイクス。被害者も同様だという。
僕はこういうホテルのリモコンには触らないというバズ。
車のナンバーも記入するシステムだとし全車両を調べたという
サンチェス。あの配管工のトラックだけ記録されていないとの
こと。マックス・ライリーと書かれているトラックだった。
この部屋に修理に来たのかもとタオ。

・シーガル・モーテル/110号室
部屋を調べると酒瓶だらけの為パーティーでも開いていたようだ
というサイクス。ドアノブに血がついているというタオ。
サンチェスはここで襲われたようだとしベッドで横になっている
時に銃撃を受けその後外に出て服を脱ぎながら通りを歩いていた
というのか?とプロベンザ。マックスは何処に行ったのかという
フリン。プライスの車を使って逃げたのかもとサンチェス。
マックスを指名手配しようという。サイクスに対してマックスの
家を張り込みしてくれとプロベンザ。ゴミ箱の中に新しいシーツ
のハコがある。スレッドカウント120。バズは安物だと。
プロベンザはリッツカールトンホテルじゃねーんだと。
サンチェスはベッドのシーツは新品でまだ折り目がついたまま
だという。フリンはそれをめくると血痕だという。大至急科学捜査
課を呼べとプロベンザ。DNAや全てを採取だと。

シャロンは現場のVTRを見る。
2つの血痕は同時についた訳では無いのではないか?というと
その通りだとし部屋を歩き回ったのでしょうというバズ。
配管工マックスは?前歴はなくトラックを調べたがパイプと工具
のみだったと。既婚者でカルバーシティ在住。捜索願はまだだと
いうサンチェス。サイクスからの連絡でまだマックスの家の前で
張り込みしているが動きは無いという。
一方被害者の気になる情報だというフリン。ビバリーヒルズ在住、
プライス名義で登録されている車を調べたが一台も無いという。
マックスのトラックでモーテルに行ったのかというシャロン。
シーガル・モーテルとはどんな所かというシャロンに対して、
汚い安モーテルだという。周りは娼婦だらけ・・何かのパーティー
を開いていたようだというサンチェス。プライスの最後の言葉は
「俺は妻を愛している」だとバズ。浮気していたことを謝りた
かったのか?とサンチェス。

モラレスは解剖が終わったと報告に来る。
死因は脳浮腫なのか?というシャロン。首の傷によって起こった
ものだが弾は何処なのか?と問う。傷が銃創なら何処かに弾がある
はずだが傷口を洗って深さを調べたら9cmだったこと。傷は銃弾
ではなくプラスのドライバーで刺されたものだというと、工具は
揃っているなと語る。

■事件

ジェーン・ドゥとして女性の身元を探していたラスティはついに
女性の身元がマリアナという名前であり、ガスという兄が居た
事を知る。

一方重犯課は裸で銃を持った男性の死の真相について調べる。
頭の裏、脊髄にプラスのドライバーで刺されて殺害された男・
ジョン・プライス。死ぬ間際の様子を野次馬たちは携帯で
撮影し、“ニュー”チューブに掲載していたことから捜査は開始
される。

■感想

何となく犯罪のカラクリは見て取れる流れが有った。

今回の事件を見ると日本で言うところの都市伝説の「口裂け女」
が頭に思い浮かぶ。
「私、キレイ?」と尋ねて来る女性に否定すれば包丁で殺される。
キレイだと肯定してもマスクを外すと女性の口は裂けていて、
それでもキレイかと迫ってくるという感じの物語だ。

愛して居るという口先ばかりの男性、浮気されて愛されていない
のではないかという女性の構図が至る所で持ち上がり、この手の
安宿に泊まるものの多くが浮気している現実が有る。

しかしこのケースは明らかに女性側が精神的に病んでいること
が伺えるのは明らかだった。父親が裕福だった為に希薄な愛情
のまま育ったのか、父親が裕福だったので金目当てで男性が
沢山近づいて来たのかは分からない。
母や父の死によって、それこそ精神的におかしくなってしまった
可能性だって考えられるし、虐待や元々殺人衝動を持ち合わせて
いたとも考えられる。

今時のツールなどが色んな形でこのドラマの中では取り上げられ
プロベンザが完全にコメディの一躍を担った形になっている。

毎度最近のIT用語に対して間違えるプロベンザの光景が有るけれ
ど、この言い間違いはある種の親近感を覚えさせるところにも
繋がっているんだろうな。ニューチューブと言っても誰も訂正
しようとしないのが憎いけど、こういうドラマって、大抵
日本の場合実在しているサービス名とは類似したような名称を
使うことも有るので、それを見分けるのが難しいね。
ただこのドラマに於いては全てのサービスや企業に関して実在
するものを使っているので、プロベンザが間違えているのだろう
けど。

シーズン4に入り失踪課の活躍も大きくなり始めた。
シーズン3はサイクスの彼氏となるクーパーは特殊班/覆面捜査
の登場が多かったんだけどね。

皮肉にも「愛して居る」という言葉はネットの動画を通して
妻に伝わるものの、妻の愛情は砂漠の砂の如くどれだけ愛して
いると言っても彼女には別の意図があるとか愛しても愛しても
足りない欲求というものが存在していそうだった。

■事件捜査

・多くの物証

・22口径のオートマ

冒頭の被害者/容疑者は銃を手にしていた。
名義は彼のものではなくエリック・シューマンのものだった。
結果としてこの事件では銃弾は一発も使われて居なかった。

・プラスのドライバー

配管工マックスの車には当然工具箱があるので彼が見つからない
内は彼は重要な容疑者でも有った。
殺害された凶器に使われたのはプラスのドライバーだと判明。

・シボレー・タホ 2012年製

プライスが乗って居たとされる車は妻のグレッチェン名義の
ものだった。

■共通するもの

今回の事件、考えて見るとそう難しいものではない気がする。
まず最初に銃弾を撃ったのかどうか、DNA検査よりも最初に
発射残渣の検査をして欲しいところ。このドラマでは殆どの場合
発射残渣で調べるケースが少ない。

失踪者たちが多く存在している。
重犯課以上に失踪課の捜査官の役割がより重要になってくるな。
共通しているのは過去に「CJタッカー建設」の仕事を請け負って
いること。何故このことに気がつかないのか。

■中盤

1)
マックスの妻アンジェラ(Tessie Santiago)はBluetoothの
クラウドソーシング・ロケーターというものを夫のキーホルダー
につけていた。そこから夫の居場所を追跡したアンジェラを
尾行し、マックスの居場所を掴むも彼もまた殺されていた。

彼の遺留品にはファストフードのレシートが大量に有り、125枚
ある内の87枚はペドロ・パニーニ・トラックのもの。しかも
最近のレシートは発行した時間などが掲載されていてAM11:45~
PM12:30に購入している。

一つの謎として8桁の数字(81329084)のカードが発見される。

2)
パニーニ・トラックの巡回経路から見て職場か住所があるハズ。
バズが修理店ではなく近くにスクラップ工場があるとした
為に訪れると、その工場の出入り口はキーパッド付きのゲート
となっていた。

スクラップ場には沢山の車が有ったけど、赤い糸のようにして
ケーブルに繋がるその先にはICE BOXが有り、なんと2体の新たな
遺体が発見される。

エリック・シューマンとポール・ドナヒューの遺体。

■終盤

4人の被害者は全員ブルーカラーの労働者たちで凶器も同じ。

決定打となったのは生き残りがいたこと。その事にサイクスが
気がついた。5年前に同じような事件が起きていて、その調書
によるとダグラス・アラン・マーティン(Lane Garrison)という
人物。

彼もまたCJタッカー建設によって仕事を請け負っていた測量技師。

住所から離れた場所のモーテルの駐車場で刺されていることから
何故そんな場所にいたのかということになり、彼はホームレスに
よって襲われたとしたものの、実際にはグレッチェンと浮気して
刺されたものだという。

グレッチェンから誘ってきたとされる。

・クローズド

グレッチェンを呼び出し遺体の確認をしてもらう。
なんと遺体安置所には4人の遺体が次々と運ばれて来て、まるで
彼女に悪夢でも見させるような怖い追い込み方だったな。

4人の男を殺害した第一級殺人事件。
シラっとミランダ警告の文章に署名させる辺りが憎い(笑)
この男達は全員私をレイプしたと訴える・・取引も拒否して
裁判で戦うみたいだけど・・・まぁどんなことをしても無罪には
ならないよな。

■その他

■アリスの件/グスタボ(ガス)の件

いよいよガスとアリスの遺体が体面。
担当検事補のホッブスなんかもやってきて色々と話をしていく
ことに。
問題となるのは葬儀代を誰が捻出するのかということ。
またアリスがガスを見て逃げようとしていたのは何故なのかと
いうことなど色々と彼には聞くべき情報が多かった。
母親が生きて居ると知り、また元の場所に戻されると思ったので
はないかとして逃げたであろうこと。アリスがこの地に逃げた理由
としてパロマもこの近くに住んでいるのではないかということ。

今回の案件はどちらも遺体の写真や実際の遺体を見せて、
心情を開かせようとするところが有ったね。

■パロマの捜査

フリンがガスの面倒をみることになり、何とか共感させようと
したが失敗。ラスティも協力して何とか彼を説得し、話をさせ
ようとする。

パロマを正式に探せば12歳の娘故に重大失踪事件として扱いを
受けて見つかれば両親の元に戻されること。更にそれが叶わない
場合、施設に入れられるという。

フリンは極秘で探すことになるが、君一人で探しても上手く行か
ないので今回はプロに任せて欲しいと語る。

ラスティはフリンが供述を取る為にそう言ったのではないかと
心配するが、結果がどうであれ探すと語る。

■使用されている曲

・Major Crimes End Credits Theme
Written by James S. Levine

■出演者

シャロン・レイダー …… FIDから重犯課へ
ルイス・プロペンザ …… ベテラン
アンディ・フリン …… プロペンザの相棒
マイク・タオ …… 分析力
フリオ・サンチェス …… ギャング捜査に強い
バズ・ワトソン …… カメラ
エイミー・サイクス …… 特捜班から異動
ラスティ・ベック …… シャロンが母に・・
Dr.フェルナンド・モラレス …… 鑑識
ラッセル・テイラー …… 副本部長
ケンダル …… 検視官

アンドレア・ホッブス …… 検事補
ロビー・オデルノ …… 失踪課刑事
グスタボ・”ガス”・ウォレス …… アリスの兄、元軍人

グレッチェン・タッカー …… CJタッカー建設相続
アンジェラ・ライリー …… マックスの妻
ダグラス・アラン・マーティン …… 30歳、測量技師
マリアナ・ウォレス(アリス) …… 長女。被害者
ジョン・プライス …… 被害者、俺は妻を愛している
…… 捜査官A
…… 捜査官B
マックス・ライリー …… 配管工マックス、1級配管技能士
エリック・シューマン …… 銃登録者、セメント職人、9ヶ月前失踪
ポール・ドナヒュー …… 半年前フラートンで失踪、塗装工
ペドロ …… パリーニ・トラック経営
パロマ …… 妹・12歳

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336