超能力ファミリー サンダーマン The Thundermans 第4話(3) 本当の成績は? Report Card

リンク広告 テスト




November 16, 2013
第4話(3) 本当の成績は? Report Card

脚本/Nancy Cohen 監督/Jonathan Judge
——————————————————–
マックスはダークラボでロケット作りに精を出す中、フィービー
がやってくると、五月蠅くて数学大会の為の勉強が出来ないと
語る。青春を捨てたオタクが酸化する大会に出るのかという。
ダークラボにも立派な計画があるというが、友達も居ない人には
言われたくないと語る。悪の研究で忙しいのだとしてもうすぐ
完成する”マックス10″の打ち上げを作っていた。しかしフィービー
は発射ボタンを押してしまう。

朝、シリアルを食べているノーラは中からオマケが当たった
として喜ぶ。しかしそれを聞いてビリーがオマケを奪いに来る。
すぐに目から光線を出して取り返すが、その争いを見た母は
ケンカするならば私がもらうとして取り上げる。
父・ハンクは6日連続で新聞が届いていない事を告げ、何者かが
盗んでいることを指摘する。メトロバームからのどかな郊外
に引っ越してきたのに犯罪に逢うなんて・・と告げる。
妻から犯罪と戦う事はないとしヒーローは引退したのでしょと
いうが、犯罪は引退してくれないのだという。今は新聞が
盗まれているだけだが、いずれママのダイヤも狙われるという。
ママはダイヤなんて持っていたっけ?とパパに嫌みを告げると
悪いのはオレだったのかと自爆する。

フィービーが下りてくるとママに対して数学大会に出るので
応援して欲しい事を告げる。ヒーロー大学にいく点数稼ぎに
なるとし、スーパーパワーが使えないのならば脳みそパワーを
使うしかないのだという。マックスはフィービーに対してオレよ
りも数学が出来ると思っているのかと問うと、フィービーは
パパはどっちが出来ると思うかと問う。マックスはそういう質問
に両親は答えないものだとするが、ママはフィービーだろうと
告げ、数学特進クラスにも入って居て、成績はずっとAを取ってい
ることを引き合いに出す。マックスはヒール大学に入るのに
成績は関係がないのだとするが、パパは成績が上がっていなければ
世界征服グッズを取り上げると語る。本来二年前にやろうと
していたことだという。明日には成績表が届くのでどうしようも
ないだろうかと語る。
——————————————————–

フィービーは数学大会に出場する為に勉強したいが、マックスが
ダークラボでロケット発射の為の作業を五月蠅くしているのを
知って憤怒する。一方サンダーマン家の朝刊が盗まれる日々が
続く中で、父・ハンクは末っ子の二人、ノーラとビリーを使って
犯人を捕まえようと考える。

マックスは頭の悪さで成り立つキャラクターだと思っているだけ
に本当に頭が良くて数学に関しては実はフィービー以上のものが
あるという設定は、正直違和感しかなかった。
このポジションのシットコムにはお約束過ぎるけど、おバカが過ぎる
(おイタが過ぎる)からこそ成立する流れがあると思う。

散々邪魔して置いて、最後に優しい顔を見せるという展開も
一話の流れと同じだけど、少々展開としては呆気ないところが
有る。こういうシーンって時々あるからこそいい味が出るのに
早くも”妹思い”のエピソードを二話出してしまったところに味気の
なさを感じるのは気のせいか。

無理矢理オタク役を演じているサラが、「クローザー」の
ブレンダさんの顔に見えてくるから不思議だ。

一方ハンクたちは新聞を盗む犯人を捕まえる流れだった。

ハンクが毎朝新聞をぶつけられるところが面白かったし、
母親をうっかり能力で捕まえてしまったり、こんなに朝早くに
起きるバカはいないと発言して、ハンクの失言が常にママを
否定する流れに繋がって居るところが面白かった。

仕掛けたハズのハエ取りに捕まってしまうのはお約束。

数学大会に関しては、この手のシットコムではよく見かけるけど、
あのマスコットの踊りが無駄に邪魔過ぎて意外とクセになるところ
が有った。

フィービー・サンダーマン (Kira Kosarin) 優等生の14歳、炎と氷の息、念力
マックス・サンダーマン (Jack Griffo) フィービーとは双子、炎と氷の息、念力
ノーラ・サンダーマン (Addison Riecke) 8歳。おませで毒舌、目からビーム
ビリー・サンダーマン (Diego Velazquez) 10歳、瞬間移動
ハンク・サンダーマン (Chris Tallman) 頼れるパパ、怪力、空を飛ぶ
バーブ・サンダーマン (Rosa Blasi) しっかり者のママ、光を操る
チェリー (Audrey Whitby) フィービーの親友
Dr.コロッソ (Dana Snyder) しゃべるウサギ、かつてパパが退治した超悪人

タイラー (David Burrus) 黒人、くしゃみばかりしている
— (Marcy Goldman) School records clerk
“アリスモ” (Anthony Marciona) マスコット
サラ (Keely Marshall) メガネの子、マックスを気に入る
エバン (Elijah Nelson) 数学大会
パインズ (Kelly Perine) 数学の先生
アシュリー (Krista Marie Yu) サラの変わりにチームフィービーへ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336