NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン9 第14話 運命の分かれ道 Life Before His Eyes

リンク広告 テスト




第14話 運命の分かれ道 Life Before His Eyes
「aka.天からの贈り物」

監督/Tony Wharmby
脚本/Gary Glasberg

【STORY】

ギブスは高架橋下のダイナーに行くとすれ違う常連客の
グラディスと大佐におはようと声を掛ける。
ダイナーを切り盛りしているエレイン(Connie Jackson)は
ギブスがやってくると、近くで居眠り運転で車の事故があり
滅茶苦茶だったことを語る。ギブスはコーヒーだけで良い
というとテイクアウトのは後ででしょと言われる。よく
分かって居るなというギブスに、プロポーズ待っているわ
という。そんな中突然店内で男が銃を取り出す。いち早く対応
に出たギブスは自ら捜査官だと名乗り銃を降ろせと語る。
すると発砲音が聞こえる。

『突然銃弾はスローモーションのようにして飛ぶ。
そんな中、父・ジャクソン、マットソン、NCISのメンバー
などもいた。そしてマットソンはギブスに声をかけたのか
と思えば実際には後から入って来た若い頃のギブスに逢い
ハグする光景が有る。
呆気にとられているとマイクがギブスに近づいてくる。
目の前の銃弾をはじき飛ばすとマイクはギブスに「何故
躊躇ったのか?あいつを撃つべきだったのに・・新米」と指摘
される。ギブスは答えることが出来ず、俺は死んだのか?
というと、まだやりたいことがあるとして死にたくないこと
を語る。マイクは今までに自分が成し遂げたことをじっくり
考えろとし色々な選択をしてきただろうことを語る。これから
お前の活躍を見せてやるとして人生を見つめ直せと語る。
そして自分の選択を理解するのだと。

ギブスはマイクに不意打ちだと語る。
お前のしたことを見せたいというと俺は何もしていないという
ギブス。しかし何百という事件を解決しただろうとし、犯人
を逮捕することで遺族の力になってやったのだという。それが
仕事だというと、普通の仕事は書類をいじったりコピー機を
相手にいるもので、給料をもらう仕事もあるが、お前の仕事は
ただの仕事じゃないと。考えろというと一つの違う選択をすれ
ば今頃何もかも変わっていたこと。理解が出来ないという
ギブスだが、それでも考えろというマイク。何処まで遡れと
いうのか?30年?10年前?と。昨日はどうだ?というマイク。』

・24時間前 / NCIS

あのきたりな普通の朝。トニーはジヴァに普通じゃないぞと
語る。適切な表現ねというジヴァ。そこにマクギーがやって
くると二人で何をしているのかと尋ねられる。俺たちはプロ
だとして異変は見逃さないというトニー。
トニーもジヴァもマクギーに対して二つのモニターを交換し
角度を変えただろうと尋ねる。白状するんだ”マクバレバレ”
とトニー。気分を変えたかっただけですよとマクギー。
「その顔で分かる・・メランコリー(憂鬱)ね・・いや違う
糞詰まりの顔だ」とジヴァ。トニーは気詰まりだろうと。
腹に何かが溜まっているって意味だというジヴァ。ただの気分
転換だというマクギー。

そんな中ギブスがやってくる。
空母ジェントリーで兵曹が死んだという。あの船はドックで
修繕中で乗員は居ないはずだというマクギー。でも無人では
なく基幹要因がいる筈とジヴァ。何でそんな艦内に死体が
あるのか?。ギブスは去り際にモニターを変えたのかと語る。

・空母ジェントリー
マクギーは通信と運行を担うエレクトロニクスルームだとし
入室は艦長と副官と少数乗組員だけだという。被害者はそれ
に該当しない人物。ジミーは船内を見てあんな危険物がある
所で発砲するなんて無茶苦茶だと語る。
漏れ出ているのは被害者の血だけだというダッキー。薬莢が
2つ・・一致するのか?傷跡も二つなので見た所はそうだなと
ダッキーは言うと検視室に運ぼうという。警備員の当直以外
は銃の携帯は禁止の筈だとジヴァ。ギブスは銃弾を捜せとし
目撃者はいないのかと問う。トニーは全員が船尾にいたという。
ただ溶接士が物音を聞いていたこと。基幹要因と護衛が居た
こと。監視員は誰も船を降りては居ないというマクギー。
犯人はまだ艦内にいるのか?とトニー。

そんな中ジヴァは滴下血痕の跡を見つけてギブスを呼ぶ。
貨物室(Cargo Bay)と書かれたドアの室内に血痕が続いている
こと。室内を調べると銃を持った男が血を流して倒れていた。
ダッキーを呼べというとまだ息があるというギブス。

『再び映像はマイクとギブスの会話へ。店ではヴァンスとアリ
がチェス対決をしていた。お前への褒美だとして難しい選択を
したのだろうと。全てに理由があるという。無意味な死もある
というギブスだが痛みから生まれるものがある。これは友人と
して言っているのだというと、ギブスの視線の先にはトバイ
アスの姿が有りギブスに挨拶する。それでも行くぞというマイ
ク。二人が行った先はNCISのオフィスだった。
「一つの選択で全てが変わる。よくも悪くもだ」とマイク。』

■事件

ギブスがいつものダイナーで出勤前にコーヒーを飲んでいる
と突然銃を向けたフードの男が強盗に入る。ギブスはそれを
止めようとするが・・・
気がつくと辺りは死んだものたちで溢れていた。
どういうことなのか状況が掴めぬ中、マイクが出て来て、
何が起きたのかを思い出せという。24時間前に、
空母ジェントリーで下士官が殺害される事件が発生していた。

■感想

200話目のエピソードは、ギブスの人生を通してこれまでの
人生を振り返るという物語だった。

人間の人生には様々な分岐点がある。
日本のドラマにも「素敵な選TAXI」という脚本・バカリズム
主演・竹野内豊が描かれたことがあるが、このドラマに於いて
は自分の行動によって人生が大きく左右され、自分だけの
問題では無く周りの者たちを巻き込んで大きくそのものたち
の人生さえも狂わせてしまう。だからこそ面倒で、且つ重大な
決断を強いられる。
その決断を捜査官は一瞬で判断しなければならない。
海軍捜査班ならば尚更相手は強力で一秒の猶予も無いかも知れ
ない。

かつて亡くなって行ったギブス周りの人物を総動員させて、
その時の自分の行動を振り返る。そして現在の事件に於いて
当時の判断に迷いが生じた時、捜査官にとっては致命的結末
が用意されていることだって有る訳だ。

今回の事件は恐らく犯人と捜査官という感じでは語り尽くせ
ないものがあるのだろう。そしてギブスに銃を向けたのは
その犯人の息子であるというオチだった。
ギブスの決断をマイクが確認し、もしも違う答えを出して
いたらギブスのことを天国へと一緒につれて行ったのかも
知れない。

■シーズン9を見ると・・・

かなりシーズン9は家族/ファミリーという言葉や結婚・恋愛
と仕事に対する考え方について描かれてきた。
特にトニーとジヴァは色濃く描かれて、いつまで経っても
なかなか気の合う感じの相手が見つからないことが描かれて
いる。そして気が合うかと思えば敵で有ったり犯罪者で有った
り時として亡くなったりしている。
マクギーにしても同様。そしてアビーに至ってはギブスが
復讐と称して殺害したペドロ・ヘルナンデス
(Thomas Rosales Jr.)のことで、報告すべきかどうかの
選択を迫らさせた。真っ直ぐな彼女に嘘をつかせてしまった
責任というのもあるが、シャノンとケリーを殺されたので
殺すしかなかったとも言えなくもない。私から見るとペドロ
の死には当たり前の感覚しかない。

■ドラマの演出

ドラマを通して見ると興味深いのはバス型をしたダイナーで
人生を振り返ることだ。50年代の音楽が流れて室内は完全に
レトロな雰囲気が流れている。

日本のドラマでも未来に進むか過去に進むか、死ぬか生きるか
という選択に於いてはバスや列車などの乗り物が使われること
が多い。それが片道切符なのか、それとも往復切符として
戻ってくるのか。

「世にも奇妙な物語」シリーズの時にも言及したことが有った
気がするけど、列車とか乗り物にはそういう特性が込められて
いたりするのかな。列車は時にレールが敷かれているので
一本道で目的地に向かう。途中で降りるのも自由だし引き返す
のも自由であるが、それが出来ないものもあるということだ。

■現在の事件

ドラマは24時間前という形で描かれる。決断を下す頃には
既に結論は出ているものだと思うが、結果的にはその判断に
よって命が左右するという流れを演出していた感じだ。

ドラマでは修繕中の空母ジェントリーで殺害されていた兵曹
の件で探っていくことになる。
現場の状況からもう一人ドアの中「貨物室」で死にそうに
なっている人物がいることが分かる。

本編の流れは要約すると船の中で二人の人物が銃で撃たれて
いたが、ピーター・ジャーメインというポーツマスの造船
会社で香港の電子機器メーカーに吸収されていた。
軍事施設に外国企業が入るので安全面に懸念がある。
修理前に機密情報を削除する筈。監視データが艦内に残って
いる為にそれを回収して二人は取引していた。

またもう一人ジャネット・マキャフリーの遺体から銃弾を
回収する。ジャーメインは一発撃たれていて3つの弾は同じ
銃から発射されたもの。薬莢から指紋が検出され、マイケル
・ローズという海軍アナリストの名が出てくる。全員がグル
なのか。

ローズは42歳、バージニア在住・離婚して息子が一人。
生活に困り家を売りに出していること。息子のスティーヴンは
17歳で成績優秀。
ジヴァがスティーヴンを捕まえた。

■回想シーン

ギブスの選択というのがテーマの名の下で基本的にはこれまで
のドラマを振り返るような構成だった。

・トニーとケイトリン

二人の写真を見る光景は辛かったね。
ケイトを助けることが出来たならばどんなことが出来たのか。
なんともしもの世界では病院でアビーとか医者(Jeff Williams)
が待っていた。そしてケイトとの赤ちゃんが生まれた映像が
流れた。

・ジヴァ

トニーが取り調べをすることになり、ヴァンスからは危険な
相手で父親のことを知って居る。注意を怠るなと言われて
いた。トニーはジヴァの名前を忘れてリヴァ?ヴィザ?と
していたけど、「ジヴァ・ダヴィード」よと語る。ジヴァ
さんの名前って濁音が多いね(実にどうでも良いけど(笑))
ケイトリンのことをジヴァの義兄のアリが殺害し、ジヴァが
S3でアリを殺害することになったけど、ケイトが死んでいな
ければジヴァはモサドのままだし、アリも生きて居るはずだ。
冷酷なイスラエル人かとしてトニーはホテルまで尾行したこと
があると語るがジヴァは印象にないと語る。

・ギブスの母・アンの登場

演じていたのはClare Careyだった。ダイナーの中のウェイ
トレス役。

昔NHK教育で放送していた「ふたりはお年ごろ /So Little
Time」
「ジェリコ 閉ざされた街 / Jericho」を見て居た
人ならば印象深い筈だ。

アンは「ジャクソンを許してあげて」と語る。
「出て行った母さんを責めていた」。二人共出て行こうと
していたこと。ジャクソンにも女性がいたこと。アンが父
さんを苦しめたのだとして苦労を掛けるより去る方がマシだ
ったと。アンと会話している背後で、当時のことを再現した
のか、「ジャクソンと若い頃のギブス」が喧嘩して立ち去る
様子が描かれている。

アンは今後の決断について問う。
新聞にはギブスが容疑者を撃つことが書かれていた。
Virgibia Ledger誌の記事には2012年2月7日(木)と書かれて
いた。

・ライリー・マカリスター

“過去のNCISの霊”としていた。ギブスが俺を必要としたので
来たとするが、何故殺人犯を必要だとするのかギブスは困惑。
彼はメキシコの件を引き合いに出してペドロ・ヘルナンデス
のことを語る。感情で殺害したこと。
25セントを出させてE7のボタンを押して
Come Back by My Name Is You を聞く。命の重みを考えろ。
復讐していなければどうなっていたのか。
アビーを傷つけることになったんだよね。

ただこの話の流れで結果的にはスティーヴンを撃たなかった
感じだ。マイケルは一度は悪い事をしようとしたが止めよう
として二人の捜査官と撃ち合いになった。

ただマイクによればペドロを撃たなければギブスの心が
蝕まれていたという。

ダッキーとアビーとマクギーがギブスの元にやってくるが
誰とも話さずに一人籠もる生活をしていた。アビーとマクギー
の間でケリーという女の子を出産していた。

・ケリーとシャノン

シャノンは綺麗な人ですね。
演じているDarby Stanchfieldは、「ジェリコ 閉ざされた街
/ Jericho」
を見て居る人なら分かるか。

ギブスは証言させるのを止めるべきだったと語る。
しかし私たちが死ななければNISにも捜査官にもなっていない。
トニーもジヴァも捜査官にはなっていない。海兵のままならば
私たちの元に訃報が来ただろうとしてその光景が描かれた。

■仕上げ

ローズを捜すことに・・艦内にいる筈。
警察犬と息子を使ってマイケルを捜す。
見つけた後にマイケルから話を聞く。売ろうとしていたのは
情報だけでなく「人々の安全」「自分の誇り」もだと気がつ
いた。そして止めようとして二人を撃ってしまったようだ。

再びダイナーに戻るとマイケルに撃たれるが肩口を傷ついた
だけで誰も死ななかった。

■etc…

・ジミー

腹斜筋を痛めてアビーに指圧/ロルフィングのようなものを
されていた。
ギブスはジミーが結構腹筋が割れていたので驚いていたね。

・マクギーの異変

モニターの位置が変わっていることにトニーは気にしていたね。
ジヴァもギブスもそれには気がついていた。
トニーは”マク腹黒”。性転換手術をするのかとしていたけど・・
部長に昇進話があるが沖縄基地でのこと。
マクギーの前任者はマイクロソフトに移って大成していた。

トニーは昇進を諦めてここに残った。
マクギーはどうすべきかを悩んでいる。

結局マクギーも沖縄行きは辞めたようだ。
トニーはマクギーが来た際に「マクギーさん」と敬称つき
で呼んでいた(字幕版だと本人の声で聞こえる)し「芸者と刺身を捨てるなんて正気か?」
突っ込まれていた。

■Used songs

・NCIS Theme by Numeriklab
・I’ll Never Get Out of This World Alive by Hank Williams

(as Hank Williams, Sr.)
・Come Back by My Name Is You

■Cast

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) 元モサド、NCIS
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”分析・解析
ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの助手、検視
レオン・ヴァンス (Rocky Carroll) NCIS局長

ジャクソン・ギブス (Ralph Waite) ギブスの父
マイク・フランクス (Muse Watson) 元ギブスの上司
ケイトリン・トッド (Sasha Alexander) 元NCIS
ライリー・マカリスター (Michael O’Neill) 元NCIS
シャノン・ギブス (Darby Stanchfield) 元ジェスロの妻
ケリー・ギブス (Sam Schuder) ギブスの娘
アリ・ハスワリ (Rudolf Martin) ジヴァの異母兄
マイケル・ローズ (Mackenzie Astin) 薬莢から指紋
スティーヴィ・ローズ (Jordan Garrett) マイケルの息子・17歳
アン・ギブス (Clare Carey) ジェスロの母
クリストファー・パッチ (Tim Kelleher) NCIS
若い頃のリロイ・ジェスロ・ギブス (Sean Harmon)
ジョーン・マットソン (Jeananne Goossen) ギブスと士官学校で
エレイン (Connie Jackson) ダイナーのウェイトレス
(Jeff Williams) 医者
トバイアス・フォーネル (Joe Spano) FBI捜査官
ペドロ・ヘルナンデス (Thomas Rosales Jr.) メキシコ麻薬カルテル
若い頃のシャノン (Aviva Baumann)
ジェニー・シェパード (Lauren Holly) 元NCISリーダー
ケリー・ギブス (Mary Mouser)
ピーター・ジャーメイン 貨物室で撃たれていた、ポーツマスの造船業者・香港
ジャネット・マキャフリー兵曹 遺体、2発の銃弾を摘出

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336