エージェント・オブ・シールド Agents of S.H.I.E.L.D. シーズン4 第19話 マダム・ヒドラの野望 All the Madame’s Men

リンク広告 テスト




第19話 マダム・ヒドラの野望 All the Madame’s Men

脚本/James C. Oliver
Sharla Oliver
監督/Billy Gierhart

【これまでのあらすじ】

シモンズはフレームワークから出られないという。デイジー
はこの世界から出口が残っていると言ってとラドクリフに
問うと、”ある”という。場所を教えてとデイジー。
トリップは昔風のスパイカメラで写真を撮ったとコールソン
に告げる。博士の秘密プロジェクトのもの。エイダはフィッツ
に彼らは私たちの築き上げたものを壊そうとしていることを
語る。だから【鏡の国プロジェクト】の完成を急いでいるのか
とフィッツ。メイは隔離所を作動させてとし、メイはメイスが
死んだかどうか建物内に突入する。その際ボディカメラを
付ける。室内ではメイスを中心として子供を助けようとして
いるだけだと語るコールソン。崖が崩れメイスは下敷きになる。
そして現実社会のメイスの脈拍も止まる。ヒドラのしている
ことを知ったメイはデイジーに対してインヒューマンズなの
は本当かと問う。この世界を潰せるくらいの力があるという
とメイはテリジェンクリスタルを破壊しデイジーを再度覚醒
(テリジェネシス)させる。

【ストーリー】

「バクシ・リポート」という番組がテレビで放映される。
スニル・バクシ (Simon Kassianides)が司会を務める番組。
“正義について話す”として、昨日ヒドラ啓発育成センターが
何の理由も無く襲撃される事件が発生したことを語る。
テロの首謀者はインヒューマンズにしてレジスタンスのリー
ダーのパトリオット。しかし嬉しい報告としてパトリオット
はその場で死んだと語る。

デイジーは一度黒く固まると卵が産まれるようにして覚醒
(テリジェネシス)する。これまでヒドラの拷問で受けて居た
傷は一つ残らず消えたのを受けてメイは元気になったわねと
語る。
メイとデイジーはヒドラの施設内から銃で交戦するものたち
をすり抜けて逃げる。
メイはエレベーターから駐車場へ行くというと、室内に居た
エージェントを壊滅させる。しかしエレベーターからは
エイダとその護衛が二名銃を構えて出てくる。
エイダはメイを見てどんな状況でも本質は変わらないのね
と語る。あなたは戦士でマックは守り手、フィッツはロマン
チストだと。私は何よというデイジーはその場で手を差し出し
能力を使ってエイダはビルのガラスから吹き飛ばして突き落
とす。

・現実の世界
何故かフレームワークの世界で亡くなったにも関わらず
エイダは生きて自らフレームワークを抜けてくる。
アントン・イワノフ (Zach McGowan)/サペリアーは機械でも
イライラするんだなと語るがエイダはそれを否定する。トラ
ブルを見直すだけだと。誰か反乱でも起こしたのか?と問われ
るとエイダはメイが自分の設定に疑問を持っていると語る。
人間らしいなとサペリアー。状況はかなり複雑だというエイダ
に、サペリアーは銃をとりだして簡単にしてやるという。
メイを撃ち殺そうとするがどうしても撃てなかった。何で
殺せないのか?というサペリアーに私に作られたからだという。
私にかけられた制限はあなたにも働いているということ。
人間を守ることが最大の仕事で有ると語る。
お互い無力かと問うとエイダはそうでもないとし、フレーム
ワークにとって脅威になれば彼らを守る必要は無くなるのだ
という。既に脅威になったエージェントは二人。シモンズと
デイジーだという。インヒューマンズのか?、フレームワーク
に入り世界を壊そうとした。この二人を殺さないと。
難しい事ではない二人を見つけてくれればというエイダ。

・フレームワーク
バクシはメイス/パトリオット批判をテレビで延々と続ける。
マックは英雄を悪党呼ばわりしているとしてテレビを切る。
ウォードはメイスの敵討ちをしようという。しかし人命を
守るのが先決だとマック。あの人たちによりよい生活を
約束した男が死んだ今すぐ安心させないと・・。トリップは
それよりも俺がヒドラの研究所から盗んできた設計書を見よう
という。あの女はもしかすると世界を破滅させる最終兵器
でも作っているのかも。
コールソンはシモンズに革命は失敗かとし、歴史から学んだ
のは確かな導き手を無くして正義は実現しないという。
パトリオットが居なくなってみんなの結束が失われている
というコールソン。シモンズはこれ以上亡くなる前にフレー
ムワークから出ないといけないという。

そんな中バクシは「トリスケリオン/Triskelion」でテロが
発生したと語る。インヒューマンズがマダムの命を狙った
こと。幸いにもリーダーは一命を取り留めたが犯人は逃亡中
だと。シモンズはデイジーなのか?と問う。

ヒドラたちが二人を捜す。
シモンズはメイにどうして助けてくれたのか?と問う。あなた
はインヒューマンズを目の仇にしていた。敵が命と引き替えに
命を守ってくれたら戦っていた相手が違うと思わざるを得ない
というメイ。パトリオットがガレキの下敷きになった。
まさか彼は死んだのか?とデイジー。レジスタンスには痛手ね。
とメイ。テリジェンの副作用みたいでフラフラするとデイジー
は語る。

■感想

※後で加筆するかも知れないです。未完成です。

ドラマとしてはなんだか細かい設定が入り組んできた。

一番複雑なのはメイスがフレームワーク内で死んだと同時に
現実の世界でも息絶えてしまったけれど、今回は冒頭の展開
でエイダは亡くなったにもかかわらず現実に戻ることが出来
た。(いや実際には亡くなってはいないようです。)
元々のエイダ自身は現実世界に残っていて、シールドの
面々を見守っているだけかと思ったけどエイダ自身が
フレームワーク内にヘッドホンをつけて入り込んでいる。
デイジーはテリジェネシス(テリジェンの力でインヒューマ
ンズに変化)したけど、デイジーって言うのは既に現実の
世界でインヒューマンズとなっており、エイダがプログラ
ミングした世界での人間ならばインヒューマンズとしての
力が封印されていてもおかしくはないけど、デイジーと
シモンズは自力でこの世界に入り込んでいったのでその扱い
がどうなっているのかいまいちよく分からない。

ただメイスって確か現実世界ではヒドラに囲まれて車に
轢かれたか何かで死んでいた気がするんだけど、結局二度
死んだ形になった。死んだ人でもフレームワーク内では
生きられるからね。(ラドクリフがそれを言っていたし)

また久しぶりにサペリアーの姿が登場したけど、彼も一度
現実世界で殺されているよね。で、今回登場したという
ことはエイダがアンドロイドとして再現した訳で、死ぬ
前に彼の色んなデータとか残っていたのか気になる。
いや書いてて自分もよく分からなくなってきているのだが
結局この世界に於いては簡単にエイダと同じくしてアンド
ロイドを作れる技術が確立したってことで良いのか?
最初のエイダは殺されていて、確かフィッツが解析用に
彼女の頭を取っておいたことが有った記憶があるけど・・。
エイダはその前に既に別のversionのエイダが稼働していて
それで死んでも生きて居た訳だけど。

ようやくメイもシールド派になったということで役者は
揃ったかな。当面の問題はどうやってフレームワークから
外に出るのかという事だけど、デイジーとシモンズが
外に出てボディのある所(サペリアーの戦艦か基地?)に行き
戻らないといけない訳だよね。そもそも肉体自体はこっち
の世界にある人たちで、コールソンなんかが戻ってきて
しまったら、それはまるでタイムパラドックスのように
二つの体が出てきてしまう。

それは良いとしてもエイダがサペリアーにデイジーとシモ
ンズの体を探させようとしているところを見ると、二人共
似たような装置を使って脳のプログラミングだけでこの
世界に入っているのかな。
デイジーたちがシールドのボディを探すのが先か、それとも
サペリアーが二人のボディを探すのが先か。
でもデイジーたちはそのボディを探すためにはこの世界に
戻らないといけない訳だから戻る方法論とボディを見つける
手立てを探さなければならない。

現実の世界ではアンドロイド/LMD(Life-Model Decoys)は
人間を殺せないようにプログラムされていたみたいだけど、
エイダは殺しているよな。
この辺はあの本のせいで未来を見てしまったのでプログラム
くらいは書き換えが簡単にできているのか。

一つ興味深い流れとしてフレームワーク内ではインヒューマ
ンズが敵となっている。インヒューマンズは人間なのか
そうじゃないかの問題が有るけれど、エイダもまたそれと
似た様な立場のアンドロイドだ。

■冒頭から見せ場の連続

デイジーのデリジェルシスはもちろんのこと、メイと共に
ヒドラの施設を抜け出すために格闘シーンがある。
これぞメイって感じの映画顔負けのアクションシーンを
スローモーションで魅せた形だけど、無駄な動きに見えな
くもない(笑)
またデイジーはエイダとエレベーターで出会った際の会話
が面白かったけど、答えを聞き出す前にハッーっと能力を
使ってしまうんだよな。そしてエイダが吹き飛ばされて
ビルからの落下。血は流れていなかったのは流石はアンド
ロイドだからなのか。そういえばテリジェネシスを終えた
デイジーの顔中のキズとアザなんかも綺麗さっぱりになって
またいつもの可愛いChloe Bennetとなった。

興味深いのはシールドのリーダーのメイス、ヒドラのリーダー
のエイダが共に動けない状態か死んでしまったので第二の
リーダーが求められている。

■シールド側

シールドの隠れ家は「プレイグラウンド」だった。
先日それを証したっけか。

・盗んできた設計書とは!?

トリップが命がけで盗んできた計画書とは一体何なのか。

トリップの爺さんは「ハウリングコマンダーズ / Howling Commandos」
そのカメラで撮影した計画書をシモンズに見せるとずっと
その話を聞きたかったという。レジスタンスの有名人でしょ
と。

計画書は「鏡の国プロジェクト/Project Looking Glass」。
「量子エネルギー操縦装置」のこと。「ダークホールド」
の技術。
「量子エネルギー操縦装置」は何も無い空気中の物質から
物を作る為の装置。シモンズが現実の世界で見た時には
大量のエネルギーを使用するために水力発電所を使っていた。
これはもっと莫大なエネルギーが必要。
石油掘削所に部品を運ぶといっていたというトリップ。

それを聞いてイワノフのバルト海の基地だとシモンズは
考えたようだ。

・クインジェットで現場へ

レーダーを使って調べると構造が複雑。とても深い施設にな
っているという。
この世界にもサペリアーが居たように見えるけど、別の世界
のこの場所のことが何故かレーダーに映し出された。

そこで初めてエイダは物質を作るだけでなく人間の神経や
筋肉を作る方法を見つけたという。エイダは本物の人形にな
ろうとしている。

・テリジェンの副作用

デイジーは二日酔いみたいな感じだとしていたけど果たして
問題はないのか。
メイはいきなり力をコントロール出来たのはあなたが初めて
だと語る。

・デイジーを捜したいウォードの過去

ウォードはコールソンに協力を求める。
その際コールソンが語った事が有る。
昔シールド入会を誘った人物が居るという。しかし断ったの
は怖かったから・・今の君と同じ、感情で判断するなと。

ウォードは第一級放火罪で刑務所にいた。
そこで出逢った人物。ヴィクトリア・ハンドという女性から
やり直せると言われたという。支えてくれたのがスカイ。
その彼女が危ない時に待っているのは嫌だと。

因みにヴィクトリア・ハンドはシーズン1に出て来たエージェント。
役はSaffron Burrowsが演じていた。
(S1-E07、S1-E11、S1-E16、S1-E17を参照あれ)

・逃走するデイジーとメイ

バクシがテロで無差別に人間を殺すインヒューマンズとして
この二人をテレビで報道したので途中で出逢ったメガネの
女性(Dasha Flynn)は二人を見ただけで逃げた。

「アジア系が嫌いとか?」
「有名人だからとか?」

メイはドローンの飛ぶ位置を知って居るのでくぐり抜けて
先日連れて行ってもらったレジスタンスの連絡役の元へ。

バロウズは連絡員(David Weiss)からの連絡がありデイジー
たちからの接触が有ったかも知れないことを語る。しかし
みんなが出払っていて統率が取れていない。マックが運転
していくという。Mrs.リー (Kavita Patil)に預けてマック
も加わる。

・インヒューマンズによる手順

メイはヒドラの戦術に詳しい。6チームの捜査。建物内に
隠れたら建物ごと爆撃してガレキを調べる。

パトリオットは本当に死んだのかをデイジーはメイに逃げる
過程で何度も確認していたのでこの発言でメイがそれを
やったことが分かる。私の命令だった。でも騙されていた。
真実を知って立ち上がったとしてデイジーは許すような発言。

マックたちが助けに来るが、デイジーと一緒にいたメイは
マックにとっては脅迫に利用されたので信用出来ない。
コールソンは味方に銃を向けているものではないと。
彼女が何故か信用出来る。

・禁酒法時代に出来た施設

バロウズが知って居た。地下に抜け道が有って抜けられた。

その報告を受けてフィッツは激怒。

「何か有る度にヒステリーを起こすな。母親そっくりだ」

・シールドの秘密基地

やっぱりここなのねとデイジー。最初から来れば良かった
という。

■ヒドラ側

・エイダ(オフィーリア)は?

医師(Andy Comeau)によると頸椎損傷しているが治ると
語っていた。死んで居ると冒頭で書いてしまったが正確には
死んでいなかった訳だ。

しかしアリステアは敵の方を優先すべきことを語り
「裏切りは許さない」との声明を出す。フィッツっていうのは
現実社会では父親に虐げられていたようなのに、何故この世界
でも洗脳されていて自由が与えられていないのか。

・バクシとフィッツ

バクシはテレビ局のニュースホストを演じているのかな。
フィッツと逢う中で、彼はこんな恐ろしいことをしたのは
“シールド”とは言わずインヒューマンズだとしていること。

フィッツにテレビ出演して欲しいことを告げる。
テロに屈しない強い姿を誇示して市民達に安心感を与える。
聞こえは良いんだけどね。しかしフィッツはダメだと語る。
市民を宥めることはなく恐れさせろというフィッツ。

・フェイクニュース

バクシは「トリスケリオン」で起きたテロの犯人はデイジー
だとして公開した。インヒューマンズファースト運動のリー
ダーだという。ヒドラを内部から揺るがすこと。
大規模に破壊する能力を持ち民間人も容赦なく殺していると
いう報道。更にメイはパトリオットと結託して啓発センターを
破壊したと報道する。

「これが俺たちの現実」

ホープは嘘だと知って居る。スカイは良い人。ニュースは
人を操っていると。

■「鏡の国プロジェクト/Project Looking Glass」

上にも書いたけどこのプロジェクトは「量子エネルギー操縦
装置」
のこと。みたいだ「ダークホールド」の技術。
エイダは何よりも「鏡の国プロジェクト」を最優先させて
自分の体のことなどどうでも良いとしていた。

エイダのやろうとしていることはシモンズがサペリアーの施設
に行く流れの中で判明していく。
色々と人間の組織再生が出来る様になっていく様。
エイダは本物の人間になろうとしている。
今は意識を持った人工物。彼女は人間になるための問題点を
一つずつ完成させているという。

しかしトリップはこれが完成されるのは今日だとのこと。

フィッツはプログラミングをホログラム上で行っていたけど
あれで設計が完成したというのだから・・

・ラドクリフ

ラドクリフの元にアリステアがやってきて、レジスタンス
たちの居場所を聞く。もし何か知って居たら私は逃げている
とするが、アリステアは彼が向こうの世界から来たことを
知って居た。なんで知って居るんだろうね。
ラドクリフは向こうの世界が現実でお前はプログラムの断片
に過ぎないこと。そしてフィッツの見張りに過ぎないことを
語るラドクリフの姿がある。エイダが書き加えた。
ここでは親子だが現実の世界ではフィッツの才能を見抜けな
かった飲んだくれ。この世界でも彼にすがって生きて居る。
また息子をガッカリさせれば良いと。
アリステアは凄い勢いでラドクリフを殴っていた。

通気口から話が聞こえたということをアリステアに話して
しまったラドクリフ。そのことでどう妨害が発生するのか。

・ヒドラを叩きつぶす方法

当初メイが撮影した施設崩壊のVTRを公表することで市民に
真実を伝えようとする。

しかしデイジーがやってきて私とシモンズが捜していた場所
をラドクリフが教えてくれた。
そこに行けば問題は全て解決するという。

VTRを見せても意味がない。

助かる為にはまずこの世界を救おうという事になり、テレビ局
に乗り込む。バクシを縛り上げて放送することに。

コールソンがテレビ放送で演説する。
その前にメイがコールソンのネクタイを絞めるが前に行った
ことがあるような気がするという。

ウォードが犠牲になってテレビ局で放送が止まらないように
ヒドラから守るという。

「向こう側のウォードとは別人」

報いは受けたんだろうとしていたけど、刑務所ではなく
死んだことを察したようだ。

「彼の事を初めて理解したような気がする。彼の中の良い所
が有った」

■その他

・ウォードとデイジー

再会するがデイジーはウォードとの会話を避けようとしてい
た。ただそれはかつてのウォードと会話したいというものでは
なく別れる方法が見つかったことも有り、再度別れなければ
ならないからだった。

「シモンズの話が嘘で有って欲しかった」
「無事で良かったデイジー」

・現実の世界

ようやくスペック制限が解除されるという。サペリアーへの
制限も解除されてコールソンを殺す事が出来るという。

サペリアーはみんなの居場所を見つけていた。
ゼファーワンの中にいて逃げ回っている。サペリアーの部下
が打ち落とすと語る。

■使用された曲

■出演者

フィル・コールソン (Clark Gregg) S.H.I.E.L.D.の捜査官
メリンダ・メイ (Ming-Na Wen) エースパイロットで兵器の専門家
デイジー・ジョンソン (Chloe Bennet) S.H.I.E.L.D.、能力者
レオ・フィッツ (Iain De Caestecker) 兵器技術を専門
ジェマ・シモンズ (Elizabeth Henstridge) 生命科学に精通
アルフォンソ・マッケンジー (Henry Simmons) “マック”、メカニック

ホールデン・ラドクリフ (John Hannah) GT農薬、寄生生物関係の研究
グラント・ウォード (Brett Dalton) ヒドラだった
マダム・ヒドラ/エイダ (Mallory Jansen) 元はアグネス
アリステア・フィッツ (David O’Hara) フィッツの父
アントン・イワノフ (Zach McGowan) サペリアー、武器商人
アントワン・トリプレット (B.J. Britt) ヒドラに潜入していた
スニル・バクシ (Simon Kassianides) ヒドラ側
バロウズ (Patrick Cavanaugh) シールド側エージェント
ホープ・マッケンジー (Jordan Rivera) マックの父
(David Weiss) 連絡員
(Andy Comeau) ヒドラの医者
Mrs.リー (Kavita Patil) ホープを見ててもらう
(Benjamin J. Cain Jr.) ヒドラのエージェント
ローラ (Emily Peck) アナウンサー、バクシと会話
(Dasha Flynn) メガネをかけた女性。私は見た!!メイとデイジー
(Asha Goyal) ホープの友達

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336