ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル Numb3rs シーズン3 第7話 仕組まれた停電の謎 Blackout

リンク広告 テスト




September 29, 2006
第7話 仕組まれた停電の謎 Blackout

脚本/Andrew Dettmann
監督/Scott Lautanen
——————————————————–
リズ・ワーナーはFBI組織犯罪課・臨時リーダーとしてイヴァン
タバキアンのことを追っていた。彼は競馬で八百長して荒稼ぎ
しているがマネーロンダリングをしていたこと。そして邪魔な
証人はあっさりと消すヤツだという。そんなタバキアンを逮捕
することになる。

変電所436カ所、ケーブルの全長153km、2200万メガワット、
証人一名。

ドンはリズに呼びだされてホテルに来ていた。リズはネットで
デート相手を探して逢う約束をしていたがスッポカされた為に
ドンを呼んだのである。恥ずかしいのでこのことは内緒にして
欲しいという。銃とバッジを取れば私も普通の女だという。
ただしホントに取る人は殺すと。そんな中ドンはリズにキスする。
検事のロビンとのことは良いのかと問うが、良いのだとして
ドンは彼女とキスしてベッドへいく。

ランディはこの日、変電所で作業をしていた。
妻のカリ・サイルズから電話が鳴ると、少し帰宅は遅れるので
先に寝ていてくれと語る。そんな中変電所には車が突っ込んで
来るとランディは感電死し、そして一部該当地域は停電になる。

ドンの元に電話がなる。
リズと良い感じで裸になっていたドンだが、変電所が爆破され
国土安全保障省も乗り出している案件だとして、行かねばなら
ないことを語る。私は24時になったらドアをロックするわよと
いうリズに対して戻ることを約束する。

デビッドと合流しドンは現地入りする。
既に変電所はオフライン状態にされているという。
しかしもしもテロリストだとしたらショボイ攻撃過ぎるとし、
数千世帯が困るだけだという。もしかしたら予行練習なのか。
被害者は保守点検中の作業員だが、車に乗っている人物が居な
かった。ドンとデビッドは車を調べると、アクセルにつっかえ棒
が有り無人で車が走っていたことを知る。

コルビーとメーガンを呼びだすドン。
こんな遅くに呼びだしたことを謝罪する。被害者はランディ・
サイルズ(31歳)。妻子が居て子供は2人。臨時職員だという。
あの変電所を管轄しているのはルノー電力であり、この6週間
労使紛争から組合員はストを行っているという。デビッドに
よるとトラックは盗難車でエコーパークで盗まれたものだと
いう。現場からエコーパークまでは30km異常離れていること。
どうやって犯人は帰宅したのかという疑問に対して、複数犯
による犯行だろうという。取りあえずルノー電力の作業員
リストを手に入れるというコルビー。その中にエコーパーク
近くに住んでいるものが居るかどうかを照合すると。
ドンは国土安保省からテロリスト関連の通信を傍受していない
か確かめるとのこと。

ラリーとチャーリーは、”反動力装置の一種”、静電気リフター
をいじっていた。その原理は何なのかと問うアランに対して
ラリーは、ビーフェルドブラウン効果かコロナワイヤーの
イオン化か、ただの誘電永動現象かだろうと。
そんな中ドンは帰宅すると、ミッションヒルズの変電所が
襲われた事を語る。ドンはこの家でもロウソクが使われた跡が
あることを知り停電が有ったのかと問う。ラリーは”予防的送
電経路遮断”の為に自動的に停電になったのだろうという。
チャーリーはその現象について説明する。電気は貯めることは
出来ず発電してから1/1000秒の間に使われないといけないと
言われていること。発電所では生産と消費のバランスが勝負で
どちらか傾くと他の地区には高圧電流が流れてしまう恐れが
あるのだという。”波及的故障”が起きることを告げ、それはジェ
ンガのようなものだという。3年前に東海岸で起きた大停電
みたいなものかと問うと、1つの変電所の異常が5千万人の停電
の被害を受けた事を語る。故意に起こしたのであれば、停電は
これでは終わらないのだろうと語るラリー。

被害者の妻・カリ・サイルズから話を聞くコルビーとメーガン。
夫とは事件の直前まで電話をしていたという。ルノー電力とは
ストの時から契約している事を告げ、給料が破格だったこと。
しかし組合員から脅されていたとし、だからこそ夜勤を選んで
リスクを回避したのだという。スト中は感情が高ぶるものだと
すると、カリは2日前にも別の変電所が停まって夫が出動した
とし、整備不足だと言っていたという。ボイルハイツの
変電所でメンテナンスが滞っているのだという。偶然の一致
とは思えないとドンは語る。

そんな中チャーリーがFBIにやってくると、話を聞いていたの
か、偶然の一致は根拠が確かな数学的出来事なんだと語る。
不安なのは寧ろ送電系統全体を壊されることだという。もしも
波及的故障を狙っているのだとしたら”潮流解析”で次に何処を
狙うかが予測出来るという。その為には配電網と電気の使用量
を教えてもらって欲しいという。

ドンの元にリズがやってくるとサングラスを忘れていったので
届けに来たという。ドンは帰れなかったことを謝罪するが、
リズは仕切り直しは歓迎だという。その光景をメーガンは目に
していた。リズが去った後ロビンとの関係についてドンに
尋ねるが・・・

アミタがチャーリーとラリーの元にやってくる。
何をしているのかという問いかけに、チャーリーは南カリフォルニア
で大停電を起こすにはどの変電所を襲えば良いかを調べていると
いう。FBIのドンからの捜査の依頼だと語る。
ラリーは院生の頃一年間電気を使わない生活をしようとしたことが
有るという。アミタはソローが実践した”森の生活”に憧れて
いたのかと問うと、当時付き合っていたサンドラ・ダーウィンクル
の影響だという。チャーリーはオイルショックの頃のことだろうと
してラリーを年寄り扱いする。しかしラリーは当時から潔癖症だ
った為に口腔洗浄機を使っているのが見つかり別れることになった
という。そんな中チャーリーは場所を特定したという。

コルビーとデビッドはチャーリーが割り出したマルホランドの変電所
を監視していた。暇つぶしにコルビーはメーガンとラリーが付き合っ
ていることに納得がいかないという。あんな宿無しのクラシック
カーオタクとメーガンが何故付き合っているのかという。不釣り
合いと思わないかというコルビーにデビッドはそんなことはない
と否定する。そんな中シルバーレイクの変電所が襲われたとの
知らせを受ける。
——————————————————–

変電所に車が突っ込み作業中の臨時作業員のランディ・サイルズ
が亡くなって発見される。変電所が壊れたことで、一部地域が
停電に陥る中、車は無人だったことから何を狙ったものなのか
を探ることになる。話を聞くと2日前にも変電所がメンテナンス
不足だということで停電が起きており、現在その変電所を運営
している労使紛争が影響しているのか、それとも停電によって
何らかの利益を企んでいるのかどうかが疑われていく。

一応前回とエピソードとしては繋がりのあるものだったが、
前回のエピソードを見ていなくても十分に内容は伝わるものが
有った。

ドラマとしては事件よりも恋愛の中で火花が上がってショートして
ハートが燃えている感じのエピソードなのか。

ドンは冒頭からリズとの関係を模索する。
検事補ロビンとの関係に関して順調だと周りには言っていたが、
実は安定ではなく別れていたことが判明する。しかも自分からでは
なくロビンに振られたということで、ドンは顔には見せなかったけど
多少なりとも落ち込んでいたようだ。
ドンはリズにとってアカデミー時代の恩師だということだけど、
そういう教師と生徒的な関係から恋愛感情に発展するものなんだ
ろうか。「私もバッジと制服を脱げば普通の女」という台詞は
なんとなくドキっとするものが有ったけどね。

またメーガンを巡り、徐々に彼女に気が有るコルビーが憤り感を
露わにし始めた。コルビーとしては学者肌のラリーとメーガンは
不釣り合いだと思っているようだし、恐らく体育会系のコルビーが
文系のラリーに対して抱く中には男としても負ける気がしないとか
思っているところがあるのだろう。そんな愚痴を聞かされるデビッド
としては困ってしまうよね。デビッドはラリーとメーガンはお似合い
だとしていたけどね。

チャーリーとアミタは相変わらず。
途中で彼女からシナプス反射を扱った興味深い記事を見つけたと
して、あなたの認知発見理論に使えるのではないかとするものが
有ったけど、実に色気のない会話だ(笑)アミタとしては、チャーリー
との会話のきっかけを求めて記事を持って来たのかなと思ったけど
相変わらずチャーリーは女性よりも黒板が好きって感じ。

事件は変電所を狙った理由が何かを探っていく。
当初は波及的故障を狙い、要するにターゲットとする特定場所を
停電させることに意味があると思われたが、同じ電力会社が管轄する
変電所ではないことからそれは除外される。

価格操作の為に何処かを狙っていたのか調べるが、普通そういうこと
を狙うのであればもっと大きな場所を狙うのではないかとして否定
され、当然電力系を必要とするセキュリティ関係の会社の有るオフィス
が狙われているのではないかという可能性も指摘していく。

2件目の変電所を襲う事件はパチンコ玉のようなものが投げ込まれた
だけでショートしてしまう。敷地の北のフェンスには遺体
が有った。アレハンドロ・ムニョスというチノの独房番号のタトゥー
の入った元囚人からのもの。ムニョスの携帯からライル・ドナヒュー
という電気技師に繋がりが有るが
ドナヒューが残していたメモは、ダンツィクウルフ分析・ネットワーク
遮断戦略を計算した高度なものだと分かる。

Jエドワードライスビルが狙われていることが判明。そこには
連邦拘置所があるビルだと分かる。脱獄計画を立てているのか。
しかし拘置所にはバックアップシステムが有ることが分かる。

逆転の発想から、ラリーは1959年のリチャードファインマンのこと
を引き合いに出していた。有名な講演をしている人で「一番下には
多くのものが眠っている」と考えた人物。つまりその時から人はナノ
の世界をを探求し始めたという。

ムニョスはエルサルバドル人であり、現在拘置されているタバキアン
はエルサルバドルの麻薬カルテルと取引していて、司法取引しよう
としていることが判明。

度重なる停電でディーゼル燃料を消費したであろう拘置所に
補給タンカーが入ることになっており、拘置所のタバキアンに証言
させない為にタンカーの作業員に紛れ込んで、証人を消そうとして
いることが判明する。

ちょうどリズがその時、拘置所にいるって辺りが如何にもリズの
死のフラッグが立った感じだったけど、今後レギュラー状態で
登場することも分かっていたので安心して見ていられた。
ただあの交戦シーンで無傷で出られるというのはちょっと違和感は
有ったけどね。ちゃんとタバキアンには懲罰的に弾は当たってくれる
という辺りは何とも言えないものが有った。

最後は家族みんなで深夜に古い映画を見ることに。
ドンの帰りを心配して待つアランと、チャーリーの数学が胡散臭い
としたドンの扱いに対して、チャーリーの予想通りのことが起きた
ことに対して、「そーらみたことか」とチャーリーがドンに一言言いたい
が為に待つ実家にドンが帰宅。相変わらず暖かい家族の光景だけど、
そろそろこの家庭にも女っ気の欲しいところ(笑)

・Angela
(Theme from “Taxi”)
Performed by Bob James
・Lovely 2 C U
Performed by Goldfrapp

ドン・エップス (Rob Morrow) FBI捜査官
チャーリー・エプッス (David Krumholtz) 数学者
アラン・エップス (Judd Hirsch) 父
デビッド・シンクレア (Alimi Ballard) FBI捜査官
ラリー・フラインハート (Peter MacNicol) 物理学者
アミタ・ラマヌジャン (Navi Rawat) 学生
メーガン・リーブス (Diane Farr) FBI捜査官
コルビー・グレンジャー (Dylan Bruno) FBI捜査官

リズ・ワーナー (Aya Sumika) FBI組織犯罪課・臨時リーダー

カリ・サイルズ (Amy Sloan) ランディの妻
ランディ・サイルズ (Matthew Humphreys) 31歳、ルノー電力の臨時職員
ベイカー (Gareth Williams) 連邦拘置所・刑務官
イヴァン・タバキアン (Paul Statman) アルメニア人犯罪組織リーダー
— (Joseph Brooke) Bartender
— (John Bobek) Punk Guy
— (Benjamin J. Cain Jr.) LAPD Cop
(Chanda Hartman) AUSA Diane Verano
— (Daniel Arrias) Gang Soldier
— (Mark Finnell) Guard on Duty
— (Robert Patteri) Enclosure Guard
— (Eddie J. Fernandez) Tanker Truck Driver / Gang Soldier
— (Julia Keilty) Waitress
— (Kaya Sakrak) Kissing Couple in Car
— (Anthony Vitale) Federal Prisoner

ライル・ドナヒュー () 電気技師、元州の公共事業委員会メンバー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336