超能力ファミリー サンダーマン The Thundermans 第17話(17) スルーできない親子 Pretty Little Choirs

リンク広告 テスト




第17話(17) スルーできない親子 Pretty Little Choirs

脚本/David Hoge & Dan Cross 監督/Shannon Flynn
——————————————————–
学校ではコーラスグループでソロパートを誰が歌うのかで
金曜日にオーディションを行う事になる。ペロニカが歌っている
姿を見てフィービーは彼女の歌の上手さを認め、チェリーに対
して自分では勝てないのではないかと不安を述べる。
ペロニカは上級生でプロのコーラスで歌っていた経験があること。
しかしチェリーはオーディションにはまだ時間があるし、
フィービーだって頑張ってマフィンを買うために並んだでしょ
と言われる。フィービーは練習の為にみんなの前で歌を歌うと
突然紙爆弾が口の中に飛ばされ入り、思わずむせて歌えなくな
る。先生からはちゃんと息を続けられるように指摘されるが、
誰かが邪魔したのは明らかだった。
歌が終わった後に一体誰が紙爆弾を撃ったのかと会話していると
ベロニカは私がやったという。それを聞いたフィービーは私たち
はディーバコンビでしょというが、ソロパートは絶対に私が
歌うとして、邪魔するヤツは絶対に許さないと言われる。
マックスは歌っている最中に紙爆弾を入れられた子がいるんだ
ってとしてフィービーの元にやってくるが、姉のことだと知り
口をつぐむ。

フィービーは帰宅すると両親やマックスの前で紙爆弾の件を愚痴
る。ノドの奧に当たってゲホゲホだったという。バーブは嫌がらせ
してオーディションに集中出来ないようにしているのだとし、
振り回されてはダメだという。マックスはやられたらやり返すべき
だろうとして、タイガーアタックでやっつけようと告げるが、
動物を使ってはダメだというバーブ。嫌なことをされてもスルー
すれば良いとしてママはいつもそうしていると語る。ハンクが
変な顔をしたのでバーブは私がスルー出来ないと思っているのか?
と問うとハンクはくしゃみをしてみんなの顔に唾が飛ぶ。

そんな中、意地悪なご近所のダーシーがやってくる。
またいつものようにウチを嗅ぎ回っているとして、ばれたら困る
ので追い返そうと語る。

フィービーはマックスに対して母の教えの通りすると語ると、それ
ならばサイを借りる話は断るとしてメールする。後悔するぞと
マックスは告げるが・・・

ダーシーがこそこそ嗅ぎ回っていた為にドアを開けるハンクたち。
雑誌を返しに来たという彼女。郵便受けから勝手に借りただけだ
という。サンダーマン家に対して、変人家族が何をやっているの?
という。オバサンは美容院に行ったらどうかと言われる。
今日行ったばかりで綺麗だと言われたというが、ダーシーの汚い
言葉にバーブは思わず憤怒する。何であの子はそんなことを言う
のかとしてハンクに愚痴る。ハンクはバーブに嫌なことを言われて
もスルーするのだろうと語ると、私が怒っているように見える
のかとして問う。バーブの耳からはサンダーが噴出していた。

ビリーとノーラはコロッソにコスプレさせてお茶会をして楽しむ。
コロッソはもうコスプレさせるのは辞めてくれと語る。
ドレスを着せるのであればせめてニンジンをくれというコロッソ。
我が儘ベイビーだというノーラのセリフを聞いてビリーは
次はコロッソを赤ちゃんに変身させようと語る。
一連のことを監視していたダーシーはコロッソを家に連れて帰って
しまう。戻って来たビリーとノーラは居なくなったコロッソを
捜す為に公園や国際ニンジン博物館を探しに行くが・・・

翌日フィービーはベロニカに仲直りする為にスムージーをプレゼント
する。しかしベロニカは私とあんたはライバルなんだとして
スムージーをフィービーの頭にかけてくる。マックスはそんな
フィービーに対して「リベンジ」したくなったのではないか?
とすると、フィービーもリベンジしたいと語る。珍しくマックス
と気が合う事になり、マックスからは「ようこそダークサイドへ」
と歓迎されるが・・・
——————————————————–

フィービーはコーラスグループのソロを歌いたいと考えていた
がグループには上級生でプロのコーラスグループでも歌ったと
する経験のあるベロニカが彼女の前に立ちふさがる。
フィービーはオーディションまでの時を緊張しつつ努力しよう
とするが、ベロニカは自分がソロパートを勝ち取る為にはどんな
ことでもする人物でフィービーに対して数々の妨害工作を
してくる。バーブに相談すると悪口などには無視してスルーする
のが一番だとされるが・・・

フィービーとマックスパートではベロニカに対する対抗策として
バーブが語る”スルー”が出来ずにリベンジという名の下で邪魔しよ
うとするもの。
ベロニカは数学のレポートでD判定を取るとコーラスグループで
の活動が出来ないことを知り落第させようと考える。
ダークヒーローを目指すマックスにとってはフィービーがダーク
サイド側に来ることに歓迎して協力しようとする。
現在ベロニカの家庭教師をしているのがエヴァンだと知り、
彼にはエサを与え(イグアナ(エレノア)の飼育委員のエヴァンに卵
が孵りそうだと伝えた。)、その代わりにマックスがデタラメを
教える作戦だった。
あっさりとマックスがフィービーを裏切る辺りが笑えるけど、
元々ダークサイドとはそんなものだと言いきるところが凄い。
“ベロニカをダメニカにしてやる!”というフィービーがダークサイド
は禁止かと語る辺りもフィービーらしく律儀な感じ。

しかし結果としてはA判定を取るベロニカ。マックスって数学は
天才的だったよね。ベロニカにたらし込まれてつきあう事になった
というマックスだけど、実はベロニカは毎日彼氏を取っ替え引っ替え
しては都合良く宿題をやらせるようなことをしていた。
完全に利用されている格好だけど、それをマックスに知らせて
最後は味方につける。利用されている彼氏たちは利用されている
と知ってもめげないところが凄い。
紙爆弾で攻撃してくるベロニカに対してパワーを使って
阻止するマックスの姿。ケーキを投げようとしたけど案の上
パワーによって押し返されて自らドリフのコントのように顔面
でケーキを被っていた。
最後はフィービーは自ら実力で歌いソロパートの座を勝ち取った。
フィービー役のKira Kosarinさんも例外なくCDや歌手活動をして
いたりするのだろうか。iTunesを見ると「Replay」という曲を
デジタルシングルとして発売しているみたいだね。

バーブとハンクは隣人のダーシーとの絡み。
とても可愛い子だけど口が悪く、この手のシットコムにはお馴染みの
お隣さんって感じ。しかし子供なのに目上の人に対する態度の
粗相があまりに度が超えて居て引くところもあるな。
バーブも我慢する際に、耳からサンダーが不燃焼していたところが
笑えた。
ダーシーは「S1-10 犯人はダレだ? Crime After Crime」の中にも
登場したけど、ピザ店を営業するワンの娘役。ただ相当不評だった
のかこれ以降の出演は今の所ない感じ。
バーブの髪型に対してオバサン扱いした為にバーブとしては
「スルー」することが出来ず、色々と髪型を変えたり、髪色を
変えたりしていたけど、衝撃的なことになっていたね。
オレンジ色の髪型とか凄かったし、あの角刈りの髪型は笑いを越えて
いた所が有った。

ビリーとノーラはDr.コロッソが居なくなり、ダーシーが盗んだもの
だと考えていく。
取りあえず本物のコロッソを取り返すまで偽物のウサギを仕込んで
置くところがまたなんとも言えない。
マックスがコロッソに話しかけるが返事がなかったので
「コロッソが一番、彼女は2番というルール」を破ったのが原因か
として拗ねているのかと問い、バーブもコロッソの実直な意見を
聞きたくて髪型を見せるが返信がなくショックを受けて居た。
コロッソが家族に愛されているというところが意外。

ビリーとノーラは取り返す為に作戦を取る。
ビリーの手にノーラが「デザートを食べて暗くなったらコロッケ
(コロッソ)を取り返しに行く」としていた。
一方ダーシーは絶対にサンダーマン家には何か有るとして秘密を
探っており、コロッソが喋っているところを見たので自分の目の前
でも話をさせようと考える。ニンジンをちらつかせて話せば
ニンジンをあげるという彼女。コロッソがプルプルしているのが
笑えた。
ピエロ人形の部屋で不気味なダーシーの部屋。
ピエロばかりで恐いでしょと迫るダーシーだけど、ベッドの下に
ノーラが隠れているのを知って「サーダーマンは恐い!」と語る
姿が笑えた。ノーラは恐くはない、可愛いんだと語る姿が合った。
今回のノーラは色んなファッションをしていた感じ。
コスプレがテーマだったことも有るのかな。
最終的には偽物ウサギとすり替えて持ち帰った。

フィービー・サンダーマン (Kira Kosarin) 優等生の14歳、炎と氷の息、念力
マックス・サンダーマン (Jack Griffo) フィービーとは双子、炎と氷の息、念力
ノーラ・サンダーマン (Addison Riecke) 8歳。おませで毒舌、目からビーム
ビリー・サンダーマン (Diego Velazquez) 10歳、瞬間移動
ハンク・サンダーマン (Chris Tallman) 頼れるパパ、怪力、空を飛ぶ
バーブ・サンダーマン (Rosa Blasi) しっかり者のママ、光を操る
チェリー (Audrey Whitby) フィービーの親友
Dr.コロッソ (Dana Snyder) しゃべるウサギ、かつてパパが退治した超悪人

ライオネル (Major Curda) 月曜日の彼、文法
ベロニカ (Gilland Jones) ソロパートを狙う上級生
トム (Jacob Timothy Manown) 火曜日の彼、メガネの生徒
エヴァン (Elijah Nelson) ベロニカの数学家庭教師、水曜日の彼
ダーシー・ワン (Haley Tju) サンダーマン家の隣人
ジェイク (Phillip Wampler) 金曜日の彼

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336