S・セガール劇場 True Justice シーズン2 第4話(17) 沈黙の武器商人と囚われの美女 All In

リンク広告 テスト




第4話(17) 沈黙の武器商人と囚われの美女 All In

監督/Wayne Rose 脚本/Keoni Waxman、Richard Beattie
——————————————————–
ワシントン州・シアトル。
写真を受け取るとそれを燃やす。
男の泊まるホテルには荷物が届き、その中には武器と共に殺害
する為の暗殺者のファイルが入って居た。その直後に電話が鳴り
殺害するのはケインだと言われる。

カナダ・バンクーバー。
ケインはフィンチにバイキングムーン号の監視をさせていた。
現在17番埠頭に向かっていること。
シムズは撃たれはしたが軽傷だった。サラとジョニーはそんな
シムズについて会話する。ジョニーは彼の性格をよく知っていて
アイツは死ぬか覚悟で戦っていること。それがアイツのやり方
なのだという。しかし何が有ってもピンチを切り抜ける人物だと。

そんな中サラの元にケインから連絡が入る。
バイキングムーン号に侵入し、カラジックの医師を捜すことを
語り、先に到着するケインは中で待っているのでサラたちも
到着次第合流せよとのこと。
ケインは船を見守りながら無線でサラたちに状況を逐一報告。
遅れて到着したサラたちもその情報を元に行動を取る。
甲板には見張りはなく、船倉に入るという。
しかしその中は無残にも死体の山だった。ケインは薬莢を拾う。

ジョニーとサラも用心深く船底を探ると、2人の男が残っていたが
二人が襲いかかってきた為に倒す。更に進むと二人の前には血の
付いたカーテンが有り、臓器を摘出していた現場だろうことが
伺えた。サラに対して独りの男性が襲ってくる。投降を呼びかける
が要求に応じない為にジョニーは射殺する。

ケインたちと合流してアジトに戻る。
フィンチと連絡を取りバイキングムーン号の航海記録を知りたい
事を語る。船に有ったパソコンからは消去されていたというサラ。
フィンチはサーバーには記録が残っているとするが、サラは
寧ろその記録に残っていない航海記録が欲しい事を語る。
何故あの組織を襲った連中は大量に殺したものの3名の人間だ
けを残して行ったのか。ケインは恐らく警告の意味でのメッセージ
性を残したのだろうとし、自分達を見つけようとするものたち
には容赦はしないということを誇示しているのだと語る。
ケインは現場にマカロフの9mm弾が鉄鋼弾に改造されていたこと。
これは元諜報員だけが使う特別性のもので、防弾チョッキさえも
貫通するものだという。今でもバルカン半島にはこれを使う諜報員
が多数活動しているが、カラジックはそういう連中をここにつれて
きたのだろうと語る。

一方メイソンの元に妻・キャシーは電話する。
息子が生まれたことでメイソンは一線から退いて第二の人生を
歩んでいた。キャシーは悪い予感がした為に、夫に対してまだ
前の仕事に未練があるのではないかと問うが、メイソンはもう心
の整理はついているとし、妻に対して考えすぎないよう告げ、
もう戻る気はないと語る。しかしそのメイソンは電話を切って
車にいた際に何者かによって射殺される。

エディの元にDr.ジーから電話が鳴る。助けを求める電話だった。
エディはジーとメイがいる隠れ家にいくと、電話してくるなんて
何だと語る。電話すれば居場所が特定されるのだという。
ジーはエディに対して助けて欲しい事を告げ、お前が国にいた
時には力になったことや、カナダに来られたのも誰のお陰なのか
と告げる。あの時私の為ならばなんでもすると言っただろうと
して、誰かが私のことを殺そうとしているがそれが誰なのか分から
ないという。カラジックなのかも知れないがその真意を確かめる
ことが出来ないという。エディは何とか連絡を取るので暫く
ここにいるよう告げる。

一方シムズの怪我の手当が終わりまた復帰するという。
ケインはマーカスに逢うとしてアジトを出て行く。

メイはジーに対して妹のリーに何をしたのかと問う。
ジーは心配はなくてももうすぐ嫌でもそれが分かると告げる。
メイは私のことを助けに来てくれる人がいる事を語ると、ジーは
一体誰と何を話したのかと問うがメイは応えなかった。

ケインはマーカスに逢うと、オレが現在追っている人物がどういう
人かを知りたいと語る。大物であるのならばもっと情報が欲しい
のだという。マーカスはヤツの通り名は”ゴースト”と呼ばれて
いて正体がわからないこと。国籍も人種も不明で、噂ではヒズボラ
やハマスに関与したとされているという。イラクでの間に石油や
タバコなど密輸で財を築いて、今は武器商人をし、アルバニアや
香港の組織と取引しているのだという。今はカラジックとだけ
取引しているが、セルビア民族紛争でも手引きした人物だとされて
いるのだという。情報ではコッチに来るらしいこと。欧州には
敵が多いので中国の組織と商売しているのだという。カラジックや
グロスマンと臓器売買に関わっているのか?と問うと、恐らく臓器
売買の仕切り屋はヤツの可能性があるという。
——————————————————–

カナダのバンクーバーでは、カラジックに精通するDr.ジーという
存在を知りケインたちは消息を追う。カラジックの組織は臓器売買
に関与していて、世界的臓器売買を行うアーノン・グロスマン
と精通しているのではないかとされていた。
医師の居場所を特定していく中で、カラジックはアーノン・グロス
マンと精通していることが分かる。医師の居場所を特定して、
グロスマンの居場所を調べていくが・・・
そんな状況の中、シアトルでは警察を辞めたメイソンが何者かに
よって殺害される。

相変わらず面白いかどうか謎のドラマ。
海岸に発見された遺体の件は、ケインたちが突き止めるべきもの
なのかどうかがイマイチ分からないし、何故地元の刑事が捜査の
為に動いていないのかも分からない。16体も足が出れば、普通
相当大騒ぎになりそうだ。

相手は傭兵だとしているけど、そんなに他の組織と何ら変わらず、
所轄でケインたちが対峙していたギャングや殺人鬼との違いは
何処に有るのかも分からない。

メイソンが殺害されてしまった。
これもケインがバイキングムーン号で語っていた犯人が力を誇示
する為の行動だったのか。流石にシーズン1のメインキャラだった
のでその死は悲しいかなとも思ったけど、意外と簡単に処理されて
しまった印象も有る。

医者の男も娘が人質にされて動いていたことで動いていた様子。
サリクがCIAに協力していてマーカスと精通していたこと。
その為にケインたちがサリク逮捕の為に動く事を快く思っていなか
った。サリクのチームが襲っていたのであれば、マーカスは気が付いて
いたハズで、それを止めなかったマーカスに対するケインの違和感
は益々募る物が有りそうだ。

前回新たに登場したトニー・ヨングルイはクズだがカラジックは
さらにそれ以上だという。更にその上にはアーノン・グロスマンが
有るし、更にここに来て新たに名前が浮上したのはミラン・サリック
という人物。
一つ一つ主要人物を潰していくのも分かるけど、少々芸がなく
まるでリレーのようにして次々と繋がりのある人物の名前が浮上する
だけ。「バーン・ノーテイス」でも組織を潰す為にこんな格好で
壊滅していったのだろうけど、僅か一、二話で解決した流れを
このドラマでは最後のボスにたどり着くまで同じ形式で展開して
いきそうな感じがする。

残念ながらケインの個人的感情からメイを助けようとしているよう
にも思えた件では助ける事が出来ず。なんだかなって感じにも思う
流れが有った。

最後はケインとジョニーが互いにバディを組んで、ケインが狙撃手、
ジョニーはスポッター役としてケインをサポートする役目を担った。
一人ずつ遠隔地から倒していく様は悪くは無かったけど、これが
出来るのであれば、もう敵無しだろうって気がするな。

イライジャ・ケイン (Steven Seagal) 隊長
サラ・モントゴメリー (Sarah Lind) 東部から来た刑事、シアトル警察
ジョニー・ガルシア (Jesse Hutch) 捜査官
シムズ (Lochlyn Munro) 捜査官
マーカス・ミッチェル (Adrian Holmes) CIA工作員
ジェシカ・フィンチ (Tanaya Beatty) ハッカー

エドワード”エディ”・ゴーゴル (Zak Santiago) マーカスの情報屋
Dr.ジー (Ian Tracey) 臓器摘出
アーノン・グロスマン (Peter Kent) 世界的臓器売買
ダーコ・カルジック (Mackenzie Gray) 39歳、モンテネグロのカルテル
メイ (Lily Gao) 人身売買、リーの姉
キャシー・メイソン (Ecstasia Sanders) メイソンの妻
アンドレ・メイソン (William ‘Big Sleeps’ Stewart) 元SIU
— (Phoenix Ly) Suicide Crewman
— (Leif Havdale) Grossman’s Driver
— (James Ralph) Grossman’s Bodyguard
— (Brian Ho) 14K Killer
— (Andrew Chin) 14K Killer
— (Chris Chin) 14K Killer
— (Mark Chin) 14K Killer
— (David Soo) 14K Killer
— (Jeffery Aro) 14K Killer
— (Bruce Crawford) Swat
— (Mike Ching) Chinese Crewman
— (Steve Chang) Chinese Crewman
サディク (Nigel Vonas)
ルーペ (Cinthya Carmona)
リンチ (Rick Ravanello)

Darko Thug
(Roman Nenadic)(Uros Certic)(Jovan Nenadic)(Colby Chartrand)
(Heath Stevenson)(Tom Wilson Blacklock)(Brian Lydiatt)
(James Bamford)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336