LAW & ORDER : 性犯罪特捜班 シーズン4 第4話 欲情する魂 Lust

リンク広告 テスト




May 10, 2002
第4話 欲情する魂 Lust

脚本/Amanda Green
監督/Michael Fields
——————————————————–
公園に犬の散歩に来る兄弟。犬のラジオが茂みに入って行った
のを見て飼い主も犬の跡を付いていく。飼い主はダグを呼ぶと
今すぐ救急車に連絡するよう求める。茂みには無残な女性の
遺体が発見される。

マンチがダグたちから話を聞く中、オリビアは遺体を調べる。
50歳から60歳の女性で、身元の手がかりは鍵だけだという。
全身に打撲痕、刺し傷があり、まだ体は温かい状態だという。
顔の傷は特に酷く身元は確認出来なかった。犬の足跡が
有り、女性は犬のおやつを持っていることから犬の散歩の途中
に襲われたものだろうという。またビニール袋に入った血痕
付きのナイフが現場近くから発見され、黄色い雨合羽もまた
茂みから見つかる。恐らく返り血を浴びるのを防ぐ為のもの
だろうという。晴天なのにこんなものを着ているのに目撃者は
ゼロ。都会の死角なのか・・・飼い犬は何処に行ったという
のか・・・。

遺体をモルグに運ぶとメリンダが検視する。
胸に深い刺創が有り37カ所刺されていた。特に乳房に集中した
傷だという。死因は急性気胸による自分の血で溺死したような
ものだという。体液はなく、膣には木片が刺さっていたとし
現場にその枝が落ちていた。しかし指紋は検出されていなかった。
メリンダは顔を修復・復元すると語る。持ち物の中に凄い高級な
指輪があることから、金持ちだろうことが伺えた。
メリンダは被害者は片足が悪い60才代の女性だろう事を告げる。
右足が2.5cm短いとし、ポリオの後遺症だろうという。ワクチン
は1954年以降に打たれたものだという。

遺体について話合っているとエリオットがやってくる。PTAの会合
が長引いたとし、事件の話合いに混ざる。公園で見つかった身元不明
の遺体であること。今の所付近で似たような手口の犯行の未解決事件
はないことを語るオリビア。白昼堂々怨みが強いものの仕業だとし、
過去の事件を調べるべきだというエリオット。
そんな中フィンは獣医の元に血の付いた犬が運ばれて来たとの
報告があると語る。
獣医のキャロルから話を聞くと、既に付着していた血について
は治療した際に洗い流してしまったという。イレズミも飼い主
を示すチップも埋め込まれていないとのこと。ただ口にクツを
加えてきたのだという。そこには歩行矯正用の特殊な靴である
ことが分かる。

10月7日(月)・オーソウォーク社。
製造番号から持ち主を特定してもらいにいくマンチとフィン。
フィンはマンチが犬を持ち歩いてきたのを知って車に置いて
こいよと告げるがそんなことをしたら犬は死んでしまうだろと
語る。警察は相棒を売っても無罪なんだぞと脅すフィン。
製造番号から靴はグレタ・エスターマン医師のものだという。
保険局に勤務しているとのことで、公衆衛生医だという。
夫のアーサーは弁護士とのことだった。

10月7日(月)・エスターマン家へ。
アーサーは朝起きたら既に妻は犬の散歩に出ていったという。
自分は9時にテニスにいくまで家にいたという。仕事を辞めて
から朝寝坊になったとのこと。グレタは犬をかわいがっていて
職場にも連れて行ったとし、仕事は最近忙しくしていたという。
グレタはHIV患者の治療や感染経路の追跡調査の仕事をしていた
こと。プライバシーの侵害だと考える人もいて、恨んでいた人
も多かったという。先月には彼女のオフィスに行った際に、
代わりに出た電話で、男の声で破滅させてやると電話がかか
ってきたのを聞いたとのことだった。

衛生局のチュンから話を聞くと、確かに局への脅迫状などは
沢山来ている事を告げる。HIVの感染を調べている関係上仕方
がないとのこと。昨年一人の調査員が犬に襲われることが有った
がグレタは怯まず部下には催涙スプレーを配っていたという。
エイズの患者名については守秘義務で話せないというチュン。
しかし個人宛の脅迫状と通話記録は全て取ってあるという。
グレタは脅迫を受けても調査する必要はないとし、怒るのは
当然であり、それでも何れ受け入れることになると言っていた
という。
彼女は社交的で乳がんの慈善パーティーに夫婦で出席したり、
血液銀行に2万ドル寄付したり、自らも献血に応じているとの
ことだった。

夫のアリバイは確認されたと語る中、オリビアは一件怪しい
脅迫の電話がかかっていた事を知る。3週間前にかかってきた
もので、彼女を殺してやると言っているものだった。
相手の名前はロジャー・ポメランツ。第一級性犯罪で6年服役
し二ヶ月前に仮釈放だという。

10月8日(火)・ベーカリー。
10月9日(水)・ハンフォード大学
10月9日(水)・クラブヘブン
10月9日(水)・聖カタリナ病院
10月10日(木)・地方検事補事務所・キャボット
10月11日(金)・ダディアンの部屋
10月14日(月)・判事・ペトロフスキーの部屋
——————————————————–

公園で白昼堂々女性が殺害されるという事件が発生する。
傷跡から見て胸に37カ所も刺創が見られることや、女性器に
木片が刺さっていることから、彼女が公衆衛生医として調べて
いたHIV感染者の追跡調査に於けるプライバシーの問題が関与
しているのかに思われたが、第2の事件が発生する。公園で起きた
事件故にマスコミも関心を寄せて、クレイゲンに捜査状況を
追求していく。

男性と女性が本来持つ欲望の深さというのが事件に深く関わって
くるものだった。
熟年カップルのセックスレスが叫ばれる今日だけど、性欲の差が
殺人の動機となってしまうことの要因の一つとしては、バイアグラ
が開発されたことでの男性の性欲延命策と同時に女性の閉経後の
性欲の減退が差として現れていることが関係しているのかな。

性的なものを示唆する事件であることは、遺体の傾向からも
見て取れるものだけど、女性が高齢であるということから見て
も正直そんな要素が殺人の要因としても関与してくるもの
なのかと思うとちょっと不思議な感じ。弁護士の夫は妻一筋だった
と証言している人もいたけれど、夫婦のことは他人には見えない
事情として存在しているのか。
アーサーの性的欲求の強さと同時に遺産を巡る強欲さ見ると、
人間の際限なき欲求は罪深いものがある。金が有るので性的な
欲求を満たすことの出来る立場であることも有るのだろうけど、
それを阻もうとするものを殺害するという行為そのもの
を見ると、性を巡る感情は時に恐いものがあるね。

被害者がHIVの調査員だったということで、相当大変だなと思って
見ていたけど、感染経路を調べる追跡図を見ると、「ナンバーズ」
のチャーリーならば簡単にアルゴリズムを開発して、その広がり方
を数値で表しそうだ。被害者が所持していた”ネクサス”という名の
流行の中心にいる人物は誰なのか。
今回浮気する一組の夫婦の事情が語られたけど、夫は浮気しまくり
でもHIVに感染せず、女性が夫に仕返しする形で男性と寝たという
だけでHIVに感染してしまうところを見ると、不条理な感じはする。
それを本人も神の名の下で唱えていたけど、自分がHIVだと分かった際に、
こういう世の中の不条理さを唱える人物が感染しているとなる
と別の人にも意図的に感染させようとするものがいてもおかしくない。

連続殺人鬼の傾向から見ると、大抵は犯行を繰り返していくウチに
犯行はエスカレートすることが描かれる。
今回の二件の犯罪はそれに逆行するものだった。
それ故に検視医のメリンダは別人による二つの犯行だとしていた
けど、役名もないCSU Technicianの男性は、二つは一人の人物に
よって引き起こされたものだとして、心理的傾向からの推察では
なく物証からの角度で上手く事実を捉えていった。

プライバシーがテーマだった故に、DNA検査を巡り容易には検査
出来ない事情も描かれたけれど、必ず何処かに抜け道があるという
ところが人間らしいところなのかも。
しかしこの犯人の男は、弁護士をしていたというのに何でそんなに
金が無いんでしょうかね。
余程売春にのめり込んでいたということなのか?

娼婦キティを演じていたのは、「私はラブ・リーガル」でキム弁護士
役のKate Leveringだった。

エリオット・ステイブラー (Christopher Meloni) 刑事
オリビア・ベンソン (Mariska Hargitay) 刑事
ドナルド・クレイゲン (Dann Florek) 主任警部
ジョン・マンチ (Richard Belzer) 刑事
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)
アレクサンドラ・キャボット (Stephanie March) A.D.A 検事補
オダフィン・チュツォーラ (Ice-T) “フィン” 刑事
メリンダ・ワーナー (Tamara Tunie) 鑑識
ジョージ・ホァン (BD Wong) FBIにも精通する精神科医

バート・トレバー (Daniel Sunjata) CSU Technician
エリザベス・ドネリー (Judith Light) 地方検事

アーサー・エスターマン (Michael Gross) 元弁護士
キティ (Kate Levering) 娼婦、アーサー
マリオ・モリナーリ (Chris Tardio) バーテンダー、HIV
ダーラ (Libby Langdon) 高級エスコートサービス
レナ・ペトロフスキー (Joanna Merlin) 判事
— (Manny Perez) CSU Technician
— (Lou Carbonneau) CSU Technician
バルタン・ダディアン (James Doerr) 偽名を使われたハーバード大卒
ボニー・バーノン (Maeve McGuire) アーサーとハーバード大時代から
マイク (Gregory Russell Cook) 大学生、HIV
— (Kel O’Neill)
— (George Palermo)
ダグ (Matt Servitto) 犬の散歩
ビンチェンツァ・アゴスト (Jamie Sorrentini) 夫・ジョーイ、マイクとH
ロジャー・ポメランツ (Brian Rogalski) ベーカリー経営、脅迫
チュン (Christine Toy Johnson) Health Commissioner
ブラッド (Mike Babel)
Dr.ポーツガル (Eric Michael Gillett)
キャロル (Barbara Dana) Veterinarian Tech
ラニガン (Tracy Howe) 捜査官
ビト (Frank Biancamano)
— (Scott Johnsen) Parks Department Ranger
— (Linda Romoff) Receptionist
— (Lisa Trader) Reporter

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336