CSI:科学捜査班 シーズン12 第7話 脳の落とし物 Brain Doe

リンク広告 テスト




November 9, 2011
第7話 脳の落とし物 Brain Doe

脚本/Gavin Harris
監督/Brad Tanenbaum
——————————————————–
深夜3時のファストフード店”テイスティタイム”。
店員のデニーは美人客に対応しながら、ドライブスルーから
やってきた男性からの注文を受ける。注文は17番のダブルチー
ズバーガーだった。デニーはそれを用意する中で、ドライブ
スルーからはオープンカーが動き出すのを目にする。そしてそ
の車は車道に飛び出て2台の車を巻き込む交通事故を起こす。

すぐにCSIがやってくる。問題の発端はオープンカーでドライブ
スルーから勝手に発進したこと。それがタイヤを積んだトラック
とジープと衝突したのだという。ファストフードは死を招くと
はそのまんまだなという。目撃者によるとドライバーの姿は
見えなかったのだという。オーダーした後に心臓発作や心筋梗塞
で倒れたのではないかというニック。

オープンカーの持ち主はダニー・クレッグだった。
強盗、暴行、不法所持の前科が有るというブラス。ラスティは
被害者はドライブスルーで何を頼んでいたのかと問う。
オープンカーとぶつかったジープは街灯にぶつかって倒れて
いた。被害者はジェームズ・マーシャル(20歳)の大学生。
二度飲酒で捕まっており、三度目の挑戦に失敗したのかと語る。

トラックもまたオープンカーにぶつかった後横転しており、
タイヤが道に散乱していた。ラッセルは「数学の問題が有る」
とすると、ドライバーは3人が死んでいるが三人とも脳みそは
頭の中に有るが、ここに有る脳は誰のものなのかというもの
だった。

ラボに戻るとニックはラッセルの息子のチャーリーがラッセルの
オフィスにいる事を知る。西ラスベガス大学でバスケのポイント
ガードをしている人物だった。ラッセルもやってくると、2時間
後にはテンピに出発して試合なのではないかと問う。
ニックはラッセルに対して陸運局で調べた結果、前科があるのは
クレッグだけだという。
チャーリーはラッセルに対して門限を5分間遅れてしまった為に
コーチから試合には出さないと言われたことを話す。それを
聞いたラッセルは今夜はウチに寄るよう告げ、話をしようという。
お前にとってその5分とは本当はどのくらいの時間なのかと問うと
3時間程度だと語る。

クレッグの車からはクーラーボックスが発見される。
酒が入っているのかと問うサラだが、ニックは中には脳の断片
が入って居る事を知る。医療関係の会社の仕事を請け負っていた
人物なのか。サラはオキシコドンが見つかったという。
更にダッフルバッグが見つかり、中にはトレーニング用のシャツ
と、強盗に使うバールが中に入っていた。そのバールには黄色い
粉が付着しており、一瞬コカインなのかと思われるが違うことが
分かる。

まだ脳の遺体が見つかっていない。
二人はトランクの中に遺体が入っているものとしておそるおそる
開けるが中にはアメフトのボールだけが入って居た。その
ボールには17番と書かれており、テイスティタイムで注文した
17番と何か関連があるのかと疑う。

ホッジスは現場の再現をパソコン上でシミュレートしていた。
ラッセルがやってくるとホッジスは僕は視覚・聴覚的アプローチ
で捜査するのだという。ニックはラッセルにボールに17番と
かかれていたことを語ると、突然ラッセルは「何色の馬?」と
尋ねてくる。だれもその意味を知らず、ラッセルはそれを説明する。

過去に牧場近くで複数の車が事故が発生し一頭の馬を巻き込む
事故が有ったこと。現場に来た警察は瀕死の馬を哀れに思って
銃でトドメを誘うとしたが、不運にも弾は馬の頭蓋骨に跳ね返って
警察に当たって警察官は死亡したのだという。上司に報告すると
一つだけ質問が有ると言われ、「何色の馬だったのか」と尋ね
られたがどれも答えられなかったのだという。つまり些細なことは
見過ごしやすいというもので何が重要となってくるのか分からない
という例えだと語る。

アルとモーガンはモルグで遺体を解剖する。
亡くなる前にオキシコドンを2、3錠飲んで居ること。更に胃の
内容物からチキンナゲットが未消化で出ている事。消化されるまで
は2時間程度かかるのだという。恐らく死因は薬物の過剰摂取
だというアル。モーガンに対して脳の解剖前に重量を量るよう
告げる。3.4ポンドの重さの脳。女性は2.8ポンド程度なので、
脳は男性のものだろうという。それじゃブレイン・ドー(身元不明脳)
ねと語る。今度は鮮度の確認をするよう告げると、この脳は脳幹
がキレイに切断されていることから外科手術によって除去された
ものだと分かる。

グレッグとキャサリンは法廷から帰宅する。
グレッグは僕が集めた証拠を弁護士が難癖をつけたとして不満
だった。
そんな中、リストン保安官がキャサリンの元を尋ねてくる。
最近の調子はどうかというリストン。主任を降ろされ、昇格
することが無い状況では相当腹が立っているのではないか?という。
リストンは私ならばあなたを前向きにさせられるとして、
上院司法委員会が科学捜査委員会の設置を検討しており、現場
のエキスパートを必要としていたのでキャサリンを推薦して
おいたという。残りのキャリアをワシントンで過ごすのも悪く
ないのではないかと言われ、飛び出すべき時かも知れないと言わ
れる。
——————————————————–

ファストフードのドライブスルーから出て行った車が車道を
走行している2台の車と衝突し、3人の死者を出してしまう。
しかし死者3人に対して脳みそは4つあることが判明し、一体
誰の脳なのかと疑うことになる。

テーマとしては親子関係が取り上げられたエピソードだった。
ブラスと父親のエピソードを通して、今回亡くなったデンプシー
家の息子のことを励ますことになったけど、かなりのサプライズ
的流れとして存在していた。
そして何よりも今回主任ラッセルの自慢の息子であるチャーリーが
初めて登場する。

あまりネタバレしてしまうのもアレですが、ラッセルの家族構成は

妻:バーバラ・ラッセル (Peri Gilpin)
息子:チャーリー・ラッセル (Brandon Jones)
娘:マヤ・ラッセル (Brooke Nevin)
孫娘:ケイトリン・ラッセル (Mia Hays)

となっていて、両親は先日一部語られたけど、旅芸人から転身し
現在はミュージシャンと活躍していることに言及されている。
ラッセルの職場での宇宙人扱いはかなり希薄化されてきたけど、
主任とはいえまだまだ新人故に、溶け込めていない苦労を息子
にも話して説得する姿が有った。元々ラッセルはシアトルから
やってきた人物であることが語られているけど、家族全員が
新天地でのスタートとなったという訳だ。

刑事の家族・家庭は破綻するというCSIの法則を唯一反している
のがラッセルであり、それを思うとやはり宇宙人なのかも知れない。

そして何よりも今回、サラりと語られたけど、実は重要なネタ
フリが行われたところも重要なところだった。
これまたネタバレになってしまうけど、キャサリンはこのシーズン
で降板が決定しており、キャサリンのポジションにはシーズンの
中盤からElisabeth Shueが演じるジュリー・フィンレイが後任
としてやっくる。もう色んなところで報じられていたし、wowow
ではシーズン13が放送されているし、アメリカCBSではシーズン14
が放送されているので、この程度のネタばれならば問題ないと
思って言及しましたが、知らない方が良かったという人は済みません。

ホッブス検事補からの誘いで、ワシントンに新設される
上院司法委員会が設置する科学捜査委員会のメンバーとして
引き抜きの話が行われた。もしかするとその話の流れは、
ドラマ「サイバー諜報員」の流れに繋がって居たりしてね。

さて今回のエピソードは、あまりにタイムリーなネタなので
驚く。チキンナゲットが大好きな男が亡くなった件に関して、
「ファストフードは死を招く」と語っていたけど、現在
上海の食品会社「上海福喜食品」が作っていたチキンナゲット
の食材は完全に賞味期限切れのものを使って居たとして
社会が賑わっている。ナゲット好きの私としてもマクドナルド
とファミリーマートで該当期間にナゲットを食べているのですが
それが上海で作られたものなのかどうかは謎だ(笑)
埼玉ではどの地域に卸したのだろうか。
ホッジスがナゲット大好きだと語り、ラボで食事しているという
完全に規則違反を犯していたけど、サラから、鶏肉じゃないかも
知れないわよと言われ食欲を失っていた。
「グッドラックチャーリー」でPJが勤めていた、クイッキーチッ
キー店でも怪しい肉を使っていたし、相当恐い。脱いだら凄いん
です宣言をしたホッジス先生だけど、昨日お台場に来たクリスティ
アーノ・ロナウドも美しい腹筋姿を見せていたね。

さて脱線してしまったけど、脳は一体誰の脳なのかということ。

捜査の過程で発見された格闘家・ライアン・デンプシーの脳と
アフガニスタンの派兵されたことのある元兵士が木の上から
転落死したセオドア・セリグマン中尉の脳だということが判明。
セリグマンはユダヤ教徒故に、防腐処理しないことが結果として
臓器の価値を高めていたこと。

格闘家故にCTEと呼ばれる慢性外傷性脳症かどうかを調べる為に
自殺したという流れは相当強引な主張だったけど、現場の捜査官
が自殺だとした流れの中にはやはり子供を守ろうとする為の
意識が働いていたということなのだろうか。
ブラスの説得も実らず、父親を殺害したことを「これまでで最高の
気分だ」とした少年を見ると、ちょっぴり末恐ろしいものが
あるのかなと思う。

・The WhoのWho Are You
・Look Around by Red Hot Chili Peppers
・City Boy (KKS Remix) by White Arrows

D.B.ラッセル (Ted Danson) CSI主任
キャサリン・ウィロウズ (マージ・ヘルゲンバーガー) CSI(新主任)
ニック・ストークス (ジョージ・イーズ) CSI
サラ・サイドル (Jorja Fox) s10で復帰
グレッグ・サンダース (エリック・スマンダ) CSI研究員
アル・ロビンス (ロバード・デヴィッド・ホール) CSI検死官
デビッド・ホッジス (Wallace Langham) CSI
デビッド・フィリップス (David Berman) CSI (眼鏡の方) 検死
モーガン・ブロディ (Elisabeth Harnois) L.A市警、SID、エクリー 娘
ジム・ブラス (ポール・ギルフォイル) 刑事、警部
コンラッド・エクリー (Marc Vann) CSI上司
ミッチェル (Larry Mitchell) 刑事
ヘンリー・アンドリュース (Jon Wellner) DNA
マンディ・ウェブスター (Sheeri Rappaport) 指紋
シオマラ・ガルシア (Monique Gabriela Curnen) 銃器ラボ
バルタン (Alex Carter) 捜査官
シェリー・リストン (Barbara Eve Harris) 保安官

ジョイス・デンプシー (Robyn Lively) 妻
デクラン・デンプシー (Kai Caster) 息子
ライアン・デンプシー (Erik Aude) 総合格闘家、
ビル・ペルナン (Victor Webster) ジムのトレーナー
チャーリー・ラッセル (Brandon Jones) D.Bの息子、西ラスベガス大
ベニー・レネイスキー (Devin Crittenden) “リノ”
グウェン・セリグマン (Jeanine Mason) セオドアの妻
— (Liz Fuller) Hot Wife
ダニー・クリッグ (Khristian Lupo) 元総合格闘家

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336