リベンジ Revenge シーズン4 第3話 焼跡 Ashes

リンク広告 テスト




第3話 焼跡 Ashes

脚本/Alex Taub 監督/Colin Bucksey
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
ルイーズを犠牲にして精神病院から脱走したヴィクトリア。
ヴィクトリアの前には死んだと思っていたデビッド・クラーク
が現れる。ヴィクトリアはデビッドに対して監禁されていた
事を告げあの女の嫌がらせを辞めないとあなたとの未来もない
と語る。名前はエミリー・ソーンだと。マルゴーの弟のギデオン
は彼女の策略によって麻薬の不法所持で刑務所行きになる。
シャーロットが屋上から投身自殺しようとしているのを知り
エミリーは止めに入る。貴方は私の妹であり、私がアマンダ
だと語る。しかしシャーロットはエミリーはストアウェイに
呼びだすと、彼女の頭を殴り、オイルを蒔いて店を燃やす。
そして気絶しているエミリーを置き去りにする。外にはトムが
いたが、中には誰もいないというシャーロット。

【ストーリー】
ストアウェイが火事だと知りジャックが来る。
トムは店内には誰もいないので消防士をまとうというが、
ここはオレの店だと語り中を覗く。するとエミリーが倒れて
いる事を知る。急いで外に連れ出すと救命士に彼女を托す。
火災の消火活動のヤジ馬の中にシャーロットはいてジャックが
エミリーを助けるのを見てしまう。

マルゴーはダニエルとセックスする。10年前の夏に勢いで
こういう関係になったことを思い出すというマルゴー。ダニエル
は今日は泊まっていかないかと尋ねるが、明日は緊急会議が
有るのだという。新しいCOOを探がさないと株主も怒るという。
半年で3人も変わっているとし私がマヌケなせいだと語ると
その責任は自分にあるとしてダニエルは謝罪する。マルゴーは
そんなつもりで言ったのではないと語り、逆に謝罪する。
ダニエルは僕も朝になったらスーツを着てウォールストリートで
職探しをすると語る。そんなダニエルの元にシャーロットから
電話の着信が何度もあった事を知る。

ヴィクトリアとデビッドは屋敷に潜入する。
ヴィクトリアは慎重にした方が良いというが、防犯装置はついて
いないという。暫くは平気なようだと告げると、ヴィクトリアは
暫くは目立たない様に大人しくしていて欲しいと語る。別の
場所を探そうと告げ、銀行に行ってくるので明日の昼には
戻ってくるという。自分もついていくというデビッドだが
二度とあなたを失いたくないというヴィクトリアは生きていること
が公になればコンラッドのことも疑われるとし正直に話せば二人
で過ごす時間が無くなるのだという。自分勝手はわかるが今は
あなたを一人占めしたいのだというヴィクトリア。

ベンはストアウェイのジャックの元にやってくる。
無線の知らせを聞いて来たという彼。火の中に飛び込んだのかと
問うと、そんな事をしても給料は増えないぞと語る。
エミリーは事情聴取を受けていた。火がついているのが見えた
ので中に入って消せるかと思ったが手遅れだったこと。頭を
打って倒れてしまったようだという。中には他に誰かいたのか
と問うが、私だけだと語るエミリー。

ノーランはエミリーの元に風船を持ってやってくる。
病室に行ったらもう患者が居なくなっていたという。
チェックアウトしたのよというエミリーに病院はホテルじゃない
と語る。ノーランは医者に聞いたが君の肺は損傷を受けていること。
助かったのはラッキーで数分遅ければ死んでいたのだという。医者
というのは大袈裟なのだというエミリー。
ノーランはSNSでは今ヴィクトリアが話題になっている事を告げ、
マンハッタンのミッドタウンに現れたという情報が一時間前に
書き込みされているという。動かないのかとエミリーに尋ねるが
今は他にやることがあるという。ノーランは信じられないという
表情で、二日前に君は全面戦争を宣言した宿敵が現れたのに、
それよりももっと大事な事があるのか?と呆れる。

ヴィクトリアはダニエルの元に行く。
逢いに来た事を語るが、半年間一人で逃げていたクセにとして
ダニエルは母を見下す。今更何の用なのかと問うと、自分はずっと
マスコミに追い回されていたとし、もどって安全だと思ったのか
と問う。私はあなたのことを見捨てたりはしていないという。
ヴィクトリアは銀行3つ回ったが私の口座は国内外問わず政府命令
で凍結・差し押さえになっているという。あなたが隠して持つ
財産を私にも利用させて欲しいとのこと。グレイソン家の長男
ならば当然持っているでしょという。しかし蓄えが有ったせいで
家族が破滅した事を告げ、母は一番大事な時に消えたのだと語る。
私はまた家族を一つにするというヴィクトリアだが、そんなの
アテにしていないというダニエルはその場から立ち去ろうとする。
ダニエルは去り際に、この半年の間シャーロットは売人と付き合って
ドラッグにハマりメゾンホテルの屋上から飛び降りようとしたこと
を語る。それではまた半年後に逢おうと皮肉を告げ立ち去る。
——————————————————–

ヴィクトリアが失踪中の中、シャーロットの恋人のギデオンが
麻薬で逮捕されたことを受けて、自暴自棄になった彼女は自殺未遂
を図る。寸前に止めることが出来たが、そんな彼女にエミリーは
自分があなたの姉のアマンダであることを告白して、これまで
助けて上げられなかったことを謝罪する。しかしシャーロットは
エミリーが自分を誘拐したことやグレイソン家を破滅に追い込む
為に次々と恐ろしいことをしてきたとして信用することが出来ず、
彼女をストアウェイに呼びだし、頭を殴って気絶させた上に
店に油をまいて火をつけて逃走する。エミリーは危うく死にそう
になるが自分の店が燃えている事を知りジャックが店内に入ると
エミリーが倒れて居るのを見つけて助けることに・・。
一方ヴィクトリアはデビッドが隠れて生きていた事を知り驚く中、
エミリーという女性に執拗に狙われていることを語る。
デビッドにエミリーは敵だということを吹き込む中、彼女は資産
凍結の目に有ってなんとか必要な金を集めていこうとするが・・・

正直現在のそれぞれのキャラクターの心境がどういう状況に有り、
どういう方向制を向いているのかイマイチ見ていてよく理解して
いないので、ドラマを見ていても、なんでそんな所で深い葛藤点
が生まれているのか理解に苦しむところも多いな。
コンラッドの件でみんな心が壊れているのは分かるにしても、
この一件はコンラッドの死によって誰もがある意味精算出来る
部分が有るのではないかという気がするのに、未だにグダグダっと
恨み節で語られている部分が有るね。

シャーロットはエミリーを恐れているのは誘拐した流れから
分かるにしても、全ての事情を話せば良いのに、ドラマ故に誰も
核心に迫る部分に言及することがない。
ヴィクトリアにしてもエミリーによって不正に精神病院に閉じ
込められたということに一切言及することがない。まぁ
精神病院に入ることで、コンラッドとの一連の流れに於いて、
刑務所に入らずに済んでいる部分もあると思うので言えない事情
も有るのかも知れないけど、みんな「飛行機爆破事件」を忘れて
しまったかのようにして動いている感じがする。

全員集合してぶっちゃけトークすれば、100年の恨みも解決しそう
な気がするのだけど、なかなか実現しないね。そういう意味では
今回エミリーがシャーロットの元を尋ねた際には、上手い事
解決しそうな流れが出来たのかと思ったけど、シーズン4も始まった
ばかりでそう簡単に物事が進むはずもないか。
でもシャーロットはヴィクトリアに口止めされていたとはいえ、
エミリーの件をデビッドに話せば解決しそうな気がするんだけど、
そこで容易に解決しない流れは彼が生きていた理由と何か繋がりが
有ったのするのだろうか。

デビッドは現状をどれだけ把握しているのか分からないし、
エミリーの件で彼女がアマンダと知った時のリアクションにこそ
興味の焦点が当てられている訳だけど、頭が良いのか悪いのか
分からないし、何処かに潜んで居る間にまるで「ARROW / アロー」
のオリバーのフード男みたいになっているところはちょっと違和感
が有るな。元々はこの人、金融畑の人じゃないのか?

ダニエルがようやく働き始めるようだ。
すぐにでもウォール街で働けると思っている辺りは上級社会のボン
ボン故のことなのか。あれだけ大事件を起こした父親の息子という
だけで、誰もが敬遠するのは明らか。それなのにまるで現実的な
視線を持たずにいる辺りは、ある意味凄いと思う。ホテルから
ようやく追い出されたことで現実を知ることになるのかどうか。

シーズン4になって出てきた新キャラのルイーズという女性。
どうやらヴィクトリアに対して何やら付け狙っている感じの
様子。ヴィクトリアは散々セレブをはじき飛ばしてきた訳だし、
恨みに思っている人も多いだろうことは想像に堅くない。
過去にヴィクトリアにハメられた人物の娘なのかなと思って
見ているのだけど、特に該当する人が思い当たらない。
ダニエルに近づいたみたいだけど、一体何をするのか。

そしてストアウェイの一件。
明らかにオイルが燃焼促進剤に使われているのに、火災捜査官は
誰も疑わないのかな。

ジャックとエミリーがまた近づく中で、ベンがエミリーのことに
興味を惹かれているところを見ると三角関係になっていったりする
のかな。

■検索用キーワード

■使用された曲

・Up In Flames (Feat. Maggie Eckford) by Sam Tinnesz

ヴィクトリア・グレイソン (Madeleine Stowe) 母親・女王
エミリー・ソーン (Emily VanCamp) アマンダ・クラーク、娘
ノーラン・ロス (Gabriel Mann) IT長者、エミリーの父に恩
ジャック・ポーター (Nick Wechsler) 酒場の息子、”アマンダ”を思う
ダニエル・グレイソン (Joshua Bowman) エミリーの婚約者、長男
デビッド・クラーク (James Tupper) エミリーとシャーロットの父
マルゴー・ルマルシャル (Karine Vanasse) ダニエルの幼なじみ・フランス人
シャーロット・グレイソン (Christa B. Allen) 娘

ベン・ハンター (Brian Hallisay) 警察官
ルイーズ・エリス (Elena Satine) 金持ち?ヴィクトリアと精神病院
ジェイミー (Rochelle Robinson) ダニエルの学友
サイモン (Michael Greco) ホテルのスタッフ
トム・モーレン (Eric Zuckerman) 火事の中助けに来る
— (Stephen Apostolina) Fire Investigator
— (Reshaun Jones) EMT
— (Serge Conus) Pedestrian

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336